« 府中市の坂-1・国分寺市の坂-1 | トップページ | 府中市の坂-3 »

2006年4月15日 (土)

府中市の坂-2

2006年4月15日

武蔵野台駅(京王線)・・・八幡山本願寺・八幡神社・・・おっぽり坂・・・はけた坂・・・諏訪神社・・・どやの坂・道祖神・・・まむし坂①(小柳町3丁目)・・・庚申坂・溝合神社・庚申塔・・・かなしい坂・・・東郷寺坂・東郷寺・・・池の坂・・・まむし坂②(清水が丘2丁目)・・・滝神社・・・なるい坂・・・馬頭観音・・・柳坂・・・東府中駅(京王線)

 武蔵野台駅から東にハケ(段丘崖)の道に出ると、八幡山本願寺、八幡神社があります。 白糸台通りを越えると、おっぽり坂、その東側にはけた坂が南北方向に京王線の線路の方へ上っています。はけた坂の坂上には諏訪神社があります。西に行き、車坂団地(車坂もあるのだろうか?)を過ぎると、どやの坂が中通りから北東に上っています。坂の途中が工事中で坂標が見つかりません。ハケの道と交差する所に、道祖神が立っています。

 ハケの道と西武多摩川線の交差する所からまむし坂が下っています。細い坂で、往時の雰囲気の残る坂です。坂下を南に行き、府中九中の脇を入り庚申坂を上りました。坂の途中の溝合神社に庚申塔が2基保存されています。坂上は東郷寺通りにぶつかります。南西に東郷寺坂が下っています。坂の途中の東郷寺の脇に玉川上水工事でのかなしい物語がある「かなしい坂」が上っています。坂は下る途中で東郷寺に突き当たり途切れています。東郷寺坂の坂下にかなしい坂の上り口の道が一部残っています。

 東郷寺下の交差点辺りに池の坂の由来となった、「しょうたん池(ひょうたん池?)」があったそうですが、跡形もありません。池の坂の道筋もはっきりしませんが、御滝道へ上る細い坂があります。これを池の坂としておきます。坂上の御滝道(いかだ道、ハケタ道、いききの道ともいった。)の北側は東郷寺の墓地です。御滝道を西に進み、まむし坂を下ると滝神社の前に出ます。滝はもう無いようですが、湧水が残っています。

 坂下を西に行き、なるい坂を上ると御滝道に出て、競馬場通りの柳坂につながります。坂名の由来の鳴泉(なるい)の湧水は残っていないようです。坂上に馬頭観音?が立っています。昔ここに、柳坂の由来の大きな柳の木が立っていたともいわれています。柳坂を上り東府中の駅に出ました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc08935_1 八幡山本願寺(白糸台5丁目)

Dsc08933 説明板

Dsc08938 八幡神社(本願寺の隣)

Dsc08940 「 おっぽり坂」説明板

Dsc08944 おっぽり坂(坂上方向)

Dsc08941 おっぽり坂  白糸台5-15と5-17の間を北に上る。《地図

雨が降るといつもここを流れていた。そして、ハケを下りる辺では大きな堀状になっていたという。その堀にそって造ったのがこの坂道だという。大堀がなまって”おっぽり”となったのか。この辺の旧小字に大堀下がある。『府中市内旧名調査報告書』

Dsc08951「はけた坂」説明板

Dsc08946 はけた坂(坂上方向)  白糸台5-48の南白糸台小学校の西側を北に上る。《地図

坂名の由来等は坂標に記載。

Dsc08949 坂下方向

Dsc08953 諏訪神社(はけた坂の坂上)

Dsc08963 どやの坂  白糸台4-40と小柳町3-2を北東に上る。《地図

昭和17~18年頃までは坂の途中から西へカーブしてハケを上っていた。別名をやとの坂 『府中市内旧名調査報告書』

Dsc08962 坂上方向

Dsc08961 道祖神

どやの坂とハケの道の交差する所。

Dsc08964「まむし坂」説明板

Dsc08967 まむし坂①(坂下方向)  小柳町3-5と3-6の間を北に上る。《地図

西武多摩川線(武蔵境方面行き)が通る。

Dsc08969 坂上方向

Dsc08972 「庚申坂」説明板 

Dsc08975 庚申塔

溝合神社に安置。

Dsc08977 溝合神社(庚申坂の途中)

Dsc08978 庚申坂(坂上方向)  小柳町1-24と1-25の間を北に上る。《地図

Dsc08980 坂下方向

Dsc08983 「かなしい坂」説明板

Dsc08986 かなしい坂(坂下方向)  清水が丘3-32と3-37の間を北に上る。昔は東郷寺下まで続いていた。《地図

Dsc08984 坂上方向

Dsc08998 かなしい坂(昔の坂下から)

東郷寺に行き当たり坂は途切れる。

Dsc08994東郷寺山門(清水が丘3-40)

映画「羅生門」のモデルといわれる。

Dsc08995 東郷寺しだれ桜

Dsc08993 東郷寺坂  清水が丘3-35の東郷寺の東側を北東に上る東郷寺通り。《地図

東郷平八郎の別荘跡に、昭和15年5月に建立された東郷寺にちなむ名称。『府中市内旧名調査報告書』

Dsc08997 坂上方向

Dsc08999 池の坂(坂下から)

Dsc09001 池の坂  清水が丘2-58辺りから北西に御滝道に上る。坂上北側は東郷寺墓地。《地図

東郷寺の南。このハケの下にしょうたん池(ひょうたん池?)(原文のまま)があったという。『府中市内旧名調査報告書』

Dsc09005 坂上の御滝道から

Dsc09007 御滝道(筏道)の石標

Dsc09013 まむし坂②  清水が丘2-9の御滝神社の前を東に上る。《地図

滝神社の東側から御滝道に上る坂。『府中市内旧名調査報告書』

Dsc09016 坂上から

右は御滝道

Dsc09008 滝神社

大国魂神社の末社

Dsc09012 滝神社の由来

Dsc09020 なるい坂(坂下方向) 清水が丘2-37の間を北西に上る。《地図

滝神社の西側で、湧水の鳴泉(なるい)の水の所からハケを上り御滝道へ出る坂。『府中市内旧名調査報告書』

Dsc09021 坂上方向

Dsc09022 馬頭観音(なるい坂の坂上)

ここに昔、柳の大木があったという。

Dsc09023 「柳坂」説明板                                                               

Dsc09024 柳坂(坂上方向)  清水が丘1-7と2-8の間を東に上り、カーブして北に上る。《地図

Dsc09026 坂下方向

 

|

« 府中市の坂-1・国分寺市の坂-1 | トップページ | 府中市の坂-3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/9604662

この記事へのトラックバック一覧です: 府中市の坂-2:

« 府中市の坂-1・国分寺市の坂-1 | トップページ | 府中市の坂-3 »