« あきる野市の坂-4 | トップページ | あきる野市の坂-5 »

2007年4月17日 (火)

流山市の坂-2

2007年4月17日

Dsc07865 南柏駅(JR常磐線)・・・旧水戸街道・・・香取神社①・一里塚碑・・・大木戸坂・・・常磐線陸橋・・・国道6号(水戸街道)・・・香取神社②・香取神社から下る坂・・宝蔵院・・・前ヶ崎城跡・・・七左衛門坂・・・清龍院・・・新四国江戸川霊場第53番札所・・・広寿寺(右の写真は山門前へ上る坂)・・・香取神社③・・・お宮の坂・・・猿子坂・・・松ケ丘ふるさと公園・・・野馬徐土手・・・南柏駅

  【ルート地図

 今にも雨が落ちてきそうな空の下を、南柏駅から右回りに流山市の南東部の向小金、前ヶ崎、名都借、松ケ丘と歩きました。南柏駅南口から旧水戸街道に出て、南西に行くと道沿いに香取神社①があります。ここが旧水戸街道の一里塚があったところで、新しい「一里塚の碑」が立っています。

 香取神社前の道に入り進むと、細い下り坂となって常磐線の線路にぶつかります。この坂が大木戸坂です。昔は水戸街道に通ずる木戸があったのでしょうか。来た道を途中まで戻り、北に常磐線を越え国道6号(水戸街道)を渡り、香取神社②に寄りました。このあたりはまだ田園風景の残るところです。神社裏手からいい感じの坂を下り、坂下から北西方向に進んで、キャンプ場あたりで段丘上の古道の雰囲気のある道に入りました。左側は崖で下には田んぼが広がっています。宝蔵院を過ぎると下りとなって右側が高くなり樹木のかぶさる道になって前ヶ崎城跡に出ます。

 前ヶ崎城跡から南西方向に進み七左衛門坂を上りました。途中、坂上右方向の小高い所が名都借城のあったところです。坂上の北側に清龍院、南側にモダンな本堂の広寿寺があります。清龍院の東側の香取神社③の脇のお宮の坂を下って突当たると柏市豊四季との市境です。北方向に猿子坂が名都借バス停の通りまで上っています。坂下だけが流山市ですが、『流山の道』に載っていた坂なので流山市の坂としました。

 猿子坂下に戻り、東から南東に回りこむように進むと松ケ丘ふるさと公園で、公園の中を東に抜けて進むと突当たりが柏市との境になっている野馬除土手で土手の間は堀になっています。土手沿いに南に行くと国道6号にぶつかり南柏の北口は間近です。

参考にした『流山の道』(流山市立博物館)では、古老たち(明治から昭和の初めの生まれ)は「~(の)坂」を「~(の)さが」言っています。坂という言葉の起こりが「嶮(さが)しき」からきたとする説があります。古老たちの発音はこの説を裏づけるのではと思いました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc07782 香取神社①(向小金2-199)

Dsc07780 説明板

Dsc07781_2一里塚の碑

水戸街道の日本橋から7番目の塚。一茶の句「下陰を さがしてよぶや 親の馬」が刻まれている。

Dsc07778_1 庚申塔(香取神社境内)

享保6年(1721)の銘

Dsc07784 大木戸坂 前ヶ崎685と686の間を南東に上る。坂下はJR常磐線 《地図

水戸街道に通ずる道で検問の木戸があったのか?

Dsc07787 坂下から

Dsc07799 香取神社②(前ヶ崎620)

Dsc07793 説明板

Dsc07796 庚申塔

元禄16年(1703)の銘

Dsc07791香取神社から下る坂

坂下は松戸市東平賀との境近くで低地で田んぼ。

Dsc07800 坂上方向

Dsc07801坂下方向

Dsc07805 宝蔵院への道

Dsc07813 宝蔵院(前ヶ崎446)

Dsc07812 説明板

Dsc07822 前ヶ崎城跡への道

Dsc07831 前ヶ崎城跡(前ヶ崎409)

戦国時代、松戸市の小金を中心に、流山・柏・我孫子・沼南・松戸などに勢力を伸ばした小金城主高城氏の支城の一つ。

Dsc07827 説明板

Dsc07829_1前ヶ崎城想定図

Dsc07832 七左衛門坂 前ヶ崎城跡公園の北側から南東に上る。 《地図

坂近くに「七左衛門」という屋号の家があった。『流山の道』 坂付近の雰囲気では今でもあるかも知れない。

正面の小高い森に名都借城(小金城主高城氏の支城の一つ)があった。

Dsc07838 坂下方向

左の森は前ヶ崎城跡

Dsc07840 坂下方向

Dsc07844 清龍院(名都借1024)

流山七福神の寿老人

Dsc07845 説明板

Dsc07851 新四国江戸川霊場第53番札所六塚大師堂

55番で大塚大師堂かも

Dsc07861 広寿寺(名都借980)

Dsc07855 説明板

Dsc07858 ユニークな本堂

Dsc07875 香取神社③(名都借1196)

Dsc07874 説明板

Dsc07867 お宮の坂 名都借の香取神社脇から北西に上る。 《地図

お宮は香取神社のこと。

Dsc07881坂上方向

Dsc07883 猿子坂 名都借から柏市豊四季371と375の間を北に上る。《地図

猿が走り回るような、急な狭い道で、両側に生えている笹にでも掴まらなければ上れないような坂だった。『流山の道』 今は住宅街の広い道でさほど急でもない。

Dsc07885 坂上から

Dsc07888 野馬除土手(松ケ丘1丁目)

地元では、「ぬまどて」とか「ぬまぼり」という。この地方の牧(牧場)では、幕府が馬を放し飼いにしたので、農民たちは野馬から家や畑を守ったり、野馬が自分たちの田んぼなどでけがをしないように、柵ではなく土手を築いて生活する環境を分けた。『流山のむかし』

Dsc07887 説明板

Dsc07892 土手の間に堀がほってある。

|

« あきる野市の坂-4 | トップページ | あきる野市の坂-5 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/14752813

この記事へのトラックバック一覧です: 流山市の坂-2:

« あきる野市の坂-4 | トップページ | あきる野市の坂-5 »