« 出雲街道④(佐用宿→土居宿) | トップページ | 出雲街道⑥(津山宿) »

2009年7月 4日 (土)

出雲街道⑤(土居宿→勝間田宿)

2009年6月18日

Img_4203 美作土居駅・・・門尻橋(山家川)・・・一里塚跡・・・国道179号・・・土居浄化センター・・・山城橋(山家川)・・・(姫新線)・・・(県道86号)・・・恵美坂・恵美坂陸橋・・・(中国自動車道)・・・県道365号(中国自然歩道)・・・後醍醐天皇御口漱の泉・・・杉坂・杉坂峠・杉坂関所跡・・・県道365号・・・恵美坂・・・県道86号・・・仁の坂・・・山城大橋(山家川)・・・国道179号・・・旧道・・・供養塔・地蔵(大師?)堂・・・城近坂・・・国道179号・・・旧道・警固屋坂・・・北向地蔵堂・・・江見金宝稲荷大社・・・大還橋(吉野川)・・・(姫新線)・・・国道179号・・・旧道・・・(老人ホーム作東寮)・・・(中国自動車道)・・・峠の地蔵堂・・・大曲りの大師堂・・・楢原宿人舛跡・・・火之神社・・・笠懸の森・笠懸橋・・・豊国神社・・・おかやまファーマーズマーケット・・・新姿見橋(中国自動車道)・・・みちしるべ地蔵・・・岡神社・・・勝間田宿・・・勝間田駅(姫新線)→津山駅

 土居宿から万ノ乢越え以前の出雲街道の道筋だった杉坂峠へ向う。中国自然歩道のルートになっている県道365に出て、緩やかな上りを播磨の方へ2~3kmほど引き返すと杉坂峠で少し旧道を上ると杉坂史蹟として整備・保存されている。同じ道を戻り県道86号の仁の坂を下って国道179号沿いに行くと交差点に杉坂峠への元禄の道標があるはずだが見当たらず山側の旧道に入る。この道は田園の中の少し起伏のあるのどかな道で、城近坂を下り国道179号に出て、すぐに警固屋坂(上の写真は坂下方向)の急坂となって上り、江見(宿)へと下って行く。ここも江見庄、江戸時代は幕府の直轄領として栄えたところで家並みに往時の面影を残している。

 旧出雲街道は大還橋で吉野川を渡り、姫新線、国道179号を越えて今在家の集落を斜めに北西方向に中国自動車道の方へ上って行く。この道は分かりづらいが事前に何度もシュミレーションしたお蔭で、まあすんなりとクリアーできた。ただ暑さでバテ気味で、一貫清水などいくつかの見所を見逃した。一ノ乢近くで中国自動車道をくぐり北側に出ると、大蛇?がとぐろを巻いて死んでいた。(死んでいるように見えた。) 道の北側に峠の地蔵堂、その先の大曲りの小高い所に大師堂がある。自動車道を挟んで楢原パーキングエリアがあるあたりだ。

 なおも中国自動車道に沿って行くと舗装道路となり、道祖神などが立つ辻を過ぎて、楢原(宿)へ入る。ここの家並みも街道筋らしい昔の姿を留めている。楢原の町並みを出て、中国自動車沿いを行くと火之神社で、その先が後醍醐天皇ゆかりの笠懸の森だ。笠懸橋を渡り、豊国神社へ寄る。この先、旧道は自動車道を挟んで途切れ途切れに残っているようだがはっきりしない。新道は予想外に長いきついアップダウンが続く。ここまでお茶とお菓子で歩き続けてきてかなり疲れてきた。やっとおかやまファーマーズマーケットにたどり着く。売店で地ビールとソーセージを買い、遅い昼食代わりで休憩だ。エネルギーを補給し、やっと人心地がついていざ出発だ。新姿見橋を渡って下り、道しるべ地蔵、岡神社から勝間田宿を抜けて勝間田駅に向った。ちょうど16時21分発の津山行きに間に合った。勝間田宿は次回ゆっくり歩くことにする。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_4056 門尻橋下の河原

