トップページ | 2005年9月 »

2005年8月17日 (水)

函館市の坂-2

2005年8月17日

函館駅・・・二十間坂・・・大三坂・・・チャチャ登り・・・聖ヨハネ教会・ハリストス教会・カトリック元町教会・・・八幡坂・・・船魂神社・・・日和坂・・・基(もとい)坂・・・東坂・・・弥生坂・・・聖マリア教会・・・常盤坂・・・姿見坂・・・幸坂・・・鯨族供養塔・・・旧ロシア領事館・・・千歳坂・・・魚見・・・外国人墓地・・・船見坂・・・緑の島・・・赤レンガ倉庫群・・・函館ビール・・・函館駅

 函館の坂は坂名の説明板 が坂下と坂上に立っていて歩きやすい。ただ、函館山から直線的に海に向かって下る坂なので変化に乏しい気がする。今日も暑く、強い陽射しの下を南から北へ、14もの坂を上り下りしているうちにいい加減バテてきた。もう一度、涼しい季節にゆっくりと坂沿いの町並みも楽しみながら歩いてみたい。「函館ビール」で地ビールをたらふく飲んで、今回の旅の打ち上げとした。

 写真をクリックすると拡大します。

dsc01532 二十間坂 《地図》 

かつて、坂上に大工や工人が多く住んでいたことから「大工町坂」とも呼ばれた。函館は大火が多く、明治12年(1879)の大火後、防火帯としてできた坂で、路幅が二十間あるので「二十間坂」と呼ばれた。【坂標】

dsc01538 大三(だいさん)坂 《地図

昔、坂の入口に大三という家印の郷宿があったのでこの名が付いた。郷宿というのは、地方から公用で出てくる村民が泊まった宿である。それ以前は、木下という人の宿があったので、「木下坂」といった。昭和62年「日本の道百選」に選ばれた。【坂標】

dsc01545 チャチャ登り 《地図

函館では珍しいアイヌ語の坂名で幕末頃ついた名らしい。チャチャとはおじいさんのことで、この坂が急なため、前かがみに腰を曲げて登る姿が老人に似ていたことから「チャチャ登り」と呼ばれた。【坂標】

dsc01535 聖ヨハネ教会

dsc01540 元町カトリック教会

DSC01551 ハリストス教会

DSC01575八幡坂 《地図》 

基坂上の函館奉行所付近にあった八幡宮が、文化元年(1804)奉行所の拡張工事に伴い、この坂の上に移されたことからこの名がついた。八幡宮は明治11年(1878年)の火災によって焼失し、明治13年に現在の谷地頭町に移った。【坂標】

DSC01579日和坂 《地図》  

坂の上から港の景色を一望でき、空模様を良く判断できるということからこの名が付いた。また、坂の上にある船魂神社辺りからはトビの飛ぶ姿がよく見えたことから、坂の上の方を「トビ坂」と呼んだ。日和もトビも共に天気に関係がある。【坂標】

DSC01586 基(もとい)坂 《地図

かつては、函館から札幌へ向う函館本線の起点で、坂下に里数を計る元標がたてられていたので「基坂」といった。坂の上は函館奉行所があった中心地で江戸時代には「お役所坂」、「御殿坂」とも呼ばれた。【坂標】

DSC01595 東坂 《地図

明治12年(1879年)の大火までは弥生小学校の東半分に浄玄寺(現東本願寺別院)があり、その下に坂が二本あった。西側の坂を「浄玄寺坂」。東側の坂を「東の坂」または「白鳥坂」ともいった。その後、坂は一本になり上まで通された。いまの「東坂」はその名残りである。【坂標】

DSC01610 弥生坂 《地図

明治12年(1879)の大火後改良された坂で、それまでは浄玄寺、称名寺、実行寺が並び、「寺町の坂」といわれた。「弥生」とは、「春」を意味し、発展を祈念して付けられたといわれている。明治15年(1882)、坂の横に小学校ができ、坂名に因んで弥生小学校と名付けられた。【坂標】

dsc01601聖マリア教会

DSC01616 常盤坂 《地図》 

江戸時代後期、この坂上に大石忠次郎の屋敷があり、そこに奥州の「義経腰掛けの松」と称された名木の種を植えたという大きな松があったので、常盤の松に因みこの名がついた。また昔、坂の中ほど一帯に遊郭があって遊女と別れを惜しんだ客が坂を見返るということから「見返り坂」といわれ、上に芝居小屋があったことから「芝居町の坂」ともいわれた。【坂標】

