« 綾瀬市の坂-2 | トップページ | 綾瀬市の坂-4 »

2008年3月29日 (土)

綾瀬市の坂-3

2008年3月29日

海老名駅バス停→国分寺台11・・・神明社・・・済運寺・・・堀の内橋(目久尻川)・・・南坂・・・馬坂・・・正福寺・・・どんどん坂・・・山王社・・・村野橋・・・駒井不動・・・貴志園・えんこら坂跡あたり・・・道庵橋・・・浪乗不動・豊川稲荷・・・しんせん坂・・・根恩馬バス停→海老名駅

 国分寺台11のバス停から南に吉岡地区の目久尻川近くの坂道散歩です。春日局に縁のある神明社、済運寺から堀の内橋に出て、南坂を上り馬坂を下る。どんどん坂はゆるやかだが途中からカーブしながら上る長い坂。坂下から村野橋を渡ると突当たりに駒井不動が祀られている。「早川地蔵に吉岡不動」といい吉岡では不動信仰が盛んという。貴志園の北側あたりを西に上っていたらしいえんこら坂は今は綾瀬ホームの裏側あたりで道は途絶えてしまう。

 目久尻川沿いに南に行くと、家光に仕えた医者の半井驢庵が架けたという道庵橋がある。驢庵が道庵に訛ったらしい。道庵橋を西に行けば県道406号を越えて海老名市に入り、驢庵坂が下っていて、東に行けば女坂交差点で中原街道に出る大山道だ。
 道庵橋から南に浪乗不動に寄り、神崎バス停そばのしんせん坂を上って根恩馬のバス停へ出た。予定より早く回ってしまったので相模線の門沢橋駅まで歩こうかと思ったがちょうどバスが来てので海老名駅まで乗ってしまった。天気もいいのにちょっと歩き足りない今日の坂道散歩だった。

  【ルート地図

 *参考:『あやせウオ-クガイド』の7

 写真をクリックすると拡大します。

Img_4502 神明社(綾西2-11)

春日局の勧請により建立。

Img_4503 説明板

Img_4510 済運寺(吉岡1713) 《地図

春日局ゆかりの寺

Img_4511 説明板

Img_4515 南坂(坂下から) 吉岡の堀の内橋の北側から南東に上る。【ルート地図】の①

このあたりの集落の通称という。どこの南なのか?

Img_4517坂下方向

Img_4518 坂上方向

Img_4522 馬坂(坂下方向) 南坂の途中から南西に下る。【ルート地図】の②

なだらかな坂で馬も通りやすかった坂。

Img_4524 稲荷社(坂の途中)

Img_4525 坂下方向

Img_4529坂上方向

Img_4530 正福(しょうふく)寺(吉岡1006)

浄土宗の寺

Img_4531 説明板

Img_4532 法然上人若き日の旅立ち像(正福寺境内)

幼名を勢至丸

Img_4536 どんどん坂(坂上方向) 吉岡の山王社の西側から北からカーブすながら北東に上る。右は山王社 【ルート地図】の③

長い坂でどんどん下るからだろうか。

Img_4540 山王社

Img_4538 説明板

Img_4547坂上方向

Img_4553 坂下方向

Img_4556 駒井不動(吉岡2530) 《地図

Img_4557 不動明王(中央)

大山不動を勧請して、安政5年(1858)の造立。

Img_4562 えんこら坂跡あたり(坂上方向) 吉岡の貴志園の北側あたりにあった坂。《地図

「えんこら」と掛け声を上げ、気合を入れて上った急坂だったのか? 「えんやこら坂」とも呼んでいた。『綾瀬の地名』によると、「七人塚にゆかりのある坂」という。綾瀬市の民話:『七人塚

Img_4565 坂上方向

この先で道は途切れる。

Img_4577 浪乗不動尊(右)・豊川稲荷(左) (吉岡2726) 【ルート地図】の④

Img_4579 浪乗不動(中央)

火除けの神。安政6年(1859)の建立だから駒井不動と近い時期だ。

Img_4578 説明板

Img_4581 しんせん坂(坂上方向) 吉岡の神埼バス停そばから北西に上る。【ルート地図】の⑤

坂名の由来不明。

Img_4586 坂下方向

 

|

« 綾瀬市の坂-2 | トップページ | 綾瀬市の坂-4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/40699255

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬市の坂-3:

« 綾瀬市の坂-2 | トップページ | 綾瀬市の坂-4 »