« 流山市の坂-6 | トップページ | あきる野市の坂-9 »

2007年4月30日 (月)

あきる野市の坂-8

2007年4月30日

Dsc08685_1 武蔵引田駅(五日市線)・・・連木坂・・・もみじ塚・・・神送り場・・・しんこ坂・・・茶屋坂・・・五日市街道・・・久保坂跡・瀧坂歩道橋(睦橋通り)・・・瀧坂上・・・間坂上・・・(圏央道)・・・山王様坂上・・・南秋留ふれあいの道・・・上田坂上・・・観音坂・・・西光寺・・・地蔵院・・・待合坂(上の写真)・・・まちや坂・・・(睦橋通り)・・・六道・・・飯坂・・・(五日市線)・・・諏訪坂・・・東秋留駅

 晴れて初夏のような日でした。今日は一度歩いた道筋が多かったので迷いもせずスムーズな坂道散歩を楽しめました。連木坂から神送り場は前に歩いた道筋を行き、茶屋坂の西の引田(旧秋川市)と山田(旧五日市町)の境のしんこ坂を下りました。茶屋坂を上り、五日市街道を東に行くと、ちょうど街道を挟んで瀧坂の北側が久保坂のあったところですが、瀧坂歩道橋ができて久保坂は消滅してしまったようです。

 瀧坂上から段丘上の道を東方向に進み、上田坂上から観音坂を下って西光寺の前から北東に行くと地蔵院で、そのそばを北東に上るのが待合坂(ごほう坂)です。地蔵院と待合坂は、秋川の昔話の「ごほう坂(まちあい坂)」に登場します。(「あきる野市の坂-6」の東秋留橋のところに記載) 

 待合坂を上って右(南東)の方へ曲がって進むと野辺の大六天というところに出ます。大六天の祠のあるところから、まちや坂が北東に上っています。この坂は坂上で睦橋通りを越え、六道を通り、飯坂から諏訪坂へと続く鎌倉街道です。

 (連木坂・茶屋坂は、「あきる野市の坂-5」に、瀧坂・間坂・山王様坂・上田坂・観音坂は「あきる野市の坂-6」に、飯坂は「あきる野市の坂-7」に記載)

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc08634 しんこ坂 引田と山田の境を南西に下る。茶屋坂の北西側の坂。《地図

坂名の由来不明

Dsc08635 坂上方向

Dsc08642 久保坂跡《地図》 睦橋通りからここへ上る坂だった。正面が瀧坂歩道橋

今は瀧坂歩道橋ができて坂はなくなった。

Dsc08641 正面の下り坂が久保坂に変わる坂か。坂下は睦橋通り

右の上り坂は鎌倉街道の道筋。久保坂を下り、瀧坂へと続いていたようだ。

Dsc08676_1 地蔵院山門

Dsc08677 地蔵院(雨間1101)

永享10年(1438)創建という臨済宗建長寺派の寺。

Dsc08680 待合坂(ごほう坂) 雨間の地蔵院の東側を北東に上る。《地図

古老は日室坂とも呼んだという。『秋川市地名考』

『秋川の昔の話』所載の「ごほう坂」(まちあい坂)の話。「明治の初め、雨間のとばく場に飯能から「ごほう」という親分がやって来ていかさまばくちなどで村人を苦しめた。雨間村の甚八という男がごほうの卑怯なやり方に我慢ができず、ごほうに渡船場で酒を飲ませ坂下で待ち伏せて刃物でごほうを刺した。ごほうは地蔵院に逃げ込んだが命は助からなかった。甚八は服役し、模範囚で2年早く出所して畑などを耕し静かに暮らしていたが、いつしか村人の相談相手にもなり慕われるようになった。甚八を慕って13年も待ち続けた娘もいたが、甚八は「俺のような前科者にはもったいない」といって、一緒にはならなかったという。」 

Dsc08683 坂下方向

Dsc08687 大六天の祠(まちや坂下の野辺927?)

このあたりを野辺大六天という。

Dsc08688 まちや坂(坂上方向) 野辺927から北東に上る。 《地図

埼玉県入間市の扇町屋というところへ、戸吹の宮下の人たちなどが馬を引いて米の買出しなどに通った時、この坂を登ったので「まちや坂」といったという。『秋川市地名考』

戸吹は秋川の南の八王子市で、そこからこの坂を通って入間市まで行ったらしい。

Dsc08691 坂下方向

Dsc08698 諏訪坂 野辺496と508の間を北東に二宮の方へ上る。《地図

江戸時代、この近くにお諏訪様があった。「おすわ坂」とも「医者坂」ともいわれる。『秋川市地名考』 「医者坂」は、坂上の清水外科によるのだろうか?

Dsc08701 坂下方向

|

« 流山市の坂-6 | トップページ | あきる野市の坂-9 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/14898759

この記事へのトラックバック一覧です: あきる野市の坂-8:

« 流山市の坂-6 | トップページ | あきる野市の坂-9 »