DSC01630 姿見坂 《地図》 

かつて、坂上にあった遊郭に因む名で、遊女達のあで姿が見られたことからこの名がついた。遊郭は江戸の吉原を模し、付近は茶屋町と呼ばれ賑わいを見せたが、明治4年(1871)の大火で焼失し、蓬莱町(現宝来町)へ移った。【坂標】

DSC01641 幸(さいわい)坂 《地図

昔、坂の中ほどに神社があり、これを神明社といったので、この坂も「神明坂」と呼ばれた。神明社は明治7年(1874)山上大神宮と現在名に改め、のち坂の最上部に移転した。明治8年、坂下の海岸が埋め立てられ幸多かれと幸町(現弁天町)ができたので、町名に従い「幸坂」となった。【坂標】

dsc01636 旧ロシア領事館

DSC01651 千歳坂 《地図

明治12年(1879)の大火以降にできた坂で、坂の東側に神社があり、ここに松の木があったので、千歳の松に因んでこの名が付いた。「松蔭坂」とも呼んだ。それ以前は、東脇に短い坂があって「神楽坂」と呼んでいた。これは神社の神楽殿に由来したものであった。【坂標】

DSC01664 魚見坂 《地図

函館で一番西にある坂で、坂の上から湾岸に押し寄せてくる魚群の発見に便利なところだったのでこの名が付いたといわれている。この坂の上の方は昭和40年まで台町という町名だったので、最近まで「台町の坂」とも呼ばれていた。

DSC01659 外国人墓地

DSC01672 船見坂 《地図》  

港に出入りする船舶がよく見えることから、明治6年(1873)坂上を船見町と名付け、その町に通じる坂なので「船見坂」と呼んだ。また称名寺の下の坂なので「称名寺坂」とも呼ばれた。戦後、上が校地となり坂は途中までとなった。【坂標】

dsc01676 函館港

dsc01681  函館丸

DSC01695 赤レンガ倉庫

dsc01700 函館ビール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

函館市の坂-1

2005年8月16日

博多バス停→木古内(日本海1号)→函館駅・・・護国神社坂・・・あさり坂・・・青柳坂・・・市立博物館・・・立待岬・・・碧血碑・・・函館八幡神社・・・護国神社・・・谷地坂・・・南部坂

 松前町には鉄道が通ってなく、JR江差線の木古内駅までバス。泊まった宿が横浜荘、バス停が博多で次ぎが唐津、ここは一体どこなのか? バスは北海道の最南端の白神岬灯台、人見坂、白符川、福島漁港、福島(横綱の里記念館・商店街、横綱は千代の冨士)、青函トンネル記念館、湯の里温泉、知内温泉、知内川、知内駅前を通り1時間半かけて木古内へ。町内は夏祭りのようだが、神輿の担ぎ手、山車の引き手もまばらで存続の危機という感じでした。

 日本海1号は大阪から寝台列車で、どうも方向感覚がはっきりせず後で時刻表と地図を見てやっと納得。函館から市電の通り沿いに十字街で曲がり、護国神社坂、あさり坂、青柳坂から市立博物館へ。町村合併後の特別企画展「あたらしい函館の文化財(常民時代)」が開催中でした。垣の島遺跡出土の足型付土岐、注口土器、最古の漆製品、著保内遺跡出土の国の重文の中空土器など見ごたえがありました。

 マイカーでの見物客が多い立待岬まで足を伸ばし、碧血(へっけつ)碑(旧幕府軍の墓)から函館八幡神社、護国神社、谷地坂、南部坂を歩きました。夜は大森稲荷神社、大森公園あたりまでぶらつきました。

  《地図

  写真をクリックすると拡大します。

DSC01512 護国神社坂 《地図》の①

別名「汐見坂」ともいい、昔は「招魂社の坂」とも「倒産坂」ともいった。汐見坂は坂上に汐見町ができ、その町名からとったもの。招魂社の坂は明治2年(1869)に建立された招魂社(現護国神社)に登る坂ということから呼ばれ、現在の名になった。倒産坂は坂に面して門を立てると罰が当たって”かまど”がつぶれるといわれ、昔は門を坂に面しないようにした。【坂標】

DSC01503 青柳坂 《地図》の② 

昔はこの坂を「聖天坂」といった。聖天とは大聖歓喜天という仏教の守護神のことで、坂の途中にある天台宗天祐寺にまつられている。昭和40年まで坂上に春日町があったため「春日坂」ともいわれた。現在は、青柳町の方へ向って登ることから「青柳坂」と呼ばれている。【坂標】

