« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

文京区の坂-2

2006年1月30日(月)

御茶ノ水駅(JR中央線)・・・樹木谷坂・・・新妻恋坂・・・傘谷坂・・・横見坂・・・清水坂・・・妻恋神社・・・妻恋坂・・・立爪坂(芥坂)・・・三組坂・・・ガイ坂・・・実盛坂・・・中坂・・・湯島天神・・・神石(男)坂・・・天神女坂・・・天神新坂(夫婦坂)・・・切通坂・・・無縁坂・・・境稲荷・・・榎坂?(台東区)・・・暗闇坂・・・弥生坂・・・根津駅(地下鉄千代田線)

 樹木が生い茂っていたという樹木谷坂を下ると蔵前橋通りの新妻恋坂の途中に出ます。傘谷坂は南北に向き合う坂で傾斜はあまりありません。傘を作る職人が多く住んでいたそうです。富士山が西横に見えたという横見坂、清水精機という会社が坂を整備した清水坂は北に上る坂で並んでいます。

 清水坂の途中を東に入ると妻恋神社があります。境内に日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘姫の物語が書いてある説明板があります。妻恋坂の途中から北に上る立爪坂は爪先立つほどの急坂だったそうです。別名は芥(ごみ)坂で、ごみ捨て場があったのでしょうか。

 三組坂は東へ下る直線的な坂で、途中から北にガイ坂が下っています。 ガイとは芥(ごみ)のこと、ここにもごみ捨て場があったようです。ガイ坂を下り少し進み左に入ると、絶壁のような石段の実盛坂です。石段上を右に行くと中坂の坂上です。妻恋坂と天神石坂の間の坂です。湯島天神の境内に入り、天神石坂(男坂)、女坂を上り下りして、北側の天神新坂(夫婦坂)の石段を下ると春日通りの切通坂です。

 坂上から北に文京総合体育館の脇を通り無縁坂の坂上に出ました。坂を下る右側に続くの旧岩崎邸の石垣の古色さが坂に風情を添えています。『ぶんきょうの坂道』によると坂名は、北側の称仰院が無縁寺と称したこと、講安寺が初め無縁山法界寺といったことに因る坂名で、森鴎外の「雁」にも登場します。今はさだまさしの「無縁坂」の歌詞の方がよく知られているでしょうか。また、大分県宇佐市に「縁無坂(えんないざか)」があり、面白い(哀れな)由来話があります。駅館川を渡る橋の坂で、今は傾斜がほとんどありません。

 坂下から不忍通りを北に行き、境稲荷の先の池之端門から東大病院の構内に入りました。 門を入るとすぐに北方向に坂が上っています。今は一般の道路ではありませんが、これが榎坂の名残だと思いました。弥生門を出ると前が暗闇坂です。 坂下の方へ行くと竹久夢二美術館があります。坂上は言問通りの弥生坂とぶつかります。弥生坂を下り根津駅に出ました。

 写真をクリックすると拡大します。

DSC05006 樹木谷坂  湯島1-7と1-10の間を南西に上る。《地図

江戸時代初期も坂下あたりは樹木が生い茂っていた。樹木が転訛して「地獄谷坂」の別名がある。『ぶんきょうの坂道』

DSC05007 新妻恋坂  湯島3-1の南側を西に上る蔵前通り。《地図

昭和4年に完成した蔵前通りの坂で、津恋坂に平行している東京の坂、昭和の坂。『ぶんきょうの坂道』

DSC05014 傘谷(からかさだに・かさだに)坂  湯島2丁目と本郷3丁目の間を北に下って、上る。《地図

湯島2-11と2-12の間あたりが窪んでいて、ここを傘谷と呼んだ。その窪みに南北から坂道ができて、その両方の坂を傘谷坂と呼んだ。傘を作る家が多かったとも。『ぶんきょうの坂道』

DSC05016 横見坂(横根坂)  湯島2-1と2-2の間を北に上る。《地図

西横に富士山がよく見えて、この坂を上る時、富士を横見するから。『ぶんきょうの坂道』 

別名の横根坂の「横根」とは、「鼠蹊(そけい)リンパ節が炎症を起こして腫れたもの。梅毒・軟性下疳(げかん)・淋疾・鼠蹊リンパ肉芽腫のほか、外傷や腺ペストにより起こる。」 鼠蹊部は、「下腹部のうち足に接する部分。恥骨部の両側にある三角形状の部分をいう。下方の境はももの付け根である。」以上、三省堂の国語辞典から。川柳に「横根坂さて踏み出しのわるいとこ」(遊び過ぎて悪い病気でももらったのだろう)

