« 新座市の坂-6・所沢市の坂-1 | トップページ | 金沢市の坂-2 »

2007年10月 3日 (水)

金沢市(石川県)の坂-1

2007年10月3日

金沢駅・・・六枚交差点・・・鞍月用水・・・高厳禅寺・・・真福院・・・玉川公園・・・大谷廟所・・・甚右衛門坂・・・尾崎神社・・・黒門・・・金沢城公園・・・いもり坂・・・尾山神社・・・いもり堀跡・・・石川橋(石川門)・下坂・・・紺屋坂・・・上坂・・・兼六坂(尻垂坂)・・・兼六園(随身坂・長谷坂・真弓坂・松濤坂・不老坂・桂坂)・・・石浦神社・・・広坂・・・金城霊沢(きんじょうれいたく)・金沢神社・・・県立歴史博物館・・・広坂・・・金沢市役所・・・香林坊坂・香林坊橋跡・・・香林坊109横の坂・鞍月用水・・・大野庄用水・・・老舗記念館・・・長町武家屋敷・・・鞍月用水・・・六枚交差点・・・金沢駅

  【ルート地図

 金沢駅から南東に金沢城公園、兼六園、小立野台地が続き、北東側を浅野川、南西を犀川が流れる金沢市街の坂を数回に分けて歩く予定で、今日は金沢城公園、兼六園内と兼六園沿いの坂道散歩です。

 金沢駅東口から南へ六枚交差点を越え、すぐに鞍月用水沿いの道に入る。鞍月用水は水量豊かで、音を立てて澄んだ水が勢いよく流れている。中央小学校の所で用水と別れ金沢城公園へ。甚右衛門坂は坂上近くの一画が工事中で歩行禁止。大回りして黒門から入り坂上からなんとか写真を撮る。いもり坂を下っていもり(宮守)堀園地、兼六園の真弓坂口から桂坂口へ。石川門の石川橋の所からお堀通りへ下る坂を『金沢九十九坂』では下坂と呼んでいるが、兼六園随身口の係員の女性は下坂の名は聞いたことがないという。通称されている坂名ではないようだ。

 紺屋坂を往復し、兼六園に沿って上坂を上り下りすると兼六坂の坂上近くに出る。兼六坂にはいくつもの坂名の変遷があるが、今の坂名が一番つまらない。兼六園は歩きたくないが坂名のついている坂が6つもあるので入らないわけにはいかない。上坂口から園内へ。平日でもかなりの人で外国人も多い。徽軫(ことじ)灯篭の前の虹橋の所では写真を撮る人が待っている。

 桂坂口から出て、真弓坂口前の石浦神社から広坂を上る。広くて美しい坂だ。車の往来もさほででない。途中、きれいにカーブして本多の森へと上っていく。坂上近くの金城霊沢は「金沢」の地名の起こりの地という。広坂を下り、百万石通りを、繁華街の香林坊へ。香林坊交差点の北国街道が香林坊坂で犀川大橋へと下っている。香林坊109脇の鞍月用水沿いから大野庄用水沿いに出て、長町の武家屋敷跡などを通り、再び鞍月用水に出て六枚交差点から金沢駅へ向った。

 *参考:『金沢九十九坂
 *兼六園内の坂は最後にまとめて掲載。

 写真をクリックすると拡大します

Dsc02376鞍月用水【ル-ト地図】の①

犀川の上菊橋上流右岸から取水し、市内繁華街を流れる用水。

Dsc02374 説明板

Dsc02379 中央小学校(左)の所の鞍月用水

Dsc02382甚右衛門坂 お堀通りの大谷廟所前あたりから南東に金沢城公園に上る。 《地図

【坂標】の説明文:「天正八年佐久間盛政の攻撃を受けたとき、本願寺方の浪士、平野甚右衛門が奮戦、討死した坂なのでこの名がついた。」

工事中で通行止め。警備員と押し問答するが通れず。

Dsc02388 坂上から

Dsc02386 尾崎神社(丸の内5-5)

Dsc02385 説明板

Dsc02391 いもり坂上から金沢城

Dsc02400 説明板

Dsc02396 いもり坂(坂下方向) お堀通りのいもり堀園地の北側から北東に金沢城公園に上る。 【ル-ト地図】の②

いもり(宮守)堀跡から上る明治以降に開かれた坂。

Dsc02398坂上方向

Dsc02402 坂下から

Dsc02416 いもり堀跡

いもり坂の坂下。

Dsc02410 尾山神社神門(尾山町11)