石川啄木は明治40年5月から8月まで青柳町に住んだ。「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」

dsc01499 あさり坂 《地図》の③

明治11年(1878)、英人ジョン・ミルン、米人エドワード・モースらが来函し、函館在住の英人ブラキストンと協力して貝塚などを発掘したが、この坂の付近から古代人が食べたアサリ貝の殻が数多く発見されたので、「あさり坂」と命名された。【坂標】

DSC01521 谷地坂 《地図》の④  

この坂と道路は昭和9年の大火などでいくらか変わってこそいるが、大体においてほぼ同じ位置で江戸時代からあったもの。谷地頭は昔、遊興地として有名になったもので、そこへ行く坂として付けられたものらしい。

DSC01528 南部坂 《地図》の⑤

幕府は、外国船の蝦夷地(北海道)近海への出没や、ロシアの南下など多難になってきたため、寛政11年(1799年)蝦夷地を直轄し、防衛のため奥羽諸藩に警備を命じた。日高海岸以東の警備にあたった南部藩の元陣屋がこの坂上にあったので「南部坂」と呼ばれた。【坂標】

dsc01505 立待岬から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

松前町(北海道)の坂

2005年8月15日

江差新地バス停→博多バス停・・・松前城・①天神坂・・・②馬坂・・・徳山大神宮・・・郷土資料館・・・③新坂・・・阿吽(あうん)寺・・・津軽海峡展望台・・・寺町(法源寺・法憧寺・光善寺・龍雲院)・・・松前藩屋敷・・・松前神社・・・④沖之口・・・⑤湯殿澤坂・・・よこはま荘

 江差から松前は鉄道はなく、バスに2時間以上も揺られて着きました。そばや「まるに」で遅い朝食兼昼食をとり、「北の小京都」・「北のシルクロード」、義経の渡航伝説が残る北海道で唯一の城下町、松前町を歩きました。松前城近辺は結構人が出ています。天神坂は城の天神坂門へ上る坂、馬坂は馬坂門に続く坂です。徳山大神宮は一の宮にしては寂れた様子でした。すぐ先の郷土資料館を見学し、新坂を上り阿吽寺から津軽海峡展望台へ向いました。途中、蜂につきまとわれ苦労しました。霞がかかったようで展望はあまりききませんでした。

 寺町を回り、江戸時代の街並みを再現した松前藩屋敷へ行きました。奉行所、武家屋敷、番屋、旅籠など14種の建物があり参考になります。城の南側の沖之口坂から湯殿澤坂へ出て下り、今日の坂道散歩を終えて旅館「よこはま荘」へ。民宿風の旅館で、冷房はなく窓からの磯の香りがきつかったですが、しばらくすると慣れました。新鮮で豊富な海の幸の夕食は食べごたえがあり、旅館の主人が自ら注いでくれる生ビールは最高で5杯?も飲んでしまい、後はぐっすりでした。

 写真をクリックすると拡大します。

Dsc01441_2松前城

最北で最後、安政元年(1854)築城の日本式の城。

dsc01442 天神坂(坂下方向) 《地図

天神坂門へ上る坂

DSC01447 馬坂(坂上方向) 《地図》  

馬坂門へ通ずる坂。藩士が登城する時に上った坂。はじめは数馬坂と呼ばれていた。城へ通ずる坂は馬出口坂、天神坂、馬坂、沖之口坂、湯殿澤坂の5つあった。【坂標】

DSC01454 新坂(坂上方向) 《地図

阿吽寺前に上る坂。新しく造られた坂なのだろう。

dsc01456 阿吽寺山門(新坂の坂上)

松前城の堀上門を移築したもの。安東氏の菩提寺で津軽にあったが、安東氏が南部氏との戦いに敗れ蝦夷地に逃れた嘉吉3年(1443)、一緒に渡ってきたという。

dsc01450 徳山大神宮

DSC01479 光善寺鐘楼門 《地図

天文2年(1533)の建立で、後水尾天皇から山号と法衣を賜ったという。桜の名木で伝説の「血脈桜」、「義経山の石碑」などがある。

dsc01488 沖之口坂(坂上方向) 《地図

沖之口役所(税関)があった所か。坂上は松前城で、西に湯殿澤坂が下っている。

dsc01490 湯殿澤坂(坂下方向) 《地図

松前城内に通ずる坂の一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

江差町(北海道)の坂

2005年8月13日

函館(バス)→江差・・・町立郷土博物館・・・北前坂・・・切石坂・・・いにしえ街道(姥神大神宮・横山家・馬坂・中村家・奉行坂・旧檜山爾志郡役所)・・・江差追分会館・・・江差港・・・えびす浜海水浴場・・・瓶子岩・・・鴎島・・・開陽丸・・・ホテルニュー江差

