« 四国遍路道(阿波国-10) | トップページ | 出雲街道②(觜崎宿→千本宿→三日月宿) »

2009年6月23日 (火)

出雲街道①(姫路→飾西宿→觜崎宿) 

2009年6月14日

Img_3192_2 姫路駅・・・十二所通り・・・十二所神社・お菊神社・・・光明寺・・・国道2号・姫路城埋門跡・白鷺橋(船場川)・・・西国街道(山陽道)・・・善国稲荷神社・・・琴平神社・・・(姫新線)・・・船越神社・金比羅神社・秩父山公園・・・(姫新線)・・・来法寺・・・下手野の道標・・・国道2号・・・夢前(ゆめさき)橋(夢前川)・・・県道724号(因幡街道)・・・青山の道標・山陽道分岐地点・・教専寺・・・(姫新線)・・・(余部駅)・・・飾西交差点・・旧道・・・飾西(しきさい)宿・・・飾西公園・・・県道5号・・・長池・・・県道724号・・・(山陽自動車道)・・・姫路西IC東交差点・・・車石歯痛地蔵・・・国道29号・・旧道・・・稲荷大明神・・・(国道29号)・吹上橋(大津茂川)・(伊勢茶屋)・・・姫路西霊園・・・追分峠旧道・・・稲荷神社・・・追分の道標・・・県道724号・野部の縁切り地蔵・・・旧道・・・鳥井橋(林田川)・・・荒神社・・・(神岡小学校)・・・素麺神社・・・県道724号・・・そうめんの里・・・(水谷商店)・・・旧道・・・(姫新線)・・・觜崎(はしさき)宿(上の写真)・・・東觜崎駅(姫新線)→姫路駅

 大和と出雲を結ぶ出雲街道を西国街道(山陽道)との分岐の姫路から何回かに分けて歩く。播磨国(兵庫県)~美作国(岡山県)~伯耆国(鳥取県)~出雲国(島根県)へと北西に進む古代からの幹線道路で、古くは鉄、租庸調の品々を運んだ道、後鳥羽上皇、後醍醐天皇の隠岐への配流の道、江戸時代には参勤交代の道でもあった。街道沿いの宿場跡に立ち寄りながら、なるべく旧道、あるいはそれらしき道筋を歩きたいところだが、どうなることやら、梅雨の合間の蒸し暑い中を旅立つことにする。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_2979 十二所神社

疫病の流行に里人が苦しんでいたところ、一夜にして12本の蓬(よもぎ)が生え、そこに少彦名神(医薬、病気平癒の神)が現れて、この蓬で疫病を治癒すべしとの神託を下した。すると疫病は止み、里人の病は癒えた。感謝した里人が少彦名神を祀ったという。

Img_2980 お菊神社(十二所神社内) 【ルート地図】の①

「播州皿屋敷」で有名なお菊さんを祀る。東京では「番町皿屋敷」で、落語「皿屋敷」がある。

Img_2981 由緒

Img_3586 お菊井戸(姫路城内)

姫路城トレビアン』の、12.「伝説の播州皿屋敷」・13.「お菊井戸」

Img_3585 説明板

Img_2984 姫路城埋門跡(国道2号(山陽道)と船場川の交差点)

城の南西の隅櫓の門。

Img_2985 説明板

白鷺橋を渡って国道2号の一本北側の道に入る。

Img_2990 善国稲荷神社

Img_2991 琴平神社

Img_2996 西国街道の新しい道標

Img_2995 街道沿いには昔の面影は薄いが、所々に旧家が残る。

Img_2999 地蔵堂

Img_2998 地蔵さん

Img_3000 船越神社

秩父山公園(60m)の中にある。埼玉の秩父と関連があるのか? 手前は姫新線の踏切。

Img_3007国道2号からはたいして離れていないが閑静な家並みの道だ。

Img_3012 道標(下手野3-6)

