« あきる野市の坂-2 | トップページ | 取手市の坂-3 »

2007年4月 8日 (日)

あきる野市の坂-3

2007年4月8日

武蔵五日市駅(西東京バス)→荷田子(にたご)・・・乙津橋(秋川)・・・龍珠院・神明社・・・二反坂・・・五柱神社・・・新橋(養沢川)・・・徳雲院・・・岩船地蔵尊・・・春日明神社・大戸里神社・・・落合橋(秋川)・・・檜原街道・・・向(むこうざか)坂・・・星竹橋(秋川)・・・下坂・・・普光寺・・・上坂・・・荻野坂跡・・・滝坂・・・星竹神明社・・・星竹橋・・・檜原街道・・・むかえ坂・・・三嶋神社・・・寺坂・・・光厳(こうごん)寺・戸倉城跡・・・寺坂・・・坂本の切通し跡・・・沢戸橋(秋川)・・・子生(こやす)神社・・・檜原街道・・・子育地蔵堂・・・権田坂・・・武蔵五日市駅

  【ルート地図

Dsc07025_3  鶯がさえずり、桜、むらさきつつじなど色とりどりの花が咲き競う里山の、のどかで気分のいい坂道歩きでした。「秋川渓谷瀬音の湯」行きのバスは中高年の女性たちでほぼ満員。(4月15日オープンなので開店準備の従業員かパートの人たちだろう)

 荷田子のバス停から北に秋川を渡って乙津地区の龍珠院に寄り、二反坂を上って下り養沢地区の五柱神社に出ました。この道筋は、御岳道(養沢道)といわれた古道で、道沿いの所々に馬頭観音、石仏などが立っています。養沢川の新橋に出て南に上り徳雲院を過ぎると、春日明神社と大戸里神社が切り通しの坂を挟んで並んでいます。今日は祭礼日で揃いのはっぴ姿の地元の人たちが境内に集まり始めていましたが、人数はいまいちで若い人の姿はあまり見えませんでした。

 落合橋で秋川を渡り、十里木の交差点から檜原街道を東に行き、坂下地区から向坂を下り、星竹橋で秋川を渡って下坂を普光寺まで上りました。普光寺の前あたりから東に上るのが上坂で、西に下るのが滝坂です。滝坂の坂上近くから北に上る横根道といわれた荻野坂は今は廃道のようで、道跡らしいのが残っています。この道は金毘羅尾根から養沢へと通じていたそうです。滝坂を下ると荻野沢が秋川に流れ落ちる所の滝淵と呼ばれていたところへ出ます。昔はここの崖を滝が落ちていたのでしょう。今もわずかの流れがあるようで、大雨の時などは滝となるかも。

 星竹橋まで戻り、檜原街道の戸倉交差点手前の昔風情のある土蔵沿いの坂(の写真)からむかえ坂の坂下に出ました。細い坂が三嶋神社まで上っています。三嶋神社は木々に覆われ薄暗く静かで参詣人はなく、隣の光厳寺とは全然雰囲気が違います。付近から縄文時代の石棒が出土しています。神社から寺坂の途中へ出て、光厳寺へ上りました。境内まで車で入れるせいか、山桜目当ての見物人やハイカーで賑わっていました。

 寺坂を下って沢戸橋手前の馬頭観音の脇の坂本の切通しを下りました。今はこの坂は途中で行き止まりです。『五日市町の古道と地名』によれば、昭和初期までは、坂下で(旧)沢戸橋で秋川を渡っていたそうです。沢戸橋で秋川を渡り、安産の神の子生神社の先で檜原街道に出て、権田坂から武蔵五日市駅に戻りました。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc06912 龍珠院(乙津1422)

貞治2年(1363)創建という臨済宗の寺。

Dsc06925 神明社(龍珠院の隣)

乙津地区の鎮守。

Dsc06926 二反坂(坂上方向) 乙津の龍珠院の東側を北方向に上る。《地図

秋川の谷と養沢川の谷を結ぶ坂なので「ニ谷坂」と呼び、訛って「ニタン坂」になったとも考えられるが、寺岡方面から荷田子方面へ通ずる坂の意で「荷田子坂」と呼ばれたのが訛って「ニタン坂」になったと見る方が妥当であろうと思われる。『五日市町の古道と地名』

Dsc06927 坂上方向

Dsc06928 坂下方向

Dsc06932馬頭観音だろうか?