 北前船の交易とニシン漁で栄え、「江差の五月は江戸にもない」といわれた江差町の坂道散歩です。お盆のせいか函館からの1輌の江差線はほぼ満席で、急遽バスに変更しました。バスも補助席を使う混み具合で、冷房の効きの悪い暑い車内でしたが、時間的には電車より早いくらいで江差に着きました。町の一番高台の松ノ岱にある郷土資料館へ汗だくになり急坂を上りました。残念ながら展示品はイマイチの感じでした。(郷土資料館は旧檜山爾志郡役所内に移転した。展示内容なども充実したかも)

 北前坂、切石坂から町が「いにしえ街道」として保存、整備している町並みへ坂道散歩へ出ました。「にしん御殿」と呼ばれた横山家は通りに面している入口から、海沿いの入口まで家の中を長い通路(80m位)が傾斜して続いています。旧檜山爾志郡役所前に「榎本、土方嘆きの松」などもあります。小さなえびす浜海水浴場は短い夏を楽しむ子どもたちで賑やかでした。鴎島のキャンプ場も色とりどりのテントが張られていました。鴎島灯台、弁慶の足跡など島内を散策しました。

 後日、『江差いにしえ街道』HPで、法華寺坂・能登屋の坂・阿弥陀寺坂があることを知る。(このサイトはリニューアルされて、坂の記事がなくなった。法華寺坂は馬坂から続く法華寺前の坂、能登屋の坂は土方歳三が泊まった能登屋旅館があったところの坂、阿弥陀坂は阿弥陀寺への坂だろう。 -2007年8月11日追記-)

*参考:『江差町

  写真をクリックすると拡大します。

dsc01370 北前坂(坂下方向) 《地図

北前船にちなんで全国からの公募により命名された。

dsc01371 切石坂(坂下方向) 《地図

中津花町から山の上町に断崖を掘削して、切通しによる連絡通路を設け、これを切石坂と称した。江戸期から昭和9年までの旧町名のもととなる。HP『江差いにしえ街道』

DSC01375 馬坂(坂上方向)

明治27年まで現江差小学校の地にあった正覚寺に、北前船から積み込まれた年貢米を背にした馬があえぎながら上った急坂だった。HP『江差いにしえ街道』

DSC01377 馬坂(坂下方向) 《地図

dsc01379横山家 《地図

にしん漁全盛の江戸末期の建てられた旧家。鰻の寝床式で道路沿いの入口(写真右手前)から傾斜して海沿いの入口(写真正面奥)まで続く家屋。昔は海に直接続いていて、接岸した船の荷積みを直接店から行えるようになっていた。現在は国道に面している。

dsc01382 旧檜山爾志(にし)郡役所

1887(明治20)年に檜山爾志郡役所兼江差警察署庁舎として落成した、道内唯一現存する郡役所庁舎。

DSC01387 奉行坂(坂下方向・右は旧檜山爾志郡役所) 《地図

檜山奉行所前の坂。警察署として長く使われたので「警察の坂」とも呼んでいる。

延宝6年(1678)に江差地方に自生するヒノキアスナロの伐採取締番所として、檜番所が上ノ国から江差に移転。その後、江差西在郷の行政経済を統括する藩府として檜山奉行所と改称された。この奉行所跡にロシア人の設計によって建てられたのが開拓使時代の檜山郡役所

dsc01384 嘆きの松

江差に入港した開陽丸が座礁、沈没し、榎本武揚土方歳三がこの松を叩いて嘆き悲しんだという。松の幹が曲がっている部分が瘤(こぶ)のようになっているのは、土方の叩いた跡で「土方歳三のこぶし」とか。

dsc01394 瓶子岩(へいしいわ)を見ながら鴎島(かもめじま)に渡る。

様々な予言をする折居姥が、鴎島で翁から渡された瓶を海中に投げたところ、江差にニシンが群来するようになったという。この瓶が石と化して海上に現われ、瓶子岩になったと伝えられている。

姥神大神宮折居姥の草創という。折居姥はニシン漁の始祖として漁業家の信仰をあつめ、折居社に祀られている。

dsc01395 鴎島灯台

島には千畳敷、義経の馬岩、弁慶の足跡、徳川幕府砲台跡などもある。

DSC01402 鴎島にて

DSC01407 鴎島にて

何の鳥か?

DSC01406 鴎島から

正面の船は開陽丸。

dsc01427開陽丸

オランダ製の幕府軍艦。戊辰戦争の最中の明治元年11月15日、江差沖で座礁し、沈没。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »