« 前橋市の坂-1 | トップページ | 奥州街道(金田一宿→三戸宿) »

2009年9月13日 (日)

前橋市の坂-2

2009年9月9日

前橋駅(JR両毛線)バス→女屋町(おなや町)・・・国道50号・・・牛橋(寺沢川)・・・萬福寺・・・八幡坂・・・牛橋・・・観音橋(桃ノ木川)・義経の腰掛石・・・下長磯稲荷神社・・・巡礼橋(清水川)・・・(JR両毛線)・・・県道2号・・・来迎寺・・・広瀬団地入口交差点・・・広瀬新橋(広瀬川)・・・天神公園・・・天神山古墳・・・宮川用水・旦那坂跡あたり・・・八幡山公園・八幡山古墳・・・端気川・・・二子山古墳・・・前橋駅

 ある程度予想はしていたが、今は八幡坂、旦那坂あたりは平坦地で坂道らしき面影はなかった。坂道散歩というより、古墳巡りの半日だったが、八幡坂には源義家、牛橋のいわれの一つには源頼朝、観音橋の義経の腰掛石には源義経が登場し、女屋町、巡礼橋、旦那坂のもそれなりの由来話があり、電車賃の半分位の価値はあっただろう。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_7838 萬福寺へ

ここは女屋町、「おなや町」と柔らかく女性的な響きがいい。「女屋」のいわれは、①前九年の役の帰路、源義家(八幡太郎義家)の軍勢がこの地にしばし留まった。兵士たちを目当てに女二人が酒屋を開いてたいそう賑わった。女酒屋を女屋と呼ぶようになり、地名にもなったという。②上杉氏の末孫の本間某の娘二人が、この付近で女酒屋を開き、その名は近郷近在まで広まった。『前橋の伝説百話』より

八幡坂があるのだから、①の方が説得力があるが、とすれば女屋という地名は相当古くからあったことになる。

Img_7818 萬福寺

Img_7821 八幡坂(坂上方向) 女屋町の萬福寺の北裏から江木へ通ずる坂。北方向に下り気味の道。 【ルート地図】の①

女酒屋が坂上にあったという。正面右奥がいずみ幼稚園で、その右が萬福寺。写真で見ると少し上っているようにも見えるが、歩いていると傾斜は感じられない。

Img_7834 坂下(江木)方向

少し下っているか? 真っ直ぐな道でなく、墓や石造物が並び古道らしき感じもある。

Img_7825 坂上方向

Img_7828八幡坂近くの農家の門

Img_7841 ひまわり畑(牛橋のそば)

牛橋のあたりは牛の臭いが漂っている。牛舎が多く、牛橋なのかと思いきや、

「牛橋」の由来話:①都から国府に来ていた橘清重という役人が、都に帰らずに小島田の長明寺の脇に住みついた。清重の牛車の牛は寺沢川の浅瀬で体を洗ってもらい、草を食べていた。東街道(国道50号の南を東西に通っていた古道)を通る人は、牛のいる橋をいつのまにか牛橋と呼ぶようになった。 ②昔、橋がない頃は牛を並べておいて、その上を渡ったので牛橋と名づけたという。③昔、牛を曳いた人がここまで来ると、牛が立っていなないて伏せてしまった。それでこの橋を牛伏橋といい、それが後に牛橋になったという。④源頼朝がこの橋を渡った時、橋の上に牛が伏していたので、この名前がついたともいう。

へぇ-、いろんな由来話があるものだ。②の牛を並べて橋の代わりとして、その背中の上を渡ったなんかは、想像するとおかしな図で笑ってしまうよ。今は小さな流れの寺沢川にかかる国道50号の平凡な橋で写真も撮らなかったのに。

Img_7847 観音橋(桃ノ木川・国道50号)

昔、女屋町の東街道に面して観音さんが祀られていて、街道を往来する人々は道中の安全、荷場の無事息災を祈ったという。

Img_7846 義経の腰掛石(観音橋のたもと)

源義経が東街道を通って奥州へ向う途中で、この石に腰掛て休憩したという。

Img_7845 説明板

Img_7852 下長磯稲荷神社

左は「下長磯のあやつり式三番人形」一式が保管されている蔵。

Img_7849_2説明板

Img_7853 巡礼橋(清水川) 【ルート地図】の②

ここを通りかかった巡礼が土地の者に殺され金を奪われ、この川に投込まれた。爾来、巡礼橋と呼ばれるようになった。

Img_7861 天神山古墳(後円部の一部と埋葬主体部の粘土槨のみ残存) 【ルート地図】の③

4C後半築造の全長126mの前方後円墳だった。三角縁神獣鏡が出土した古墳なのに、簡単に破壊してしまうとは。

Img_7860 説明板

Img_7859 昭和43年頃の写真

宅地の造成で破壊され、左の後円部の一部と埋葬部の主体の粘土槨だけが残っている。

Img_7871 左に延びていた前方部は住宅の建築で破壊され、惨めな姿をさらしている。

Img_7874 旦那坂跡あたり 【ルート地図】の④

オトウカ(狐・お稲荷)が綺麗な女に化けて通りかかる人をたぶらかしたという。

市内には他にも旦那坂があった(ある)ようだ。ここよりもちゃんとした坂らしく残っているのかもしれない。

Img_7875 八幡山古墳(右が前方部・左が後方部)

4C半ば~後半築造の全長130mの前方後方墳

Img_7882 後方部

Img_7883 接合部

Img_7884 前方部

Img_7888 後方部(高さ12m)から前方部(高さ8m)

Img_7906 二子山古墳(右が前方部、左が後円部) 【ルート地図】の⑤

6C後半~7C初めの築造の、全長104mの前方後円墳

Img_7897 説明板

Img_7900 後円部から前方部

くびれの少ないずんぐりタイプの前方後円墳

Img_7901 前方部墳頂に残る葺石の川原石

|

« 前橋市の坂-1 | トップページ | 奥州街道(金田一宿→三戸宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/46170547

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋市の坂-2:

« 前橋市の坂-1 | トップページ | 奥州街道(金田一宿→三戸宿) »