« 朝霞市の坂-4 | トップページ | 金沢市の坂-3 »

2007年10月23日 (火)

朝霞市の坂-5

2007年10月23日

Dsc03419_2 朝霞駅(東上線)・・・市役所通り・・・城山通り・・・金子坂・・・滝の根公園・神明坂右の写真)・・・綿屋の坂(二本松通り)・・・天神坂・・・二本松通り・・・二本松・・・荒船神社・・・朝霞駅

 今日の坂はすべて城山通りから西方向に下る坂でけっこう急坂だった。今はもう神明坂に神明社はなく、天神坂にも天神さんは祀られていない。神明坂沿いの滝の根公園の遊歩道には吊り橋が架っていて、渡ると吊り橋独特の揺れがあり心地良い。

 朝霞駅に向う途中の、二本松通りの由来の何代目かの二本松は、まだ若いのか細く弱弱しく頼りなさそうだが、松の下の二基の庚申塔は昔のままで今もしっかりと往来人を見守っている。

 綿屋の坂は、前回記載。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc03405 金子坂 溝沼1丁目と2丁目の境を南東方向に上る。《地図

Dsc03402坂上近くから坂下方向

Dsc03407 坂下方向

Dsc03409 滝の根公園

Dsc03414 神明坂側の入口近くから

Dsc03416 神明坂 溝沼2丁目と5丁目の境を南東に上る。滝の根公園の北側の坂。《地図

Dsc03422 坂上方向

神明社があったという1570番は溝沼5-6で写真の左側あたり。

Dsc03421 坂下方向

Dsc03436 天神坂 溝沼6-12と6-13の間を南東に上る。《地図

Dsc03432 坂上方向

Dsc03435 坂下方向

天神山があった1517番は溝沼6-12で写真の左側。

Dsc03443 二本松と庚申塔 本町1丁目の二本松通り《地図

田無、片山(新座市)、膝折、溝沼の方から根岸河岸へ向う道の目印となっていた。ここは、新倉(和光市)から越戸を通り引又(志木市)に通ずる道の辻になっていた。

Dsc03445荒船神社(本町2-20)

狭い境内にいろんな物が祀られている。

|

« 朝霞市の坂-4 | トップページ | 金沢市の坂-3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

尾崎豊さんの曲にある、坂の下に見えたあの街に。この曲に出てくる坂は滝の根公園の坂らしいですよ。

投稿: 良い坂だ | 2008年11月22日 (土) 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/16951721

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霞市の坂-5:

« 朝霞市の坂-4 | トップページ | 金沢市の坂-3 »