« 鶴見区の坂-2 | トップページ | 鶴見区の坂-4 »

2006年7月26日 (水)

鶴見区の坂-3

2006年7月26日

鶴見駅 バス→そうてつローゼン前・・・でんべえ坂・・・くらやみ坂・・・鶴見配水池・・・ゲンジョウ坂・・・神明社・・・馬のメド坂・・・カギ坂・・・馬場の赤門・・・建功寺・・・入江川せせらぎ緑道・・・松蔭寺坂・松蔭寺・・・赤坂・・・宮の坂・白幡神社・・・宝蔵院・・・愛宕坂・・・灯台寮坂・・・二反田坂・・・総持寺・・・鶴見駅

 久しぶりに晴れて暑い日でした。でんべえ坂、くらやみ坂、ゲンジョウ坂はいずれも水道道に上る坂です。くらやみ坂は今は暗い感じはなく、でんべえ坂の方が暗くて昔の面影が残っています。

 馬のメド坂は上り口だけが急で、あとは緩やかで細く長い坂です。松蔭寺坂あたりも昔の雰囲気があります。通称200階段の愛宕坂の坂上はいい眺めです。坂上を東に行くと灯台寮坂の坂上近くに出ます。灯台寮坂の坂下から二反田坂の上りとなり第二京浜国道を横切りさらに上ります。坂上を進み総持寺の境内を通り鶴見駅に出ました。夏休みに入ったせいか子供たちの姿をよく見かけました。

  *参考:『鶴見のみどころ80

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc03133 でんべえ坂(坂途中から坂下方向) 馬場4-22と4-23の間を水道道から南に下る。《地図

坂下に住んでいた「伝兵衛」という人の名をとったのではないかといわれる。『鶴見の坂道』

Dsc03141 坂下から

左下に庚申塔の小堂

Dsc03139 庚申塔

享保19年(1734)建立

Dsc03143_1 くらやみ坂(坂途中から坂上方向) 馬場4-21と3-29の間を水道道から南に下る。鶴見配水池の東側。《地図

鶴見配水池が昭和7年ごろ完成するまではこの一帯は山林で、坂は大きな樹木で覆われていて昼間でも陽の光が入らず薄暗かった。『鶴見の坂道』

Dsc03149 坂上から

Dsc03224 足びき地蔵

昭和50年ごろくらやみ坂の途中の山中から偶然発見された。明和4年(1767)の銘あり。現在は宝蔵院境内に安置されている。

Dsc03225 野仏

足びき地蔵と一緒に発見された。享保16年(1731)の銘がある。これも今は宝蔵院に安置。

Dsc03222 「足びき地蔵」説明板

Dsc03147 坂上交差点の所にある道標

「南東寺尾・・」

Dsc03151_1 鶴見配水池の配水塔(馬場3-29)

『鶴見のみどころ80』の№35

Dsc03155 ゲンジョウ坂(坂上から) 馬場3-22と3-23の間を水道道から南東に下る。《地図

坂下の旧家、金井家が代々源左衛門を襲名していて、それがなまって「ゲンジョウ坂」になったそうです。『鶴見の坂道』

Dsc03156 坂下から

Dsc03153 坂上の福村クリニック玄関前の道標

明和6年(1769)の寺尾稲荷道の道標。『鶴見の坂道』 磨り減っていて読めない。

Dsc03159 神明社(馬場6-17)

馬場の鎮守。正面の鳥居と大クスノキ。

Dsc03163 馬のメド坂(坂下方向) 馬場2-3と2-5の間を北東に上る。《地図

この辺りの地形が馬の背中に似ていて、坂の入口は、馬の尻のメド(穴)のように感じられたのでついた坂名。この説の他にメドは馬道(めど)のことで、馬を引き入れる道のことではないかという人もある。『鶴見の坂道』 確かに馬の背を歩いているような地形で、馬のメド坂とはよくつけた坂名でしょう。

Dsc03166 坂途中から坂上方向

Dsc03172 坂途中から坂上方向

Dsc03169 カギ坂(坂上から) 馬場2-3と2-4の間を東に上る。坂上は馬のメド坂。《地図

土蔵の錠前を開ける鉄の長い直角に曲がった柄のついたカギに坂の形が似ていた。『鶴見の坂道』

Dsc03175 坂途中の大きく曲がる所から坂下方向

Dsc03179 馬場の赤門(馬場2-23)

『鶴見のみどころ80』の№26

Dsc03184_1 建功寺山門(馬場1-12)

Dsc03183 建功寺

『鶴見のみどころ80』の№25

Dsc03188 入江川せせらぎ緑道(東寺尾1丁目)

『鶴見のみどころ80』の№29

Dsc03189 庚申塔(松蔭寺坂の坂下近く)

Dsc03191 松蔭寺坂(坂下近くから) 東寺尾1-19と1-20の間を南に上る。坂上に松蔭寺。《地図

Dsc03192 坂上近く

坂上右側が松蔭寺

Dsc03196 松蔭寺(東寺尾1-18)

『鶴見のみどころ80』の№28

Dsc03195 里見義高入道尊(松蔭寺境内)

江戸時代からお入道様信仰で賑わった。

Dsc03197 赤坂(坂上から) 東寺尾1-30と1-38の間を南東から南西へ上る。《地図

天明(1781~1788)の頃、この坂で行き倒れになった母子がいた。その後、この坂道を通ると赤子の泣き声が聞こえてくるようになったという。『鶴見の坂道』

Dsc03201 坂途中から坂下方向

Dsc03202 坂下から

Dsc03203 宮の坂(坂下から) 東寺尾2-6と2-11の間を西に上る。坂上に白幡神社。《地図

Dsc03207 坂途中から

正面の森が白幡神社

Dsc03208 坂上近くから

Dsc03211 白幡神社(東寺尾2-10)

Dsc03228 宝蔵院山門(馬場4-7)

Dsc03227 宝蔵院

『鶴見のみどころ80』の№34

Dsc03229 愛宕坂 馬場4-10と4-12の間を北西に上る石段。《地図

昭和10年ごろまで坂上に火ぶせの神を祀る愛宕社があった。戦国時代の寺尾城諏訪氏の祈願所だったという。『鶴見の坂道』
諏訪氏ゆかりの諏訪坂は前回訪れた。

Dsc03231 坂上から

Dsc03238 灯台寮坂(坂上から) 馬場4-14と東寺尾6-26の間を北西に上る。坂下から二反田坂の上りとなる。《地図

坂上近くに昭和18年ごろ、全国の灯台で働く人たちの家族官舎ができたことによる。『鶴見の坂道』

Dsc03240 坂途中から

Dsc03242 坂下近く

Dsc03214 庚申塔

かつて灯台寮坂の坂下にあった。貞享5年(1688)建立。「二本木の庚申様」といわれる。現在は宝蔵院の山門前に移されている。『鶴見の坂道』

Dsc03213 庚申塔説明板

Dsc03248 二反田坂(坂下方向) 東寺尾6-16と6-17の間を南東に上る。第二京浜国道を横切り、東寺尾中台と東寺尾東台の間を南東に上る。《地図

江戸時代ごろ、二反歩ほどの田んぼがあり小字名になった。『鶴見の坂道』

Dsc03252 坂途中から坂上方向

Dsc03254 坂上近くから坂下方向

|

« 鶴見区の坂-2 | トップページ | 鶴見区の坂-4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/11106346

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見区の坂-3:

« 鶴見区の坂-2 | トップページ | 鶴見区の坂-4 »