« 箱根(旧東海道)の坂-2 | トップページ | 厚木市の坂-6 »

2008年4月28日 (月)

つくば市の坂-1・宝篋山③

2008年4月28日

Img_6718_3つくば駅(つくばエクスプレス)・北部シャトルバス→大穂庁舎・地域循環バス→小田城跡入口・・・道標庚申塔・・・解脱寺(二十三夜堂・十九夜堂)・・・三宝大荒神碑・・・小田城跡・・・稲荷神社・・・八幡神社(宝篋山登山口)・・・(小田城コース)・・・愛宕神社・・・尼寺コース分岐・・・堂平・・・純平歩道分岐・・・七曲り・・・硯石・・・下浅間・・・おみざらし・・・宝篋山(461m)・・・山口コース(2)・・・新寺コース・・・・北条大池・・・二十三夜塔・・・八坂神社・・・つくば道道標・市神様・・・宝安寺・・・鹿島神社・・・毘沙門天種子碑・・・日向廃寺跡・・・熊野神社・・・全宗寺・・・宝寿坂・・・無量院・・・伝多気太郎の墓・・・裏堀用水路・・・つくばりんりんロード・・・筑波庁舎・北部シャトルバス→つくば駅

 小田城跡から小田城コースで宝篋山に上り(上の写真は小田城跡からに宝篋山)、新寺コースで下って北条大池から筑波山神社の門前町として古くから栄え、道標や土蔵造りの町並みに往時を偲ばせる北条の町を歩く。20年ほど前までは筑波鉄道が通り、常陸北条駅があった所でもある。線路跡はサイクリングロードとして整備されている。無量院へ上る坂の途中で宝寿坂の石碑を偶然見つけた。今日は名前のついた坂はないはずだったが、一つでも新しい坂に出会え、収穫のあった坂道散歩だった。

  宝篋山は、「宝篋山①②」(2007年12月7日・14日)に記載。

 写真をクリックすると拡大します。

Img_6698道標庚申塔

小田城跡入口バス停の四つ辻

Img_6704 解脱寺 《地図

このあたりは月待ち信仰が盛んなのか境内に二十三夜塔、十九夜塔、北条の道端にも二十三夜塔があった。

Img_6705 二十三夜堂

Img_6708 十九夜堂

Img_6711 三宝大荒神(解脱寺から小田城跡への途中)

屋外の文字碑は珍しいのかも。

Img_6713小田城跡

12世紀末に八田知家が築いた平城。南北朝時代に北畠親房がここで「神皇正統記」を書いた。

Img_6715 小田城址碑

Img_6721 説明板

「小田氏治は永禄12年(1569)の手這坂の合戦に敗れて土浦へ逃げた」とある。この手這坂は茨城県常北町石塚の佐竹氏の石塚城のあった所。

Img_6720小田城跡から筑波山

Img_6737宝篋山への小田城コース

下浅間

Img_6744 おみざらし(湧き水)

コースから脇道に入った所。

Img_6743 宝篋山から筑波山

Img_6749 新寺(にってら)コース下の旧家

このあたりは立派な農家?が多い。

Img_6751 田植えが始まっている。

正面は筑波山

Img_6753 道標

Img_6756 北条大池から筑波山 《地図

Img_6759 二十三夜塔など

北条大池から八坂神社への途中の角

Img_6761 八坂神社 《地図

Img_6762石造五輪塔

高さ201cm、花崗岩。天文6年(1537)造立。もとは別当寺の吉祥院にあった。明治の廃仏毀釈の際に移されたという。

Img_6763 説明板

Img_6764 旧家

Img_6766 宮本家(つくば道道標前)

国の登録有形文化財

Img_6769 市神様(右)・北条町道路元標

つくば道道標の向い側。

Img_6771 つくば道道標(手前右に入るのがつくば道) 

Img_6775 正徳5年(1715年・七代将軍家綱)に建立され、寛政10年(1798年・十一代将軍家斉)に再建された筑波山参詣道の道標。高さ306cm、花崗岩。

Img_6772 説明板

Img_6773 つくば道 《地図

筑波山方向

Img_6777 宝安寺

Img_6779 鹿島神社 《地図

背後は多気太郎が築いたともいわれる城山(じょうやま)城(多気城)

Img_6780 毘沙門天種子碑(左)碑と小堂 《地図

Img_6781 毘沙門天種子碑

鎌倉時代の制作という。

Img_6782 説明板

Img_6787 日向廃寺跡 (毘沙門天種子碑の西側)

平安時代末から鎌倉時代にかけて多気氏が造営したらしい。

Img_6785 説明板

Img_6786 礎石か?

Img_6791熊野神社 《地図

左右によれている石段が古さを感じさせる。

Img_6788 由来書

Img_6795 社殿前の石仏

元禄6年?の銘がある。鼻がつぶれているが顔立ちがはっきりしている。

Img_6818 宝寿坂 《地図

無量院に上る坂。電柱脇に「宝寿坂之碑」

Img_6807 宝寿坂之碑

Img_6809 坂上に無量院

Img_6814 無量院

建久元年(1190)多気太郎義幹が開いたという寺。

Img_6810 記念碑

Img_6813 多層塔

右の塔は延文6年(1361)と刻まれていて、南朝方の小田氏の家臣だった中久木家の祖先の墓という。

Img_6812 記念誌

Img_6824 石造五輪塔(伝多気太郎)と家来の墓 

地元では「多気太郎様」と称して、多気大掾氏第六代義幹の墓と伝える。花崗岩で高さ191cm。

Img_6825 説明板

Img_6826 裏堀用水路

多気城の外堀だったという。

Img_6828 つくばりんりんロード 《地図

1987年に廃線になった筑波鉄道の線路跡につくられたJR土浦駅(常磐線)からJR岩瀬駅(水戸線)の間の約40kmのサイクリングロード。

|

« 箱根(旧東海道)の坂-2 | トップページ | 厚木市の坂-6 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mihomopr/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年5月 1日 (木) 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/41034903

この記事へのトラックバック一覧です: つくば市の坂-1・宝篋山③:

« 箱根(旧東海道)の坂-2 | トップページ | 厚木市の坂-6 »