ここから夢前川に出て、因幡河原(姫新線の鉄橋下あたり)から川を川越人足の歩行渡しで渡っていた。文化8年(1811)には仮橋が架けられた。

Img_3010 円光大師二十五霊場は、法然上人(円光大師)の誕生から入滅までの遺跡地である25霊場のこと。

Img_3011 誕生寺(岡山県久米郡久米南町)は法然上人の生誕地で、津山線の誕生寺駅の北西1km足らず。ここからは100km以上? 《地図

Img_3013 旧家

Img_3016 夢前橋(夢前川)を渡り右へ因幡街道(県道724号)に入り北に向う。

Img_3023 青山の道標(安政2年(1855)) 《地図

山陽道(左折)との追分で、出雲街道はここを北上し、飾西宿に入る。

Img_3022 「右 因州 伯州 作州 雲州 往来」

出雲街道は佐用宿までは因幡街道と同じ道筋で、「因伯雲作往来」といった。

Img_3021 「左 備前 九州 金毘羅 宮嶋往来」 「すぐ姫路 大坂 京 江戸 往還」で山陽道のこと。

Img_3026_2射目崎(いめさき)明神

この先の飾西交差点から右へ飾西宿へ向う。

Img_3028 旧家

Img_3043 道標 《地図

佐伯商店前の三叉路の所

Img_3042 「右 書写山」

西国三十三観音霊場の第27番書写山円教寺のこと。ここから北東に5、6kmか。《地図

Img_3039読めない、情けない。

コメントを頂き(下記)、「是より志よしゃ(書写)道」と分かりました。

Img_3033 書写山への道を少し行くとここにも道標が立つ。

Img_3045 飾西宿 【ルート地図】の②

姫路から一里十八丁(6km程)

右は清酒「寿老」蔵元の鍬田家。酒造蔵の赤レンガ煙突があるはずだが見当たらず。老朽化して取り壊したのだろうか?

Img_3046

Img_3050 笠寺

Img_3047 説明板

Img_3049 薬師如来像

伽羅の木で造られているという。

Img_3051_2 本陣(中山助太夫家)

飾西宿の成立は寛永年間(1624~44)で、姫路藩領→龍野藩領→幕府領→相模小田原藩領→幕府領→大坂城代戸田忠寛(下野宇都宮藩)領→幕府領→幕末となる。
宝暦10年(1760)の家数は83軒・人数417人、明治24年には家数102軒・人数514人。

Img_3052 本陣の門

このまま崩れてしまうのか。

Img_3060 長池

姫新線が向こうを走る。

Img_3063 地蔵堂

Img_3069 県道724号

正面の山陽自動車道をくぐる。

Img_3072 車石歯痛地蔵 【ルート地図】の③

姫路西IC東交差点のところ。由来不明

Img_3074 国道179号を少し進み、右に旧道に入る。

Img_3076 静かな道となる。

Img_3077 ?神の祠

Img_3079 家並みに入って行く。

Img_3081 稲荷大明神 《地図

Img_3082 石段の右脇の、「峯相山寺趾登山口指導標」の石柱。ここから北方向2.5kmくらいに峰相山(244m)、峰相寺がある。

Img_3085 火の見に半鐘と拡声器

Img_3088_2 とんがり山(256m)か

峰相山→とんがり山のルートがあるようだ。

Img_3092 吹上橋の手前で西に向う。

このあたりを伊勢茶屋という。旅人相手の茶屋があったのか。

Img_3095 古い家並みに入る。

立て場(人足、駕籠かきなどの休憩所)があったのもこのあたりか。

Img_3098追分峠へ登って行く。やっと坂道散歩らしくなってきた。

姫路西霊園(右)に沿って上る。舗装された道が続くと思いきや、いきなりフェンスが立ち塞がる。

Img_3099 行き止まりかと思った。鍵は掛かっておらず、「立入り禁止」にもなっていない。かまわず直進だ。この先に道が続いていることを願うのみ。

Img_3100 街道の両側には石積みが残っているというが、左の柵の中は石積みだったか?

