« 羽村市の坂-3 | トップページ | 川越街道の坂 »

2006年10月20日 (金)

清瀬市の坂-1

2006年10月20日

新秋津駅(JR武蔵野線)・・・薬師橋(空堀川)・・・薬師堂・円福寺・・・梅坂橋(空堀川)・・・梅坂・・・氷川神社・・・東光院・・・一文坂・・・中里富士塚・富士神社・・・下田稲荷・・・上宮稲荷神社・・・観音坂・・・円通寺・天満宮・・下宿八幡神社・・・武蔵野線に沿う坂(こわしみずの伝説地)・・・新座駅(武蔵野線)

 清瀬市の西の東村山市の新秋津駅から東の新座市の新座駅まで、清瀬市の北部を横断しました。今は住宅街になっていますが所々に昔の面影が残っています。今日の坂は坂名の由来はともかく、今は短い傾斜のゆるい坂で、坂自体に面白味はありません。むしろ柳瀬川通りから柳瀬川の方へ下る坂や、切通しの坂、武蔵野線に沿って新座市に上る坂の方が坂らしい風情がありました。また、「琵琶かけの松」と「こわしみず」のこっけいな、おかし味のある伝説にも出会いました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc06432円福寺前(野塩3-47)

Dsc06437 薬師堂(円福寺境内)

十二神将は清瀬市文化財

Dsc06440 「琵琶かけの松」石碑

「薬師如来にお願いして目が開いた琵琶法師が嬉しさのあまり琵琶をここにあった松にかけたまま旅立ってしまった」というドジなお話。目が開いたので商売変えしようと、わざと置いていったのかも。今は松はないようだ。

Dsc06433 「びわかけの松」伝説説明板

Dsc06444 梅坂橋から空堀川

Dsc06445 梅坂(坂下から) 野塩3丁目と中里2丁目の間を梅坂橋から東に上る。《地図

薬師堂付近一帯に梅林が多かった。江戸の頃、婚礼を控えた花嫁が梅坂橋から身を投げた。その後、この地区の人達は婚礼、縁談の話の時にはこの橋を通らなくなった。『東京の坂風情』

Dsc06447 坂上近くから

Dsc06448 地蔵尊(中里1丁目・梅坂上から氷川神社への途中)

宝暦8年(1758)の建立

Dsc06451氷川神社(中里2-1369)

旧中里村の鎮守

Dsc06454 地蔵さん(東光院境内) (中里2-1377)

Dsc06460 一文坂(坂上から) 中里4-1152の間を北西に下る。《地図

坂の途中に「三島第六天」が祀られていた。この神仏混淆の神は大変な腹立神で、坂の途中で転んだりすると怒って神罰を下したそうな。人々は一文銭をあげて許して貰ったそうである。この神様のまわりでこれらの硬貨を見つけた子供たちは大喜びで飴玉を買いに走ったらしい。『東京の坂風情』

Dsc06457 一文坂の【坂標】

坂名も説明書の文字も消えている。保存・管理状態悪し。

Dsc06461 坂下から

Dsc06462 三島第六天の小祠?

坂の東側の民家内。隣に石柱もある。

Dsc06470 中里富士塚・富士神社(中里3-973)

享保18年(1733)に富士講が成立し、文政8年(1825)に再築された。

Dsc06466 説明板

Dsc06467 「火の花祭り」の写真

Dsc06468 東京都の説明板

Dsc06469 清瀬市の説明板

Dsc06475 富士塚に立つ地蔵尊(正徳2年(1712)建立)と庚申塔(享保10年(1725)建立)

両方とも富士塚より古い。他所にあったものがここに運ばれたのだろう。

Dsc06484 下田稲荷(中里6丁目の柳瀬川通りの下戸バス停そば)

Dsc06490 下田稲荷の東側の坂

坂下は柳瀬川

Dsc06495 切り通しの坂(下宿6-54の柳瀬川通りから北に下る)

Dsc06496上宮稲荷神社(下宿2-391)

Dsc06497 観音坂(坂上から) 下宿1-124と2-406の間を北東に下る。《地図

坂下の円通寺の観音菩薩立像による坂名。

Dsc06498 「塞ぎ(ふせぎ)」の藁の大蛇(観音坂の坂下)

村に悪い虫や病が入るのを「ふせぐ」ための全長20mほどのわらで作った大蛇。毎年5月3日に円通寺の長屋門の下で作り替えられる。東京都指定無形民俗文化財。樫と杉の木の間にぶらさがっている。

Dsc06526 庚申塔(観音坂の坂下)

宝暦11年(1761)の建立

Dsc06525 坂下から

Dsc06504円通寺

南北朝時代の暦応3年(1340)の創建と伝う。この寺の観音像は新田義助(義貞の弟)が鎌倉から移したものといい、馬に乗ったままここを通ろうとすると必ず落馬したことから「駒止観音」と呼ばれた。

Dsc06512 説明板

Dsc06508 不動明王

安政4年(1857)の建立

Dsc06502 道祖神(左)・元は上宮稲荷の前の道にあった。

地蔵さん(右)・寛政5年(1793)の建立。

Dsc06515 円通寺長屋門

Dsc06514 長屋門説明板

Dsc06517 天満宮(円通寺隣)

Dsc06529下宿八幡神社(天満宮隣)

旧下宿村の鎮守新田義助の創建という。

Dsc06531 武蔵野線(左)に沿う坂

坂上は新座市。坂下あたりに「こわしみず」があった。

Dsc06532 「こわしみず」の伝説

「恐い清水」かと思ったが、親が飲むと酒で、子が飲むとただの水なので、「子は清水」という落語の小噺のような伝説。この清水は昭和48年に武蔵野線ができるまで実在したそうだ。

Dsc06536 坂上から

右側の武蔵野線に貨物列車が通る。

|

« 羽村市の坂-3 | トップページ | 川越街道の坂 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/12353096

この記事へのトラックバック一覧です: 清瀬市の坂-1:

« 羽村市の坂-3 | トップページ | 川越街道の坂 »