« 落語散歩-浅草・向島・神田・上野・飛鳥山 | トップページ | さいたま市の坂-2 »

2006年4月 1日 (土)

さいたま市の坂-1

2006年4月1日

武蔵浦和駅(武蔵野線)・・・曲(かね)坂・真福寺・・・白幡睦神社・・・地蔵堂・地蔵坂・・・観音・・・焼米坂・・・神明坂・・・神明神社(岸町2丁目)・・・神明神社(根岸1丁目)・・・一ツ木・・・大谷場氷川神社・・・庚申坂・・・大谷場の庚申塔・・・南浦和駅

  【ルート地図

 昨日とうって変わり風も弱く、のどかな春爛漫の日でした。武蔵浦和駅から北に行き、曲坂を上ると真福寺に出ます。境内に「逆さイチョウ」や愛嬌のある顔の地蔵さんが立っています。東に向い、白幡睦神社へ狭い男坂を上りました。神社の南側の道路脇に小さな地蔵堂があります。そこから北東に上るのが地蔵坂です。坂下から南東に進み、観音坂を上りました。観音堂は坂上にあるとばかり思っていましたが見当たらず、帰宅後、坂下を進んだ所に白幡観音堂があることに気づきました。(4月3日に寄りました。「さいたま市の坂ー2」)

 観音坂の坂上から東に行き、旧中仙道の旅人に焼米を売る店があったという焼米坂を下って北へ、武蔵野線をくぐり田島通りの神明坂に出ました。東に下って、上る坂です。神明1、2丁目に神明社は見当たらず、北の岸町2丁目に小さな神明社がありました。神明坂の坂上辺りから南に神明通りを進むと、根岸1丁目の所にも神明社があります。こちらの方が大きいです。東に進み、文化通りを上って、下るのが一ツ木坂です。坂下の南浦和駅そばの大谷場氷川神社に寄りました。南浦和駅の東口へ出て南大通りを進み、北西に入り武蔵野線をくぐると庚申坂の上りになります。坂上を進むと大谷場小学校の隅に名前の由来となった大谷場の庚申塔が保存されています。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc08374曲(かね)坂(北に上る坂下から)  南区別所2-6と2-7の間を北に上り、左に曲がり上る。真福寺前。 《地図

大工さんの使う直角の曲尺(かねじゃく)に似ているところから。『わがまち浦和』

Dsc08376_2 曲坂(曲がって上る所から坂上方向)

坂上方向右側に真福寺

Dsc08379 坂上近くから

Dsc08378 真福寺(別所2-5)

真言宗の寺で玉蔵院の末。正和3年(1314)名の板石塔婆や、「逆さいちょう」の伝説のあるいちょうの木がある。

Dsc08381 真福寺の「逆さいちょう」の説明板

Dsc08384 いちょうの木

さいたま市指定天然記念物

Dsc08386 白幡睦神社(南区白幡1-16)

古くは富士社といった。

Dsc08389地蔵堂(白幡1-16)

地蔵坂の由来の地蔵

Dsc08393【坂標】地蔵坂

Dsc08390 地蔵坂(坂上方向)  白幡1-5と1-16の間を北東に上る。《地図》(地図の地蔵坂の位置とは違う)

写真左下が地蔵堂。

Dsc08391 坂下方向

Dsc08398【坂標】観音坂

Dsc08395 観音坂(坂上方向)  白幡1-3と1-5の間を北方向に上る。《地図

観音堂につきあたる道が坂になっていたところからこの名がある。『わがまち浦和』 

Dsc08397 坂下方向

坂下を進んだ所に白幡観音堂がある。

Dsc08403焼米坂【坂標】

Dsc08409 焼米坂  白幡1-1の南浦和小学校の東側を北に上る旧中山道。《地図

「新編武蔵風土記稿」の根岸村のところに「焼米坂 村の北の街道の内にあり、上り一町半許の坂なり、此所にて焼米をひさぐゆえに名づけり」とあり、中山道を通る旅人に焼米を売る店があった。『わがまち浦和』
焼米坂『江戸名所図会』

Dsc08406 坂上方向(歩道橋の上から)

左側は南浦和小学校

Dsc08410神明社(浦和区岸町2丁目)

Dsc08412【坂標】神明坂

Dsc08415_2 神明坂(東へ下って、上る)

Dsc08418 神明坂  浦和区神明2丁目の田島通りを東へ下り、神明1丁目まで上る。《地図

町名による坂名『わがまち浦和』

Dsc08420 神明社(南区根岸1丁目)

Dsc08421 一ツ木坂【坂標】

Dsc08428 一ツ木坂  南区南本町1丁目の文化通りを、文化センタ-脇から北東に上り、南浦和駅方向へ下る。《地図

住居標示前は大字大谷場一ツ木といい、近くに一ツ木遺跡(古墳時代後期の集落跡)があることから名づけられた。『わがまち浦和』

Dsc08437 大谷場氷川神社

Dsc08436 大谷場氷川神社(南本町1-9)

本殿は寛文元年(1666)建立で市の指定文化財。

Dsc08444【坂標】庚申坂

Dsc08451 庚申坂  南区南浦和2-28と2-30の間を北西に上る。《地図

大谷場小学校脇の市の民俗文化財の庚申塔による。

Dsc08448 坂の途中から坂下方向

正面は武蔵野線のガード

Dsc08439 大谷場庚申塔

寛文8年(1668)造立。三猿が刻してある。お産の神様としても信仰されている。『わがまち浦和』

Dsc08438大谷場庚申塔説明板

|

« 落語散歩-浅草・向島・神田・上野・飛鳥山 | トップページ | さいたま市の坂-2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/9376824

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市の坂-1:

« 落語散歩-浅草・向島・神田・上野・飛鳥山 | トップページ | さいたま市の坂-2 »