« 横須賀市の坂-8 | トップページ | 横須賀市の坂-10 »

2007年2月11日 (日)

横須賀市の坂-9

2007年2月11日

馬堀海岸駅(京浜急行線)・・・浄林寺・・・防大への坂・・・馬頭観音堂・・・馬堀自然教育園・自然教育園の坂・稜威(みいず)神社跡・・・走水トンネル・・・走水海岸・・・三百段階段・・・(なかんちょ道)・・・走水地蔵・・・走水神社・・・大泉寺・円照寺・覚栄寺・・・走水港・・・観音崎公園・・・鴨居トンネル・・・観音寺・・・八幡神社・・・西徳寺・・・へび道・・・百段階段・・・能満寺・(上の台遺跡)・・・顕正寺・・・乗誓寺・・・八雲神社・・・津守稲荷神社・・・専福寺・・・東林寺・・・東叶神社・恵仁志坂・産霊(うぶすな)坂・浦賀城址・・・法憧寺・・・浦賀の渡し・・・浦賀ドック・・・浦賀駅(京浜急行線)

 好天の中、馬堀海岸駅から走水海岸、観音崎、鴨居、東浦賀町と約一周して浦賀の渡しに乗り対岸へ渡り浦賀駅に出ました。

 *参考:『浦賀の歴史とふれあう散策ルート

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc03808_1 防大への坂 馬堀町4丁目の馬堀小学校と浄林寺の間を南東に上る。《地図

坂の東側に防衛大学校

Dsc03803_1浄林寺

永正2年(1505)創建の浄土宗の寺。 

Dsc03802「浄林寺」説明板

Dsc03813 池月の碑・馬頭観音堂(後方)

池月は宇治川の合戦で「磨墨(するすみ)」と先陣争いをした名馬。

Dsc03812_1 馬頭観音

Dsc03809_1 馬頭観音縁起

Dsc03814_1 蹄の井(跡) 馬頭観音堂の前。

「馬(池月)」が掘った井戸で「馬堀」の地名の由来となる。今も水が湧いている。

Dsc03818 防大への坂の坂上近くから東京湾

Dsc03820 馬堀自然教育園案内板 馬堀町4丁目、防大への坂の西側。

旧陸軍重砲兵学校の敷地。

Dsc03819_1 自然教育園の坂(坂上方向)

Dsc03829 稜威神社(自然教育園内)

陸軍重砲兵学校の神社

Dsc03828_1 稜威神社社殿跡

「兵(つわもの)どもの夢の跡」か

Dsc03831 旧道(自然教育園から馬堀小学校の前を下る坂)

Dsc03833 走水トンネル(旧水道トンネル)

Dsc03834_1 「走水トンネル」説明板

Dsc03843 走水海岸から

Dsc03845_1 三百段階段(坂上から) 走水2丁目の走水神社の南側から防大裏門の近くへ上る階段坂。《地図

途中から細い「なかんちょ道」が走水神社の上(弟橘媛の歌碑)の方へ通じている。

Dsc03850_2 坂上方向

Dsc03853_1 坂下から

Dsc03869 走水地蔵(三百段階段の坂下)

崖をくり抜いた中に祀られた地蔵。江戸時代の建立と推定。

Dsc03871 「走水地蔵」説明板

Dsc03855走水神社

日本武尊(やまとたける)東征物語ゆかりの神社。

Dsc03868 「走水神社」説明板

Dsc03857_1 「弟橘媛」歌碑

「さねさし 相模の小野に燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも」

Dsc03856_3 記念碑説明板

Dsc03859 走水神社から

Dsc03877 観音崎灯台

明治2年(1869)に点灯したわが国最初の洋式灯台。

Dsc03888観音崎公園の雀

公園で休んでいると餌をねだりに寄ってくるみたいだ。

Dsc03889 鴨居トンネル(観音崎公園から鴨居に抜ける観音崎環状線)

Dsc03892 房総半島(観音崎大橋近くから)

正面左側に立つ白い物体は南房総の「東京湾観音」だろう。

Dsc03896観音寺(観音崎大橋の南側の岬の先端)

三浦第十四番札所。寺かと思ったが小さな堂。

Dsc03895_1 船守観音?

