« あきる野市の坂-10 | トップページ | あきる野市の坂-12 »

2007年5月11日 (金)

あきる野市の坂-11

2007年5月11日

東秋留駅(五日市線)・・・屋城旭通り・・・まつや坂・・・昭和橋(五日市線)・・・中坂・中坂稲荷・・・とねやまの道・との坂・五日市街道・耳だれ地蔵・・・梨の木坂(ところてん坂)・ざくざく婆の湧水跡・・・多西橋(平井川)・・・森山神社・明神坂・・・いずみ通り・・・ばったん坂・・・福寿庵坂・白石の井戸跡・福寿公園・・・おりきの坂・・・八幡神社①・・・平高橋(平井川)・・・クラブの坂・八幡神社②・・広済寺・・・北宿坂・・・玉泉寺・・・大坂(寺の坂)・・・東秋留駅

 東秋留駅から東に前田耕地遺跡(前田公園)を過ぎ、都道166号を渡り屋城旭通りに入りまつや坂に出ました。坂上を北に行き昭和橋を越え東に入ると中坂が下っていて、坂下近くの崖上に中坂稲荷大明神の小祠があります。坂上近くから北に向うのが「とねやまの道」で、との坂の下りとなり五日市街道に出ます。五日市街道との辻に馬頭観音と庚申塔、向い側に耳だれ地蔵の小堂があります。もとの五日市街道は庚申塔の所から崖下へ下り、平井川は黒橋という板橋を渡り、多摩川を船で渡っていたそうです。

 五日市街道の二宮交番のところから北に入り北宿通りに出て西に行くと、梨の木坂が多西橋の方へ下っています。途中のざくざく婆の湧水は涸れてしまったようです。多西橋を渡り森山神社の北側の明神坂を上りました。この道は新しい道で昔の明神坂の様子とは全然違っているようです。いずみ通りを上るのがばったん坂らしいのですが、この坂も昔の面影はありません。いずみ通りをさらに北西に進むと森山会館(福寿庵跡)の前に福寿庵坂が下っています。坂の途中に、白石の井戸の新しい説明板が設置されています。あきる野市では説明板があるところは珍しいです。しかし崖下の白石の井戸も涸れてしまっているようでした。坂下の共同井戸として使われていたという福寿庵井戸はまだ水をたたえていました。

 いずみ通りの平高橋の手前を北方向に上るのがおりきの坂でしょう。今は短い坂ですが昔は平井川の方まで下っていたのでしょうか。平高橋の先の八幡神社①へ寄り、橋を渡るとクラブの坂の上りとなります。八幡神社②の所から左(南東)に入り、広済寺へ寄ってから少し戻って北宿坂を上りました。この坂は今は短い傾斜もゆるい坂になっています。坂上の北宿通りとの辻に壊れかけた庚申塔が立っています。庚申塔の所から細い道を南に行くと玉泉寺の墓地に出ます。境内から大坂(寺の坂)の坂下近くに出て、小宮神社前を通って東秋留駅に向いました。

 *クラブの坂・大坂は「あきる野市の坂-10」に記載。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc08925 まつや坂 二宮東2-8と2-9の間を北に上る。《地図

昭和40年に開通した二宮の真土(まっち)から谷後(やご)を結ぶ坂。『秋川市地名考』

Dsc08928 坂上方向

Dsc08929 中坂 二宮東3-8と二宮2162の間を北西に上る。《地図

大坂(寺の坂)とまつや坂の間の坂ということか?まつや坂は新しい坂なのだが。

Dsc08931 中坂稲荷(中坂の坂下近く)

Dsc08932_1 坂上方向

Dsc08934_1 とねやまの道

中坂の坂上からとの坂へゆるやかに上る。

Dsc08937_1 との坂 中坂の坂上から北に上って、五日市街道へ下る。(坂下の五日市街道との辻近くから)《地図

このあたりは二宮城跡と推定され、「との(とね)山」といわれていた。「とね」刀祢が「との」殿に変化したのでは。『秋川市地名考』

Dsc08941_1 坂下の馬頭観音(左)・庚申塔(右)

Dsc08942 耳だれ地蔵(馬頭観音から五日市街道を渡った所)

Dsc08951_1 梨の木坂(ところてん坂) 多西橋(平井川)から南西に上る。《地図

昔、宮川さんという人が坂の傍の畑で梨を作っていたからというが異説もある。平沢の梨の木沢へ下る坂であったからではあるまいか。『秋川市地名考』

Dsc08956ざくざく婆の湧水跡(梨の木坂の途中)

