« 大和市(神奈川県)の坂-1 | トップページ | 大和市の坂-2 »

2007年7月 7日 (土)

横須賀市の坂-15

2007年7月7日

Dsc00661_1 逗子駅 バス→長井・・・川間橋(川間川)・・・荒井観音道標・・・弘誓(ぐぜい)寺・・・大久保坂(右の写真)・大久保の庚申塔・・・稲荷社・・・経塚・・・ソレイユの丘・・・勧明寺・・・長慶寺(荒井観音堂)・・・荒井漁港・・・住吉神社・・・中央水産研究所・荒崎公園・・・熊野神社・・・漆山漁港・・・長井(ちょうしょう)寺・・・おこり石・・・ポックリ地蔵・長徳寺・・・五郎坂・・・不断寺・・・第六天神社・・・富浦公園(小田和湾)・・・長井バス停

 【ルート地図

 朝から空模様が怪しかったが、長井行きのバスが逗子駅を出るとすぐ雨の区域に入ってしまった。傘さして地図を見ながらの坂道散歩で歩きづらかったが、気温が低めだったので助かった。
 荒井観音道標の所から右回りに大久保坂からソレイユの丘に上る。晴れていれば360度の眺望もきかず雨と風の丘の上から荒井漁港の方へ下る。住吉神社の先の荒崎公園は城山といい三浦義明の五男の長井五郎義季の城があった所で、水産研究所の裏には江戸末期、砲台が築かれていたそうだが、この天気では公園内を散策する気にもなれず早々に引上げる。

 海岸沿いの道を熊野神社に寄り、海岸から離れ長井寺からおこり石の方へ。このあたりは田園風景が少し残っている。長徳寺の裏のポックリ地蔵の先から下りとなって五郎坂の坂上近くに出る。五郎坂を下り海岸沿いの道より一段高い旧道を行くと不断寺で、長井港が近い。旧道を右回りに東方向に進み、第六天神社から荒井観音道標の所へ戻って来た頃には雨はほとんど上がり薄日もこぼれてきた。

 *参考横須賀市長井史跡巡り・観光名所案内

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc00643_3 川間橋から荒井観音道標(正面)

Dsc00644_1 荒井観音道標(長井3-8)【ルート地図】の①

正徳元年(1711)に建てられたもの。「南無大悲観音菩薩 左 長井村江道 右 あらい勧んをんみち」とある。荒井観音堂は長慶寺本堂で、三浦三十三観音霊場の第31番札所。今日は左へ行き大久保坂からソレイユの丘に登り、荒井観音堂のある荒井漁港の方へ下った。

Dsc00647 弘誓(ぐぜい)寺(長井2-3)

浄土真宗の寺。大久保地区で唯一の寺。

Dsc00649 大久保坂(坂上方向) 弘誓寺前を南西に上る。【ルート地図】の②

このあたりの地名による坂名。途中の右側の大久保町内会館の前に「大久保の庚申塔」が立っている。

Dsc00651_1 稲荷神社(大久保坂の途中)

Dsc00653 大久保の庚申塔

大久保坂の途中。後ろは大久保町内会館。

左が享保4年(1719)・中央が貞享元年(1684)・右が元禄6年(1693)の銘がある前面下と左右側面下に猿が彫ってある立派なもの。

Dsc00666_1 ソレイユの丘への道から(北東方向)

坂上一帯は平坦な感じで、航空自衛隊無線標識所、農地などが広がり「ソレイユの丘」に続いている。終戦間近に特攻隊基地が造られたのはここか。完成が終戦直前ですでに特攻機はなく、偵察機が5、6基あったのみだったという。

Dsc00668 経塚?(右)(ソレイユの丘の北側の一番高い農地内)

永正13年(1516)三浦義同と北条早雲が戦った時、義同の家臣の別覆(べべ)坊がここに経巻を埋めて逃れたという。最近の調査では経文は出ず、前方後円墳ではないかと考えられている。

Dsc00669ソレイユの丘(長井4丁目)から

左側に相模湾がうっすらと見える。

Dsc00670 ソレイユの丘公園から漆山湾の方へ下る坂(坂の途中から坂上方向)

Dsc00672_1 勧明寺(長井6-16)

文明元年(1469)創建という浄土真宗の寺。このあたりは三浦義明の五男の長井五郎義季の本拠地といわれる。

Dsc00673 「長井の道切り」説明板(勧明寺前)

Dsc00674_1 勧明寺から荒崎漁港への坂。

Dsc00675 上って下りとなる切通しの坂。

Dsc00681 長慶寺(長井6-28)

三浦三十三観音の31番札所の荒井観音堂。荒井観音道標から海沿いの平坦な旧道を左回りでここに参ったのだろう。荒井はこのあたりの地名。

Dsc00677 荒井漁港

Dsc00679 住吉神社(長井6-28 荒井漁港の前)

以外に小さな社だ。

Dsc00685_2 熊野神社(長井6-16)

Dsc00687 漆山湾(熊野神社内から)

Dsc00688_2 長井(ちょうしょう)寺(長井6-14)

山号を別覆(べべ)山という浄土宗の寺。「経塚」に出てくる別覆坊だろう。

Dsc00691_1 「おこり石」の方へ

海沿いの道から離れ長徳寺の方へ続く田畑の中の細い道(右の柵の右側が道)

Dsc00692_1 おこり石【ルート地図】の③

風の強い日は唸り声を上げたという。古くから神の宿る石として信仰されてきたのであろう。

Dsc00693_1 説明柱

Dsc00702_2 ポックリ地蔵(長徳寺裏の墓地) 【ルート地図】の④

本当は地蔵ではなく、阿弥陀如来という。名前のとおり「ポックリ」いける地蔵だというが、うっかりお参りするとポックリ逝ってしまうかも。下の小さいのは地蔵さんだろうか。

Dsc00703_2 長徳寺(長井5-20)

行基が開基と伝える浄土真宗の寺。右のいちょうは、「かまくらと三浦半島古木・名木百選」の木。

Dsc00706 ポックリ地蔵の前(長徳寺裏の上の道)から下って五郎坂の坂上近くに下る。

Dsc00713_2 五郎坂(右・坂下方向) 長井小学校の南側に沿って西から北西に下る。【ルート地図】の⑤

この地に長井城を構えたという三浦義明の五男の長井五郎義季に因む坂名か。

Dsc00710_1 坂上方向

Dsc00715 坂上方向

Dsc00717 御霊神社(五郎坂の坂下)

Dsc00721_1 長井漁港(屋形湾)

「屋形」も城に関係のある地名か?

Dsc00724 不断寺(長井3-1)

鎌倉光明寺の末寺の浄土宗の寺。

Dsc00731 第六天神社(長井3-10)

石段脇に庚申塔が並ぶ。

Dsc00735 餌を探しに巣を飛び立った親つばめを目をパッチリ開けて待っている。真ん中が餌を獲得する確率がいいのか一番肥っているように見えるが気のせいだろうか。兄弟と競ってこの位置を確保したのか。巣は人の手の届く高さにある。人間に対する警戒心がないのか、信頼しているのか、開き直っているのか、こんな人通りの多い人目に立つ所に巣作りするなんて見事であっぱれというしかない。

|

« 大和市(神奈川県)の坂-1 | トップページ | 大和市の坂-2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/15704559

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀市の坂-15:

« 大和市(神奈川県)の坂-1 | トップページ | 大和市の坂-2 »