Dsc03899 鴨居港

Dsc03901_1八幡神社(鴨居港の前)

鴨居の鎮守

Dsc03905西徳寺(八幡神社の西)

永禄元年(1558)に開かれた浄土宗の寺。

Dsc03906 和田地蔵(西徳寺境内)

和田義盛が戦勝を祈願した地蔵

Dsc03912 へび道 鴨居郵便局の西側から北方向に小原台小学校の東側を上る。《地図

Dsc03916 坂下方向

Dsc03921_1 百段階段 バス停小原台入口の交番の南側の階段坂。坂上は上の台中学校。《地図

実際は179段あるそうだ。

Dsc03923 階段上から

Dsc03934_1上ノ台遺跡

上の台中学校あたりは弥生から古墳時代にかけての集落跡。

Dsc03926_1 「木食観正」の石塔(能満寺境内) 上の台中学校の南側。

文政3年(1820)建立

Dsc03939顕正寺(東浦賀町2丁目)

天正元年(1573)に開かれた日蓮宗の寺。

Dsc03938 「顕正寺」説明板

Dsc03940 庚申塔(顕正寺境内)

左側は「猿田彦大神」庚申塔?

Dsc03945乗誓寺(顕正寺の前)

Dsc03944_1 由緒書(乗誓寺)

Dsc03947八雲神社(東浦賀町1丁目)

もとは満宝院八雲堂という修験の寺。寺院形式のお堂の神社。

Dsc03946_1 「八雲神社」説明板

Dsc03949_1津守稲荷神社(八雲神社の南)

近くに船守稲荷神社もあるようだ。

Dsc03951専福寺(東浦賀町2丁目)

永正元年(1504)開かれた浄土宗の寺。

Dsc03950_1 小林一茶ゆかりの「寿女の碑」(専福寺境内)

一茶の初恋の女性がこの寺に葬られているという。

Dsc03955東林寺(専福寺の東側)

Dsc03953_3 「東林寺」説明板

Dsc03957 三浦稲荷(東林寺境内、左後方が東林寺)

文化6年(1809)稲荷の前で雷電の相撲興行が行われた。

Dsc03960_1東叶神社(東浦賀2丁目)

Dsc03961 「東叶神社」説明板

Dsc03965 恵仁志坂 東叶神社の裏山(奥の院、浦賀城址)の明神山(50m)への223段の石段の下段95段。《地図

Dsc03966_1 「恵仁志坂」碑

Dsc03968 坂途中から

Dsc03967 芭蕉句碑(天保14年(1843))

「丹よ起~と帆ばし良寒き入江哉」 (にょきにょきと帆柱寒き入江かな)

Dsc03973_2 産霊(うぶすな)坂 中・上段128段の石段

Dsc03969 産霊坂修築記念碑

Dsc03982_1浦賀城址から(産霊坂を上った奥の院がある一帯)

戦国時代北条氏が房総の里見氏の攻撃に備えて三崎城の出城として築いた。

Dsc03977 説明板(浦賀城址)

Dsc03980_1 浦賀城址から

右側の岬は燈明崎(燈明堂)・正面は房総半島。ペリーの黒船はこの下の左あたりに停泊した。

Dsc03988法憧寺

山号「円城山」の浄土宗の寺。浦賀城の一廓だった。

Dsc03987_1 「法憧寺」説明板

Dsc03995浦賀の渡し

Dsc03991 昭和30年頃の渡し船

Dsc03998 渡し船の中から

Dsc04004_1渡し船から

|

« 横須賀市の坂-8 | トップページ | 横須賀市の坂-10 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/13891823

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀市の坂-9:

« 横須賀市の坂-8 | トップページ | 横須賀市の坂-10 »