勤皇志士の元の埋葬地。埋葬というより投げ捨てられたのだろう。後に四つ塚に改葬された。

Img_4057土居の一里塚跡(正面の木の所)

Img_4058 説明板

Img_4059 南塚跡の石柱

Img_4060 供養塔

国道179号の道脇

Img_4065 山城橋(前方右)を渡って杉坂峠へ向う。

Img_4079恵美坂を下る。 【ルート地図】の①

Img_4091 杉坂峠へ

県道365号だが車はあまり通っていない。この道は中国自然歩道のルートになっている。

Img_4092 道標

「是より播州? 右山みち」 後ろに「宝暦十一年」(1761)とある。

Img_4097 後醍醐天皇御口漱の泉

隠岐へ配流の途中、ここで泉の水を飲んだという伝承の地。標柱の文字は消えかかっている。

Img_4100 右が中国自動車道の杉坂トンネル

Img_4103 杉坂

峠が近くなり少し傾斜を増す。

Img_4107 杉坂峠(国道365号)

兵庫県佐用町へと下る

Img_4123 標柱から少し上る。

Img_4125 「佐用郡八景一等」の石柱

今は峠からの眺望はない。

Img_4114 杉坂峠・杉坂関所跡 【ルート地図】の②

元弘3年(1333)隠岐に流される後醍醐天皇を奪還しようと児島高徳がここで挙兵したが、すでに天皇一行は院庄(津山)付近まで行っていて失敗。これ以前の船坂山でも護送のルート読み違いで失敗。こんなヘマばかりをやらかした男だが、戦前は忠臣、国民的英雄として、尋常小学唱歌にも♪「児島高徳」♪として歌われた。

Img_4113 説明板

Img_4144 仁の坂(坂下方向) 《地図

山城大橋、国道179号へ下る県道86号

Img_4161 「杉坂史蹟→」の標識がかかるこの交差点に、元禄2年の道標があるはずだが見当たらず。どこかに移設されたのか。元禄の頃にはもう万ノ乢越えの道が開かれていたのに杉坂峠への道標が設置(もとは旧道沿いにあった。)されたということは、依然として杉坂峠を越える古い出雲街道も通行量の多い、重要な道だったのだろう。

Img_4169 旧道

手前は行き止まり。

Img_4173 緩やかに上って行く。

Img_4177 直進するのが旧道だったのだろう。

正面に供養碑と小堂が立つ。

Img_4179 直進するとすぐに行き止まりになる。

右上の石柱は何か?

Img_4180 道標か供養塔か? 読めず。

Img_4183 振り返るとのどかな風景が広がっている。

Img_4178 六十六部回国供養碑

安永2年(1773)に半四郎夫婦が建立。

Img_4187 後ろの小堂の地蔵さん

「遍照」と書かれた板が掛かっているから弘法大師像かも。

Img_4191 城近坂となって下って行く。「じょうきん」か「しろちか」どっちだ? 《地図

城とはどこなのか?

