« 鎌倉市の坂-2 | トップページ | 菖蒲町の坂(埼玉県) »

2007年11月21日 (水)

鎌倉市の坂-3(鎌倉街道下の道②)

2007年11月21日

金沢八景駅(京浜急行線)・・・国道16号・・・県道23号・・・上行寺・・・鼻欠地蔵・・・朝比奈(朝夷奈)切通し・・・熊野神社・・・朝比奈切通し・・・三郎の滝・・・泉橋(太刀洗川と滑川の合流点)・・・切通し庚申塔・・・十二所(じゅうにそ)神社・・・もりと橋(滑川)・・・光触(こうそく)寺(塩嘗地蔵)・・・足利公方邸跡・・・浄妙寺・・・杉本寺(ここまで鎌倉街道下の道)・・・犬懸橋(滑川)・・・田楽辻子(ずし)みち・・・釈迦堂切通し・唐糸やぐら・・・逆川・・・ハイランド・名越切通し分岐・・・・・・名越切通し・・・まんだら堂跡・・・大空洞(おおほうとう)・・・逗子駅(JR横須賀線)

 金沢八景駅から県道23号(金沢街道)に出て西へ、この道は六浦から塩を運んだ道で、六浦道(路)、塩の道とも呼ばれた。また鎌倉街道の「下の道」の道筋でもある。 

 大道中学校バス停そばに磨崖仏の鼻欠地蔵があるが風化していて、説明板がなければ通り過ぎてしまうだろう。朝比奈バス停の先で、「朝夷奈切通」の道路標識を左に曲がると切通しに向う道になる。古道の面影がよく残る切通しの途中から左に入り、鎌倉の艮(鬼門)の守護神だった熊野神社へ寄る。切通しへ戻り進むと下りとなり、道が湿って、ぬかるんで歩きにくくなる。この水の流れが太刀洗川となっていく。下って切通しの鎌倉側の入口に小さな三郎の滝が落ちている。このあたりに梶原太刀洗の名水があるはずだが見当たらず、太刀洗川が滑川に合流する泉橋へ出る。

 滑川沿いに進むと金沢街道に出る手前の崖上に切通し庚申塔が立っているがこれも見つけにくい。光触寺の塩嘗地蔵の伝説は、ここを塩が通った「塩の道」であったことを物語る。杉本寺の裏山の杉本城跡に行こうと思っていたが、私有地になっていて通行不能とのこと。
 鎌倉街道から分かれ、杉本寺の前の犬懸橋を渡り、釈迦堂前に田楽師が住んでいたという「田楽辻子のみち」から釈迦堂ケ谷の釈迦堂切通しへ向う。釈迦堂がどこにあったかは不明らしい。釈迦堂切通しは鎌倉七切通し(七口)には入らないが、切通しというよりは大きな岩場をくり抜いた洞門だ。(上の写真) その景観は迫力があり見ごたえがある。落石、崩壊の恐れで通行止めで、いくつも標識が立っているが、皆?平気で通っている。「赤信号、みんなで渡れば何とやら」か。

 釈迦堂切通しを抜け、南に行き逆川を東に進むと川と離れるあたりから人家が少なくなり、畑の間を過ぎ、山道の上りとなる。途中、何箇所も倒木が道を塞いでいて歩きにくい道だ。あまり通られていない道のようだ。かまわず上ると、しっかりと踏み固められた道に出た。逗子ハイランドと名越の切通しを結ぶハイキングコースだ。ここまで来れば後は「逗子市の坂-4」で歩いた近くなので土地勘もある。その時は名越切通しからお猿畠の大切岸を経て法性寺へと下った。今日は切通しからまんだら堂跡、おおほうとう(大空洞)を抜けた。大空洞も釈迦堂切通しを見た後ではなんてことはない岩の間の細い道だ。逗子市小坪の長い坂を下って、披露山入口の前を通り逗子駅に向った。

