« 相模原市の坂-6 | トップページ | 相模原市の坂-8 »

2006年12月13日 (水)

相模原市の坂-7

2006年12月13日

下溝駅(相模線)・・・市営峰山霊園・自然散策の森・・・みねん坂・勝坂歴史公園・・・まがり坂・・・勝源寺・・・石楯尾(いわたてお)神社・・・ねこ坂・・・勝坂遺跡・・・(相模線)・・・能徳寺・・・日枝神社・・・磯部の渡し跡(磯部取水門・磯部頭首工公園)・・・(相模線)・・・順光寺坂・・・八幡坂・磯部八幡宮・厳島神社・・・下溝駅

 みねん坂とまがり坂は峰山(勝坂歴史公園と米軍キャンプ座間の一部)をはさむ坂で、両方の坂とも「峰の坂」とも呼ばれていたそうです。まがり坂は大した曲がりもなく途中で行き止まりです。かつてはその先のキャンプ座間の敷地内を曲がって上っていたのでしょう。勝坂歴史公園には歴史を感じさせる物は何もないようでした。

 ねこ坂も名前のわりには今は平凡の坂でした。順光寺があったという順光寺坂の位置がはっきりしません。相模線の線路沿いの坂としましたが坂標もないので違っているかも知れません。午前中は晴れていたのにだんだん曇ってきて、小雨もぱらついてきました。順光坂上から八幡坂を下り、意外に小さな厳島神社から磯部八幡宮に寄り北へ下溝駅へ急ぎました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc02027_1 自然散策の森(霊園の南側)

Dsc02030_1みねん坂 磯部の勝坂交差点から北東に上る。自然散策の森の南側に沿って上る。《地図

峰の坂が訛ってもので、峰山を横切る坂なのでこう呼ばれている。大山道、府中道の要所でもあった。『さがみはらの地名』

Dsc02031_1 坂上方向

Dsc02029_2 坂下方向

Dsc02033_1 勝坂歴史公園(みねん坂の坂下近くの南側)

Dsc02038_2 まがり坂 磯部2116?を東に上る。勝源寺北側。《地図

大きくカーブを描き、上層部では「峰の坂」と名前を変える。峰山をはさんで2つの「峰の坂」が並んでいた。『さがみはらの地名』

Dsc02044_1 坂下から

Dsc02042_2 坂下方向

Dsc02040_2 馬頭観音(左・右)

まがり坂の行き止まりの近く

Dsc02041_1 坂の途中で行き止まり。

この先はキャンプ座間。ここから先の上りが「峰の坂」と呼ばれたのだろう

Dsc02045 勝源寺(磯部2103あたり)

Dsc02047_1 石楯尾(いわたてお)神社参道(磯部2137 勝源寺の南側)

祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)

Dsc02048 石楯尾神社

Dsc02052 中村歯科(勝源寺の南西側)

Dsc02051 中村歯科

こんなレトロチックの建物の中で歯の治療を受けたらどうだろうか。

Dsc02054_1 旧家(中村歯科のそば)

Dsc02067_1 ねこ坂 磯部の新磯小入口交差点から東に上る。《地図

「猫が踊りながら上がっていった」というおかしな話が伝えられている。以前は薄暗い坂だった。『さがみはらの地名』

Dsc02056 坂上方向

Dsc02057_1 坂下方向

Dsc02061_1 勝坂遺跡説明板

縄文中期の集落跡

Dsc02062_1 勝坂遺跡地図

Dsc02065 勝坂遺跡(ねこ坂の北方)

地図のD地区(国指定遺跡)方向

Dsc02063 発掘現場

地図のB地区近く、集落跡か?

Dsc02070_2 磯部の渡し

対岸の猿が島を結ぶので「猿が島の渡し」とも呼ばれ、大山参りの人たちも利用した。

Dsc02073 磯部の渡しあたり

相模川の磯部取水門近く。

Dsc02075 順光寺坂 新磯小交差点から相模線をくぐり、線路(左側)沿いに北に上る。《地図

かつて順光寺があった。

Dsc02077_1 坂上から

右下に相模線。

Dsc02079 八幡坂 磯部八幡宮の北側を北東に上る。《地図

線路向うの右側の小祠は厳島神社

Dsc02083 坂下方向

Dsc02085 磯部八幡宮(磯部1388)

Dsc02090_1 木造不動明王像(市指定文化財)

八幡宮境内の護摩堂内

Dsc02091_1不動明王説明板

|

« 相模原市の坂-6 | トップページ | 相模原市の坂-8 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/13056529

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原市の坂-7:

« 相模原市の坂-6 | トップページ | 相模原市の坂-8 »