« 秩父の坂(秩父巡礼道)-3 | トップページ | 秩父の坂(秩父巡礼道)-5 »

2008年7月 1日 (火)

秩父の坂(秩父巡礼道)-4

2008年7月1日

大野原駅(秩父鉄道)・・・十九番龍石寺・・・旧秩父橋・・・二十番岩之上堂・・・県道72号・・・二十一番観音寺・・・薬師堂・・・明治巡礼古道・・・上寺尾町公会堂・・・二十二番童子堂・・・小鹿坂巡礼道・十三地蔵・小鹿坂峠・・・二十三番音楽寺・・・江戸巡礼古道(長尾根みち)・・・県道72号・・・二十四番法泉寺・・・酒蔵資料館・・・宝林院(秩父十三仏霊場)・・・県道72号・・・久那小学校・・・二十五番久昌寺・・・柳大橋(荒川)・・・一本木地蔵・・・国道140号・・・影森小学校・・・(秩父鉄道)・・・長福寺・・・元巡礼宿・・・二十六番円融寺・・・天神宮・・・昭和電工内・太子堂・琴平神社・・・岩井堂(二十六番の観音堂)・・・琴平ハイキングコース・・・護国観音(百衣観音)・・・二十七番大淵寺・・・(秩父鉄道)・・・黒沢家長屋門・・・(秩父鉄道)・・・不動堂(不動の名水)・・・浦上口駅(秩父鉄道)

 二十番岩之上堂から二十七番大淵寺までの坂道散歩です。十九番龍石寺の脇を通り旧秩父橋に出る。昔の巡礼道は荒川へ下って梁場の渡しから舟で対岸へ渡り、途中に乳水場のある崖の道を上って二十番岩之上堂に向った。今は伝説のある乳水場まで下りる人は少ないようだ。二十一番観音寺の先の県道72号沿いの薬師堂の手前から二十三番音楽寺への巡礼道が上っている。明治時代末期までは二十二番はその途中にあった。今は県道の南の永田城跡にあって明治巡礼古道が通っている。

 二十二番童子堂の愛嬌ある(威厳のない)仁王さんを見て、永田城の土塁跡の残る巡礼道を二十三番へ向う。県道を渡り上ると小鹿巡礼みちに入って小鹿峠への山道になる。しばらく行くと平坦な尾根道になり、左へ曲がって十三地蔵から二十三番の境内へ出る。秩父事件で決起の合図となった銅鐘をついて秩父市街地を見下ろす。駐車場の中から江戸巡礼古道へ入り、下って沢を小橋で渡るとまた上りとなる。その先、馬頭観音、二十二夜塔、弁財天碑など過ぎて桜久保沢を渡ると念仏坂の上りとなるのだが、何を勘違いしたのか沢の手前で車道に出てしまって気づかずそのまま佐久良橋から二十四番法泉寺へ出てしまった。引き返すにはかなり距離があるので今日はあきらめたが、今日唯一の坂名のある坂なので坂道散歩としては情けない。暑くて疲れてきて注意散漫になったのか二十四番から二十五番久昌寺へも途中で巡礼道からそれてしまって車道を歩くはめになった。

 二十五番から二十六番円融寺へは柳大橋で荒川を渡るが、昔はここも柏木瀬の渡し(柳の渡し)で荒川を越え、影森へと入って行った。二十六番の観音堂の岩井堂への巡礼道は昭和電工の工場内に入り、琴平神社脇から約300段の石段を上るが、今日は琴平神社へ上って、その上で巡礼道に合流した。巨岩を背にして立つ岩井堂の舞台からの眺めは木々が前方を塞いでいて、武甲山の削られた山肌が一部見えるだけだった。岩井堂からは琴平ハイキングコースに入って二十七番に向う、けっこう起伏のある尾根道で疲れてきた足にはこたえる。護国観音(百衣観音)からは下りとなって、あじさいの間を下れば二十八番の大淵寺の月影堂だ。山門脇の延命水が冷たくてうまかった。もう5時を過ぎているので巡礼道を二十八番近くまで行って浦山口駅へ下った。駅のそばの不動堂にも不動の名水があった。

  参考:『秩父三十四観音霊場』(秩父札所連合会)

  【ルート地図】(二十三番と二十四番の間、二十六番(岩井堂)と二十七番の間は正確ではない。)