 【ルート地図

 写真をクリックすると拡大します。

Dsc04259 鼻欠地蔵(金沢街道(環状4号)の大道中学校バス停そば) 【ルート地図】の①

左下に地蔵の磨崖仏が彫られている。

Dsc04261 説明板

Dsc04262_2「江戸名所図会」の地蔵の絵。

Dsc04263 朝比奈切通しへ

朝比奈バス停の少し先で、「←朝夷奈切通」の道路標識から左へ入る。

Dsc04268 朝比奈切通しの入口

説明板、庚申塔などが並ぶ。

Dsc04269 説明板

Dsc04272 横浜横須賀道路をくぐる。

Dsc04276_2朝比奈切通し 【ルート地図】の②

鎌倉と六浦を結ぶ古道。北条泰時が改修したというから、それ以前からこの道筋は存在したのだろう。和田義盛の三男で巴御前を母に持つ、朝比奈三郎義秀が太刀で一日一夜にして切り開いたという伝説がある。

Dsc04280 反対側から

Dsc04281 熊野神社への道

Dsc04284説明板

Dsc04286 熊野神社

鎌倉の鬼門の北東にあたり、鎌倉守護神として祀られた。

Dsc04292 道に水が流れ始める。

これが太刀洗川となる。

Dsc04293_3道端の石仏

Dsc04296朝夷奈切通しの碑(三郎の滝の横)

Dsc04297 三郎の滝(朝比奈切通しの鎌倉側からの入口のところ。)

朝比奈切通しを開いたという、朝比奈三郎にちなむ滝。ここから右に分岐して十二所果樹園の方へ上るのが「七曲り(坂)」。

Dsc04299 切通し庚申塔(金沢街道の十二所バス停そばの崖上)

一番右は馬頭観音。崖上には上れない。下からよく見ないと分からない。

Dsc04300_3 地蔵さん

十二所神社近くの金沢街道沿い。

Dsc04301十二所(じゅうにそ)神社(十二所285)

弘安元年(1278)の創建という。

Dsc04302 滑川沿いの歩道

Dsc04304_2塩嘗地蔵(光触寺) (十二所782)

もとは金沢街道(塩の道)にあった地蔵で、朝比奈峠を越えて鎌倉に塩を売りに行った塩売りが、塩を供えるとなめてしまったという伝説がある地蔵さん。

Dsc04307_2 足利公方邸旧蹟碑(浄明寺4-2)

Dsc04308 浄妙寺(浄明寺3-8)

鎌倉五山の一つ。

Dsc04309 説明板

Dsc04311 杉本寺(二階堂903)

天平6年(734)に行基の創建という鎌倉最古の寺。裏山に三浦氏の衣笠城の枝城の一つ、杉本城跡があるが拝観券売場の人の話では私有地のため通行不能という。

Dsc04310 説明板

鎌倉街道の「下の道」は西へ進み鶴岡八幡宮へ向かうが、分かれて釈迦堂口切通しへ向う。

Dsc04312_2田楽辻子(でんがくずし)みち由来

杉本寺の前から犬懸橋(滑川)を渡り、釈迦堂ケ谷へ行く途中の辻。 【ルート地図】の③

Dsc04313 説明文

Dsc04314 釈迦堂口切通しへ

Dsc04315 釈迦堂ケ谷説明板

北条泰時が釈迦堂を建てたことに由来する名。釈迦堂がどこにあったのかは不明。本尊の釈迦如来像は目黒の行人坂 の大円寺に安置されている。

Dsc04319 釈迦堂切通し 【ルート地図】の④

浄明寺の屋敷町から大町・名越の商業地区への近道としてつくられたもの。鎌倉と外の地域を結ぶ切通しではないため、「鎌倉七口(七切通し)」には含まれない。

Dsc04321_2迫力満点だ。   

Dsc04323_2切通しの中から

Dsc04324 「唐糸やぐら」か「日月やぐら」?

切通しの中の崖上。「やぐら」は中世の横穴墳墓。

Dsc04334_2 大切岸の上から逗子湾方向

Dsc04337 名越切通し説明板

Dsc00083 名越切通し 【ルート地図】の⑤

Dsc04338 まんだら堂跡へ

Dsc04340 行き止まり

調査、整備してやぐら群を中心とした史跡として公開するというが何時になることやら。

Dsc04339 扉に貼られた説明文

Dsc04344_2おおほうとう(大空洞)

|

« 鎌倉市の坂-2 | トップページ | 菖蒲町の坂(埼玉県) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/17153541

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市の坂-3(鎌倉街道下の道②):

« 鎌倉市の坂-2 | トップページ | 菖蒲町の坂(埼玉県) »