« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月25日 (水)

日光街道(間々田宿→小山宿→新田宿)

2009年11月23日

Img_1552_2 間々田駅(JR宇都宮線)・・・(国道4号)・・・乙女不動原瓦窯跡(乙女かわらの里公園)・・・泉龍寺(乙女不動)・・・国道4号・・・逢の榎・・・琴平神社・・・龍昌寺(寝起不動)・・・間々田宿問屋場跡(東京から72k地点)・・・宿本陣跡(間々田三郵便局前)・・・間々田八幡宮・・・間々田の一里塚跡あたり(間々田郵便局あたり)・・・千駄塚古墳(浅間神社)・・・長屋門・・・西堀酒造(栗宮南交差点)・・・安房神社・・・栗宮交差点・旧道(県道255号)・・・天満宮・・・小山の一里塚跡あたり(天神2-1)・・・千手観音堂・・・須賀神社(七つ石)・・・妙建寺・・・小山市役所・小山評定所跡・小山御殿跡・・・常光寺・・・明治天皇小休止所跡碑・小山宿脇本陣跡・・・本陣跡あたり(中央町2-10)・・・問屋場跡(常陽銀行あたり)・・・小山市まちの駅「思季彩館」・・・元須賀神社・・・興法寺・・・愛宕神社・・・(JR両毛線)・・・日枝神社(大ケヤキ)・・・喜沢の追分・蛸屋菓子店・・・旧道・・・喜沢の一里塚跡・・・国道4号・・・新田宿本陣門・・・吉田神社跡石柱・羽川薬師堂(雨引観音・十九夜塔)・・・旧道・石仏群・・・国道4号・・・小金井駅(JR宇都宮線)

 快晴の休日で紅葉狩りだろうか、東武日光線の快速急行は家族連れ、外人さんのグループなどで満席だ。こちらは東武動物公園駅から鈍行、久喜駅から宇都宮線に乗り継ぐ。どちらもガラガラだ。今時、街道歩きなんてのはマイナーな遊びなのよ。間々田駅から日光街道を突っ切り、小山市立博物館の隣りの乙女不動原瓦窯跡へ向う。公園風に思ったよりきれいに整備されていた。隣りの泉龍寺の門前には乙女不動像が立っている。所詮、乙女と不動明王とは結びつかず、不動像も中途半端で感心しない出来栄えに感じたが。

 街道に戻り、逢の榎の先から左へ間々田八幡宮へ向う。八幡池や相撲の土俵もある境内は広い。説明板の前でメモを取るリュック姿の中年の女性がいた。デジカメで撮った方が楽で正確なので、「書くのは大変でしょう。」と余計なことを言ってしまった。彼女も日光街道を歩いているのだろうか。

 安房神社の先で旧道は国道4号と分かれ、小山市街地へと直進して行く。歩道と車道の段差がなく、車がひっきりなしに通る道は見るべき所もなく飽きてくる。このあたりの地名「神鳥谷」の読み方が面白く、由来などを考えて退屈しのぎになったのがせめてもの救いか。街道を離れ、持宝寺、須賀神社から小山市役所の小山評定所跡に寄る。市役所前の小山御殿跡はちょうど発掘調査中で掘り起こされている。

 小山駅近くのラーメン屋で盛りのいいラーメンを昼食とする。ライスも付くそうだが半日近く歩いているとはいえそうは食えない。脇本陣家の門と、商家風な思季彩館にしか宿場の感じが残っていない小山宿を抜け、ひたすら北上する。喜沢南交差点の先で右へ細い旧道に入る。右には東北新幹線が走る。しばらく行くと左の林の中に喜沢の一里塚跡が残り、右(東)塚は民家の前に少しこんもりした所か。(上の写真は通り越した所から振り返ったもの。)

 その先は何も無く、国道4号に合流すると新田宿なのだが、宿場風情は残らず、本陣の門だけがぽつんと立つだけ。吉田神社跡の石柱の奥に薬師堂と墓地がある。墓地の大量な落葉を一人でかき集めて清掃しているおばさんとしばし雑談し小休止とする。銅市工業の前から左に入り、馬頭観音道標、青面金剛像などが並ぶ旧道に入る。青面金剛像には「新田宿下組講中」と刻まれていて、新田宿があったことを納得する。この先は行き止まりの標識が置かれ、雑草の生えた道となる。国道4号に戻って夕日を正面から浴びている小金井駅に向った。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_1424_2 乙女不動原瓦窯跡(乙女かわらの里公園)

古代、下野薬師寺、下野国分寺などの瓦を焼いた窯場。

Img_1420 説明板

Img_1418 案内図

Img_1425 泉龍寺

右に乙女不動像

Img_1426 乙女不動

乙女とも不動ともつかない中途半端な像だと思うが。

Img_1432 逢の榎 【ルート地図】の①

江戸と日光の中間点(ほぼ18里)で「間の榎」呼ばれていたのが「逢の榎」に変わった。祖師堂が建てられ縁結びの榎とされた。間(あい)→逢い→会い→愛?