Dsc05006 清水坂  湯島3-1と2-1の間を北に上る。《地図

大正時代、この土地の所有者の清水精機が土地を提供し坂道を整備した。『ぶんきょうの坂道』

DSC05030 妻恋坂  湯島3-1と3-2の間を西に上る。《地図

江戸時代の初めこの坂の南側に霊山寺があり、開山が大超和尚といった。家光の時この地に移転し、大超坂と呼ばれた。明暦の大火後、霊山寺は浅草に移り妻恋神社が坂の北側に移ってきた。『ぶんきょうの坂道』

Dsc05027妻恋神社

Dsc05028 妻恋神社説明板

日本武尊(やまとたける)と弟橘媛(おとたちばなひめ)の物語。

DSC05031 立爪坂  湯島3-2と3-6の間を妻恋坂の途中から北に上る。《地図

つま先立て上るほどの急坂だった。別名の芥(ごみ)坂は、ごみ捨て場があったからか。

DSC05034 三組坂  湯島3-12と3-15の間を西に上る。《地図

以前の町名による。当地は三組の御家人衆の拝領地だった。『ぶんきょうの坂道』

DSC05037 ガイ坂  湯島3-19と3-15の間を南に上る。《地図

ガイは芥の濁音。ごみ捨場があったと思われる。『ぶんきょうの坂道』

DSC05040 実盛坂  湯島3-19と3-21の間を西に上る石段。《地図

坂下南側に実盛塚、首洗い井戸、産湯の井戸があったという伝説めいた話がある。武将としての意気に感じた住民が、井戸や首塚を造ったのではなかろうか。『ぶんきょうの坂道』 実盛とは、斉藤実盛のことで、生まれたのも、死んだのもこの地ではない。

DSC05045 中坂  湯島3-24と3-25の間を西に上る。《地図

妻恋坂と天神石坂の間の坂

DSC05049 天神石坂(男坂)  湯島天神境内に東から上る38段の石段。《地図

DSC05052 天神女坂  男坂の北側の石段。

Dsc05048 湯島天神

湯島天神

DSC05055 天神新(夫婦)坂  春日通りの切通坂から湯島天神へ上る石段。《地図

DSC05057 切通坂  湯島3-30と4-6の間を南西に上る春日通り。《地図

湯島の台地を切り開いてできた坂。『ぶんきょうの坂道』

DSC05063 無縁坂  湯島4-12と元岩崎邸の間を西に上る。《地図

坂の北側の称仰院無縁寺と称した。また講安寺は初め無縁山法界寺といった。『ぶんきょうの坂道』 

森鴎外の『』に「岡田の日々の散歩は大抵道筋が極まってゐた。寂しい無縁坂を降りて、藍染川の・・・」。

さだまさしの歌『無縁坂』にも登場する坂。

Dsc00901 縁無(えんない)坂 大分県宇佐市の駅館川に架かる瀬社橋の宇佐寄り。写真では橋の左側の方。

今は、勾配がなく坂とは呼べない。(2005年5月15日撮影)「有縁坂之碑」も見つからず。もっと瀬社橋から離れた所なのか?→今でも勾配があり、「有縁坂之碑」もあるそうです。下記に八幡氏子様からコメントを頂きました。

Dsc01165 縁無坂のチラシ(大分県立博物館に置いてあったもの。)

「有縁坂之碑」の写真

Dsc01166 縁無坂縁起(橋坊主和讃)

「ここらから」と聞いたのに、誰もが「小倉から」と聞き違え、結局宇佐八幡にたどりつけなかった哀れな老婆のお話。

Dsc05069 境稲荷(台東区池之端1丁目)

Dsc05070 境稲荷と「弁慶鏡ケ井戸」の説明板

DSC05073 榎坂  池之端1丁目の東大病院の池之端門?を入り北方向に上る。《地図

 

DSC05083 暗闇坂  本郷7丁目と弥生2-3の間を北西に上る。《地図

江戸時代は、加賀屋敷の北裏側と片側寺町の間の坂で、樹木の生い茂った薄暗い寂しい坂であったと考えられる。

DSC05089 弥生坂  弥生1丁目と2丁目の間を南西に上る言問通り。坂下は善光寺坂下。《地図

明治の新坂で旧町名の向岡弥生町をとって名づけられた。坂下に幕末、鉄砲組の射撃場があり鉄砲坂とも呼んだ。また、付近は弥生式土器が発掘されたところでもあり、「弥生時代」の名もここから生まれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

千代田区の坂-4・文京区の坂ー1

2006年1月28日(土)

水道橋駅(JR総武線)・・・小栗坂・・・皀角(さいかち)坂・・・女坂・・・男坂・・・錦華坂・・・富士見坂・・・・・・胸突坂(吉郎坂)・・甲賀坂・・・太田姫稲荷神社・・・池田坂・・・雁木坂・・・紅梅坂・ニコライ堂・・・観音坂・・・新坂・・・幽霊坂・・・淡路坂・・・相生坂(文京区)・・・湯島聖堂 ・・・昌平坂(文京区)・・・湯島坂(文京区)・・・神田明神・・・明神石坂(千代田区)・・・明神女坂(文京区)・・・末広町駅(地下鉄銀座線)