Img_3101 反対側にもフェンスが

追分自治会の注意板が付いている。

Img_3102歩きづらい道を行く。

Img_3103 前方が明るくなってきて一安心

Img_3105 下に集落が見えてきた。

Img_3106旧道らしき家並みに入る。

Img_3107 稲荷社 《地図

近くに茶屋前池がある。

Img_3110 正面に追分の道標が立つ。ここまでの道筋は正解だったようだが。

Img_3113 追分の道標

「左 作州 雲州 道 東觜崎 千本 三ケ月」が出雲街道で、觜崎・千本・三ケ月(三日月)は宿場名。

Img_3112_2 「右 因州 伯州道」 

北に因幡、伯耆へ向う道でこれも因幡街道。出雲街道と一緒に進み、佐用宿から北に平福宿、大原宿へ向う因幡街道が一般的か。

Img_3116 縁切り地蔵 《地図

由来の初めは男女の縁で、賭け事、酒など諸事の悪縁を切ってくれるという。

Img_3115 由来

Img_3117 縁切り地蔵さんは扉の中

Img_3118 県道724号から右に旧道に入る。

Img_3130 荒神社

鳥井橋(林田川)を渡って右に川沿いに曲がったところ。荒神社の脇に道標が立つ。

Img_3125 道標

「右 姫路 書写 神戸 大阪 すぐ 林田 安志 道」

Img_3126 「右 林田 安志 左 因? 雲? 道」で左が出雲街道のルート

Img_3135素麺神社 【ルート地図】の④

Img_3136 播州手延素麺「揖保乃糸」の守護神。そうめん業者の信仰が厚く、例祭では夏の猛暑と商売繁盛を祈るという。

素麺は食べるから猛暑を祈るのは止めてほしいよ。

Img_3134 そうめんの里

日曜で館内は混んでいた。暑い中を昼飯も食べずにここまで歩いてきてかなりバテた。冷やしそうめんで遅い昼食とする。

Img_3138 水谷商店(正面)から左に旧道へ入り觜崎宿へ

Img_3141 觜崎(はしさき)宿 【ルート地図】の⑤

飾西宿から二里十八丁(9.8km程) 揖保川をはさんで東岸を觜崎宿村(現龍野市)とい、飾西村からの荷物を継ぎ立て、西岸の觜崎村(現新宮町)は千本駅からの継ぎ立てを行った。

揖保川に沿って左岸に連なる山並みが鶴の嘴(くちばし)のように見えることから、この山を鶴嘴山といい、その嘴にある村を觜崎(はっさき)というようになったそうです。「嘴崎」でなく「觜崎」と口遍を削ったのは何故なのか?

Img_3144 本陣(松原五郎右衛門家)

Img_3145 脇本陣

本陣より立派に見える。

Img_3190 東觜崎駅(姫新線)

|

« 四国遍路道(阿波国-10) | トップページ | 出雲街道②(觜崎宿→千本宿→三日月宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

東觜崎旧屋敷は旧 I 邸でしょうか。祖母の実家かも

投稿: ひろ | 2014年7月25日 (金) 12:29

 そう読めますね。ありがとうございます。

投稿: 坂道散歩 | 2013年5月21日 (火) 18:07

道標の字は写真が不鮮明ですが、多分「是より志よしゃ(書写)道」でしょう。

投稿: | 2013年5月19日 (日) 11:42

初めまして
ずいぶん以前の書き込みの所に コメントを載せて すみません。
たまたま生まれ故郷の歴史などと思い 検索していたら 我が実家が載っていたので 驚くやら 恥ずかしいやら 嬉しいやら・・・
飾西 旧家で載せてもらっていますが 旧家ではありません。ただ古い家です。
昭和5年に建てたと聞いています。
今も兄家族が住んでます。

投稿: シキサイ | 2013年3月 3日 (日) 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/45428691

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲街道①(姫路→飾西宿→觜崎宿) :

» フーガ(日産) [フーガ(日産)]
フーガ(日産)についてコンテンツを作成しております。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 12:02

» 三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ写真の週刊プロレス大増刷 [三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ写真の週刊プロレス大増刷]
三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ写真の週刊プロレス大増刷!アントニオ猪木、小川直也もコメント [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 20:27

« 四国遍路道(阿波国-10) | トップページ | 出雲街道②(觜崎宿→千本宿→三日月宿) »