「お滝」とよばれていた湧水。昔はさびしい所でざくざく婆が、毎晩小豆を洗いに出たといわれていた。ざくざく婆を見た者はいませんでしたが、ざくざくという小豆を洗う音はよくしていたということです。『秋川市ふるさとの道』 各地に残る「小豆婆ア」の話と同じだろう。小祠がある。

Dsc08954 坂上方向

別名の「ところてん坂」の由来話:「ざくざく婆の湧水の坂道はうす暗いところだったが、二宮劇場で菊芝居がある時は、多西の方からの客はみんなこの坂を通った。この時ばかりは銀座通りのようににぎやかになり、冷たい湧水を使ってところてんを売る人が現れた。このところてんはおいしいと評判になり、ところてん屋はたいそう繁盛したという。そして、いつしかこの坂を「ところてん坂」というようになった。」 『秋川の昔の話』

Dsc08957_1 多西橋から森山神社

Dsc08962 明神坂 草花の森山神社(草花275)北側に沿う坂《地図

江戸時代は森山神社は森山明神社と呼ばれていた。

Dsc08965 ばったん坂 明神坂の坂上あたりから北西に上るいずみ通り。《地図

坂下の平井川近くの水車の音が「ばったん、ばったん」と聞こえたのだろうか?

Dsc08967 坂下方向

Dsc08982_2 福寿庵坂 いずみ通りの草花の森山会館前から北西に福寿公園に下る。《地図

坂上の森山会館のところに明治時代まで臨済宗の福寿庵という寺があった。

Dsc08980白石の井戸説明板

福寿庵坂も出てくる。

Dsc08985 白石の井戸跡?(福寿庵坂の崖下)

元は白い石の真ん中の穴から湧水が出ていたが、石は盗まれて今はない。正月の繭玉作りにはこの水をもらいに来る人で賑わい露店も出たという。

Dsc08975_1 福寿庵井戸(坂下)

かつては共同井戸、洗濯場として使われていた。

Dsc08977_1 福寿公園から

正面の道路上が福寿庵のあった所。現在は森山会館

Dsc08989 おりきの坂 いずみ通りから草花835と870の間を北に上る。《地図

鎌倉街道で、下の平井川に「おりき淵」があった。坂の付近が「おりき」と呼ばれた地域であろう。「おりき」の由来はさだかでない。茨城、栃木などの方言で、霜柱を「おりき」という。『秋川市地名考』

Dsc08990 坂下方向

Dsc08991 平高橋(平井川)

橋自体が傾斜している。

Dsc08995_2馬頭観音(平高橋から八幡神社へのいずみ通り沿い)

Dsc08996 八幡神社①(草花792)

Dsc08997 平高橋脇の坂。

平井川の方へ下る坂。

Dsc09000 広済寺(平沢732)

天正15年(1587)創建の臨済宗建長寺派の寺。

Dsc09003 お手玉石

玉川上水工事の時、平沢からの力自慢の人夫が、帰りに庭の置き石によいと手玉にとって持ち帰ったという石。

Dsc09002お手玉石説明板

Dsc09012 北宿坂(松街道の坂) 平沢330と326の間を南に上る。《地図

古くから居村と秋留台の耕作地を結ぶ重要な道だった。昭和6年の改修工事で現在のような形状になった。『秋川市地名考』 

Dsc09008_1 庚申塔(北宿坂の坂上を進んだ北宿通りとの辻の所)

欠けて変形してしまっているのか、何とも奇妙な形だ。

Dsc09011 上宿の秋葉山の石灯篭(庚申塔の東側の北宿通り沿い)

梨の木坂の坂上近くに下宿の秋葉山の石灯籠があるというが見逃した。 北宿は西から、上宿、中宿、下宿に分かれる。

Dsc09015 玉泉寺(二宮2265)

天台宗延暦寺派の寺。創建は不詳。明治6年から24年まで二宮小学校として使用されていた。

Dsc09016 大樽恵比寿

北宿の醤油醸造元が寄進。

Dsc09018 大樽平和観音

|

« あきる野市の坂-10 | トップページ | あきる野市の坂-12 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/15051611

この記事へのトラックバック一覧です: あきる野市の坂-11:

« あきる野市の坂-10 | トップページ | あきる野市の坂-12 »