« 文京区の坂-9 | トップページ | 出雲の坂(島根県)-1 »

2006年10月 1日 (日)

羽村市の坂-1

2006年10月1日

羽村駅(青梅線)・・・五ノ神社・まいまいず井戸・・・公民館通り・・・羽村図書館・天王坂・・・公民館通り・・・水木公園・稲荷松坂・・・川崎街道・・・神明社・・・宗禅寺(薬師堂)・・・川崎地下歩道(奥多摩街道)・・・堂坂・堂橋・・・玉川上水・・・川崎の渡し・・・第二水門・・・玉川水神社・羽村陣屋跡・・・寺坂・禅林寺・・・山根坂・稲荷神社・・・中里介山墓・・・禅林寺石段・・・奥多摩街道・・・遠江坂下・・・遠江(とうとうみ)坂・・・牛坂・・・羽村駅

 羽村市には、崖線が6つ(五の神・小作・美原・羽村・川崎・根搦(ねがらみ)走っています。天王坂、稲荷松坂は、青梅線の東側の五の神崖線の坂です。ちなみに、堂坂、寺坂、山根坂、遠江坂は羽村崖線です。牛坂は川崎崖線でしょうか。公民館通りが五の神崖下で水木公園が長く道沿い伸びています。稲荷松坂は川崎街道で、坂下を行くと神明社の境内に坂名の由来となった稲荷社が移されてあります。小さな堂ですが、中にお使いのお狐さんの置物があり、お参りしている老婦人にも聞きましたので間違いないでしょう。

 川崎街道をさらに南下し、青梅線を越えると新奥多摩街道沿いに宗禅寺があり、境内に昔、堂坂にあった薬師堂があります。昨日が薬師さまの大祭で、後片付けの最中でした。川崎街道に戻り、奥多摩街道を川崎地下歩道でくぐると、堂坂に出ます。以前は堂坂と奥多摩街道は直交し、堂坂ももっと急坂だったそうです。玉川上水の堂橋を渡り多摩川の岸辺に出ると、ここは「川崎の渡し」があったところです。多摩川の堤はウオ-カーたちが行き交っていました。上流の第二水門では、多摩川からの水が勢いよく玉川上水に流れ込んでいました。

 奥多摩街道に上がり、玉川水神社・羽村陣屋跡から寺坂への道に入りました。禅林寺あたりからカーブしながら両側の木々の間を上る美しい坂です。坂の途中から細く、風情のある山根坂が北に上っています。

 山根坂の東側、寺坂の坂上近くに稲荷神社があり、このあたりに遠江守大石氏の館があったらしいです。舘の脇を鎌倉街道が通り、南方向に羽村崖線上を通り、遠江坂で崖を下ったと思われます。今は、禅林寺と中里介山の墓のある禅林寺の墓地の間を通る道かと思いますが、この道は羽村東小学校の所で行き止まって途絶えます。昔はここの崖を下り、牛坂からの道と合流して多摩川の方へ向っていたのだと考えました。昭和初期の羽村の地図には、寺坂上から南下する鎌倉街道が牛坂の坂下と合流した地点の南に遠江坂と書かれています。昔は急な崖を下るあたりからを遠江坂と呼んでいたのではないでしょうか。すると、今は遠江坂は坂下の一部だけが残っていることになります。羽村東小学校の隣の住宅に、「この遠江坂を守ろう 区画整理反対」の看板が掲げてありました。今でも地元では、ここから奥多摩街道まで下る坂を遠江坂と呼んでいるようです。今の遠江坂の坂上を進むと、牛坂通りとなり新奥多摩街道を越え羽村駅近くに出ます。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc05315 五ノ神社(羽村駅前の五ノ神1丁目)

元は熊野社といった。推古9年(601)の創建と伝えられる。

Dsc05308_1 説明板

Dsc05313 まいまいず井戸(五ノ神社境内)

「まいまいず」は、かたつむりのこと。元は熊野井戸といった。鎌倉時代に造られたと推定され、昭和35年まで使用されていた。(説明板)

Dsc05318 かたつむり(まいまいず)状に2周ほど下りて行くと下に井戸がある。

Dsc05312 説明板

Dsc05311 古い説明板

「熊野井戸」が出てくる。

Dsc05326 天王坂 緑ヶ丘2-1と2-11の間を公民館通りから北東に上る。《地図

坂下(羽東)の天王台遺跡にちなんで新しくつけられた坂名か。坂下の羽村図書館(写真右)には、羽村出身の大長編小説「大菩薩峠」の著者の中里介山のコーナーがあり、介山に関する著書が豊富だ。

Dsc05324 「天王坂パレス」

天王坂の坂上

Dsc05325 坂上から

Dsc05522 水木公園(神明台2丁目)

五の神崖線沿いの公園

Dsc05520 稲荷松坂(坂下から) 神明台2-1と2-6の間を水木公園交差点から北東に上る。《地図

坂の脇に稲荷社があった。現在は神明社に同居。坂下一帯に松が植栽されていたようだ。『東京の坂風情』

Dsc05523 坂上から

Dsc05519 神明社(神明台1-16)

稲荷松坂の坂下を進んだ川崎街道沿い。

Dsc05517 稲荷松坂にあった稲荷社(神明社境内)

