« 大和市の坂ー5 | トップページ | 大和市の坂-6 »

2007年8月29日 (水)

新座市(埼玉県)の坂-2

2007年8月29日

Dsc01414 北朝霞駅(JR武蔵野線)バス→道場(どうじょう)・・・歴史民俗資料館・・・清戸道(馬喰橋通り)・馬喰橋(黒目川)・・・堂坂・・・嵯峨山通り・・・石神緑地・・・上(かみ)の坂(上の写真)・・・瀧見観音堂(浄明寺)・・・氷川神社・・・水道道路・野火止用水史跡公園・・・野比止用水・・・稲荷社・・・野火止用水・・・(平林寺)・・・中央図書館・・・こもれび通り・・・野火止用水・・・川越街道・・・新座駅(武蔵野線)

 奈良時代に新羅からの渡来人たちにより開かれて新羅郡が置かれ、後に新座(にいくら)郡となった古くからの歴史のある新座市の坂道散歩です。道場バス停のある片山県道は清戸道の一つの道筋らしく、地蔵の小祠や庚申塔などが並び、馬喰橋などの古めかしい名前も残っている。堂坂を上り西方向に嵯峨山通りを進み、石神緑地の上から瀧見観音堂の上を通り上の坂の坂上に出る。

 この坂が観音坂だと思っていたが、門前で掃除をしている老人(住職?)に尋ねると、聞いたことがないといい、近くの坂名も知らない様子。瀧見というから滝があったのかと問うと、滝はなく、瀧見は仏教の用語だという。肩透かしを食わされたようでちょっとガッカリ。後で調べると、観音堂の近くにある坂は上の坂(西側)とオケヤの坂(東側・未訪)で、観音堂には滝を背にした観音像があるらしい。

 上の坂の坂上から氷川神社へ寄り、野火止用水史跡公園へ向う。史跡公園のそばに厩舎がある。引かれて道を歩いている馬はサラブレットの競走馬のように恰好がいい。東京競馬場が近いから競馬の厩舎かと思ったが、近くの乗馬クラブの馬のようだ。かつてはこの馬たちも現役の競走馬だったのかも。

 史跡公園から野火止用水沿いを行き、平林寺の前を通り中央図書館の寄り、こもれび通りから野火止用水沿いに川越街道に出て新座駅に向った。

 写真をクリックすると拡大します。

Dsc01376歴史民俗資料館(片山1-21)

Dsc01378 地蔵さん(道場バス停近くの片山県道沿い)

Dsc01380 馬喰橋通り

清戸道で正面は黒目川の馬喰橋 《地図

Dsc01383 庚申塔(馬喰橋から堂坂へ向う途中の角)

右は天?元年の銘がある。天和、天明、天保のどれかだろう。左は崩れて欠けているが庚申塔か。

Dsc01387 堂坂(坂上方向) 堀ノ内2-9と石神2-3の間を北西に上る。《地図

坂の近くにある釈迦堂(共同墓地(浄明寺?)らしい。未訪)に因む坂名か。

Dsc01388 坂下方向

Dsc01410_2 上(かみ)の坂(坂上方向) 石神5-9と東久留米市神宝町2丁目の間を北に上る。《地図

坂名の由来不明。坂の西側に東久留米市の神山堂公園がある。この坂を堂坂と呼んでいるのだろうか? 

Dsc01408 瀧見観音堂 《地図

滝を背にした唐仏の観音像があるという。宝永年間に村人が石神村の清水という所から掘り出したという昔話がある。『新座の民話-滝見の観音さま

Dsc01415 氷川神社(西堀1-4) 《地図

Dsc01418_2 新座乗馬クラブ?の厩舎(史跡公園そばの水道道路沿い)

Dsc01424野火止用水史跡公園(本多1-19?) 《地図

Dsc01422 案内図

Dsc01421 説明板

Dsc01426平林寺(へいりんじ)山門

|

« 大和市の坂ー5 | トップページ | 大和市の坂-6 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/16276524

この記事へのトラックバック一覧です: 新座市(埼玉県)の坂-2:

« 大和市の坂ー5 | トップページ | 大和市の坂-6 »