« 鶴見区の坂-6 | トップページ | 中区(横浜市)の坂-2 »

2006年8月 1日 (火)

中区(横浜市)の坂-1

2006年8月1日

山手駅(京浜東北線)・・・ふぞく坂・・・根岸競馬記念公苑・馬坂・・・不動坂・・・白滝不動尊・不動の滝・・・七曲り・・・平坂・・・アメリカ坂・・・本牧山頂公園・・・ハロー坂・・・ワシン坂・・・・・・見晴トンネル・・・見晴橋バス停・・・県庁前・・・衣紋坂跡?・・・関内駅(京浜東北線)

 梅雨が明けたというのに涼しい日でした。ふぞく坂は山手駅から横浜国大附属小学校へ上る坂で、坂の途中から学校への近道の急な石段坂が分かれています。

 馬坂は根岸競馬記念公苑内の坂で一般道ではありません。馬坂の説明板に、「この名(馬坂)は静岡県に一ヶ所あります」と書いてあります。おそらく坂に詳しくない人が書いた文章でしょう。「馬坂」の名はあちこちに数多くあります。

 不動坂は広い道なのに歩道がついてなく、歩きにくい坂です。坂下から白幡不動への急な石段が上っています。本堂の脇から不動の滝が一筋落ちています。かつては、幅5m 高さ20mもあり市内随一の見事の飛瀑だったそうです。高さは変わらないでしょうが5m幅とは驚きです。

 白幡不動前を北東に行くと七曲りの坂下に出ます。何度も曲がりながら北方向へ上る段々の坂で、途中の崖の岩から流れ出る水で坂道が濡れていました。この辺りの地形は今でも水分が豊富なようで、不動の滝の昔の姿を想像しました。七曲りの坂上を進み平坂を下りました。坂下は本牧通りの間門(まかど)です。

 本牧通りを北東に行き、本牧中学校の西側のアメリカ坂を上ると坂上は本牧山頂公園です。公園内を歩き、本牧小学校の先の、ハロー坂口から公園を出てハロー坂を下りました。短い緩やかな坂です。

 本牧通りに出て山手警察署から北に入り、小港町2丁目の交差点を左折するとワシン坂の坂下に出ます。坂下近くのワシン坂入口交差点の所に湧水が湧いていて今でも使用されています。坂名の由来については何説かあります。(後述) 坂の途中にワシン坂病院があり、坂上を行くと首都高速湾岸線と港の方向の眺めがいい所に出ます。

 見晴トンネルの上を越えて進むと、聖坂が南東に下っています。車の通行も少ない静かな坂です。坂下から見晴トンネルを通り、見晴橋バス停へ出ました。衣紋坂は横浜(港崎)遊郭の坂でしたが、吉原遊郭の衣紋坂を真似て名づけられたようで、傾斜もゆるやかな坂だったらしいです。道筋ははっきりしません。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc03605【坂標】 「ふぞく坂」

立野50?と74の間をカーブしながら北から南東、東方向に上る。《地図

坂上横浜国大附属小学校がある。

Dsc03604 ふぞく坂(坂下から)

Dsc03610 坂上から

Dsc03614 途中から横浜国大附属小に上る石段坂。

小学生は通学するのにこの坂を通るだろうから、こちらの道筋が「ふぞく坂」にふさわしいのでは。

Dsc03615 立野小学校の西側から上る無名の急坂。

竹之丸と仲尾台の境。

Dsc03616根岸競馬記念公苑(根岸台)

競馬博物館と五冠馬「シンザン」(神賛と彫られている)の像。

Dsc03619 【坂標】馬坂と説明板

Dsc03618 説明板

Dsc03617 馬坂(坂上から)《地図

ポニ-センタ-へ下る坂。

Dsc03624 坂下から

Dsc03621 馬頭観音(馬坂の途中)

嘉永7年(1854)の作。

Dsc03620 馬頭観音説明板

Dsc03629_1 不動坂(坂上近くから) 根岸町3丁目の白滝不動尊の前から西方向に上る。《地図

Dsc03638 坂下近くから

Dsc03640 白滝不動尊への石段

Dsc03643 白滝不動説明板

Dsc03644 不動の滝

Dsc03645 白幡不動

Dsc03663 【坂標】七曲り 根岸町1丁目と2丁目の間を曲がりながら根岸加曽台の間を上る。《地図

Dsc03650 七曲り(坂下から)

Dsc03654坂の途中の崖の岩石から水が流れ出している。

Dsc03656 坂の途中

Dsc03662 坂上から

Dsc03664 平坂(坂上近くから坂下方向)坂下に交番。《地図

地図に載っていた坂で、「ひらざか」か「たいらざか」?

Dsc03669 坂下近くから

Dsc03672 【坂標】アメリカ坂

本牧和田33と34の間を本牧通りから北西に上る。坂上は本牧山頂公園。《地図

このあたりは戦後米軍の住宅地だった。

Dsc03674 アメリカ坂(坂途中から坂上方向)

Dsc03682 坂上から

Dsc03688 【坂標】ハロー坂

本牧和田4と本牧山頂公園の間を北から北西に上る。《地図

この辺りは米軍住宅地だったのでアメリカ人に因んだ坂名にしたのだろう。

Dsc03686本牧山頂公園からハロー坂の坂上へ

Dsc03687 ハロー坂(坂上から)

Dsc03689 坂下から

Dsc03701 【坂標】ワシン坂

小港町1丁目のワシン坂入口交差点あたりから西から北西に上る。《地図

坂名の由来には、①ワシンという名の外国人が毎日この坂を散歩していた。②日米和親条約に因む名。③坂下近くの湧水があり、土地の人たちは「ワキミズ坂」「シミズ坂」と呼んでいたのが、このあたりに外国人が住み始めるとこれが転訛して「ワシン坂」と呼ばれるようになった。『横浜の坂』 どの説もあまり説得力がないが、湧水があるので③の説を取りたい思うが、「ワキミズ」「シミズ」が「ワシン」になるというのがどうだろうか。

Dsc03691 坂下から

Dsc03695 坂途中にある湧水

Dsc03693 湧水注意書き

Dsc03704 ワシン坂病院

Dsc03706 坂上近く

Dsc03712 ワシン坂上近くから

Dsc03726 【坂標】聖坂 山手町143と243の間を南東に下る。《地図

坂名の由来が分かりません。

Dsc03714 坂上から

Dsc03716 坂途中から坂下方向

Dsc03727 見晴トンネル

Dsc03728 衣紋坂跡?(坂上から) 横浜公園(横浜スタジアム)の西側を北東に上るみなと大通り。緩やかに下っている。《地図

横浜(港崎)遊郭にあった坂。東京の吉原遊郭の衣紋坂を真似て名づけられたのだろう。

Dsc03730 坂下辺りから

|

« 鶴見区の坂-6 | トップページ | 中区(横浜市)の坂-2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/11182635

この記事へのトラックバック一覧です: 中区(横浜市)の坂-1:

« 鶴見区の坂-6 | トップページ | 中区(横浜市)の坂-2 »