和洋混合のユニークな三層の門。国の重要文化財。

Dsc02412 説明板

Dsc02411 尾山神社

前田利家を祀る。明治6年卯辰山山麓から金谷御殿の跡地に新社殿を建築した。

Dsc02404 東神門

桃山風御殿様式の唐門。

Dsc02405 説明板

Dsc02427 下坂(右) 金沢城石川門の石川橋から南西にお堀通りに下る。坂上は紺屋坂の坂上。《地図

上坂に対しての坂名だが、通称されてはいないようだ。

Dsc02430 紺屋坂 石川橋から北東に兼六園下交差点に下る。《地図

【坂標】の説明文:「加賀藩初期に藩の御用染商、舘紺屋孫十郎が坂の付近に住んでいたので、この名がついた。」

Dsc02434坂上方向

Dsc02435坂下方向

Dsc02436 上坂(紺屋坂上から) 兼六園上坂口前を上り下りして石川橋(紺屋坂と下坂の坂上)に至る坂。《地図

坂名の由来が分からず。

Dsc02437 兼六園上坂口の方へ下って上る。

Dsc02439 兼六園「上坂口」近く

Dsc02457 左・上坂、右・兼六坂

Dsc02442 兼六坂(坂下方向・上坂から撮影) 兼六園下交差点から南から南東、南西に上る百万石通り。《地図

①「修理谷坂」(小幡修理の屋敷があった。)→②「汁谷坂」(いつも坂から水が滲み出ていた。)→③「汁垂坂」→④「尻垂(しりたれ)坂」(長い坂で大八車を押し上げる人足の尻が垂れているように見えた。) こんな風に坂名の変遷があったのか。「尻谷坂」とも呼ばれた。坂上近くから下る坂に「小尻谷坂」がある。

『サカロジ- 金沢の坂』には、「尻垂れている」は貧乏しているとか、ダウンしているという意味で、そんな名前はふさわしくないというので、昭和33年に住民の合意もあって兼六坂と改名された。」とある。

Dsc02446 坂途中から坂上方向

Dsc03545 坂途中から坂下方向

Dsc02497 石浦神社(本多町3-1)

石浦郷7カ村の郷社。天平時代の創立という。

Dsc02496 説明板

Dsc02500 広坂(坂上方向) 広坂交差点(お堀通・本多通)から東から南東に兼六園に沿って上る。 【ル-ト地図】の③

【坂標】の説明文:「坂道の幅が広いのでこの名で呼ばれているが、加賀藩時代から明治中頃までは安房殿坂、作事坂ともいわれていた。」 

「作事坂」は兼六園の所にあった土木工事を司る奉行所に通じていたから。「安房殿坂」は本多安房守の屋敷が坂上あったから。 『サカロジー 金沢の坂』 坂上は藩老本多蔵品館、県立歴史博物館などがある「本多の森

Dsc02509 坂下方向

Dsc02510 坂上から

Dsc02512 金城霊沢 【ル-ト地図】の④

「金洗沢」ともいわれる。「金沢」の地名の起こりという。

金沢の地名伝説『芋掘り藤五郎

Dsc02511 説明板

Dsc02513 今も水が湧いている。

Dsc02516 金沢神社(兼六町1-3)

Dsc02519 県立歴史博物館(出羽町3-1)

陸軍の兵器庫から戦後は金沢美大の校舎だった。

Dsc02520 説明板

Dsc02525 香林坊坂(坂下方向) 香林坊交差点から片町交差点の方へ下る北国街道(国道157号)。《地図

香林坊は僧の名。比叡山の僧だったが、還俗して金沢の向田家に婿入りした。目薬を調合する秘法を知っていて前田利家に献上した。香林坊が営む薬種屋のある町を香林坊とよんだ。『サカロジー 金沢の坂』

Dsc02529 坂上方向

Dsc02527 香林坊橋跡

欄干の石柱か

Dsc02526 説明板

Dsc02530香林坊109横の坂《地図

歩道の右側に鞍月用水の水が流れる。

Dsc02531 坂下の鞍月用水

上の写真のすぐ手前

Dsc02532 老舗記念館(長町2-2)

手前は大野庄用水。

Dsc02536 長町武家屋敷沿いの大野庄用水。【ル-ト地図】の⑤

犀川の桜橋上流で取水し、市街を抜けて北陸線以西の水田を灌漑している。金沢で最も古く、金沢城の築城に大きな役割を果たした。

Dsc02539 長町武家屋敷跡(長町1-3)

Dsc02540 説明板

Dsc02545武家屋敷

Dsc02460兼六園の坂の「地図

随身坂(坂下方向)

左は成巽閣。

Dsc02463 坂上方向

Dsc02469 長谷坂(坂上方向)

Dsc02467 長谷池

Dsc02475 真弓坂(坂上方向)

幕末まではここに物見所があった。

Dsc02476 坂上の瓢池と翠滝

Dsc02478 松濤坂(坂下方向)坂下は蓮池門。

松籟(しょうらい・松に吹く風の音)を濤(大きな波)にたとえて坂の名がつけられたとされる。

Dsc02424 蓮池門跡

Dsc02423 説明板

Dsc02482 不老坂

藤の旺盛な成長ぶりにあやかって名づけられたとされる。

Dsc02488徽軫(ことじ)灯篭と虹橋

写真撮影の定番スポット

Dsc02485 説明板

Dsc02495 桂坂(坂上方向)

|

« 新座市の坂-6・所沢市の坂-1 | トップページ | 金沢市の坂-2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/16683442

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢市(石川県)の坂-1:

« 新座市の坂-6・所沢市の坂-1 | トップページ | 金沢市の坂-2 »