 小栗坂は傾斜がほとんどなく、皀坂にさいかちの木はありません。女坂は途中に踊り場がありますが、急な石段です。坂の途中にマンションや住宅の入口がありますが、雨とか雪の日の上り下りは大変だと思います。男坂は明大付属の中学、高校の間にあります。学生が体育の時間かクラブ活動でしょうか走って上っていました。神社の境内の石段でもないのに、男坂、女坂の名は珍しいのでは。石段なのでこう名付けたのでしょうか。

 富士見坂と文坂は駿河台下から北へ明治大学の方へ上る緩やかな坂です。胸突坂は明大の北側を西に上る短い急坂で、明大の総長だった佐々木吉郎氏に因んだ吉郎(きちろう)坂の別名があります。胸突坂の坂下から続く甲賀坂は傾斜が少ない坂です。池田坂の坂下に太田姫稲荷神社があります。以前は、別名が一口(いもあらい)坂の淡路坂の坂上にありました。

 華麗なニコライ堂の前の紅梅坂を下りました。本郷通りを渡ると南から観音坂、新坂、幽霊坂が並んでいます。観音坂の坂上に小さな観音堂があります。幽霊坂は、昔は紅梅坂とつながっていたそうです。

 淡路坂を上ると、聖橋の上から中央線の線路、神田川、相生坂、湯島聖堂の塀を一望できます。淡路坂と平行しているので相生坂の名があります。聖堂脇の昌平坂を上ると湯島坂の途中に出ます。坂上から神田明神に入りました。明神石坂(男坂)は東側から上る急な石段坂ですが、利用する人は少ないようです。女坂は社殿北側の文京区湯島3丁目の蔵前橋通りから上る、裏参道の石段坂です。女坂と言っても急です。千代田区では女坂を明神石坂の南側の石段坂としていますが、住宅の間の石段で参拝者はほとんど利用しないようで、神田明神境内に直接には通じていません。女坂にはふさわしくないと思うのですが。

  *参考:『ぶんきょうの坂道』 

  写真をクリックすると拡大します

DSC04875 小栗坂  三崎町1丁目と猿楽町2丁目の間を北に上る。《地図

御鷹匠小栗氏宅があった。

DSC04877 皀角(さいかち)坂  神田駿河台2丁目とJR中央線の間を東方向に上る。《地図

昔はさいかちの木が多かった。江戸時代には、坂の中程辺りに神田上水の懸樋が架けられていたそうだ。

DSC04886 女坂  猿楽町2-8と2-5の間を北東に上る石段。途中に踊り場がある。段数は男坂より多いが急ではない。《地図》(道筋の標示はない・地図の位置表示は間違っている)

坂を下った先には、神田学園がある。

DSC04889 男坂  猿楽町1丁目と2丁目の間を北東に上る石段。《地図

坂の西側に明治大学付属明治中高等学校(男子校)がある。

DSC04894 錦華坂  猿楽町1丁目と駿河台1丁目の間を北に上る。《地図

坂下の錦華小学校に因む名か。

DSC04898 富士見坂  神田小川町3-10と3-12の間を北東に上る。《地図

昔はこんな所からも富士山が眺められたとは想像もできない。

Dsc04902 文坂坂標

DSC04901 文坂  小川町3-8と3-10の間を御茶ノ水駅方向に上る明大通り。《地図

学校が多い教地区だからか?

DSC04907 胸突坂  駿河台1-1と1-3の間を北西に上る。《地図

急峻な坂の意。別名を吉郎坂

Dsc04904 吉郎坂碑

明治大学総長の佐々木吉郎氏にちなむ坂名。

DSC04911 甲賀坂  駿河台1-6と1-8の間を北西に上る。《地図

①甲賀者が多く住んでいた。②この地にあった光感寺の光感が甲賀に転訛した。『新編江戸志』 さらに「一説に、往古、馬場昌宇という御医師の屋舗ありし故、戯れに世俗これを甲賀坂というよし里諺なり」とあるそうだが、意味が分からず。

Dsc04914 太田姫稲荷神社(神田駿河台1-2)

以前は淡路坂(一口(いもあらい坂)の坂上にあった。イモガサ(疱瘡)を洗い流す(治す)霊験あらたかな稲荷。太田姫は一口稲荷に祈願して、疱瘡を治した太田道灌の娘ではなく、疱瘡神の「太田姫の命」だそうだ。

