« 多摩市の坂-4 | トップページ | 佐倉市(千葉県)の坂-1 »

2007年3月10日 (土)

逗子市の坂-1

2007年3月10日

東逗子駅(JR横須賀線)・・・神武寺の坂(表参道)・・・神武(じんむ)寺・・・鷹取山・磨崖仏・・・追浜駅(京浜急行線)

 神武寺へは①JR東逗子駅からの表参道 ②京急神武寺駅からの裏参道 ③東逗子駅からの沼間参道があり、今日は①のコースを取りました。神武寺から鷹取山にかけては新編相模国風土紀稿に「境内全て石山なり。その山間を穿(うが)ち、平らげて堂宇を建つ」とあるように岩の多いところです。神武寺から鷹取山へはハイキングコースが続いています。少しは上りますが、起伏のある尾根道という感じの岩の多いコースで途中にミニ鎖場もあります。

 鷹取山の石材切出し場跡は親不知(おやしらず)というロッククライミングの練習場になっていて親知ずの若者たちが切り立った岩場にしがみついていました。この垂直な崖は明治から昭和にかけて建築用の石材を切り出したため出現しました。鷹取石は耐火性がすぐれていたそうです。展望台からは四方に眺望が広がります。早春の中、ちょうど手ごろな高さ、距離なのか、ハイカー、ロッククライマー?、家族連れ、幼稚園の遠足?、遊びに来た子どもたちで頂上あたりはけっこう賑わっていました。
 追浜駅の方へ下る途中に岩に昭和40年頃の制作という高さ10数mの磨崖仏が彫られています。仏像の風貌は大陸系のように見えました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc05067_1 神武寺の坂 沼間2-6から東方向に上る表参道。《地図

Dsc05078_1神武寺へ

Dsc05084_1 神武寺鐘楼

「逗子八景」の神武寺の晩鐘

Dsc05085_1説明板

Dsc05082_1 神武寺説明板

Dsc05086_1 本堂

天台宗医王山来迎院神武寺。寺伝によると神亀元年(724)に行基が建立し、天安元年(857)に慈覚大師が再興。

Dsc05094_1 山門

Dsc05089 薬師堂

文禄3年(1594)頃の建立で、秘仏薬師如来坐像が安置されているという。

Dsc05090_1説明板

Dsc05101 鷹取山へ

岩場の山道が続く。

Dsc05104 ミニ鎖場もあるよ

Dsc05108_1 親不知

岩の沢山の小穴はハーケンの跡

Dsc05115_2 鷹取山(標高139m)

展望台から

Dsc05124 三笠公園・観音崎方向

Dsc05121 大楠山・武山方向

Dsc05127_1  磨崖仏

Dsc05128_1磨崖仏説明板

Dsc05135_1 湘南鷹取の坂

道に散っているのは梅の花びらなのか? 両側の桜並木?はまだ早いし。

Dsc05139_1 雷神社((追浜駅北側の浦賀道沿い)

祭神は「火雷(いなびかりの)神」

;

|

« 多摩市の坂-4 | トップページ | 佐倉市(千葉県)の坂-1 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/14247172

この記事へのトラックバック一覧です: 逗子市の坂-1:

« 多摩市の坂-4 | トップページ | 佐倉市(千葉県)の坂-1 »