« 港区の坂-1 | トップページ | 港区の坂-2 »

2006年2月17日 (金)

八丈島の坂-1

2006年2月17日

護神バス停・・・倉の坂・・・西山ト神居記の碑・・・旧倉の坂・・・護神(三根)・・・護神公園(大賀郷)・・・河口交差点・・・川口坂・・・綴喜が坂・・・優婆夷宝明神社・・・大里の玉石垣・・・陣屋跡・・・為朝神社・・・車(輪)坂・城山・・・横間ケ浦・・・大坂・横間洞門・大坂トンネル・・・三島神社(樫立)・・・庁の坂(井戸の坂)・井戸川・・・地蔵の向いの坂・・・地蔵堂(ぼんさんぱら(盆参原))・・・小坂・・・大神宮・・・富次郎商店バス停

 主に、「八丈実記」から坂を拾い出し道筋を調べ、推測して歩いてみました。

 護神のバス停から北に進み、「倉の坂」の信号から神湊方向に下るのが現在の倉の坂です。旧倉の坂は坂の途中を東に入り、西山ト神居記の碑の前の小道を北に50mほど行った所から左に入り下る坂です。雑草が生い茂り、道の入口がよく分かりません。草木を押し分けて進むと、途中に石垣の名残りのようなものがあります。坂下は釣宿「あさぎく」の駐車場の脇ですが、崖一面をコンクリートの壁にする工事中で、旧倉の坂の坂下は塞がれてしまったようです。残念です。

 護神(三根)、島酒の碑のある護神公園に寄り、八丈島歴史民俗資料館前から河口交差点に出ました。交差点から八重根港の方へ川口坂が下っています。途中から南に優婆夷宝明神社まで上る坂が綴喜が坂でしょう。都道に出て南に進み、八丈八景「大里の晩鐘」の大里の玉石垣、北条氏の陣屋跡を過ぎると左側に為朝神社があります。神社前から横間ケ浦の方へ下るのが車(輪)坂だと思います。坂の北側が城山で、戦国時代に北条、三浦、奥山氏が争った時の城跡だそうです。横間ケ浦まで下って海辺で一休みし、都道に戻り進むと大坂の上りとなります。

 横間洞門を過ぎ、大坂トンネルの手前あたりが、八丈八景「大坂の夕照」の展望です。ここから望む八丈富士、八丈小島、そして海の眺めは格別です。トンネルを抜け樫立に入りました。三島神社に参り、社の正面から下る玉石の石段を下りました。これが旧道まで下りる庁の坂(井戸の坂)だと思います。(庁とは三島神社のことです。) 急な石段で保存状態が良くないため、土と落ち葉に覆われている所もあり何度も滑り、下るのに一苦労しました。坂下から見上げると絶壁で、道ではなく玉石垣の崖のようです。

 庁の坂下の5~6m先に井戸川の水場跡があります。別名の井戸の坂はこれに因ります。黒砂への道が分岐する少し手前です。ここも草に覆われ注意して見ないと見逃します。都道へ戻り地蔵の向いの坂を上り、「ぼんさんぱら」(盆参原)と呼ばれている地蔵堂に参りました。境内から大神宮に上る小坂の途中に出られます。石畳の小坂を大神宮まで上ると小さな祠の中に天照大神?が鎮座していました。石畳の小坂は都道まで下っていますが、坂下は道路工事中で小坂は途中で途切れています。工事が終われば復旧すると思うのですがどうでしょう。都道を進み「富次郎商店」のバス停に着きました。

 《参考文献》 「八丈実記」 近藤富蔵

         「八丈島仙郷誌」 大脇繁吉著

         「八丈島探索・学習ガイドブック」 八丈町発行

         『八丈町ホームページ』 

  写真をクリックすると拡大します。

DSC05945 倉の坂 《地図

DSC05957 旧倉の坂跡(坂上)《地図

DSC05954 旧倉の坂(坂の途中) 石積みの名残りのようなものがある。

DSC05959 旧倉の坂(坂下) コンクリートの壁で塞がれ通行不能。

DSC05975 川口坂 《地図

DSC05980 綴喜が坂 《地図

DSC05988 大里の玉石垣

DSC06005 車(輪)坂  『八丈実記』第三巻に「大岡郷ノ車坂ニ城ヲ(中略)車輪坂ノ城トハ今ノ城山ナリ」とある。 城内と横間ケ浦の間を荷車が往来した坂か? 《地図

DSC06009 大坂 《地図

正面は八丈富士 

DSC06018 大坂・八丈富士・城山(真中のこんもりしている所)

DSC06025 三島神社(樫立)

DSC06026 庁の坂(井戸の坂)の坂上。 三島神社の境内。《地図》(道の標示はない)

DSC06027 庁の坂の途中から坂上を望む。

DSC06032 庁の坂の坂下近くから坂上を望む。

DSC06031 庁の坂の坂下 玉石垣のようで、道とは分からない。

DSC06033 井戸川の水場 庁の坂(井戸の坂)の坂下近く。

DSC06037 地蔵の向いの坂《地図》(道の標示はない)

DSC06040 地蔵堂(ぼんさんぱら)

DSC06043 小坂(大神宮へ上る坂) 《地図》(道の標示はない)

地蔵堂の西側から小坂の途中に出られる。

DSC06047 大神宮の祠の中の天照大神?

DSC02941 「八丈実記」の著者、近藤富蔵ゆかりの坂

別所坂(目黒区中目黒1丁目と2丁目の間)  坂上は「別所台」といわれた景勝地。 近藤富蔵の父、重蔵の屋敷があり、邸内に富士塚を作り「目黒新富士」呼ばれていた。ここでの殺傷事件により富蔵は八丈島へ流された。実際は写真で見るよりずっと急坂です。
「元富士」は目切坂にありました。『目黒区の坂①

|

« 港区の坂-1 | トップページ | 港区の坂-2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/8770963

この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島の坂-1:

« 港区の坂-1 | トップページ | 港区の坂-2 »