« 逗子市の坂-4 | トップページ | 横須賀市の坂-14 »

2007年6月19日 (火)

逗子市の坂-5・葉山町の坂-1

2007年6月19日

Dsc00308 逗子駅(横須賀線)・・・亀井地蔵(亀井公園)・・・田越橋(田越川)・・・県道24号(横須賀逗子線)・・・六代御前の墓・・・富士見橋・・・渚橋・田越神明社・・・桜山の切通し(逗子市)・・(葉山町)・旗立山(鐙摺(あぶずり山)・葉山港・須賀神社・海宝寺・日影茶屋・・・葉山マリーナ・・・諏訪神社・・・清浄寺・・・脇町の庚申塔・・・亀井戸橋(森戸川)・・・長徳寺・・・木の下交差点・・・岩崎坂・・・国道134号線・・・イエズス孝女修道院・・・葉山消防署の五差路・・・下道坂・・・平松地蔵尊・・・下道坂・夜泣き石・庚申塔・六地蔵・・・一色小交差点(県道27号横須賀葉山線)・一色前田前庚申塔・・・滝の坂・・・滝の坂不動尊(吾妻神社)・・・滝の坂トンネル・・・小金坂・・・新善光寺・・・黄金坂橋(下山川)・黄金坂(上の写真)・・・旧道(古東海道)・・・道中橋(栗坪川)・・・栗坪の庚申塔・六地蔵・・・猪俣橋(下山川)・・・上山橋・・・県道27号・鍛冶屋坂・・・木古庭大沢橋(下山橋)・・・大沢の庚申塔・神明社・木古庭不動尊・不動の滝・・・不動橋・・・県道27号・大楠山登山口交差点・・・高祖坂・高祖井戸・・・県道27号・木古庭陸橋交差点・・・宗源寺坂(この坂を高祖坂とする説もある)・「高祖坂」の庚申塔・・・境地蔵(葉山町・横須賀市の境)・・・おかん塚の坂・・・伝馬場坂・・・金谷交差点・衣笠通り・・・衣笠駅(横須賀線) 

 梅雨に入ったというのに晴れて蒸し暑い日、逗子駅から衣笠駅までの浦賀道沿いの坂を歩く。古東海道、鎌倉街道と重なる道筋もあるようだ。県道は歩道が分離していない所が多く歩きづらいが旧道に入ると静かで庚申塔や地蔵さんが残っていてほっとする。坂道散歩でいろんな滝(跡)に出会ったが、木古庭不動尊の不動の滝は小さいながらもいまだ涸れずにちゃんと流れていて嬉しくなった。いつまでこの滝の流れが続くのか。

おかん塚の坂・伝馬場坂は「横須賀市の坂-13」(2007年2月25日)に記載。

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc00182 亀井地蔵尊(逗子5-4の亀井公園内)

ここに建立されたのは昭和59年と新しい。

Dsc00181_2 亀井地蔵尊由来

Dsc00183六代御前の墓 《地図

平家の嫡流で田越河原で斬首されたという、六代目平高清の墓という伝承の地。
平高清の伝承は各地にある。初瀬街道の西方寺の五十六橋、沼津市の東海道には六代の首塚と伝える「六代松の碑」、埼玉県川口市には六代の妙覚上人の開基と伝える観福寺と首塚がある。(『六ヶ村用水・緑川を歩く』の力神社と観音橋の所に記載)

Dsc00185_1 説明板

Dsc00189 田越神明社(桜山8丁目、渚橋の南の国道134号沿い)

右の長柄トンネルを抜ける坂が田越坂か?

Dsc00194_1 桜山の切通し(坂上方向) 桜山9丁目の渚橋交差点から南西方向に上る県道207号(森戸海岸線) 《地図

Dsc00196_2 坂下方向

両側の崖を切通している。近くにある逗子市の天然記念物「鐙摺(あぶずる)の不整合の露頭」へ行ってみたが場所も形もはっきりしなかった。

Dsc00198_2 旗立山(鐙摺山) 葉山港の南側

Dsc00208_1 旗立山・鐙摺山地名由来

鐙摺山は源頼朝、旗立山は三浦義澄に由来。

Dsc00200_1 葉山港

Dsc00201_1 須賀神社(海宝寺隣り)

Dsc00202_1 海宝寺(旗立山の南側)

三浦三十三観音霊場第24番。境内の庚申塔・六地蔵

Dsc00209_2 日影茶屋(海宝寺前、葉山町堀内)

江戸時代中期からの料理茶屋

Dsc00210_2 諏訪神社(葉山町堀内)

Dsc00211_2 清浄寺(堀内284)

Dsc00212 脇町の庚申塔(堀内324、清浄寺の南の県道207号沿い)

葉山町指定文化財

Dsc00218 長徳寺の庚申塔(堀内805)

左から文化、天明、明治の建立。1基が葉山町指定文化財。

Dsc00220_2 岩崎山(正面)

この上に葉山教会があるようだ。

Dsc00223 岩崎坂 堀内の県道207号の木の下交差点から南東に下って、上る。 《地図

左側が岩崎山

Dsc00226_1 下って、国道134号(鎌倉葉山線)まで上る

Dsc00229_1 イエズス孝女修道院(堀内の国道134号の向原交差点近く)

大正3年の竣工の建造物。

Dsc00233_1 葉山消防署前の五差路 《地図

右から二番目の道が浦賀道で下道坂へ続く。

Dsc00240 下道坂(坂上方向)

Dsc00264 下道坂(右)・平松地蔵へ左へ上る。《地図

Dsc00250_1 平松地蔵尊(左の小堂)

Dsc00249_1 地蔵(小堂内)

