« 長崎市の坂-3 | トップページ | 所沢市の坂ー4 »

2008年1月12日 (土)

長崎市の坂-4

2008年1月12日

長崎駅・・・桜町通り・・・市役所通り・・・伊勢神社・・・シーボルト通り(旧長崎街道)・・・桜馬場天満宮・・・桜馬場観音堂・・・春徳寺通り・ルイス・デ・アルメイダ渡来記念碑・春徳寺・サントス教会跡・・・長崎村庄屋の跡・桜馬場中学校・遅刻坂①・・伝八稲荷・・・シーボルト邸跡・シーボルト記念館・・・鳴滝高校・遅刻坂②・・・ミルスの坂・・・中川八幡神社・・・旧長崎街道・・・食違い・蛍茶屋電停・・・旧長崎街道・・・中川町地蔵堂・・・トロトロ坂・古橋・・・松森神社・・・日銀長崎支店・・・歴史文化博物館・・・筑後通り・・・玉園町の坂の坂上・・・幣振坂①・・・長崎駅

 今回の長崎の坂道散歩の最後は旧長崎街道の蛍茶屋まで。帰路に寄った歴史文化博物館の奉行所ゾーンのお白洲では、長崎くんちにからむ町民間のもめごとを名奉行?がユーモアたっぷりなお裁きで解決するという寸劇をやっていてこれがなかなか面白い。また奉行の一年をドラマ仕立てにした立体映像なども上映されていてなかなか見ごたえがあった。幣振坂①の石段上の道から長崎港と街並みを見ながら長崎駅の方へ下った。

  【ルート地図

 写真をクリックすると拡大します。

Img_2057 伊勢神社(伊勢町)

諏訪神社、松森神社とともに、長崎三社と称された。

Img_2060シーボルト通り(旧長崎街道) (桜馬場1丁目) 【ルート地図】の①

右脇に「長崎街道ここに始まる」の石柱。

Img_2169 説明板

Img_2170 長崎街道ルート

小倉までは57里(約228km)

Img_2063 桜馬場天満宮(桜馬場1-4)

旧長崎街道沿いで、「オランダ人出立の場所」と呼ばれ、オランダ商館長らが江戸へ向けて旅立つときはここに集まり、別れの杯をかわし、江戸へ出発した。

Img_2061 説明板

Img_2081 春徳寺通り(坂上方向)

写真で見るよりけっこう傾斜がある。

Img_2068 ルイス・デ・アルメイダ渡来記念碑の説明板(坂上の突当たり)

Img_2069 左に上って春徳寺

正面の大クスノ木は、住職の話では樹齢500年位。

Img_2073

春徳寺(夫婦川町11)

Img_2072 トードス・オス・サントス教会跡(春徳寺)

Img_2066 たばこ栽培開始地(春徳寺通り)

Img_2102 桜馬場観音堂(桜馬場2-1)

Img_2100 堂内

Img_2103 長崎村庄屋跡の石垣

シーボルト通りの桜馬場中学校の敷地。

Img_2104 説明板

桜馬場中学校の校門を入った左側の遅刻坂①の坂下にある。

Img_3130 遅刻坂①(坂上方向) 桜馬場中学校(遅刻坂が載っている)の校門から正面玄関までの94mの上り坂。《地図

学校の敷地内で一般道ではないが。

Img_2105 伝八稲荷(桜馬場2-1)

伝八さんという慈悲深い人の徳を敬って地元で建てた稲荷。

Img_2110 小堂(観音と地蔵?)

シーボルト記念館への途中

Img_2115 シーボルト邸跡(鳴滝2-7)

Img_2119シーボルト記念館

Img_2120 遅刻坂②(坂上から) 中川2-7と2-2の間を北東に鳴滝高校に上る。 【ルート地図】の②

鳴滝高校は唐通事、さかき仁左右衛門の別荘跡。『長崎坂づくし』

Img_2121 坂上近く

正面が鳴滝高校の門。

Img_2125 坂上方向

交差する坂は旧長崎街道のトロトロ坂

Img_2132 ミルスの坂 鳴滝高校と鳴滝1-3の間を南東に上る。 【ルート地図】の③

戦前二階建ての洋館ミルス邸があた。『長崎坂づくし』 

Img_2138 坂下の新しい洋館風の家

Img_2136坂下方向

Img_2151 旧長崎街道

左の石段は中川八幡神社。街道はこの先に進み突当たりで直角に曲がって蛍茶屋に出る。以前はこれを「食違い」と呼んでいた。

Img_2131 中川八幡神社(中川2-9)

Img_2142_2 説明板

Img_2141 新旧長崎街道が合流する蛍茶屋電停前

昔は蛍が飛び交う名所で、蛍茶屋(別名を甲斐田屋)があり、旅人はここで送別の杯を酌み交わした。

Img_2145 トロトロ坂(中川2丁目の方から) 桜馬場2丁目と中川2丁目の境の古橋を挟んで北西と南東にゆるやかに上る旧長崎街道。右は中川町地蔵堂。 【ルート地図】の④

傾斜がゆるやかな、「トロトロ」な坂という意味だろう。

Img_2152 古橋の方へ下って行く。

Img_2155 古橋を渡った所から

Img_2157 古橋

承応3年(1654)唐通事、林仁兵衛が架けたもので中川(なかご)橋と名づけられた。大正7年に少し下流に新しい中川橋ができ、古橋と呼ばれるようになった。石橋としては、4番目に古い橋。

Img_2162 説明板

Img_2171 松森神社に沿う坂

Img_2174 松森神社(上西山町4)

本殿瑞垣には彫刻「職人尽し」が彫られている。

Img_2175 「職人尽し」説明板

Img_2176富貴楼(松森神社隣、上西山町5)

卓袱(しっぽく)料理の料亭

(平成29年6月10日で休業となった)

Img_2178 日銀長崎支店

Img_2184 缶詰製造の地跡

Img_2189 長崎奉行所立山役所正門(復元)

長崎歴史文化博物館(立山1-1)の一部になている。

Img_2187 正門から奉行所

Img_2188 説明板

Img_2195 幣振坂① 【ルート地図】の⑤

石段上を左に曲がってさらに上った所から長崎港方向。この坂については長崎市の坂ー1」に記載。

|

« 長崎市の坂-3 | トップページ | 所沢市の坂ー4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/17797524

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市の坂-4:

« 長崎市の坂-3 | トップページ | 所沢市の坂ー4 »