« 四国遍路道(香川県-9) | トップページ | 伊豆ケ岳・子の権現 »

2009年4月 9日 (木)

鐘撞堂山・円良田湖

2009年4月6日

Img_0161_2 寄居駅(東武東上線)・・・寄居町役場・・・(国道140号)・・・大日堂・・・菅原公園・・・天正寺・・・大正池・・・鐘撞堂(かねつきどう)山(330m)・・・円良田(つぶらた)湖・・・羅漢山(247m)・五百羅漢の道・・・少林寺・・・(秩父鉄道)・(国道140号)・・・寄居町休養村センター・・・玉淀ダム(荒川)・・・常光寺・・・鉢形城跡・・・搦手橋(深沢川)・・・正喜橋(荒川)・・・寄居駅

 春爛漫、桜満開の北条氏ゆかりの寄居町の坂道散歩です。東上線は川越が舞台のNHKTV「つばさ」のヒロインの大きな写真のラッピングトレインが走っている。寄居駅北口から国道140号を横断し、大日如来の小さなお堂の前からゆるやかに上って天正寺から大正池へ出る。どこも桜、桜で春真っ盛りだ。

 大正池の先で山道に入ると、何だか呆気なく鐘撞堂山の山頂へ着いてしまう。平日でも天気のいい絶好のハイキング日和で何組かが山頂でくつろいでいる。敵の襲来を鐘をついて鉢形城へ知らせたという鐘撞堂は今はないが、代わりに小さな木造りの展望台があり、そこでは5、6人のおばちゃん仲間の賑やかなこと。鐘はなくともおばちゃん達の大きな声が鉢形城へ届くだろう。円良田湖への下りも気分のいい道だ。この湖は桜と釣りの名所の人造湖でへらぶなの釣り人が並んで座って釣りを楽しんでいる。魚が餌に食いつくのをじっと待っているなんて悠長なことはとてもだめだ。尊敬に値する連中だ。

 羅漢山へは少しの上りだ。少林寺へは五百羅漢の道と千体荒神板碑の道が下っている。今日は足元を注意しながら喜怒哀楽の表情豊かで、様々な姿の羅漢さんが並ぶ道(上の写真)を楽しみながら下って行く。四国の66番雲辺寺の五百羅漢は大きく、精緻でリアルで不気味な感じもしたが、こっちの方は小さな石像でこっけいさ溢れる像も多く親しみを感じる。

 少林寺から秩父鉄道を渡り、荒川の上に出て玉淀ダムの施設内に入る。この中にダムの上を対岸へ渡る歩行者用の通路がある。知らないとダムの施設内には入る気にはならないだろう。このダムを撤去して荒川の自然の流れを戻そうという運動があるそうだ。作ったり壊したりするのが人間の性(さが)、懲りない生き物なのだろう。ダムを渡って上郷、折原の集落の中の道を行くと寄居七福神の常光寺で、「折原歴史かるた」の立て札が立つ庚申塔群、材木問屋の前を通って、JR八高線を渡り鉢形城跡へと入って行く。広い城跡を抜け、深沢川、荒川を渡り寄居駅に南口に着いた。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0615 東上線

NHKTV「つばさ」のラッピングトレイン

Img_0072 大日堂

Img_0071 大日如来

Img_0081 天正寺

天正時代に再建された曹洞宗の寺

Img_0089 大正池へ

Img_0095 大正池 【ルート地図】の①

大正時代に造られた人造湖なのだろうか?

Img_0099 鐘撞堂山へ

Img_0103 林間を抜ける。

Img_0116もう山頂だ。

Img_0119 鐘撞堂山(330m) 【ルート地図】の②

山頂展望台

Img_0123 展望台から

Img_0131 円良田湖へ下る

Img_0136

Img_0145円良田湖から鐘撞堂山 【ルート地図】の③

ヘラブナの釣り人が並ぶ。

Img_0150 羅漢山へ上る

Img_0153 山頂間近か

Img_0159 釈迦と文殊菩薩、普賢菩薩、十六羅漢(羅漢山山頂・247m)

Img_0154 説明板

Img_0158 千体荒神の道

板碑が並んで少林寺へと下る道。

Img_0168 五百羅漢の道 【ルート地図】の④

Img_0164 この鐘が徳利ならいいのに。

Img_0165うるさいな、 お盆を持ってそんなに騒ぐなよ。

Img_0172 どじをやらかした。参った、参った。

Img_0173 つまらん修行で眠くもなるよ。

Img_0174そんなに急がないで、休んでいけよ。

Img_0175 俺はもう悟ったよ。

Img_0176 何が可笑しくてそんなに笑っているんだ。

Img_0177 世の中いいことないよ。

Img_0178 ああ無情(無常?)

Img_0180 もういやだ、こんな生活

Img_0191 少林寺

Img_0183 説明板

Img_0200玉淀ダム

上は国道140号

Img_0203 周辺図

今日歩いたコースが載っている。

Img_0204 ダムの施設の中を通る。

Img_0205 歩行者専用通路(左側)

Img_0206 歩行者通路

Img_0212 皆野寄居バイパス(国道140号)の橋

奥は折原橋

Img_0213 玉淀ダム湖

Img_0225 常光寺

寄居七福神の大黒天

Img_0222 説明板

Img_0223 大黒天

武州寄居七福神は5ケ寺で七福神を祀っている。

Img_0227 庚申塔

Img_0228 折原歴史かるた

Img_0231 材木問屋だった旧家か

Img_0232 折原歴史かるた

Img_0238鉢形城 【ルート地図】の⑤

文明8年(1476)に長尾景春が築城。荒川と深沢川に挟まれた24万㎡の広大な城跡。天正18年(1590)北条氏邦の時、豊臣秀吉勢に攻められ落城。(写真は土塁の上から)

Img_0241 説明板

Img_0243鉢形城歴史館

月曜は休館日、4月12日は「寄居北条まつり

Img_0242 城跡配置図

Img_0244 外曲輪あたり

Img_0252 搦手橋から深沢川

鉢形城の内堀の渓谷で、渕は釜と呼ばれ「四十八釜」と総称された。ここは何釜か?

Img_0247 「四十八釜」説明板

Img_0254 正喜橋から荒川

Img_0259 山崎旅館

左のレトロな建物は理容点だが、今は営業していないようだ。それとも今日は月曜で休みか?

|

« 四国遍路道(香川県-9) | トップページ | 伊豆ケ岳・子の権現 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/44614132

この記事へのトラックバック一覧です: 鐘撞堂山・円良田湖:

« 四国遍路道(香川県-9) | トップページ | 伊豆ケ岳・子の権現 »