Dsc00247_1庚申塔(平松地蔵尊の隣り脇)

Dsc00257 下道坂(県道27号横須賀葉山線の方へ下る) 《地図

Dsc00263_2 夜泣き石(左下)・六地蔵・庚申塔(右後方)

一色1193、下道坂の坂下近く。

Dsc00262_1 夜泣き石

夜泣きする赤子を連れて参れば夜泣きが止むと言い伝えられているそうだ。

Dsc00259 六地蔵と庚申塔

Dsc00254_4「一色前田の庚申塔」(一色1028)

下道坂の坂下の一色小交差点そば

Dsc00271_1 滝の坂(旧道の坂上方向) 《地図

Dsc00272_1 県道に出る所

Dsc00277 滝の坂トンネル(右)・滝の坂不動へ(左) 《地図

Dsc00287_1 滝の坂不動への坂。古東海道の道筋だったのだろう。

Dsc00278 坂下方向

Dsc00280 滝の坂不動(吾妻神社) 《地図

かつては吾妻神社で今でも鳥居が立っている。

Dsc00281_1 堂内の不動(左)

Dsc00282 霊泉説明板

Dsc00283_2 霊泉井戸

日本武尊が東征の折、この湧水を飲んで休息したという。

Dsc00285 滝の坂不動(左の石段上)から先は行き止まり。滝の坂トンネルができる前は新善光寺の方へ浦賀道は続いていたのだろう。

Dsc00293 滝の坂トンネルを抜けた所に立つ地蔵さん

ここから少し下った新善光寺前から小金坂の下りとなる。

Dsc00294小金坂(坂下方向) 新善光寺前を北東に下る県道横須賀葉山線。《地図

坂名の由来分からず。

Dsc00300 新善光寺四脚門

Dsc00296_1 説明板

Dsc00295 新善光寺本堂(上山口1368)

古くは鎌倉の名越にあったという浄土宗の寺。葉山八景の一つ「新善光寺晩鐘」 

Dsc00303_2 小金坂(坂下近く)

Dsc00310_1 黄金坂橋(下山川) 県道横須賀葉山線の湘南国際村入口交差点の所。

Dsc00306_2 黄金坂(坂上方向) 《地図》 

新しくできた坂。小金坂に近いので同じ坂名としたのか? この坂は湘南国際村まで上っているのだろうが、時間がないので途中までしか行かなかった。

Dsc00313_2 湘南国際村入口交差点から北東に入る旧道(古東海道) 《地図

Dsc00318 栗坪の庚申塔(右下)・六地蔵(左上)

道中橋を渡った、上山口469あたり。この道筋は古東海道と伝えられ、「かながわの古道50選」にも選ばれている。

Dsc00315_2 六地蔵

Dsc00316_1 庚申塔

Dsc00319 上山橋近くで県道に出る。

Dsc00320_2 鍛冶屋坂(坂上方向) 上山橋あたりから南東に上る横須賀葉山線。《地図

街道を往来する馬のための鍛冶屋があったのだろうか。

Dsc00322_1 坂下方向

Dsc00329_2 大沢の庚申塔(木古庭761)《地図

神明社の参道下

Dsc00331 神明社

Dsc00336_1木古庭不動尊(瀧不動堂)

「畠山重忠の守護不動」ともいわれる。

Dsc00332 横浜横須賀道道・東京湾方向(不動尊境内から)

Dsc00337_1不動庚申塔?(木古庭不動尊境内)

Dsc00338 不動堂から不動の滝へ下る

Dsc00341_1 不動の滝

三浦半島唯一の滝? 高さ5mというが、もっと高そうにも見える。水量が豊かとは言えないが流れもしっかりしている。鍾乳洞から流れ出ているとも。木古庭の南側一帯の灌漑用水として昔から利用されてきたという。

Dsc00342_1 不動橋の方へ下る坂 《地図

Dsc04488 高祖坂 横須賀葉山線の大楠山登山口交差点から北西に上る。 《地図

日蓮が布教のため房州(千葉)から海を渡り、横須賀米が浜から鎌倉へ向う途中、ここ木古庭に滞在したという。この坂は滞在中に日蓮が切り開いたとも。『坂道風土記 三浦半島』

Dsc04491 坂の途中から高祖井戸へ

Dsc04492_1 高祖井戸

Dsc04494 坂上近くから

Dsc04497_1 坂上から県道へ下る坂

Dsc00349_1 宗源寺坂 木古庭陸橋交差点から南東に上る。《地図

この坂を高祖坂とする説もある。「宗源寺」がどの寺なのか(だったのか)分からず。

Dsc00351_1 坂下方向

正面は横浜横須賀道路。

Dsc00356_1 坂上の庚申塔(左の2基と石仏(右手前)・(木古庭1514)

「高祖坂の庚申塔」と書いてある。(標柱の下部)

葉山町ではこの坂を「高祖坂」としているようだ。

Dsc00354 三面の石仏

Dsc00359 境地蔵の方へ上る坂(葉山町と横須賀市の境) 《地図

この坂を宗源寺坂という説もある。

Dsc00361_1 坂上の「境地蔵」の所

Dsc00360 境地蔵(木古庭1597)《地図

Dsc00363_1 庚申塔(境地蔵のそば)

脇の木柱によると左は元禄3年(1690)建立。右が昭和46年とあるが建立の年ではないだろう。

|

« 逗子市の坂-4 | トップページ | 横須賀市の坂-14 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/15506548

この記事へのトラックバック一覧です: 逗子市の坂-5・葉山町の坂-1:

« 逗子市の坂-4 | トップページ | 横須賀市の坂-14 »