 写真をクリックすると拡大します。

Img_9619 旧秩父橋(荒川) 《地図

昭和6年竣工の鉄筋コンクリートの三連アーチ橋

Img_9617 説明板

Img_9623 初代の秩父橋の橋脚

明治18年竣工の洋式木橋。「簗場の渡し」があったのはこのあたりか。

Img_9621 旧秩父橋から荒川下流方向。

Img_9629

現秩父橋

Img_9634 二十番岩之上堂 【ルート地図】の①

荒川左岸の崖上に立つ札所の中で最古の観音堂。

Img_9633 説明板

Img_9640 乳水場

岩から水が落ちてきて頭を濡らすほどだ。

Img_9639 乳水場伝説由来

Img_9646 江戸巡礼古道(寺尾みち)

左下が荒川

Img_9649 二十一番観音寺 《地図

別名を矢之堂という。平将門が矢を納めた、日本武尊が鏑矢を納めた、八幡大菩薩が放った矢がここに落ちた、もとは矢納村(現在の神泉村)にあった。など諸縁起がある。「火伏せ観音」として信仰を集める。

Img_9651 説明板

Img_9652 宝篋印塔(宝暦14年建立)と地蔵さん

Img_9654 「田舎千両」と評判だった中村十九十郎の墓(二十一番の向い側)

Img_9655説明板

Img_9656 薬師堂 《地図

Img_9657 薬師如来立像

Img_9658 薬師堂の手前の道標

もとの二十二番は二十三番への長尾根道の途中の府坂にあった。

Img_9662 現在の二十二番童子堂への明治巡礼古道

猫の手前を右に曲がり畑の中の道に入る。

Img_9664 畑の中を行く

Img_9669 県道に出ると二十二番入口の地蔵さん

Img_9670 坂を下って上ると左側に二十二番

Img_9671 二十二番童子堂(永福寺)に王門 《地図

Img_9673 阿像

全然威厳のない表情がこっけいだ。

Img_9674 吽像

色がはげて胸の筋肉というより乳房のように見える。

Img_9677 観音堂

Img_9672 説明板

Img_9679 地蔵塚

古墳の小石室の感じだ。

Img_9680 頭が欠けている地蔵が並ぶ。つまりここは地蔵さんのお墓ということか。

Img_9681 二十三番への巡礼道

Img_9686 地蔵の小祠

永田城跡の土塁の上

Img_9687 土塁跡

Img_9690 武之鼻橋と武甲山

Img_9691 案内板

「小鹿坂巡礼みち 徒歩40分」を行く。40分はかからない。

Img_9696 小鹿坂巡礼みち

Img_9699 山道を上る。

Img_9700 平坦地へ出て左へ

Img_9702 気持ちのいい道だ。

Img_9703 明るい所へ出る。

Img_9705 十三地蔵(十三権者の石仏)

秩父市街地の方を向いている。

Img_9718 二十三番音楽寺 【ルート地図】の②

札所を開いた13人の聖者が松の梢を吹く風を菩薩の音楽と聞いたからという。

Img_9720説明板

Img_9716 銅鐘

いろんな観音が浮き彫りされている。秩父事件の時、この鐘を打ち鳴らして秩父へなだれ込んだ。

Img_9711 説明板

Img_9712 銅鐘から秩父市街地

Img_9724 江戸巡礼古道案内図(二十三番から二十四番へ)

右上に念仏坂がある。

Img_9728 駐車場の中から巡礼道へ入る。

Img_9731 二十四番への江戸巡礼古道

Img_9735 下って小橋を渡る。

Img_9740 上りとなる。

Img_9743 馬頭観音

Img_9749 二十二夜塔(左)

天保8年(1837)建立。女の神、お産の神で、22日には女の人が集まって飲食、団欒したという。

Img_9754車道へ出て上る。

Img_9756 弁財天

宝暦13年(1763)の建立

Img_9760 弁財天と道標の間を下って行く。

Img_9762 道標(大正時代の建立)

「正面 櫻渡ヲ経テ秩父町・・・」

櫻渡から上るのが念仏坂だろう。

Img_9770 車道へ出て下る。

この先で江戸巡礼古道に入るはずだったが県道へ下りてしまった。

Img_9782 県道72号、左正面は佐久良橋(荒川)

Img_9793 二十四番法泉寺の急な石段 《地図

116段ある。一番上は観音堂の霊地で段数には入れない。

Img_9784 説明板

Img_9788 観音堂

Img_9800 県道72号から荒川、武甲山

Img_9802 江戸巡礼古道へ入る

Img_9803 馬頭観音

Img_9809 右側は高いコンクリートの壁?

