« 鶴見区(横浜市)の坂-1 | トップページ | 鶴見区の坂-3 »

2006年7月23日 (日)

鶴見区の坂-2

2006年7月23日

鶴見駅(京浜東北線)・・・見返し坂・成願寺・・・天神坂・・・大坂・・・響橋・庚申塔・・・不動坂・不動堂・・・昭和坂・・・寺谷弁天・弁天池・・・熊野神社・・・古坂(ふるさか)・・・(諏訪坂)旧諏訪坂・・・諏訪坂公園・諏訪坂稲荷・・・諏訪坂・・・旧諏訪坂・・・古坂・・・道灌坂・・・鶴見駅

 見返し坂の坂上から下り、大坂の上りが始まるあたりから西方向へ天神坂を上りました、細い坂で昔はもっと急な坂だったそうです。坂下に戻りカーブしながら上る大坂の坂上を行くと第二京浜(国道1号)に架かる響橋(通称めがね橋)に出ます。橋を渡った脇に庚申塔があります。

 少し戻り二本木のバス停あたりから西に入り、不動坂を下り第二京浜に出ました。坂下に不動堂があり、境内に不動庚申塔があります。第二京浜を進み、響橋をくぐり北寺尾の交差点から昭和坂を上りました。上ってから長い下り坂となり寺谷から豊岡方面へ続きます。両方の坂に坂標が設置されています。

 昭和坂の寺谷角のバス停あたりから西に入ると寺谷弁天が小さな弁天池に祀られています。この池が大池の名残でしょうか?。更に進むと熊野神社があります。戻って昭和坂を横切り、諏訪坂と佃野町の境あたりから北に古坂を上りました。薄暗い坂を上ると石段になり右に曲がって諏訪坂の途中に出ます。諏訪坂を横切って進むと旧諏訪坂の坂上近くに出ました。

 旧諏訪坂を上り諏訪坂公園に寄りました。公園入口に昔のこのあたりの遺物がまとめて保存されています。古代には諏訪山古墳、中世には諏訪館などがあったそうです。公園の脇に諏訪坂稲荷があります。これも移築されたようです。稲荷の前の道を行くと諏訪坂の坂上に出ます。坂を下ると坂下は「つくの」の商店街です。坂下から旧諏訪坂を上って、古坂を下り南に行き豊岡町と寺谷2丁目の境から道灌坂を上りました。坂上から西に入り下って昭和坂の東不二見台のバス停近くに出て鶴見駅に向いました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc03010 見返し坂(坂下から) 鶴見駅西口から豊岡町6と7の間を北西に月見ケ丘に上る鶴見獅子ヶ谷通り。《地図

明治5年(1872)にこの坂を案内された西郷従道が後ろを振り向き、「この坂は汽車を見返す坂だ」とつぶやいたことによる。『鶴見の坂道』

Dsc03012 坂途中から坂上方向

Dsc03011 成願寺(豊岡町6)

Dsc03014 見返し坂の石標

Dsc03015 古い石標(大正13年に建てられたもの)

Dsc03023 天神坂(坂下から) 東寺尾中台17と18の間を南西に上る。《地図

昔、坂下に天神社があった。『鶴見の坂道』

Dsc03019_1 坂上近くから

Dsc03026 「大坂」坂標 寺谷1丁目と東寺尾中台の間を曲がりながら北西に上る。亀甲山交差点あたりから上りとなる。《地図

昭和6年ごろできた坂で、六間幅あり普通の道の三倍もあったので大坂と名づけられたと思われる。『鶴見の坂道』

Dsc03031_1 坂途中から

Dsc03032 坂上近く

Dsc03035 庚申塔(大坂坂上の響橋の所)

享保元年(1716)の建立。台座の三猿の向きがそれぞれ向きを変えて浮き彫りされている。『鶴見の坂道』

Dsc03039 「不動坂」石柱 東寺尾中台の第二京浜国道の東寺尾交差点からカーブして東から北東に上る。《地図

Dsc03036 坂上から

Dsc03040 坂下から

坂下右側に不動堂(寶蔵院)

Dsc03041 不動庚申塔(不動堂境内)

寛文12年(1672)の建立。庚申と不動の習合したもの。

Dsc03051 響橋(第二京浜から) 大坂の坂上を進んだ所。

昭和16年にできた橋。通称「めがね橋」

Dsc03054 「昭和坂」坂標 寺谷1丁目と2丁目の間を北西に上り、東寺尾北台と諏訪坂の間を北西に第二京浜に下る。《地図

Dsc03053 坂下の第二京浜国道から

Dsc03058 坂途中から

Dsc03060 坂途中から坂下方向

総持寺の大屋根が見える。

Dsc03064 寺谷弁天と弁天池

Dsc03066 弁天堂?

Dsc03069 熊野神社

Dsc03071 古坂(坂下から) 寺谷2-14と2-15の間を北西に上る。途中石段となり、諏訪坂を横切り、旧諏訪坂の坂上あたりに出る。《地図

昭和初期に新しい坂道(諏訪坂)が開設されたとき、この諏訪坂に対して古坂と呼ばれるようになったそうです。『鶴見の坂道』

Dsc03072 坂の途中

階段上は諏訪坂

Dsc03077 坂上方向

諏訪坂を横切り、旧諏訪坂へ出る。

Dsc03085 諏訪坂公園(諏訪坂18)にある説明板

Dsc03086_1 説明板の地図

Dsc03090 子育地蔵(公園内にある)

古道の寺尾道と末吉道の分岐を示すものとして、(旧)諏訪坂に設置されていた。(説明板)

Dsc03089 「諏訪馬之助鎮めの石」(左)

奈良時代の諏訪山古墳の石棺蓋石。諏訪馬之助は永享年中(1429~41)の寺尾城主で館がこの地にあった。(説明板と『鶴見の坂道』)

Dsc03098 諏訪坂稲荷(諏訪坂公園脇)

Dsc03106 「諏訪坂」坂標 諏訪坂13と寺谷2-14の間を南西から西に上る。《地図

Dsc03100 坂上から

Dsc03102 坂途中から坂上方向

Dsc03110 旧諏訪坂の坂下近くにある説明板

Dsc03113 説明板の地図

Dsc03108 旧諏訪坂(坂下方向)  諏訪坂13と14の間を曲がりながら南西から北西に上る。《地図

諏訪馬之助の館のある地を諏訪山と呼び、この坂を諏訪坂と呼ぶようになった。『鶴見の坂道』

Dsc03109 坂上方向

Dsc03117 道灌坂(坂下から) 寺谷2-1と2-4の間を北西に上り、寺谷2-2と2-6の間を南西に下る。《地図

このあたりは、近くに兜塚や夢見ケ崎など太田道灌にまつわる史跡があり、道灌山と呼んでいる。『鶴見の坂道』

道灌山は日暮里が有名だ。『谷中界隈の坂』・『荒川区の坂

Dsc03121 坂上方向

Dsc03126 坂上から下りとなる。

|

« 鶴見区(横浜市)の坂-1 | トップページ | 鶴見区の坂-3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/11068861

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見区の坂-2:

« 鶴見区(横浜市)の坂-1 | トップページ | 鶴見区の坂-3 »