« 白河市(福島県)の坂 | トップページ | 前橋市の坂-2 »

2009年9月 1日 (火)

前橋市の坂-1

2009年8月26日

前橋駅(JR両毛線)・・・隆興寺・・・天狗坂・東福寺・・・馬場川通り・・・縁切り坂・・・前橋望景の碑・・・馬場川通り・・・前橋城車橋門跡・・・市立図書館・・・清光寺・・・長壁神社・・・虎姫観音堂・・・前橋城跡・・・前橋公園・東照宮・・・臨江閣・・・石川橋(広瀬川)・・・雷電神社・・・森厳寺・・・梅が橋(広瀬川)・・・稲荷橋・・・県道6号・・・飛石稲荷・・・県道6号・・・(群馬大学附属病院)・・・若宮4丁目交差点・・・県道4号・・・北代田橋(桃ノ木橋)・・・南白川橋(赤城白川)・・・大悟橋(竜ノ口川)・・・鎌倉川・鎌倉中学校・・・鎌倉坂・・・県道76号・・・大国主神社・・・道進坊坂・・・日枝神社・善勝寺・・・県道76号・・・上泉郷蔵(上泉城跡)・・・流通橋(藤沢川)・・・県道3号・赤坂・・・赤坂駅(上毛電鉄)→中央前橋駅・・・前橋駅

 天狗坂の位置がはっきりせず、東福寺の回りを一周してなるほど分かった。天狗坂も縁切り坂も馬場川通りへ下る小さな坂で、由来話はともかく坂らしい感じはない。前橋は萩原朔太郎の故郷、先日、奥州街道の白河宿で朔太郎の妻の生まれた造り酒屋の前を通ったばかり。坂道散歩をしていると現在過去、いろんな人物との出会いがある。

 前橋城の車橋門跡から市立図書館に寄るが、目ぼしい資料は見つからず。吉田松陰の妹が創建した清光寺に寄り、利根川方向に向うと長壁神社がある。この神社には我がままな稲荷姫の伝説があり、前橋城の本丸があったという虎姫観音堂に祀られているのは怨霊となった虎姫だ。奥州街道日和田宿の蛇骨地蔵堂の由来話にも、大蛇となって人々を苦しめたあやめ姫がいる。そういえば根田宿の入口には安珍堂があった。清姫の妄執の炎も忘れたら叱られる。どこでも、いつの時代にも怖いのは・・・・。

 形のいい土塁が残る前橋城跡から北の前橋公園に入る。東照宮と県道を挟んだ北側のレトロの建物の臨江閣は入場無料なのが嬉しい。大きな部屋が続いていて壮観だ。夏休みもそろそろ終わりのせいかちょうど入場客は私一人。涼しい風が抜ける広い廊下で、管理の女性としばし雑談する。

 石川橋下の広瀬川は水位が高く、流れも速い。いわれのある梅が橋あたりは今は何の変哲もない所。橋柱の古さだけが残っていた。社殿の後ろにどっしりとした大岩を従えた飛石稲荷から県道6号を東に向う。県道4号の北代田交差点からいくつかの小川を渡り、県道76号の鎌倉橋交差点へ出ると、すぐ南から北条時頼の伝説のある鎌倉坂の上りとなる。今はこのあたりには鎌倉の風情はないが。

 端気(はけ)町と上沖町をつなぐという道進坊坂には3つの道筋が考えられる。①②③として歩いてみたが、①が一番適当に思うが自信はない。いい加減なものだ。鎌倉坂の由来話に出てくる善勝寺から県道76号に下り、上泉城址に残る郷蔵から藤沢川を渡り、県道の緩やかな赤坂を上って上毛電鉄の赤坂駅に着いた。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_7598 田中石材点の天狗坂の道標?

↑方向に直進したら隆興寺へ行ってしまった。天狗坂は反対方向。

Img_7610 天狗坂(坂下方向) 国道50号から三河町1丁目の東福寺へ下る参道の坂。【ルート地図】の①

東福寺の秘仏である聖天様は江戸時代大変信仰を集め、年一回の開帳日には特に若い男女の参拝が多かった。その姿を見た人たちが天狗の鼻を連想したことからこの名がついたという。