Img_9810_2小トンネルをくぐる。

Img_9812 酒蔵資料館 《地図

Img_9811 説明板

Img_9816 江戸巡礼古道へ入る。

Img_9818 巡礼道だが、この先あたりで道を間違えて宝林院前に出てしまう。

Img_9821 宝林院へ下る新道

Img_9828 宝林院《地図

秩父十三仏霊場の一つで、普賢菩薩を祀る。

Img_9825 説明板

Img_9829 下って県道72号へ

Img_9832 武甲山

Img_9833 二十五番(正面)へ

Img_9836 二十五番久昌寺 【ルート地図】の③

Img_9840 山門

閻魔大王の手形の残る手判石が伝えられて、「御手判寺」ともいう。納経の際に希望すれば御手判の刷り物もらえる。これがあれば無事にあの世に行けるとか。あの世は極楽とは限らず、地獄かも知れないが。

Img_9844 観音堂

Img_9850 脱衣婆か

Img_9845 弁天池から本堂

Img_9846 本堂

Img_9858 二十六番への道標(正面左)

左へ曲がり柳大橋の方へ

Img_9863 柳大橋へ下って行く。

Img_9869 柳大橋 《地図

ここも柏木瀬の渡し(柳の渡し)で渡っていた。

Img_9871 荒川上流方向

Img_9880 柳橋を渡りしばらく行くと長い上りとなる。

Img_9883 一本木地蔵(坂上近く)

宝暦12年(1762)建立。「地蔵大菩薩」?の文字地蔵

Img_9891 長福寺の墓地前

Img_9893 元巡礼宿浅見家

『遊暦雑記』などの道中記によれば、このあたりは巡礼相手の旅籠や飲食店が軒を連ねていたという。

Img_9894 長福寺前

Img_9897 案内図

Img_9899 二十六番円融寺本堂 《地図

本尊の聖観世音を祀る岩井堂の別当寺。今は本尊はこの寺にある。

Img_9900 説明板

Img_9902 「景清牢破りの納額」説明板

Img_9903 天神宮

Img_9905 琴平神社 

昭和電工の工場敷地内にある。

Img_9906 案内図

Img_9907太子堂

左が巡礼道で、この先320段ほどの石段を上る。

Img_9910 琴平神社

Img_9913 説明板

Img_9921 岩井堂(二十六番の観音堂) 【ルート地図】の④

断崖を背負うように建っている。

Img_9925 堂裏の石仏

Img_9931 琴平ハイキングコース

Img_9935 尾根道

Img_9939 蛇のような木の根っこの岩を上る。

Img_9940 護国観音(百衣観音)へ岩を上る。

Img_9941 護国観音(百衣観音)

昭和10年建立で、高崎・大船と共に関東三大観音像の一つ。戦争が近づく頃で、左手に蓮華の代わりに剣を持ち、護国観音と呼ぶ。二十七番の観音像はもとはこのあたりにあった。今はここが奥の院。

Img_9942 護国観音前から

Img_9945 ここからは二十七番へ下りとなる。

Img_9948 あじさいロードだ

このあたりにカタクリの群生地がある。

Img_9958 二十七番大淵寺 【ルート地図】の⑤

昔は山の上に堂があり、月の眺めがよかったことから「月影堂」と名づけられた。

Img_9963 説明板

Img_9961 延命水

この水を飲めば33ヶ月長生きするという。

Img_9960 説明板

Img_9962 山門

Img_9965影森用水跡(山門脇)

上影森村の名主が私財で引いた飲料水などの生活用水路。それまでは、「嫁にゆくなら影森ゃおよし 水もないのに米もない」と歌われるほど水に苦労していたという。

Img_9964 説明板

Img_9967 黒沢家長屋門

Img_9968 二十八番への巡礼道

Img_9969 道標

右は、「右二七番 左大宮四里」

左は、「正面 二十八番鍾乳洞ニ至ル」

Img_9971 案内図

二十八番橋立堂は橋立鍾乳洞の所にある。

Img_9972 巡礼道

二十八番へは車道へ出て左に上る。浦山口駅には右に下る。

 

|

« 秩父の坂(秩父巡礼道)-3 | トップページ | 秩父の坂(秩父巡礼道)-5 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/41739868

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の坂(秩父巡礼道)-4:

« 秩父の坂(秩父巡礼道)-3 | トップページ | 秩父の坂(秩父巡礼道)-5 »