DSC04916 池田坂  駿河台1丁目と3丁目の間を北東に上る。《地図

日大病院の所に池田市之丞の屋敷があり、屋敷に唐犬(闘犬)が行われていたので別名を唐犬坂

DSC04923 雁木坂  駿河台4丁目と3丁目の間を北西に上る。《地図

傾斜がきつく滑り止めの桟がつけられていた。

DSC04929 紅梅坂  駿河台4-1と4-3の間を北西に上る。ニコライ堂前の坂。《地図

昔、坂上あたりに紅梅で知られた光感寺があったことから、紅梅坂または光感寺坂とも呼ばれていた。光感寺は甲賀坂の坂名の由来説②の寺だろう。

Dsc04930 紅梅坂(直進する道)

Dsc04931ニコライ堂

DSC04935 観音坂  神田淡路町2丁目と3丁目の間を北西に上る。《地図

寛永の頃から元禄の頃までホテル竜名館の所に茅浦観音寺があったことからこう呼ばれた。現在は坂上に小さな観音堂がある。

Dsc04932 観音堂

DSC04942 新坂  神田淡路町2-15と2-19の間を北西に上る。《地図

明治維新前は備後福山藩阿部家の敷地で、明治になってその中央に新しく造られた坂。幽霊坂と観音坂の間の坂。

DSC04947 幽霊坂  駿河台4-4と4-6の間を北西に上る。《地図

昔は坂の両側に木々が繁り、人通りも少ない淋しい坂だった。

DSC04949 淡路坂  駿河台4丁目とJR中央線の間を北西にお茶の水駅に上る。《地図

坂の西側に鈴木淡路守の屋敷があった。太田道灌が娘の疱瘡 (ほうそう・イモガサ)の治癒を祈願して、山城国一口(いもあらい)の里の稲荷を勧請して建立し、一口稲荷と呼んだと伝え、別名を一口(いもあらい)坂という。坂上にあった太田姫稲荷神社は移転して、現在神田駿河台1-2にある。(写真は上に掲載) JR線路の北側の相生坂と平行しているので、相生坂ともいう。

DSC04960 相生坂(聖橋から坂下方向) 文京区湯島1-4の聖堂と神田川の間を北西に上る。《地図

淡路坂と平行する坂の意。この坂も昌平坂と呼ばれる。

DSC04969 昌平坂(坂下方向) 文京区湯島1-4の湯島聖堂と1-1の間を北に上る。聖堂の東隣の坂。《地図

5代将軍綱吉は聖堂を上野の忍岡からここ湯島に移した。聖堂前の坂(現相生坂)と聖堂脇の坂が昌平坂(旧昌平坂)と名づけられた。「昌平」は聖堂に祀られている儒学の祖、孔子の生まれた中国の魯の国の昌平郷による。その後、元の昌平坂(聖堂脇の旧昌平坂)は11代将軍家斉が聖堂を建て直して敷地を広げた時に取り込まれてなくなった。それを惜しむ人たちが、旧昌平坂に平行しているこの坂(すでに庶民は団子坂と呼んでいた)を昌平坂と呼ぶようになった。(今は昌平坂の別名になってしまった団子坂は、急なので転ぶと団子のように転がるからという)

Dsc04992 説明板

「三つの坂を昌平坂と呼んだ」とある。新旧の坂を含めていっているのだろう。

Dsc04993 「古跡 昌平坂」(昭和12年設置)

坂下に立っているが、古跡の旧昌平坂は今はない。坂下で交わる相生坂(旧昌平坂の一つ)のことを指しているのか。この石標はもとは坂上にあったらしい。この坂については横関英一が『江戸の坂東京の坂』で詳しく考証している。

Dsc04994 坂上方向

Dsc04962 湯島聖堂

湯島聖堂」・「湯島

「聖堂」『江戸名所図会

DSC04972 湯島坂  湯島1-4と1-2の間を北西に上る。湯島聖堂と神田明神の間の坂。《地図

中山道(国道17号)で最初の坂。徳川将軍の日光御成道。

DSC04979 明神石坂(男坂)  神田明神へ外神田2丁目から上る男坂の石段。《地図

天保の頃、最初に作られたという。

DSC04981 明神女坂  文京区湯島3丁目の蔵前橋通りから神田明神へ上る裏参道の石段。《地図》(地図に標示はない)

『今昔東京の坂』は、「女坂は湯島3丁目に下っていたが、今はない」としている。この裏参道の石段は元の女坂の後に作られた新しい石段の女坂なのだろう。

Dsc04976 神田明神

Dsc05000 千代田区が女坂としている石段

外神田2-7から上る石段。神田明神の社務所の裏を南に20mほど行って突き当たった所から左の方に下る石段坂。明神男坂から60mほど南に平行しているが、住宅の間の坂で、男坂より急な感じで、参詣者はほとんど利用しないようで、明神女坂にはふさわしくないと思うが。千代田区は男坂、女坂とも「千代田区内の坂」にしたいのだろう。                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »