« 四国遍路道(高知県-19・愛媛県-1) | トップページ | 四国遍路道(愛媛県-3) »

2008年12月 6日 (土)

四国遍路道(愛媛県-2)

2008年11月21日

Img_5162 ビジネスホテル春日・・・国道56号(宿毛街道)・・・八百坂峠・八百坂(はっぴゃくざか)(右の写真)・・・菊川橋(菊川)・・・厳島神社・・・室手海岸・・・柏坂・柳水大師・柏坂峠(460m)・清水大師(番外霊場)・宇和島市・つわな奥展望台・思案の石・思案坂・・・茶堂大師・・・番頭橋(芳原川)・・・地主橋(芳原川)・・・(国道56号)・・・鴨田橋(芳原川)・遍路休憩所・・・芳原川・・・巽橋(芳原川)・・・津島大橋(岩松川)・・・よしの屋旅館

 国道56号を八百坂峠に上り、八百坂を下って菊川小学校の前を通り、そこから間違って相川橋を渡ってどんどん進んでしまった。かなりのロスタイムだ。戻って国道に出て早足で進み室手海岸の上あたりで休んでいると、高年2人組遍路と女人野宿遍路が追い抜いて行った。そのすぐ後から偏食青年遍路がやって来た。今日も柏坂峠は越えずに国道56号を行くという。なんだかもったいない気がする。

 柏郵便局で、内海中学校の生徒が作った『柏坂越えのみち』(柏坂へんろ道マップ)のイラスト地図付きの6枚の案内図をもらい、いざ柏坂峠へ出発だ。案内図と道沿いの道標、説明板などで歩くのが楽しくなる。所々におかしな「トッポ話」が掲げてある。下ネタ風の話もあり、さすがに中学生のコメントはない。疲れない飽きさせない遍路道だ。標高460mの柏坂峠のすぐ下に清水大師がある。峠を越えると宇和島市で緩やかに長い下りとなる。すぐ先のつわな奥展望台からの由良半島、由良岬方向の眺めも素晴らしい。途中、思案坂なんて思ってもみなかった坂にも出会えて坂道散歩人としては大満足といったところだ。 

 下り切って地主橋から国道56号に沿って流れる芳原川の川岸を進み、途中、鴨田橋を渡った所の遍路休憩所を兼ねた店で菓子パンを買って遅い昼飯とし、津島大橋を渡って今日の宿、よしのや旅館に早めに入った。泊り客は私と車で札所を回っているらしい夫婦連れの2組。夫婦は外へ食べに行って夕食は私一人。湯豆腐の鍋が嬉しかった。

  【ルート地図

  *参考:『柏坂へんろみちマップ

  写真をクリックすると拡大します。

Img_5160 八百坂(坂下方向) 【ルート地図】の①

八百坂バス停がある。

Img_5173 菊川石灯籠(相川橋の所)

Img_5178 遍路道

国道56号へ上る。

Img_5194 室手海岸から

Img_5202 石灯籠

柏坂への遍路道沿い

Img_5203 坂上り21丁(2289m) よこ28丁(平らな所872m) 下り36丁(3924m)で柏坂越えは全長7085mとなる。(内海中学校の生徒の計算)

Img_5207 柏坂

Img_5210 石畳

Img_5211 所々に童謡詩人野口雨情の歌碑が7本立つ。

昭和12年頃に柏に1週間ほど滞在したそうだ。

Img_5214 柳水大師(番外霊場)

Img_5213 説明板

Img_5215 今も水が流れる。

Img_5216 明るい所へ出る。

Img_5219内海か

Img_5222 癒しの椅子で一休み。

Img_5223 猪から作物を守る石垣で猪垣という。

Img_5228 清水大師(番外霊場) 【ルート地図】の②

右の湧き水は涸れているようだ。このあたりで愛南町から宇和島市に入る。

Img_5227 説明板

Img_5231 ゴメン木戸

このあたりが柏坂峠(460m)

Img_5230 説明板

Img_5234 接待松

切り株だけ残る。

Img_5233 説明板

Img_5239 つわな奥展望台から由良半島方向 【ルート地図】の③

「つわな」は、「つわ菜」で「つわぶき」のことか? 展望台あたりにたくさんあるそうだが、どれか分からず。また、つわな「奥」とはどういう意味なのか?

Img_5241猪のヌタ場

Img_5240 説明板

Img_5243 牛の背

Img_5245 女兵(おんなひょう)さんの思案の石

Img_5244 説明板

Img_5248 思案坂 【ルート地図】の④

Img_5252 トッポ話「狸の尾曲がり」

Img_5254 トッポ話

他人をだますようなホラ話ではなく、滑稽で聞く人を笑わせる内容のホラを吹く話を「トッポ話」というそうだ。

Img_5256 クチヒメ屋敷

Img_5257 屋敷の厠跡の石組みの片鱗すらない。

Img_5259馬の背駄場

Img_5260馬の背

Img_5266 トッポ話

Img_5269 茶堂大師

Img_5268 大師さん

顔がちょっと・・・、耳も大きすぎるよ。

Img_5276 行ってみたが見当たらず。行き過ぎてしまったようだ。

Img_5279 造り酒屋(津島町上畑地)

Img_5287_3 芳原川(国道56号沿い)

巽橋の先で岩松川と合流し、岩松港へ注ぐ。

Img_5291 津島大橋(岩松川)から岩松港、北灘湾方向 【ルート地図】の⑤

Img_5294 よしのや旅館

|

« 四国遍路道(高知県-19・愛媛県-1) | トップページ | 四国遍路道(愛媛県-3) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/43333481

この記事へのトラックバック一覧です: 四国遍路道(愛媛県-2):

« 四国遍路道(高知県-19・愛媛県-1) | トップページ | 四国遍路道(愛媛県-3) »