« 川崎市の坂-4 | トップページ | 川崎市の坂-6 »

2007年3月20日 (火)

川崎市の坂-5

2007年3月20日

柿生駅(小田急線)・・・稲荷坂跡あたり・・・瘡守(かさもり)神社・柿生トンネル跡・・・下駄切り坂跡・長福院・・・真福寺交差点・・・白山神社・・・島田生長の森緑地・しぶと坂・・・裏門坂・・・日吉の辻・・・山王社・・・延命地蔵尊(動物霊園)・・・王禅寺・・・金子稲荷・琴平神社・・・早野川・・・子ノ神社・・・神明社・・・稲荷社・・・月読神社・・・不動院・・・真福寺川・・・柿生駅

 武州柿生の王禅寺周辺(麻生区)を歩きました。稲荷坂は上麻生5-20の東急バス折り返しの所から上る上麻生随一の難所の坂で、坂の途中に造立稲荷大明神があったそうですが、坂の跡形もなく、稲荷社も見当たりません。今は折り返し場所の北側に新しい坂が上っています。
 下駄切り坂も途中で途切れ、真福寺も明治時代に廃寺となっています。しぶと坂も緑地内の遊歩道といった感じです。坂道散歩というより寺社巡りの半日でした。

*参考HP『伝承麻生の里』(閉鎖か移動したようだ)

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc05946 旧王禅寺村説明板

御化粧領から御霊屋(みたまや)領となった。農業の自然条件に恵まれず、余業として柿が栽培され、禅寺丸(ぜんじまる)と呼ばれ江戸(東京)にも出荷された。

Dsc05947 新稲荷坂(上麻生5丁目)?

稲荷坂は右側の崖を上っていたのでしょう。

Dsc05949_1 坂下方向

Dsc05954 瘡守稲荷(上麻生5-45)

皮膚病の神

Dsc05957_1 柿生トンネル跡(上麻生6丁目の柿生中学校の前)

今は切通しの坂になっている。

Dsc05955 柿生トンネル説明板

幅6m・全長60m。

Dsc06136 下駄切り坂跡(坂上方向・王禅寺西7-9あたり)

真福寺地区から柿生駅前の中心地に出るには麻生川に沿って遠回りの道で不便だった。大正の初めころからバス停の森が丘から山へ登り、尾根を越えて長福院前に出る学校道が造られた。急な山道で下駄の鼻緒が切れやすく、誰がいうともなく「下駄切り坂」といった。『伝承麻生の里』

Dsc05959 坂下方向

右側が長福院

Dsc06138 坂上方向

Dsc06143 森が丘団地バス停・真福寺交差点側には下りる道はない。

Dsc05972 白山神社への途中の旧家の蔵

Dsc05983 白山神社(白山4-3)

加賀の白山神社の末社

Dsc05979 白山神社説明板

Dsc05990 しぶと坂(坂下から) 白山神社の向いの島田生長の森内を北東方向に上る。《地図》 

「しぶと」は死人の訛ったもので、一説には鎌倉攻めのときの戦死者を運んできたところといわれている。『伝承麻生の里』

Dsc05994 坂下方向

Dsc06000 裏門坂 王禅寺ふるさと公園(王禅寺528)の裏門坂交差点から東に上る。《地図

王禅寺の裏門の坂道。

Dsc06003_1 裏門坂(坂上方向)

Dsc06008_1 坂下方向

Dsc06012 山王社への石段(王禅寺の日吉の辻近く)

Dsc06023 山王社説明板

Dsc06014 山王社

Dsc06018 村境の石仏群(山王社の東側)

Dsc06017_1 石仏群説明板

Dsc06036_1王禅寺仁王門(王禅寺940)

Dsc06044 王禅寺説明板

Dsc06029 王禅寺観音堂?

Dsc06034 禅寺丸の柿の原木

「柿生」という地名はこれによるとも言われている。

Dsc06047 王禅寺前の坂

Dsc06060_2 金子稲荷(琴平神社の隣)

Dsc06062_2 琴平神社(王禅寺東5-46)

Dsc06068_2琴平神社説明板

Dsc06063 手水舎

「がまんさん」と呼ばれる山伏4人が支えている。

Dsc06069 馬頭観音(左)・庚申塔(中)・道祖神(右)

琴平神社前

Dsc06071 馬頭観音?(琴平神社近くの道路沿い)

王禅寺観音講中とある。

Dsc06072 子ノ神社(麻生区早野の早野川沿い)

Dsc06074 子ノ神社説明板

Dsc06075_2 庚申塔(子ノ神社境内)

文政7年(1824)の銘(中央)

Dsc06080 神明社近く

Dsc06084 神明社(王禅寺東5丁目)

Dsc06095 稲荷社(神明社の西側)

Dsc06091_2 稲荷社説明板

Dsc06111 月読神社(下麻生760)

天文3年(1534)皇太神宮の別宮の月読宮の分霊を勧請して創建。

Dsc06118 地神塔・庚申塔(不動院境内) (下麻生809)

Dsc06123下麻生不動院(正面の坂上)から真福寺川へ下る坂

木賊(とくさ)不動とも呼ばれ、「火伏せの不動」としても有名。1月28日の縁日にはダルマ市の店が出る。

Dsc06125 庚申塔?(左)・石仏(右)

真福寺交差点の近く

|

« 川崎市の坂-4 | トップページ | 川崎市の坂-6 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/14407229

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市の坂-5:

« 川崎市の坂-4 | トップページ | 川崎市の坂-6 »