« 小金井市の坂-2 | トップページ | 小金井市の坂-4 »

2006年4月30日 (日)

小金井市の坂-3

2006年4月30日

武蔵小金井駅・・・大日様の坂・・・山王稲穂神社・山王山の坂・・・築樋跡・・・弥五ちゃんの・・・権寅さんの坂・・・島崎の坂・・・虎さんの坂・・・三五郎さんの坂・・・墓場山の坂(本町4丁目)・・・磯村の坂・・・赤い稲荷坂・大木下之稲荷・・・台の坂・・・墓場道の坂・・・大尽の坂・・・陣屋道の坂・陣屋橋・・墓場山の坂(緑町3丁目)・・・ごぜの坂①②・三光院・・・武蔵小金井駅

  【ルート地図

 JR中央線の北側、仙川と玉川上水の間の坂を歩きました。かつての坂の面影のある坂はありませんでした。ごぜの坂は、『続小金井風土記』と『小金井市の歴史散歩』とでは少し位置が違います。後者の方が坂らしい傾斜がありますが短い坂です。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc09704  大日様の坂(坂上から) 本町4-40の間を西に上る。《地図

坂上に大日如来を祀った祠がある。(写真左側の小祠)

Dsc09703 大日如来の祠

Dsc09702 坂上方向

Dsc09708 山王稲穂神社(山王山の坂上)

Dsc09709 「稲穂神社」由緒

Dsc09707_1 山王山の坂(坂上方向)  本町4-40の間を西に上る。《地図

坂上の突当たりに山王稲穂神社がある。別名を台門の坂。『続小金井風土記』

Dsc09710 疱瘡神社(稲穂神社境内)

Dsc09713 築樋(つきどい)跡

Dsc09711 築樋説明板

Dsc09717 弥五ちゃんの坂  本町4-3と4-4の間を北に上る。《地図

昔は急坂で、この道の西側に通称「弥五ちゃん」と呼ばれる家がたった一軒あっただけだった。『続小金井風土記』

Dsc09715 坂上方向

Dsc09718 権寅さんの坂  本町4-3の間を北に上る。《地図

明治の初めごろ、近くに権(ごん)さんと、その子どもの寅さんが住む家があった。『続小金井風土記』

Dsc09719 坂下方向

Dsc09723 島崎の坂(坂下方向)  本町4-2と4-3の間を北に上る。《地図

かつては島崎家の東側を迂回するように通った坂だった。『続小金井風土記』

Dsc09722 坂上方向

Dsc09728 虎さんの坂  本町4丁目の競技場通りを仙川辺りから南に上る。《地図

南から北の下り口付近に大久保虎吉の家があった。虎吉は雉撃ちの名人といわれ、明治天皇の多摩御鷹狩りの際、何度もお供をしたことがあるそうだ。『続小金井風土記』

Dsc09732 三五郎さんの坂(坂下方向) 本町4-12と4-2の間を北に上る競技場通り。《地図

坂の東側にあった中川三五郎の名をとって、明治中期ごろからこの名があるらしい。『続小金井風土記』

Dsc09729 坂上方向

Dsc09735 墓場山の坂(坂下方向)  桜町2-1と2-2の間を北に上る競技場通り。《地図

小金井養護学校のあたりは、中川一族の墓地だった。『続小金井風土記』

Dsc09734 坂上方向

Dsc09740 水神のミニ祠(小金井橋の脇)

Dsc09738 「水神」説明板

Dsc09746 磯村の坂(坂下方向)  桜町1丁目と2丁目の間を北に上る小金井街道。《地図

大正末期以降、この西側に磯村貞吉という人の別荘があった。『続小金井風土記』

Dsc09747 坂上方向

Dsc09755 赤い稲荷坂(坂上方向)  本町4-1と3-8の間を北に上る小金井街道。《地図

坂下に赤稲荷とも呼ばれていた、大松木之下稲荷がある。

Dsc09748 大松木下之稲荷(赤稲荷)

Dsc09749説明板

Dsc09751 庚申塔(寛政4年(1792))・右は年号不明の庚申塔

Dsc09752 石灯篭(享和2年(1802))

Dsc09758 大尽の坂  本町3-13と桜町1-1の間を北に上る。聖ヨハネ桜町病院の西側に上る坂。《地図

かつてはこの道に面して西側に、醤油醸造と質屋を営む村内では大財産家の誉れが高かった「玉荘(たましょう」という大店があった。別名「玉荘の坂」といい、今は病院の坂とも呼ばれているようだ。『続小金井風土記』

Dsc09760 大尽の坂(坂上方向)

Dsc09759 坂下方向

Dsc09767 墓場道の坂  本町3-12と3-14の間を北に上る。《地図

坂上の右手に鴨下家一族の墓地があり、その通用路として利用されていた。『続小金井風土記』

Dsc09765 坂下方向

Dsc09770 台の坂  本町3-7と3-5の間を北に上る。《地図

坂の頂上が「台」と呼ばれたほか、西側に「鍛冶屋大政」があったので「台のカジヤ坂」の別名もある。『続小金井風土記』

Dsc09772 坂下方向

Dsc09774 陣屋道の坂  桜町1-9と緑町3-10の間を北に上る。《地図

享保(1716~1736)のころ、小金井村名主、関勘左衛門が陣屋へ通った道を「陣屋道」といい、その一部になるこの坂は嶮しく、玉川上水の陣屋橋南側に突き当たる。『続小金井風土記』

Dsc09776 坂下方向

Dsc09780 墓場山の坂(坂下方向)  緑町3-5と3-6の間を北に上る緑中央通り。《地図

明治中期までは、仙川北側に渋谷一族の墓地があり、山林が続く淋しい道であった。『続小金井風土記』

Dsc09781 坂上方向

Dsc09784 三光院

Dsc09788 ごぜの坂①  本町3-2と緑町4-8の間を南に上る。坂上の西側に三光院。《地図

遠い昔にこの道に瞽女(ごぜ)が息絶えていたとの言い伝えによる。『続小金井風土記』 

Dsc09787 坂下方向

Dsc09825 ごぜの坂②  本町3-1と3-2の間を東に上る。《地図

大尽の坂と陣屋道を東西に結ぶ坂道。かつて、花見時期に、”ごぜ”(門付け)等の旅芸人が小金井橋方面に通った道であった。『小金井市の歴史散歩』

Dsc09823 坂下方向

|

« 小金井市の坂-2 | トップページ | 小金井市の坂-4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/9829993

この記事へのトラックバック一覧です: 小金井市の坂-3:

« 小金井市の坂-2 | トップページ | 小金井市の坂-4 »