Dsc05530 宗禅寺(川崎2-8)

Dsc05527 薬師堂(宗禅寺境内)

かつて堂坂と奥多摩街道の交差するあたりにあった。昭和28年当地に移される。

Dsc05525 薬師堂説明板

Dsc05526 薬師観音

Dsc05529 昨日が大祭だった。

Dsc05531 旧家

堂坂への途中

Dsc05542 「堂坂」説明板

Dsc05539 堂坂(坂上から) 川崎4丁目の奥多摩街道の堂坂上バス停からカーブして玉川上水、多摩川の方へ下る。以前は奥多摩街道と直交し、もっと急な坂だった。《地図

坂途中の薬師堂は現在、宗禅寺境内に移っている。

Dsc05540 堂橋(玉川上水)から坂下方向

堂坂下を行くと多摩川の「川崎の渡し」があった。

Dsc05543 坂途中から

かつては、坂下に井戸があった。戦時中、東京からの疎開の学童がよく利用していた。昭和17年頃には、今の地下道(川崎地下歩道)の二つの降り口の間あたりに薬師堂があった。『羽村郷土研究 第22号』(1972年4月31日)

Dsc05544 玉川上水(堂橋から)

Dsc05551 川崎の渡し跡

遠江坂を下った鎌倉街道も、堂坂からの道もこの辺りから対岸へ渡った。対岸には今も渡し場の石積み跡と、馬頭観音がある。(渡しの説明板)

Dsc05553 玉川兄弟の像(第二水門近く)

玉川上水の開削の功労者

Dsc05560 玉川上水第二水門

多摩川からの水が勢いよく流れこんでいる。

Dsc05563 玉川水神社(羽東3-8、第一水門そばの奥多摩街道沿い)

承応2年(1653)玉川上水完成後に水神宮として建立された。

Dsc05565 羽村陣屋跡(玉川水神社隣)

玉川上水管理のために置かれた。

Dsc05564羽村陣屋跡説明板

Dsc05576 寺坂(坂下から) 羽東3-16の禅林寺と3-12の間をカーブして東から北東に上る。《地図

Dsc05573 「寺坂下」バス停

最初は「本町」という名称だったが、立川バスに頼んで変えてもらった。『羽村郷土研究第3号』(1972年7月20日)

Dsc05590 坂途中から坂下方向

Dsc05591 坂上近くから

かつては坂上に井戸があった。馬の水飲み場だったともいう。大正の頃、多摩川の砂利を運ぶ荷馬車が20台位、ピストン輸送で馬方が一声高く手綱の端の鞭で叱咤しながら坂を追い上げた。『羽村郷土研究 第23号』

Dsc05575 禅林寺

臨済宗の寺、「豊饒の碑」(天明義挙記念碑・天明の大飢饉の時、富商に対して決起した義民の顕彰碑)がある。

Dsc05605_1 説明板

Dsc05579 山根坂 羽東3-13と3-15の間を北に上る。

坂上一帯(羽東1~2丁目)は縄文中期の住居址の山根坂上遺跡。《地図

Dsc05581 坂途中から

Dsc05580_1 坂上から

Dsc05584 稲荷神社(羽東3-14)

東ケ谷戸(ひがしがいと)の鎮守。元は禅林寺の西南にあった。このあたりに遠江守大石氏の館があったという説あり。

東ケ谷戸には急坂が多いので苦労するから嫁に行くななどと言われたという。『羽村郷土研究 第23号』(1972年7月20日)

Dsc05585 説明板

Dsc05598 中里介山

当地出身の未完の大長編小説『大菩薩峠』の作家。

Dsc05597説明板

Dsc05601 禅林寺と禅林寺墓地の間の鎌倉街道跡?《地図

遠江守大石氏の館(稲荷神社付近という説がある)跡から続き、遠江坂で崖を下って牛坂の道と合流し、多摩川堤に下っていたのか? 今は羽村東小学校(写真奥)の所で行き止まり。

Dsc05613 「遠江坂」の看板(羽東2-18)

遠江守大石氏の館から続く鎌倉街道で、現在禅林寺墓地の先の羽村東小学校あたりから羽村崖線を下る道を遠江坂と呼んでいたのか?そうならばこの看板のあるところは、昔の遠江坂の坂下近くということになる。

Dsc05616遠江坂(今の坂上から) 川崎4-6と羽東2-18の間を南西に下る。《地図》

崖を下ってここに続いていたのだろう。

Dsc05610 坂途中から坂下方向

昔は、曲がらずに真直ぐ南下して多摩川の方へ下っていたのだろう。

Dsc05606_1今の坂下から

Dsc05624 「牛坂」説明板

Dsc05618 牛坂(坂下から) 川崎1-9と羽東1-11の間を北東に上る牛坂通り。《地図

江戸中期の「まいまいず井戸」の改修の際に石などを積んだ牛がこの坂を通ったという。今は傾斜はゆるく、牛(泣)坂でなく牛(笑)坂だろうか。

Dsc05622_1 坂上から

|

« 文京区の坂-9 | トップページ | 出雲の坂(島根県)-1 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/12097829

この記事へのトラックバック一覧です: 羽村市の坂-1:

« 文京区の坂-9 | トップページ | 出雲の坂(島根県)-1 »