« 菖蒲町の坂(埼玉県) | トップページ | 金沢市の坂-5 »

2007年11月26日 (月)

鎌倉市の坂-4

2007年11月26日

鎌倉駅(横須賀線)・・・御成通り・・・由比ケ浜大通り・・・六地蔵・・・(和田塚駅・江ノ電)・・・和田塚・・・由比ケ浜大通り・・・庚申塚・・・甘縄神明宮・・・三橋(長谷観音交差点)・・・御霊神社(鎌倉権五郎神社)・・・星月夜の井(鎌倉十井)・虚空蔵堂・・・極楽寺坂切通し・日限六地蔵尊・成就院・・・極楽寺・・・針磨(はりすり)橋(鎌倉十橋・極楽寺川)・・・砂子坂・・・稲村ガ崎古戦場跡・・・稲村ケ崎駅(江ノ島電鉄)→江ノ島駅・・・湘南江の島駅(湘南モノレール)→大船駅

 鎌倉駅から江ノ電沿いに歩く。極楽寺坂切通しは往時の面影は薄いが、坂沿いの成就院からの眺めはいい。極楽寺を過ぎるあたりから歩いている人もぐっと減る。針磨橋近くから入る砂子坂は傾斜はわずかで、この道が砂子坂なのかちょっと不安になる。砂子坂を上って下ると稲村ガ崎に出る。古戦場前の海はいい波が立ちサーファーが波乗りを楽しんでいる。
 初めて乗った湘南モノレールの下の起伏の多い高台には住宅が立ち並んでいる。新しい坂も多いようだが名前はついているのだろうか。調べて、いつか歩いて見ようか。そんなことを考えているうちに大船駅に着いた。

  【ルート地図

 写真をクリックすると拡大します。

Dsc04441 六地蔵(由比ケ浜大通りと今大路との交差点) 【ルート地図】の①

昔、この辺り一帯は飢渇(けかち)畑と称され鎌倉時代は刑場があったと伝えられる。その供養のため建てられたという。

Dsc04443六地蔵由来碑

Dsc04449 和田塚(和田塚駅南の由比ガ浜2丁目) 【ルート地図】の②

「和田一族之碑」(右)・「和田一族戦没地」の碑(中央の新しい碑)・「和田義盛一族墓」の碑(左の塔婆が立っている碑)

和田一族の墓ではなく、采女塚といわれる円墳の一部らしい。荒れている様子で保存状態はよくない。

Dsc04452鎌倉彫の寸松堂(笹目町5の由比ケ浜大通り沿い)

昭和11年建築。鎌倉市重要景観建築物。国の登録有形文化財。

Dsc04458 庚申塚と盛久頸座(長谷1-7の由比ケ浜大通り沿い)(中央部分に庚申塔が並ぶ。左右は盛久頸座の碑など。)

主馬盛久は京都清水寺の観世音信仰の功徳で首を斬られる寸前に源頼朝から赦免された平家の武者。

Dsc04454 盛久頸座

Dsc04457 謡曲「盛久」説明板

Dsc04461_2 甘縄神明宮(長谷1丁目)

八幡太郎義家を祀る、鎌倉幕府創設以前からの古社。

Dsc04463 御霊小路(大仏通りの白日堂と収玄寺の間から御霊神社に向う道。)

左に鎌倉権五郎神社の石柱。

Dsc04469 御霊神社(鎌倉権五郎神社)

もとは鎌倉党の坂東平氏五家の祖を祀り、五霊神社といわれた。後に、武勇で名高い鎌倉権五郎景政を祀る御霊神社となる。

Dsc04470 御霊神社由緒

鎌倉権五郎の勇猛な武者ぶりの逸話の記載がある。司馬遼太郎も『街道をゆく』の「三浦半島記」で権五郎のことを書いている。

Dsc04474 力餅家(坂ノ下18)

権五郎力餅を売る店。「五霊社鎌倉権五郎景政」の石柱が立つ。

Dsc04479 極楽寺坂切通し(坂下あたり) 【ルート地図】の③

右に「星月夜の井」(星の井)、石段上に虚空蔵堂。

Dsc04476星月夜の井

鎌倉十井のひとつ。昼でも井戸に星の影が映っていたという。ある時、女が誤って包丁を井の中に落としてからは星の影は見えなくなった。包丁で星影を切ってしまったからとか。

Dsc04477 説明板

Dsc04478_2 星月井の碑

Dsc04480虚空蔵堂(明鏡山星井寺

堂の左下に舟守地蔵

Dsc04482_2舟守地蔵

船舶関係者の信心が厚いという。

Dsc04487 日限六地蔵尊(極楽寺坂切通しの途中。)

いたずらや破壊よけのシャッターが取り付けられている。

Dsc04486 説明板

Dsc04490 極楽寺坂切通し(坂上方向)

忍性が開いたという。元弘3年(1333)のこの新田義貞の鎌倉攻めの時、この辺りで壮絶な戦いがあったという。かつては成就院側(写真左)のもっと高い所を通っていたらしい。

Dsc04494 坂下方向

Dsc04497 成就院から

Dsc04491_2 極楽寺坂切通しの碑

Dsc04500 成就院から(坂下方向)

Dsc04506成就院

Dsc04504略縁起

Dsc04505 成就院から

由比ガ浜・材木座・鎌倉市街方向。

Dsc04512導地蔵堂(極楽寺の前)

子育てに霊験あらたか。

Dsc04514 極楽寺山門(江ノ電極楽寺駅そば)

境内は写真撮影・写生も禁止。

Dsc04513 説明板

Dsc04518針磨(はりすり)橋の碑

Dsc04519 針磨橋(極楽寺3-11あたり)

昔、針を作る職人が住んでいたという。針は裁縫の針だろうか、釣針か?鎌倉十橋 の一つにしては見る影もない。見逃して一度通り過ぎてしまった。

Dsc04522 江ノ電

針磨橋から少し稲村ケ崎方向へ上ったところから。3~4両編成の車両にはかなりの乗客だ。

Dsc04523 砂子坂(坂下から)(稲村ガ崎1-7と1-8の間を南西に上って下る。) 【ルート地図】の④

傾斜はゆるい。坂名の由来不明。

Dsc04526 坂上方向

上って下りとなり稲村ケ崎(正面)へ。 

Dsc04545 稲村ケ崎 【ルート地図】の⑤

小学唱歌♪「鎌倉」♪に「七里が浜の磯伝い 稲村崎 名将の 剣投ぜし古戦場」と歌われたところ。名将、新田義貞が鎌倉攻めの時、ここから海へ刀剣を投げ入れ祈願したところ、波が引き、海沿いの崖下を伝わり、新田軍は鎌倉に攻め込むことができたという伝承の地。

Dsc04535 江の島方向

鎌倉海浜公園には♪「七里ケ浜の哀歌」♪で、「真白き富士の根 緑の江の島・・・」と歌われた、逗子開成中学生のボート遭難慰霊像、近くに、十一人塚などもある。今日は風はさほどではないが波はけっこう高い。ボートではなく、サーファーたちが波乗りを楽しんでいた。

Dsc04546 湘南モノレールの湘南江の島駅

大船まで300円はちと高い。

|

« 菖蒲町の坂(埼玉県) | トップページ | 金沢市の坂-5 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/17204716

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市の坂-4:

« 菖蒲町の坂(埼玉県) | トップページ | 金沢市の坂-5 »