« 綾瀬市の坂-4 | トップページ | 厚木市(神奈川県)の坂-1 »

2008年4月 2日 (水)

栃木市の坂-1

2008年4月2日

新大平下駅(東武日光線)・・・如意輪寺・・・八坂神社・・・富田城跡(大平町)・・・(JR両毛線)・・・大中寺・油坂(大中寺七不思議の一つ)・・太平山(340m)・富士浅間神社・・・太平山神社・・・あじさい坂・・・六角堂・・・大山寺・・・信行寺・・・ニ杉橋(永野川)・二杉神社・・・勝泉院・白旗八幡・・・巴波(うずま)川・綱手道・・塚田歴史伝説館・・・横山郷土舘・・・県庁堀・栃木市役所別館・・・嘉右衛門橋(巴波川)・日光例幣使街道・岡田記念館・畠山陣屋跡・神明神社・・・妙昌寺・・・川上稲荷神社・・・八幡神社・・・油伝(あぶでん)味噌・・・下野新聞社・・・蔵の街美術館・山車会館・・・あだち好古館・蔵の街観光舘・山本有三ふるさと記念館・・・近龍寺・・・神明宮・・・日光神社・・・長清寺・・・栃木城跡公園・・・栃木駅(東武日光線)

 油坂は通れない坂、花にはまだ早いあじさい坂と、坂はこの2本だけだが、桜が満開の晴天の下、山・川・池・城跡・神社・寺、そして巴波川の舟運と日光例幣使街道で栄えた「小江戸とちぎ蔵の街並み」と、ごった煮の坂道散歩を満喫した。

 大中寺の七不思議は霊験あらたかな話より、暗くおぞましい怨念のこもった話が多いのが気に入った。大平山、大平山神社も春休みのこともあり、けっこうな人出だ。あじさい坂の坂上の随神門の前の通りは謙信平へ桜見物に向う車がひっきりなしに通る。
 花の咲いていないちょっと味気ないあじさい坂を下って栃木市街地へ向う。途中の大山寺の枝垂れ桜は見事だ。直線的に北東にけっこう歩き、巴波川に出る。川沿いの綱手道は遊歩道になっていて蔵造りの建物が残りいい景観だ。北へぶらぶら歩き、嘉右衛門橋から例幣使街道へ出る。例幣使街道から少し入った妙昌寺の枝垂れ桜もなかなかのもの。住職から境内の片隅にひっそり咲いているカタクリの花を教えてもらう。川上稲荷まで行って引き返し、途中油伝味噌の茶店で味噌田楽を食べて一休み。甘味を抑えた味噌の味がいい。近龍寺から東へ入り、日光神社から南へ栃木城跡に寄り両毛線沿いに栃木駅へ向った。

  *参考:『栃木観光協会

  【ルート地図

 写真をクリックすると拡大します。

Img_4692 如意輪寺(大平町冨田)

天慶元年(938)藤原秀郷の開基という。下野観音三十三霊場第二十五番札所

Img_4691 縁起

Img_4693 八坂神社(大平町)

Img_4697 富田城跡

大平西小学校付近

Img_4696 説明板

Img_4707 太平山

大中寺へ向う道の池から

Img_4717大中寺参道石段上から

Img_4728大中寺由来書

この寺の縁起は、今昔物語』、上田秋成の『雨月物語』の「青頭巾」の話として知られている。

Img_4729大中寺七不思議案内図                                                         

Img_4733_3大中寺七不思議

①東山一口拍子木

Img_4732_2 説明板

Img_4735 ②馬首の井戸

Img_4734_2説明板

「土地の豪族晃石太郎が戦いに破れて寺へ逃げこんだとき、かくまってくれないのを恨み、馬の首を斬って井戸に投げ入れたが後になって井戸の中からいななきが聞こえたという」

