« 相模原市の坂-4 | トップページ | 相模原市の坂-6 »

2006年12月 5日 (火)

相模原市の坂-5

2006年12月5日

原当麻駅(相模線)・・・観心寺(武州31番札所)・・・無量光寺・・・かじや坂・・・ひかげ坂・・・馬坂⑤・・・金山神社・・・子の神坂・・・天満宮・・・無量坂・・・三嶋神社・・・当麻坂・・・あずま坂・当麻東原古墳・・・馬坂⑥・・・浅間神社・浅間坂・・・はけ通り・八景(はけ)の棚・・・八景坂・・・下溝駅

 無量坂の位置がはっきりしないので先に紅葉が見事な無量光寺に寄りました。境内には大きな徳本念仏塔や、あずま坂の由来の東権現堂も移築されています。落葉を掃いている女性に無量坂を聞きましたが分からない様子。近くの坂を回ってからゆっくり探すことにしました。かじや坂は今は使われていないのような道で、ひかげ坂は名の通り「ひかげ」の坂で牛小屋に沿って上ると坂上近くは日当たりがよくなります。馬坂⑤も通行は少ないだろう石段坂、子の神坂は切通しの崖の間から木の根がむき出しになっている間を上る美しい坂です。坂下を行くと天満宮に出ます。

 おおよそ無量光寺周辺の地理が分かって来て、なんとか無量坂の石の坂標の所へ出ました。県道の当麻坂から北に入った三嶋神社も一遍上人に縁がある神社です。当麻坂は新道で旧道のあずま坂の坂上の東原公園に当麻東原古墳があります。馬坂⑥は曲がって八瀬川に下る坂で途中が工事中。当麻坂上から浅間神社へ出て浅間坂を下って上り返し、ハケ通りとも呼ばれた八王子道(相模原茅ヶ崎線)を南に行くと八景(はけ)の棚ですが、天気と季節のせいもあるのか展望はイマイチの感じ、崖の細い道を下って直線的に八瀬川まで下りて八景坂を上ろうとしたら途中から道は途切れたみたいでなんとか下の道路の近くまで来ましたが、そこからはコンクリートの崖で高さがあって下りるのは無理。引き返したら前とは違った所へ出てしまい上の道路へ上がるのに一苦労。「急がば回れ」とはこのこと、まして全然急ぐ必要のない坂道散歩ならなおさらのこととちょっと反省しながら、ハケ通りから八景坂を往復して下溝駅へ向いました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc01783_1 武州31番札所観心寺(原当麻駅西側の相模原茅ヶ崎線沿い)

Dsc01862_1 無量光寺山門(当麻578)

17C初頭の高麗門形式。時宗の開祖一遍上人ゆかりの寺。

Dsc01794 無量光寺案内板

Dsc01866 歌碑と紅葉

「当麻山無量光寺 我は来て 鐘をつくなり ちちはは思いて」 槙田正子

後ろに東権現堂

Dsc01864 東権現堂(無量光寺境内)

元はあずま坂の坂上にあり、坂名の由来になった。

Dsc01868 徳本念仏塔(無量光寺境内)

Dsc01801 無量光寺本堂

Dsc01805_1 かじや坂 当麻の天満宮前の道を南東に行き南に八瀬川に下る坂。《地図

鍛冶屋があったという。『さがみはらの地名』

Dsc01804 聖徳太子碑(かじや坂の坂上近く)

Dsc01810 坂下方向

Dsc01812_1 坂下は牛牧場

Dsc01819_1 ひかげ坂 かじや坂の南側の坂。厚木城山線から北西に上溝バイパスの方へ上る。《地図

一日中日陰なのでこの名がついた。坂標のある坂上あたりは日当たりがよい。

Dsc01814 坂上方向

右側は牛小屋、「牛ふん400円」の看板が電柱に立っている。

Dsc01816 坂下方向

Dsc01817_2 坂上は日当たりがよい。

Dsc01820_1 馬坂 ひかげ坂の坂上の上溝バイパスを越え、ポンプ場の南を下る石段。《地図

Dsc01823 坂下方向

Dsc01824_1 坂上方向

Dsc01826 金山神社(当麻159)

Dsc01827_1 子の神坂 厚木城山線の当麻市場交差点の北側から北東に上る。坂上は夢の丘小学校 《地図

かつて坂上に子の神社があった。

Dsc01833_1 坂上方向

Dsc01839今にも崩れてきそうだ。

Dsc01838_1 坂下方向

Dsc01842_1 子の神坂の坂下近く

Dsc01846 天満宮(当麻39)

Dsc01847_1 「無量坂碑」 当麻543の三友製作所の南側から南方向へ下る。当麻山公園内を通り無量光寺の門前に至る。《地図

Dsc01791_1 無量坂(坂下方向)

Dsc01861 当麻山公園を通って無量光寺の門前へ。

Dsc01875 三嶋神社(当麻702?)

一遍上人の祖父にあたる河野通信ゆかりの神社。

Dsc01871 三嶋神社説明板

Dsc01882 当麻坂 無量光寺南側を東に上る相模原町田線。《地図

当麻山無量光寺による名。

Dsc01896 坂下方向

Dsc01900 坂上方向

Dsc01884 あずま坂 当麻坂の途中から北方向へ東原公園に上る坂。《地図

坂の途中に大正時代まで養蚕の守り神の東権現があり、祭礼の時には店が並ぶほどの賑わいを見せていた。さらに昔には東慶寺という寺があったという記録もある。『さがみはらの地名』

Dsc01886_1 坂上方向

Dsc01890_1 坂下方向

Dsc01891_1 当麻東原古墳説明板

Dsc01893_2

当麻東原(たいまあずまはら)古墳

円墳・直径約16m・7Cの築造。馬塚、名馬塚などと呼ばれていた。

Dsc01876_1 馬坂 あずま坂の坂下あたりから曲がりながら南方向に東下橋?(八瀬川)に下る。《地図

Dsc01879 坂下から

カーブして上る

Dsc01902 浅間神社の坂上

Dsc01905 浅間神社(当麻1621?)

Dsc01910 浅間坂(坂上方向) 浅間神社の前から曲がりながら八瀬川の桧橋へ下る。《地図

Dsc01916 坂下方向

Dsc01923 八景の棚(相模原茅ヶ崎線のバス停八景の棚そば。下溝駅近く)

Dsc01925_1 八景坂 八瀬川の八景坂橋から南東に相模原茅ヶ崎線にに上る。《地図

Dsc01929 坂下の八景坂橋から

|

« 相模原市の坂-4 | トップページ | 相模原市の坂-6 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/12963081

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原市の坂-5:

« 相模原市の坂-4 | トップページ | 相模原市の坂-6 »