« 新宿区・港区・渋谷区の坂 | トップページ | 板橋区の坂-12 »

2009年7月14日 (火)

中野区の坂ー2

2009年7月10日

江古田駅(西武池袋線)・・・(仙川通り)・・・(新江古田駅)・・・江古田通り・・・江古田川・・・江古田の森公園・北江古田公園・・・氷川神社・・・東福寺・・・下の原橋(江古田川)・熊の坂・・・東橋(江古田川)・・・水の塔公園(野方配水塔)・・・蓮華寺・・・下田橋(妙正寺川)・・・北野神社・・・哲学堂公園・経験坂・・・葛谷御霊神社・・・三井文庫・・・新井薬師(梅照院)・・・新井薬師駅(西武新宿線)

 中野区には何故か坂名のついている坂は少ない。あちこち調べて熊の坂を見つけ出したが、今も坂として残っているのか半信半疑で訪ねてみた。経験坂は哲学堂公園の案内図で見つけた公園内の坂。どちらも魅力的とは言えない坂だが、2つの坂が追加できて、まずは大収穫というところか。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_5208 氷川神社(江古田3-13) 【ルート地図】の①

10月第一日曜の例祭には江古田獅子舞が奉納される。

Img_5210 神楽殿

昭和7年までは本堂だった。

Img_5211 氷川神社の境内末社

もとは熊野八幡神社(右)は熊の坂にあった。北野天満社は、北側の天神山(今の江古田の森公園あたり)にあった。両社ともこんな小さな石祠になり、神社の片隅にひっそり祀られている。

Img_5217 東福寺

徳川将軍家の御膳所だった。

Img_5218 説明板

Img_5228 熊の坂 下の原橋(江古田川)あたりから江原町1丁目と2丁目の間を北東に上る。 【ルート地図】の②
今は氷川神社内にある熊野八幡神社がこのあたりにあった。

Img_5230 坂上方向

Img_5236 坂上の「サニ-第二熊の坂

隣りに「第三熊の坂」がある。

Img_5243 野方配水塔(水の塔公園内) 【ルート地図】の③

現在は災害用給水槽となっている。

Img_5245 説明板

Img_5247 空襲の弾痕はどれか。

Img_5252 北野神社

昔は神事の「おびしゃ」が行われていた。

Img_5253 説明板

Img_5294 哲学堂公園の由来 【ルート地図】の④

このあたりは和田山と呼ばれ、和田義盛の館跡という。

Img_5292 経験坂(坂下から)

Img_5257経験坂の位置

Img_5284 説明板

Img_5286 坂上方向

Img_5285 坂標

Img_5260 哲理門(妖怪門)

右側に天狗、左側に幽霊の彫刻像を置く。この地に天狗松と幽霊梅があったことにちなむ。天狗は物的で、幽霊は心的なもので物質界・精神界とも根底に不可思議が存在している、という圓了の妖怪観にもとづき、不可解の象徴とみなした。

Img_5268 四聖堂

釈迦・孔子・カント・ソクラテスの「四聖」を東西の哲学者の代表として祀るために建てられた。

Img_5266_2六賢臺

聖徳太子・菅原道真(日本)・荘子・朱子(中国)・龍樹・迦毘羅仙(印度)の六人を東洋的「六賢」として祀る。

Img_5267 宇宙館

哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづく講堂。

Img_5296 葛谷御霊(くずのやごりょう)神社(新宿区西落合2-17)

備射祭と葛ケ谷囃子は今でも行われているのだろうか。「備射祭」は北野神社の「おびしゃ」と同じ神事だろう。境内に「イボ取り」の疣天神社がある。

Img_5298 上高田図書館へ上る坂

坂名はないようだ。

Img_5299 坂上から

Img_5302 三井文庫

もとは三井坂(『品川区の坂②』)にあった。

Img_5303_2 新井薬師 【ルート地図】の⑤

本尊は、薬師如来と如意輪観音の
ニ仏一体の黄金仏という。背中会わせに彫られているのだろうか?

Img_5304 本堂

Img_5308 願い地蔵尊

巣鴨のとげぬき地蔵の「洗い観音」のような、行列はできていない。

|

« 新宿区・港区・渋谷区の坂 | トップページ | 板橋区の坂-12 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/45629521

この記事へのトラックバック一覧です: 中野区の坂ー2:

« 新宿区・港区・渋谷区の坂 | トップページ | 板橋区の坂-12 »