Img_7608 山門と本堂の間に馬場川通りが通っている。

Img_7603 坂上方向

馬場川通りの所から

Img_7604 東福寺

永禄2年(1559)に創建され、酒井忠世の時に当地に移った真言宗の寺。

アジア風の本堂だ。今でも聖天様の開帳はあるのだろうか。

Img_7617 縁切り坂 本町5丁目の東和銀行本店の東側を北西に馬場川通りへ下る坂。【ルート地図】の②

広瀬川の河原の処刑場に連れて行かれる罪人がこの坂を通った。罪人にとってはこの坂が今生の縁を切る所なので、縁切り坂と呼ぶようになった。相思相愛の男女が一緒に通ると縁が切れるという言い伝えがあった。どうしてもこの坂を通らなくてはならない時は、男女別々に通ったという。

広瀬川の河原に処刑場があったというのは事実だろうか? 詳しく調べていないので何とも言えず。

Img_7618 坂下方向

Img_7619 坂下の馬場川(通り)

縁切り坂の坂下の明聞寺(現在は移転)の隣地に「梅の井」があったという。 井戸の傍らに「八房の梅」があり、その水の噴き出るさまは、梅の花の形に見えたという。この井戸にちなんで、「梅の井亭」という寄席や銭湯、だんご屋の名にも使われ、「袖ごとに 香をとめて汲め 名に高き 群馬(くるま)のさとの 梅の井の水」(養行寺の行妙和尚)の石碑が立っていたという。この井戸も昭和38、39年頃に区画整理で埋立てられたそうだ。『前橋の伝説百話』より

Img_7630 坂上方向

Img_7629 前橋望景の碑

この地で生まれた萩原朔太郎の記念碑

Img_7628 説明板

Img_7632 巨大岩石

東和銀行建築の際の地中から出土したもの。飛石稲荷の大岩(後掲)と同じ系統のものだろうが、全然小さい。

Img_7631 説明板

Img_7637 前橋城車橋門跡(市指定史跡) 《地図

Img_7640 長壁神社

姫路城から遷された神社。前橋城は利根川の流れを西の守りとして築かれたが、その流れは激しく毎年、城の崖を崩した。そこで城主は前橋城を捨て川越に移ろうとした。そんなある夜、城主の夢枕に一人の美女が現れ、「私は先代が姫路城からこの城に遷した長壁稲荷である。城を移るようだが今度もお供したい。」と頼んだ。しかし城主は城の守護神が城の守りも出来ず、城替えに連れて行ってもらいたいとはけしからんと思い願いを断った。それからと言うもの長壁稲荷は人々の夢枕に立ち、「川越に行きたい、行きたい」と言ったという。

Img_7642 長壁稲荷社

社殿の後ろ側にひっそりと小さな祠がある。

Img_7645 虎姫観音堂

怨霊となった虎姫を観音として祀った観音堂。

Img_7649 由来

Img_7650 虎姫観音

ちょっときつい顔立ちだが、なかなかの美形だ。左には弁財天とお使い姫の蛇が虎姫が暴れ出さないように守っている。

Img_7646 観音堂から利根川、群馬大橋。

Img_7651 前橋城の天守閣は虎姫観音堂のあたりにあったそうだ。

暴れ川の「坂東太郎」利根川に翻弄され続けた城。

Img_7656前橋城の土塁跡(県警本部の北側)

古くは厩橋城と呼ばれた、関東七名城の一つ。

Img_7662 前橋城址之碑

明治41年に土塁上に建てられた。

Img_7666 東照宮

徳川家康を祀る。前橋公園内の意外とこじんまりとした神社だった。

Img_7670 臨江閣別館

明治43年一府十四県連合共進会の貴賓館として建てられた書院風建築物。

Img_7669 説明板

Img_7672 本館・渡り廊下・茶室(右)

明治17年に群馬県や前橋の迎賓館として建てられた。

Img_7671 説明板

Img_7674 明治天皇が休憩した部屋

Img_7679 別館から日本庭園、渡り廊下、本館

Img_7685 石川橋から広瀬川

水量が多く、流れが速く、水面が高い。大雨が降ると岡山県の佐用川みたいに氾濫しそうに見えるが、大丈夫なのだろう。

Img_7689 雷電神社

Img_7692 梅が橋(広瀬川) 《地図

橋のたもとで一本の香り豊かに咲き誇る梅の木を見つけた前橋城主が、梅が橋と名づけたとも、殿さんの愛妾の「お梅の方」が橋のそばの「お梅御殿」に住んでいたからとも伝える。『前橋の伝説百話』より

