« 南区(横浜市)の坂-3 | トップページ | 松戸市(千葉県)の坂-1 »

2006年6月27日 (火)

神奈川区の坂-1

2006年6月27日

東神奈川駅(京浜東北線)・・・権兵衛坂・・・白幡八幡神社・・・(神奈川宿歴史の道)金蔵院・・熊野神社・・・成仏寺・・・慶運寺(浦島寺)・・・お天気井戸・宗興寺・・・滝の橋・本陣跡・・・宮前商店街・洲崎大神・・・普門寺・・・甚行寺・・・青木橋・・・旧東海道・・大綱金毘羅神社・・・台の坂・台の関門跡・・・上台橋・・・横浜駅西口

 権兵衛坂は人名に由来する坂ですが、権兵衛さんが誰かは二つの説があるようです(後述)。坂上は三つ叉のようで左右の道が上り坂、真ん中が下り坂の面白い所です。坂上から真ん中の道を下って、再び急坂を上り白幡八幡神社へ寄りました。

 東神奈川駅まで戻り、「神奈川宿歴史の道」をたどり、浦島伝説の慶運寺などに寄り、青木橋から旧東海道に入り、台の坂を上りました。この辺りは安藤広重の「神奈川宿」にも描かれ、「東海道中膝栗毛」にも登場する風光明媚な所でした。今の様子からは想像できませんが。坂上から上台橋まで下りました。この辺りが神奈川宿のはずれだそうです。上台橋を下り横浜駅に向いました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc02519_1 権兵衛坂 鳥越と立町の間を北に上る。坂の途中の東側に神奈川図書館、坂上近くに「みはらし公園」《地図

①鳥越(坂の西側)に権兵衛という人がいて、この道を切り開いた。②白幡八幡宮のある東側丘陵下の旧家の荒井家は代々「権」という字を通し名とし、「権兵衛」という名の者がいて、現在の白幡西町と立町の間によこたわる丘陵を切り崩して、道を開いた。昭和初期までは、約30m東側のダイヤパレスマンションや白幡南町公園の前を通る道が「権兵衛坂道」の旧道に該当する。『浦島伝説と神奈河』(前田右勝)

Dsc02553_1 坂下近くから

Dsc02523_1 坂上で3つに分かれる。左右が上り坂、真ん中が下り坂。

Dsc02545_1 真ん中の下り坂

Dsc02526_1 下って再び上り坂となる。

Dsc02528_1 坂上の白幡八幡神社近くから

Dsc02530_1 白幡八幡神社

Dsc02555_1 高札場(実物大の復元)

「神奈川宿歴史の道」の神奈川地区センター前

Dsc02556_2 成仏寺説明板

Dsc02557_1 成仏寺

Dsc02565_1 慶運寺(浦島寺)説明板

Dsc02564_1 慶運寺

浦島太郎伝説にゆかりの寺

Dsc02562_1 浦島観世音(慶運寺本尊)

Dsc02567_1 お天気井戸の説明板

Dsc02569_1 お天気井戸(宗興寺そば)

Dsc02570_2 宗興寺説明板

Dsc02571_1 宗興寺の大樹

何の木か分からないが葉っぱに覆われている。

Dsc02572_1 本陣跡説明板

Dsc02573_1 神奈川宿本陣跡(第一京浜国道の滝の橋の所)

Dsc02574_1 洲崎大神説明板

Dsc02577_1 洲崎大神(宮前商店街の通り)

Dsc02576_1 船着場だった所(洲崎大神前)

Dsc02581_1 大綱金毘羅神社と神奈川宿一里塚説明板(台の入口)

Dsc02584_1 大綱金毘羅神社

Dsc02580_1 台の坂 台町を西に上る旧東海道。《地図

坂下から

Dsc02588_1 台と茶屋の説明板

Photo台の坂からの眺望

安藤(歌川)広重の東海道五十三次「神奈川宿」
今やこんな風景は望むべきもない。

Dsc02586_1 東海道中膝栗毛のレリーフ

神奈川宿袖ケ浦

Dsc02592_2 台の関門跡説明板

Dsc02594_1 当時の台の関門の様子。

Dsc02596_1台の関門のあった辺り(台の坂上近く)

Dsc02590_1 台の坂 

坂上から

|

« 南区(横浜市)の坂-3 | トップページ | 松戸市(千葉県)の坂-1 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/10700809

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川区の坂-1:

« 南区(横浜市)の坂-3 | トップページ | 松戸市(千葉県)の坂-1 »