« 四国遍路道(阿波国-5) | トップページ | 四国遍路道(阿波国-7) »

2009年6月 3日 (水)

四国遍路道(阿波国-6)

2009年5月13日

民宿金子や・・・水呑大師・・・20番鶴林寺(500m)・・・八幡神社・・・地蔵堂・・・(県道283号)・・・県道19号・・・神光本宮・・・水井橋(那賀川)・・・若杉山遺跡・・・21番太龍寺(520m)・・・舎心ケ嶽(530m・番外霊場)・・・太龍寺山(ふだらく山・618m)・・・ふだらく峠・・・持福院・・・国道195号・・・(八鉾八幡神社)・・・道の駅わじき・・・大根峠(200m)・・・22番平等寺男坂・女坂・・・民宿山茶花

 今日は焼山寺と並び、阿波の3難所といわれた鶴林寺、太龍寺から22番平等寺までだ。距離はたいしたことはないが高低差はある。昼のおにぎりを頼むのを忘れ、近くのコンビニまでパンを買いに行ってから出発する。鶴林寺へは緩やかに上って行くが、水呑大師を過ぎたあたりから傾斜が増す。MT氏、OT夫妻に追いつき、石畳の暗い参道から山門をくぐる。

 境内で一休みした後、一緒に太龍寺へ向う。階段状の下りは急で、けっこう長い。MT氏が遅れ始めた。下りの方が足が痛むという。県道19号まで下り、那賀川を水井橋で渡り、若杉山遺跡を過ぎたあたりから太龍寺への上りが始まる。ここも林道は緩やかだが、後はきつい上りとなって山門へ通じる舗装道路へ出る。今は22番平等寺へはここまで戻って下るコースが一般的なようだ。

 中門を抜け大師堂から本堂へ逆回りをし、石段を下ってロープウエイ駅で小休止してから大師の修行場の舎心ケ嶽へ向う。岩上の大師の背中を拝んで(眺めてか)から、ふだらく峠越えの遍路道に入る。途端に、「遭難者が後を絶ちません。引き返してください。」の立て札だ。ふざけるな、ここは遍路道で道標もついている。かまわず上って行くと、持福院とふだらく山(太龍寺山)への分岐に出た。ついでだからと山頂まで上ってみる。ここから持福院への遍路道まで下れるはずだが道跡が見えず分岐まで引き返す。途中、落葉の積もる中を道を見失い、あらぬ方向へ入ってしまう。危うく今日も遭難者の一丁上がりというところか。

 分岐まで戻り、落葉の積もった、少し荒れた山道を下って行く。いらぬ立て札のせいでここを通る遍路も減り、こんな険路道になってしまうのだろう。道端にはちゃんと昔からの丁石も立っているというのに。何度も滑ったり、バランスを崩したりしてどうにか持福院へ着いて、お堂の下で休憩とする。しばらくすると上からがさがさと音がして、求職青年遍路(Q君と呼ぶ)が下りて来た。彼も立て札は気になったが戻るのも癪なので、この道を来たという。しばし話してみると、Q君はイケメンで、やさしい感じのする好青年だ。この若さで一人で歩き遍路をしているのだから芯も強いのだろう。なぜ就職できないのか、きっと遍路中に何かを見つけ、気づいて自分に合った仕事に就職できることだろう。

 国道195号に出て、だらだらと上って行く。ちょうど暑い盛りで陽射しも強く、車道歩きはつらい。道の駅わじきでまた小休止をして大根峠越えに向う。たいした峠ではないが、疲れてきた体と足にはこたえてくる。前方にOT夫妻の姿が見えてきた。奥さんの方が元気だ。旦那はバランスが悪く、足取りも重いが奥さんは軽快だ。フルマラソンで奥さんの方が早く走るという、その差が歩く後ろ姿に出ている。「またお会いしましたね。」と声を掛け、先に大根峠を越えて平等寺へ向った。

 今夜の宿の山茶花はすぐ隣りだ。平屋建てで、今夜の泊まりはOT夫妻、Q君、中高年歩き遍路が一人づつ、そして私の5組、6人、これで満員という。ラッキーだった。昨夜、私より少し後で電話したMT氏はここに泊まれずに新野駅そばの旅館を紹介してもらい、ここから車で送迎してもらうことになった。この宿は今回の遍路道歩きで、私としては一番気に入った。おかみさんが切り盛りし、応対もてきぱき、はっきり、料理もうまく、夕食後もおかみさんを交え長い時間、歓談?した。酒も入り、飲めないQ君も席を立たず、みんなでわいわいがやがやと、ちょっと長すぎて悪いな、もうそろそろお開きにしないと、誰もが?思い始めた頃、Q君が気をきかせて、「ビール、もう一本」。それを言っちゃあおしまいよ。案の定、おかみさんの鶴の一声、「ここは宴会場じゃあないんだから」、真にごもっとも、一同、さあーとお開きで、各自の部屋にお引取りの運びとなった。

 少し飲み過ぎたのと昼間の疲れから明け方までぐっすりだった。次回もこの宿に泊まるコース設定にしようなんて随分先のことまで考えてしまうほど気分のいい宿だった。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2380 20番鶴林寺への遍路道に入る。

Img_2383いい感じの遍路道を上って行く。

Img_2384少し上ったところから。

Img_2388 かに

アカテガニではないようだ。

Img_2391 水呑大師

大師の加持による湧き水だろうが、詳しいいわれは分からず。

Img_2389 湧き水は今も飲めるようだ。

Img_2395 鶴林寺前の石畳

Img_2397 20番 霊鷲山鶴林寺山門 【ルート地図】の①

山号は釈迦説法の霊場のインドの霊鷲山に見立てたもの。後ろは六角堂

Img_2398 山門

Img_2399 本堂

Img_2400 鶴林寺は、「おつる」とか「つるさん」と呼ばれ親しまれている。

Img_2402 三重塔

Img_2403 本尊降臨の杉

雌雄2羽の白鶴に守護されて、黄金の地蔵菩薩がここに降臨したという。その黄金像を胎内に納める大師の作という本尊の地蔵菩薩像は国宝に指定されている。

Img_2408神戸のOT夫妻が下って行く。

前が奥さんで2人ともフルマラソンを走る市民ランナーだ。奥さんの方が早いそうで、歩きを見ていてもそれが分かる。

Img_2415八幡神社

Img_2416 地蔵堂

Img_2420 神光本宮

どういう神社なのか?

Img_2424 水井(すいい)橋(那賀川)

Img_2425 那賀川

ゆったりと流れている。昔は渡し舟で渡ったらしい。

Img_2430 若杉山遺跡

弥生時代の終わりから古墳時代にかけ、顔料「水銀朱」の原石の辰砂を採掘し、石杵や石臼などの石器を用いてこれを朱に加工していた。

Img_2432小さな流れ沿って太龍寺へ上る。

Img_2434 石段が続く

Img_2439 21番 舎心山太龍寺山門

「西の高野」と呼ばれ、大師が虚空蔵求聞持法を修した地。寺名は修行中の大師を守護した、大龍(竜神)からという。

Img_2446 説明板

Img_2445 中門(鐘楼門)

Img_2447 大師堂

Img_2449 説明板

Img_2455 本堂

Img_2454 説明板

Img_2456ロープウエイ駅

Img_2458 舎心ケ嶽へ

Img_2460 ロープウエイの架線下をくぐる。

Img_2461舎心ケ嶽参道

ここからは大師が迎えにくるという。

Img_2464 舎心ケ嶽の大師像 【ルート地図】の②

本来は、「捨身ケ嶽」で大師が虚空蔵求聞持法を捨て身で修練したところ。

岩上の大師は虚空蔵菩薩の化身の東方の明けの明星を拝している姿。

Img_2462由来碑

Img_2467 大師

鎖を伝わって大師さんの所まで行けそうだが、無信心な私など近づいても喜ばれそうもないのでやめとく。

Img_2466 ふだらく(補陀洛)山、ふだらく峠越えの遍路道。

Img_2469 ここは遍路道だよ、変な看板を立てるな。

Img_2468 太龍寺方向

Img_2472 正面方向に上って行けばよい。

Img_2477分岐点の道標

ついでだから山頂まで上ってみる。

Img_2475 ふだらく山からロープウエイ、太龍寺方向

Img_2476 山頂(618m) 【ルート地図】の③

ここから持福寺への遍路道に下りる道がありそうだが見当たらず、分岐の道標まで戻る。途中、落葉で道を見失い少し方向違いへ下ってしまった。危ない、危ない。

Img_2479 持福寺への遍路道に入る。

落葉で滑りやすい所や荒れていて歩きづらい所もある。

Img_2481 丁石が立っている昔からの遍路道なのだ。

Img_2486 気分のいい所もある。

Img_2488 持福院護摩堂 【ルート地図】の④

屋根の下で休んでいたら、求職青年遍路が下りてきた。

Img_2493 持福院から国道195へ

Img_2501 国道沿いの休憩所

Img_2502 国道沿いの「道の駅わじき」

Img_2508 大根峠(200m)へ

Img_2512 林間を上る。

Img_2517 峠は近い

Img_2518 峠あたりの石仏

Img_2519 大根峠から下りとなる。

Img_2523 下って車道へ出る。

Img_2524 ここにもうまそうな黒毛和牛

Img_2529 22番 白水山平等寺 【ルート地図】の⑤

大師が祈祷に使う水を求め井戸を掘り、一切の衆生を平等に救済するため、こう名づけたという。

Img_2530 男坂

上に本堂

Img_2533 女坂

Img_2534 大師堂

Img_2531 本堂には、イザリ車やギブスなどが納められているという。これらもその類か。

Img_2535 白水の井戸(本堂の石段下)

大師が掘った井戸でどんな日照りでも枯れることはないという。

下の扉を開いて湧き水を汲む。大師が掘った時は乳白色の水だったというが、今は普通の水だろう。万病に効き、開運の霊泉だそうだ。

|

« 四国遍路道(阿波国-5) | トップページ | 四国遍路道(阿波国-7) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/45224441

この記事へのトラックバック一覧です: 四国遍路道(阿波国-6):

« 四国遍路道(阿波国-5) | トップページ | 四国遍路道(阿波国-7) »