Img_7695 梅が橋から稲荷橋の間の通り

木陰が涼しい。

Img_7696 飛石稲荷神社(岩神稲荷) 【ルート地図】の③

Img_7701 社殿の後ろの「飛石」

10万年以上も前の赤城山の大規模な山崩れによって押し出された岩が、約2万年前の前橋台地を造った浅間山の火山泥流でここまで押されて来たものという。木々で覆われているが、周囲が約60m、高さは地上に露出した部分で10m近く、地下にも数m埋まっていると推定されている。

石工がこの大岩にノミを打ち込んだところ、真っ赤な血が噴き出たという「岩神の飛石」の話もある。

Img_7707説明板

Img_7714反対側から

下に小さな稲荷が祀られている。

Img_7712ミニ稲荷 

Img_7730 鎌倉坂 上細井町の県道76号の鎌倉橋交差点の一つ南の交差点から北東方向に上る坂。【ルート地図】の④

正嘉2年(1258)諸国を巡っていた旅僧姿の北条時頼が善勝寺を訪れ、住職の覚山和尚と語り合った。時頼は庭先に今を盛りに咲き誇る二本の桜を目にとめ、「海もなく 磯べも遠きこの里に 何れのあまが 植し塩釜」と詠んで覚山和尚に贈り、立ち去った。この歌から旅の僧が時頼であることを知った和尚は引き返してもらおうと小僧に後を追わせた。今の鎌倉坂で追いついた小僧がその意を告げると、時頼は「もう鎌倉へ着いた。帰るには及ばない」といい、舟で大利根を渡って行った。」という。以来この坂を鎌倉坂と呼ぶようになった。『前橋の伝説百話』より

この時代には利根川が近くに流れ、水利に富んだ地形や景色が鎌倉に似ていたのだろう。今は鎌倉の風情は感じられないが。

善勝寺の塩釜桜はとうに枯れてしまったが、本家、塩釜市の塩釜神社にはちゃんと残っている。五月上旬に満開となる八重桜で、国の天然記念物だそうだ。

Img_7732 坂上方向

Img_7733 坂下方向

Img_7734 道標か?

坂の途中の分岐 「神明」と「端気(はけ)」とあるようだが。坂上は小神明町で、神明宮があり、その南が端気町だ。

Img_7736 鎌倉坂バス停から坂下方向

Img_7743 大国主神社 《地図

Img_7744 道進坊坂①(坂上方向) 県道76号の上沖町交差点から端気町へ北東に上る。《地図

端気町と上沖町をつなぐ坂で、昔、道進坊という偉い坊さんがこの坂で倒れて死んだというが詳細は分からず。

坂下近くに道祖神、坂上に墓地があり古道の面影が残っている。この坂が一番ふさわしいようだが、自信はない。

Img_7747 道祖神(坂下近く)

Img_7748 坂上方向

Img_7750 坂下方向

左側は墓地

Img_7753 道進坊坂②  ①の坂の途中を東西に上る坂。《地図

Img_7770 日枝神社(善勝寺の前)

周りに木が無く、ポツンと裸で殺風景で、何となく可哀そうな感じだ。

Img_7763 善勝寺

「鎌倉坂」の由来話に登場する寺。

Img_7766 鉄造阿弥陀如来座像(国指定重要文化財)

Img_7773 道進坊坂③(坂下方向) 県道76号の端気町交差点から北に端気町に上る坂。《地図

Img_7774 坂上方向

Img_7778坂下方向

Img_7784 上泉郷蔵 《地図

寛政8年(1796)に天災、飢饉などの備えとして建てられた穀物貯蔵用の土蔵。

Img_7782 説明板

Img_7786 剣聖上泉伊勢守

上泉郷蔵あたりは上泉城の本丸、二の丸跡。上泉伊勢守は柳生新陰流の祖で、柳生但馬守宗厳(むねよし)が3度試合に敗れ、師事したほどの無双の兵法者だった。

Img_7797 説明板

Img_7796_2 周辺図

Img_7806 赤坂(坂上方向) 上毛電鉄赤坂駅の北側を北東に上る県道3号。【ルート地図】の⑤

傾斜は緩いが長い坂。昔は赤土のむき出した坂だったのだろう。

Img_7808

坂下方向

Img_7812上毛電鉄赤坂駅

二両編成の電車

|

« 白河市(福島県)の坂 | トップページ | 前橋市の坂-2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/46043661

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋市の坂-1:

« 白河市(福島県)の坂 | トップページ | 前橋市の坂-2 »