晃石太郎、「馬首の井戸」・「不開の雪隠」については、「大中寺の悲話」に詳しい。寺の西方に晃石山(419m)・晃石神社もある。

Img_4738 ③不開の雪隠

雪隠とは便所のこと。

Img_4737 説明板

Img_4739 ④不断のかまど

かまどは建物内にあるのだろう。

Img_4736 説明板

Img_4719 ⑤油坂

正面石段の上の部分

Img_4721 説明板

Img_4725 油坂上から

石段の上下に竹が渡してあって通行止め。

Img_4740 ⑥枕返しの間

Img_4730 説明板

Img_4731 左側の部屋に本尊があるのだろう。

Img_4727 ⑦根なしの藤

Img_4726 説明板

「大中寺開祖快庵妙慶禅師が鬼坊主の霊を弔うため墓標としてさした杖から成長したといわれる藤の古木」 上田秋成「雨月物語」 青頭巾の話

Img_4742大中寺から太平山へ

木の根道もある。

Img_4743 岩場?もある。

Img_4748 太平山山頂(340m)

富士浅間神社・太平山城跡

Img_4746 説明板

Img_4754平山神社

Img_4762 随神門

仁王と左右大臣が背中合わせに座っている。

Img_4761説明板

Img_4770 あじさい坂(坂上方向)

水戸天狗党太平山本陣跡あたり

Img_4767 説明板

Img_4780 説明板

Img_4774 坂下方向

六角堂から随神門までの表参道1000段の石段に2000株の西洋あじさい。

Img_4784 坂下の六角堂の所から

Img_4783 六角堂

Img_4781 説明板

Img_4788 大山寺の枝垂れ桜

Img_4800 ニ杉神社(永野川のニ杉橋)の所。

Img_4803白旗山勝泉院(湊町3-4)

Img_4805白旗八幡

勝泉院の隣り

Img_4813 巴波(うずま)川の綱手道から塚田歴史伝説舘(倭町2-16)

Img_4811 綱手道説明板

Img_4818 横山郷土舘

右半分が麻問屋、左半分が銀行だった。

Img_4816_2 説明板

Img_4820麻問屋の荷揚場(県庁堀)

Img_4824 説明板

Img_4823 市役所別館

Img_4830 日光例幣使街道(嘉右衛門町通りの所)

京都の朝廷から日光東照宮への使者が通った道。

Img_4833 例幣使街道

畠山陣屋跡・岡田記念館前

Img_4832 岡田記念館

Img_4829 説明板

Img_4835 神明神社

Img_4840 妙昌寺(嘉右衛門町11)

Img_4841 カタクリ

妙昌寺境内

Img_4844 ヤマサ味噌

Img_4847 道標庚申塔

寛政12年(1800)の建立で、市内で最大級のもの。「右 おざく道 日光道 左 三ケ月道」とある。三ケ月道はどこへ向う道なのか?

Img_4846 説明板

Img_4851 川上稲荷(大町5)

Img_4852 八幡神社(大町4)

Img_4854 油伝(あぶでん)味噌(嘉右衛門町5-27) 

天明元年(1871)に初代伝兵衛が油屋を開業、幕末に三代目の油屋伝兵衛が味噌の醸造と質屋を始めた。

Img_4857 油伝の茶店内

ほの暗い店内でいい雰囲気。味噌田楽(いも・豆腐・こんにゃく)3本で500円也。

Img_4860 国の有形登録文化財の洋館

Img_4861 下野新聞社の栃木支局(万町7-5)

Img_4863 説明板

Img_4864 蔵の街美術館

Img_4865 説明板

Img_4867 あだち好古舘(左)・蔵の街観光舘(右)

Img_4869蔵の街観光館

Img_4870 山本有三ふるさと記念館

Img_4872 近龍寺

Img_4873 説明板

Img_4880 日光神社(本町17)

Img_4887長清寺(本町14)

関東八十八ケ所霊場 第十八番

Img_4882_2 長清寺本堂

Img_4894栃木城跡公園(城内町1-6)

Img_4891 説明板

Img_4893 栃木城跡公園の隣りの旧家

|

« 綾瀬市の坂-4 | トップページ | 厚木市(神奈川県)の坂-1 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/40788962

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木市の坂-1:

« 綾瀬市の坂-4 | トップページ | 厚木市(神奈川県)の坂-1 »