« 大阪市の坂-1 | トップページ | 上方落語散歩-3 »

2006年5月10日 (水)

上方落語散歩-2

2006年5月10日

池田駅(阪急宝塚線)・・・(池田文庫)・・・(逸翁美術館)・・・茶臼山古墳・・・歴史民俗資料館(休館日)・五月ケ丘古墳・・・娯三堂古墳・・・大広寺・・・池田城跡公園・・・池田駅→梅田・・大阪駅(JR環状線)→ 京橋(JR東西線)→野崎駅・・・観音浜・・・専応寺・・・臍の王神社・・・野崎観音(慈眼寺)・・・野崎駅→(京橋駅)→大阪天満宮駅・・・大阪天満宮・・・天神橋・・・西町奉行所跡・・・安堂寺橋・・・谷町6丁目辺り・・・九之助橋・・・長堀橋駅

 池田市内を散策し、野崎観音に参り大阪天満宮から南に歩きました。落語「野崎詣り」では寝屋川を船で行くますが、川の両岸は刑務所のような高いコンクリートの塀に覆われ川面も望めません。船で参詣したルートは寝屋川から谷田川に入り、観音浜で下り専応寺にお参りし、野崎観音に向ったそうです。野崎駅からこのルートで雨の中を歩きました。途中に臍の王神社というユニークな神社がありました。

 東西落語散歩

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc00201 延命・子守地蔵尊(池田文庫そば)

Dsc00202池田文庫(左の塀)脇の坂

交差する坂が能勢街道の「めんも坂」、手前に法園寺前を下るのが「牛追い坂」

Dsc00205 茶臼山古墳 《地図

前方後円墳・全長61m?・4C

Dsc00210 後円部から前方部

Dsc00211 前方部から後円部

Dsc00209 竪穴石室の跡か(後円部墳頂)

Dsc00213 呉服神社

Dsc00214 五月ケ丘古墳石室平面図

Dsc00215 石室(一部?復元)

円墳・横穴式石室・陶棺・7C頃・被葬者は秦氏一族か。

Dsc00220_1 娯三堂古墳

円墳・径27m・4C末

Dsc00226大広寺 《地図

Dsc00231 大広寺に上る坂

Dsc00235 池田の山並み(池田城跡公園から) 《地図

落語「池田の猪買い

Dsc00237 池田城跡の展望所

池田駅から電車を乗り継いで野崎駅に向かう。

Dsc00241 観音浜(谷田川)(野崎)

真ん中が片町線の線路、その先を進むと寝屋川。

Dsc00242 専応寺 《地図

西側を東高野街道が南下している。

Dsc00244 臍の王神社への石段

臍の緒を祀り、安産・家内安全・夫婦和合・子孫繁栄にご利益あり。夏祭りには太鼓や鐘に合わせて杓子を両手に持ち、上下左右に足腰を振り、歩き踊る「へそ踊り」がある。誰でもすぐに覚え踊れるそうだ。

Dsc00247 野崎観音(慈眼寺)

落語「野崎詣り

Dsc00246 本堂

野崎駅から大阪天満宮駅まで電車だ。

Dsc00251 大阪天満宮 《地図

落語「初天神

Dsc00260 西町奉行所跡(松屋町筋のマイドームおおさかの所) 《地図

落語「佐々木裁き」

Dsc00263安堂寺橋 《地図

落語「饅頭こわい」・「東の旅(1)発端」・「五人裁き」・

Dsc00265 安堂寺橋から東横堀川

Dsc00272 谷町6丁目辺り

落語「らくだ」のらくだの住んでいた長屋があったのはこの辺か。

Dsc00274九之助橋 《地図

落語「帯久

|

« 大阪市の坂-1 | トップページ | 上方落語散歩-3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/10078623

この記事へのトラックバック一覧です: 上方落語散歩-2:

« 大阪市の坂-1 | トップページ | 上方落語散歩-3 »