« 嵐山町(鬼鎮神社・大平山・菅谷館跡) | トップページ | 四国遍路道(阿波国-1) »

2009年4月24日 (金)

笛吹峠・物見山・岩殿観音

2009年4月22日

武蔵嵐山駅(東武東上線)・・・(国道254号)・・・学校橋(都幾川)・・・鎌倉街道上道・・・向徳寺・・・県道172号・・・根岸観音堂(子育観音)・・・源義賢墓・・・大蔵館跡・大蔵神社・・・安養寺・・・大行院・・・縁切橋・・・日吉神社・将軍神社・・・明光院・・・笛吹峠・・・巡礼街道・・・地球観測センター・・・(鳩山高校)・・・県道343号・・・(山村学園短大)・・・物見山(135m)・・・岩殿観音・・・熊野神社・・・鳴かずの池(弁天池)・・・県道212号・・・(関越自動車道)・・・彫刻通り・・・高坂駅(東上線)

 陽射しが強く初夏のような陽気の中を、比企丘陵を嵐山町から鳩山町、東松山市へと歩きました。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0939 学校橋から都幾川

Img_0943 向徳寺

鎌倉時代の創建という時宗の寺で藤沢市の遊行寺の末寺。

山門の右側に古い板碑が十数枚収められている。

Img_0951 説明板

Img_0950 右がこの中で一番古く、建長年間(1250年頃)の「阿弥陀如来」の板碑、左は康永3年(1344)で「阿弥陀三尊」、手前は正応6年(1293)で「阿弥陀三尊」

Img_0954鎌倉街道上道

Img_0960 根岸観音堂

子育観音で、2月20日と10月20日が縁日

Img_0972源義賢の墓

鳥居をくぐった新藤家の敷地内にある。

Img_0970 説明板

Img_0968 古式五輪塔

五輪塔の火・水の部分だけが残存していた。墓というより供養塔か。

Img_0967説明板

Img_0963 源氏三代供養塔

大行院が平成18年に建てたもの。

Img_0962  説明板

Img_0982 大蔵館跡

源氏と平氏一族を供養する新しい馬頭観音が立っている。

Img_0981 大蔵館説明板

Img_0979 大蔵館跡の大蔵神社 【ルート地図】の①

木曽義仲の父、源義賢の居館の中心部。

Img_0978 説明板

Img_0985 安養寺

Img_0988 安養寺山門

天保10年(1839)建立の天台宗の寺。

Img_0986 説明板

Img_0993 大行院

稲荷に山伏(役の行者?)、地蔵さんその他、様々な神仏を祀っている。

Img_0998 二宮金次郎の像も立っている。

Img_1015 縁切橋跡あたり

岩殿山の悪龍退治の準備をしていた坂上田村麻呂のもとへ、妻がはるばる京から訪ねてきた。田村麻呂は妻をこの橋のところで縁を切ると怒って追い返した。退治した龍の頭を埋めた所が弁天池になったという伝説がある。

乃木将軍が師団長として四国の第76番金倉寺を住まいとしていた時に、訪ねてきた妻を追い返したという話と似ている。

Img_1016 説明板

Img_1019 縁切橋跡

今も下を水が流れている。橋は残っていないが坂はある。縁切坂と呼んだらどうか。

Img_1022 日吉神社

境内に将軍神社もある。

Img_1023 日吉神社

Img_1026 将軍神社

征夷大将軍の坂上田村麻呂を祀る。

Img_1031 笛吹峠へ

Img_1034 説明板

Img_1035 笛吹峠の石碑から岩殿観音への巡礼街道に入る。 【ルート地図】の②

正平7年(1352)新田義貞の三男義宗らが宗良親王を奉じて武蔵野の小手指ケ原で戦い、この峠で最終的な決着がついた。義宗らは越後に落ちて行き、足利尊氏はこれ以後関東を完全に制圧していった。この戦いで、月明かりの中、宗良親王が笛を吹いたことからこの名がついたという伝承がある。

峠といって標高80mくらいで、今は見晴らしもきかない。

Img_1043 虫が寄ってくる暑い道を行く。

Img_1048 地球観測センター

2003年10月、宇宙科学研究所(ISAS)、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙開発事業団(NASDA)が統合して誕生した、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)の観測施設の一つ。

Img_1067 物見山 【ルート地図】の③

坂上田村麻呂が奥州征伐の際に、ここから国見をしたことにちなむ名という。色とりどりのつつじが咲き誇っている。

Img_1065 説明板

Img_1078 

Img_1103 岩殿観音 【ルート地図】の④

坂東三十三観音霊場第10番札所

Img_1092 説明板

Img_1104 境内図

Img_1090 薬師堂(手前)・百地蔵堂

Img_1105 四国八十八ケ所仏

Img_1107 鐘楼

銅鐘は元亨2年(1322)の鋳造、鐘楼は元禄15年(1702)の再建。

Img_1093 説明板

Img_1098 門前の町並み

Img_1121 説明板

Img_1116 参道から仁王門

右は旅館だったのだろう。

Img_1120 今は門前町の家並み、風情はない。

Img_1122 弁天沼(鳴かずの池) 【ルート地図】の⑤

弁天島(正面)には弁天堂がある。

Img_1123由来

Img_1126弁財天とお使いの蛇、それとも坂上田村麻呂に退治された龍か?

Img_1131彫刻通り

高坂駅近く

|

« 嵐山町(鬼鎮神社・大平山・菅谷館跡) | トップページ | 四国遍路道(阿波国-1) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/44755544

この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹峠・物見山・岩殿観音:

« 嵐山町(鬼鎮神社・大平山・菅谷館跡) | トップページ | 四国遍路道(阿波国-1) »