Dsc06934 二反坂から養沢の方へ下る坂

Dsc06936 坂下方向

Dsc06942 坂下方向

Dsc06937 坂沿いの地蔵と石造物

Dsc06952 五柱神社(養沢1592)

手前の杉は市の天然記念物。

Dsc06954 五柱神社からの下り坂

Dsc06955 馬頭観音

Dsc06959 馬頭観世音?

新橋近く

Dsc06966 新橋(養沢川)から札立の方へ上る坂

Dsc06970 札立の花壇

Dsc06972 徳雲院(乙津511)

天文年間(1532~55)の中頃の創建という臨済宗の寺。

Dsc06975 岩船地蔵(徳雲院前)

Dsc06983 春日明神社(乙津427)

応永年間(1394~1428)に奈良の春日社を勧請したという。

Dsc06987 切通しの坂

春日明神社と大戸里神社の間。

Dsc06984 大戸里神社(乙津294)

落合地区の鎮守。別名「おとり様」

Dsc06996 向坂(むこうざか) 星竹橋(秋川)へ下る「せせらぎ通り」。《地図

星竹集落へ向う坂なのでこう呼ぶのだろう。

Dsc09397 坂上方向

Dsc06997 坂下の地蔵尊

明治時代に建てられたもの。

Dsc09422 星竹橋を渡ったところから向坂を望む。

Dsc07000 下坂 

星竹橋から普光寺へ上る坂。《地図

Dsc07002 坂上方向

Dsc07003

坂下方向

Dsc09404 上坂 普光寺前(下坂の坂上)から東方向に上る。《地図

Dsc09406 坂下方向

Dsc07004 二十三夜塔?(中)・馬頭観音(左)(普光寺前)

Dsc07006 普光寺(戸倉1056)

文明2年(1470)の創建という臨済宗の寺。

Dsc09407_1 荻野坂跡?

普光寺の西側(滝坂の坂上)から北方向に上る。《地図

Dsc09408 坂上方向

道筋らしき跡が残っている。

Dsc09409 坂下方向

坂下は滝坂の坂上

Dsc09411 滝坂(坂下方向) 普光寺の西側から西方向に下る。《地図

Dsc09414 坂上方向

Dsc09420_2坂下方向

荻野沢が右から左に流れ秋川に落ちるところ。(今は道路の下を通る)

Dsc09416 滝が落ちていたところ。正面は秋川。《地図

Dsc07016 星竹神明社(戸倉1041)

永享4年(1432)の創建という。

Dsc07018 坂下の秋川沿いの地蔵堂

Dsc07026 土蔵脇の坂(戸倉238?)

坂下方向

Dsc07033 むかえ坂 戸倉の三嶋神社へ上る坂。《地図

三嶋神社へ「向う坂」の意だろうか?

Dsc07030 坂下から

右側の窪みのところに湧水と道祖神などが立つ。

Dsc07031道祖神(中)(坂下)

Dsc07034 坂上方向

Dsc07045 三嶋神社参道(男坂)

Dsc07040 説明板

Dsc07052 三嶋神社(戸倉字城山414)

天徳2年(958)伊豆の三島神社の分霊を勧請。古来より武将の信仰の厚い神社。

Dsc07073 寺坂 光厳寺へ上る坂。《地図

Dsc07053 坂上方向

Dsc07056 坂下方向

Dsc07059光厳寺(戸倉328)

北朝第一代光厳院の勅を奉じて足利尊氏が建武元年(1334)に創建したという臨済宗の寺。

このあたりに戦国時代に戸倉城があった。

Dsc07057 戸倉城跡説明板

Dsc07063 山桜

樹齢400年以上の都内三大巨木。

Dsc07065 山桜説明板

Dsc07071寺坂(坂下方向)

Dsc07077 馬頭観音

沢戸橋の手前の切通しの坂上。

Dsc07079 坂本の切通し跡 《地図

右にカーブして、(旧)沢戸橋で秋川を渡っていた。

Dsc07081 坂下で行き止まり。

ここに昭和の初期まで旧沢戸橋が架かっていた。『五日市町の古道と地名』

Dsc07084 子生神社(小中野187)

永正元年(1504)創建という安産・子育の神。

Dsc07086_1 土蔵(権田坂上近く)

Dsc07088 子育地蔵(権田坂上近く)

Dsc07087 子育地蔵説明板

|

« あきる野市の坂-2 | トップページ | 取手市の坂-3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/14618478

この記事へのトラックバック一覧です: あきる野市の坂-3:

» お邪魔します♪ [あきる野市周辺の情報 ]
あきる野市周辺の情報を集めさせていただいています♪ [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 01:07

« あきる野市の坂-2 | トップページ | 取手市の坂-3 »