« 世田谷区の坂-7 | トップページ | 大和市の坂ー5 »

2007年7月24日 (火)

大和市の坂-4

2007年7月24

大和駅(小田急江ノ島線)・・・あとみ坂・ふれあい広場・・・熊野神社・・・善徳寺・・・大和トンネル・・・大坂⑥・・・稲荷坂跡・侍坂跡・・・泉の森公園・・・くらやみ坂・・・桜森稲荷神社・・・相模大塚駅(相鉄線)

 梅雨明けかと思わせるほどのカラッとした晴天の日、大和市中央部西側の上草柳(かみそうやぎ)地区を坂道散歩。あとみ(後見)坂は平安古道と推定される道筋の坂で、いろんな言い伝えのある急坂だったそうだが今はなんてことはないなだらかな坂で、ふれあい広場に入る手前にわずかに昔の面影が残っている。

 熊野神社から広大な敷地の善徳寺へ。塀を新しくしているようで、まだ古い趣のある塀の所がある。(上の写真)。善徳寺北側で東名高速を越える歩道は未舗装で草が生え、昔ながらの道という感じだ。大坂⑥を下り、上草柳2号橋の手前の釣堀から東方向に入る。この道はふれあい広場、熊野神社下、善徳寺下から続く道だ。道沿いの稲荷坂は消滅同様、侍坂は東名高速で消滅している。

 泉の森公園は広い。しらかし池、野鳥観察の森、亀甲山、民家園など木漏れ日の道をあっちこっち行ったり来たり。今は公園の遊歩道のようなくらやみ坂を上り桜森稲荷から相模大塚駅に向う。坂道散歩というより公園散歩の半日だった。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc01151 あとみ坂(坂上から) 中央3-2と3-3の間を西に下る。【ルート地図】の①

旧蓼川(たてかわ)村(綾瀬市)から旧草柳村を経て深見神社北側へ至たる平安古道。①薄暗い急坂で、登り切るまで後ろを振り返ることが出来なかった。『やまと歴史マップ』 ②暗くて怖い場所だったので、上から降りてくる人が必ず後ろを振り返った。③子どもを奉公に出す際、奉公先から帰って来るのではないといい聞かせるために、後ろを振り返ると坂の上から臼が転がってくる恐ろしい所だと伝えた。④厚木方面から製糸工場に来た女工達が、この坂で工場の人に引き渡された。二度と帰れないと思って振り返ったという。『大和市の地名』  など様々な言い伝えがある。

Dsc01152 あとみ坂【坂標】

Dsc01154 坂上方向

Dsc01156 坂下の「ふれあい広場」方向

Dsc01161 公園内をさらに下る。

Dsc01167 熊野神社(上草柳905)

上草柳の鎮守。

Dsc01166 熊野神社東側の女坂(坂上方向)

Dsc01180 善徳寺の東側に沿う坂。途中から新しい塀になる。

Dsc01189 善徳寺(上草柳3-10-5)

Dsc01192 大和トンネルを越える歩道。

下に東名高速が走る。

Dsc01208 大坂⑥(坂下方向) 上草柳2号橋(引地川)から北東に上る。【ルート地図】の②

Dsc01210_2 大坂⑥(坂下方向)

Dsc01211 大坂⑥(坂上方向)

Dsc01229 稲荷坂跡(左へ上る坂) 大坂の坂下近くから東に入り北東に上る。【ルート地図】の③

右は侍坂跡あたりへ下る坂。

Dsc01230 稲荷坂跡(坂上方向)

この先で行き止まり。造成工事中のようで、坂上のアズマ稲荷も見当たらず。

Dsc01232_2 稲荷坂の途中から侍坂跡方向。【ルート地図】の④あたり。この先は東名高速のトンネル。

侍坂は稲荷坂の南。急な坂道だったという。東名高速道路建設のため消滅。『大和市の地名』 徳川末期にこの地に住んだ源康則の死んだ所。坂上に永安寺がありこの境内に墓碑があったが、現在は善徳寺内墓地に移す。『大和の地名考』 源康則にちなんで侍坂と名づけたのか?

Dsc01236 上は東名高速。この上を越えるのが侍坂だったのだろうか?

Dsc01213 大坂⑥の坂下の上草柳2号橋を越えると上り坂となる。新道(シンドー)と呼んでいた。

Dsc01223 大坂⑥を振り返る。

Dsc01220 馬頭観音(坂下近く)

Dsc01275 馬頭観音近くから上る石段坂

Dsc01225 しらかし池(泉の森公園

Dsc01246 地蔵祠と左は?塔(しらかし池の南側の道端)

Dsc01255 泉の森公園内から南に上る坂。《地図

Dsc01245 シラカシ林説明板

Dsc01258 しらかしの木

Dsc01259 上草柳東遺跡説明板(泉の森公園内)

Dsc01261 遺跡跡あたり。右は国道246号。

旧石器時代、縄文時代、中世の複合遺跡。

Dsc01262 民家園案内図(泉の森公園内)

江戸時代の二つの旧家を移築保存。

Dsc01263 民家園説明板

左・小川家/右・北島家

Dsc01264 小川家

江戸中期の民家

Dsc01266 天井部分

Dsc01267 北島家

江戸末期の養蚕民家

Dsc01269 蚕を飼育している。(北島家)

Dsc01272 蚕の一生説明図

Dsc01215 くらやみ坂道標

Dsc01241 くらやみ坂の位置(泉の森案内板)

Dsc01276 くらやみ坂(坂下から) 大坂の向い側の坂の坂下近くから南東方向に上る。 【ルート地図】の⑤

木が茂っていてトンネルのようになっており、昼間でも暗い坂道だった。戦時中に防空壕があった。『大和市の地名』

Dsc01279 坂下方向

Dsc01280 坂上方向

Dsc01284 桜森稲荷神社(桜森3-5)

|

« 世田谷区の坂-7 | トップページ | 大和市の坂ー5 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/15963041

この記事へのトラックバック一覧です: 大和市の坂-4:

« 世田谷区の坂-7 | トップページ | 大和市の坂ー5 »