Img_4193 坂下で国道179号に出る。

坂下近くの左側に新しい道標が立つ。

Img_4199 道標

Img_4198 右 警固屋坂

Img_4201 警固屋坂 【ルート地図】の③

城近坂の坂下から国道179号に出て、すぐに左へ上る坂。

Img_4202 坂上方向

竹田村の八幡を京八幡より警固してきた者の子孫が石切となってここに住まった故に警固屋坂というようになった。

京八幡とはどこなのか、いつの頃の話なのか? この坂はけっこうな急坂だ。

Img_4207 北向き地蔵堂

Img_4209 江見大宝稲荷大社への急坂

Img_4216 江見大宝稲荷大社

馬場山公園の中にある。大社にしては小さな造りだ。

Img_4239 江見の町

Img_4232 六地蔵前の坂

ここを上ったら墓地を抜けまた江見稲荷に出てしまった。

Img_4235 六地蔵

まだ新しそうに見えた。

Img_4243 江見の町並み

平安時代に江見庄の中心となり、江戸時代中期には幕府の直轄地となった。

Img_4245家並み

Img_4250 大還橋から吉野川

向う岸にも立派な屋根が並ぶ。

Img_4253 姫新線踏切を渡る。

江見駅の近く

Img_4255 今在家の集落を抜ける。

このあたりの民家にお茶堂、一貫清水があるという。暑さと疲れで探すのも、聞くのも億劫になり通り過ぎてしまった。

Img_4266 何の祠か

ここで小休止

Img_4267 老人ホームの脇を上って行く。

Img_4272 中国自動車道の方へ

Img_4275 中国自動車に沿って進む

Img_4281 自動車道をくぐって

Img_4286 道標「峠の地蔵堂」

楢原は宿ではなかったのでは。

Img_4288 峠の地蔵堂(左)・上人塚(右) 【ルート地図】の④

Img_4289 地蔵

行基が西国行脚の時、出雲街道峠村日の平に自作の地蔵尊を建立(現在の宝聚山仏法寺の奥の院)したといわれる。仏法寺は美作江見駅の近くにある。ここが奥の院なのか。ちょっと見すぼらしいが。この地蔵が行基の自作の物ならここには置かないだろう。自作と伝える物でも。

Img_4290 空念上人塚の上の宝筐印塔

貞治元年(1362)に入定した仏法寺住職の空念上人は穴を掘り、その底で念仏三昧に入った。その塚の上に建てられた宝筐印塔。中国自動車道の工事でここに移設された。

Img_4296 大曲りのところの民家

Img_4297 大曲りの大師堂

Img_4300 大師

Img_4301反対側は楢原パーキングエリア

Img_4307 舗装された道になり楢原へ

Img_4310 道祖神、供養碑などが立つ辻

Img_4313 神宿郷の円柱と道祖神

Img_4316 「出雲街道 楢原宿 人舛跡」の石柱

人舛とは何なのか?

Img_4319 楢原(宿)の家並み

Img_4320

Img_4324 中国自動車道の北側に沿って進む。

Img_4331 火之神社(正面)

Img_4332 火之神社

神体は大石というが、あっただろうか?

Img_4337 笠懸けの森 【ルート地図】の⑤

ここも後醍醐天皇ゆかりの地。笠懸とは流鏑馬みたいなもの。

Img_4342 由来

Img_4340 説明板

Img_4339 石碑や石造物がいくつも立つ。

Img_4348 笠懸橋を渡った所から笠懸の森

昔は渡し舟があり、今も「渡里」という地名が残る。

Img_4352 豊田神社

Img_4362おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ

Img_4364 地ビールとソーセージで1050円だったか。ビールはあまり冷えてなく、ちと高いが暑さでバテ気味の体には恰好の栄養補給となった。

Img_4370_2 新姿見橋を渡り勝間田宿の方へ下る。

一本手前の道に姿見橋のあった(ある)のか? 石碑と説明板が設置されているようだが。出雲街道は姿見橋から轟池へ続いていたのだろう。

Img_4382 道しるべ地蔵(荒手地蔵) 《地図

轟池の傍らにあった6体(3体?)の地蔵の中で唯一残っている地蔵。くらしき道(林野)とかみや(上相)への道標にもなっていた。地蔵の後背に「右くらしき道 左かみ??道」とあるようだ。轟池は1970年代に埋立てられた。姿見橋、轟池も後醍醐天皇のゆかりの地。

Img_4383 由来

分かりづらい文章だ。

Img_4374 岡神社

王子大権現から文明12年(1480)惣社岡神社となったという。

Img_4375 由来

Img_4377 馬頭観音堂

岡神社の隣り

Img_4378 馬頭観音と石仏

Img_4387 小祠の石仏

岡神社から下った所。

Img_4403 勝間田駅

電車の時刻と、いい加減に疲れたので勝間田宿の散策は次回とした。

|

« 出雲街道④(佐用宿→土居宿) | トップページ | 出雲街道⑥(津山宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/45531932

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲街道⑤(土居宿→勝間田宿):

« 出雲街道④(佐用宿→土居宿) | トップページ | 出雲街道⑥(津山宿) »