Img_1428 説明板①

Img_1429 説明板②

Img_1436 龍昌寺

境内に面白い由来のある「寝起不動尊 」を祀っている。

慶安4年(1651)年、徳川家光の遺骸を日光廟に葬送の際に安置所が設けられた寺。

Img_1438 問屋場跡(左側)

東京から72k地点の標柱の所

Img_1437 説明板

一般的な説明のみ。

Img_1443 本陣跡(間々田三郵便局前)

間々田宿は本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠50軒だった。

Img_1442 説明板

これも一般的な説明だけ。

Img_1455 間々田八幡宮

天平年間の勧請で、俵藤太(藤原秀郷)が平将門の乱平定を、源頼朝が奥州藤原氏征討の戦勝祈願をした社。

Img_1456 説明板

Img_1453 Img_1454 同時に建立された狛犬だろうか、年を経てずいぶんと顔つきが変わってしまったようだ。

Img_1451_2八幡池

5月に「蛇祭り」が行われる。池の畔には芭蕉の「古池や 蛙飛び込む 水の音」の句碑がある。むろんこの池のことではないが。

Img_1452 9月に奉納相撲があるそうだ。

Img_1449 力石

3人で友沼宿から持ち帰ったという、110kgの石。江戸時代の力持ち、あの三宮卯之助なら一人で持ち帰ったかも。友沼も宿と呼ばれていたのか。

Img_1450 説明板

Img_1462千駄塚古墳 (浅間山古墳) 【ルート地図】の②

直径70m、高さ10mの円墳。6世紀代の築造と推定される。墳頂に浅間神社の社殿がちゃっかりと乗っている。

Img_1461 説明板

Img_1466 長屋門

Img_1468 西堀酒造

銘柄が「門外不出」・「奥座敷」、味はいざ知らずだが、あまり飲む気になれない名だ。出されれば何でも飲むくせに。

Img_1471 安房神社参道

Img_1473 安房神社

崇神天皇の時の創建という。ここも藤原秀郷が戦勝祈願した社。

Img_1477 日光街道は直進(栗宮交差点)

この先の地名は「神鳥谷」で「ひととのや」、「しととのや」との説もあり、小山市の内部でも説が分かれていたそうだ。参照:『小山-歴史散歩
神が人になったのは「人間天皇」を連想させる。

Img_1479 天満宮

Img_1481 説明板

水戸の徳川斉昭を一喝したという、黄門さまも顔負けの青蓮寺の気骨ある住職の話が面白い。

Img_1483 持宝寺

山門に「弓削道鏡根本開基寺」とある。

Img_1486 梵鐘

「孝謙天皇」と天皇名を刻むことから戦時中の供出を免れたという運のいい?鐘。孝謙天皇は道鏡のパトロンで道鏡を寵愛し、皇位にまでつけようとした女帝。下世話にいうと愛人だったとも。

Img_1485 説明板

Img_1487 千手観音堂(持宝寺前)

観音さんの顔を見ようとしたが、ブロック塀に囲まれていて入口がない。と思う。

Img_1488 須賀神社

天慶3年(940)、平将門の乱を平定した小山氏の祖、藤原秀郷が京都八坂神社から勧請。

Img_1490 七つ石(夜泣き石)

結城の城内に運ばれ、哀れげに泣いたという石らしくない我がままで、弱虫な石が七つ。叩き割ってしまえばよかったものを。

Img_1489 説明板

Img_1505 小山評定所跡碑(市役所前庭)

徳川家康が会津の上杉征討を中止し、西の石田光成との戦(関が原の戦)に方向転換した小山評定が行われた地。

Img_1503 説明板

Img_1502 小山御殿跡(小山評定の地の前面) 【ルート地図】の③

徳川秀忠が日光社参用の休泊施設として造営。現在、発掘調査中。

Img_1499 説明板

Img_1500 小山御殿のイメージ図

Img_1515 常光寺

Img_1517_2阿弥陀如来像

戊辰戦争の弾痕が台座の後部に残るというが、見てもはっきり確認できず。

Img_1516 説明板

Img_1509 明治天皇小休止所跡碑(中央町2-11)

奥が脇本陣跡

Img_1511 脇本陣跡(若松家)

唐破風の風格ある門だが下が隠されていて惜しい。小山宿に残るのはこれだけか。

Img_1512 本陣跡(常陽銀行前あたり)・問屋場跡(常陽銀行のあたり)

いずれも説明板も痕跡もなし。小山宿は本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠74軒だった。

Img_1514 思季彩館(小山市まちの駅)

小山市が旧八百忠跡の敷地と古商家、石蔵を借り上げて作った観光交流センター。奥に石蔵が続いている。

Img_1521 元須賀神社(城山町2-8)

須賀神社はもとは小山市中喜久にあったというから、この神社ではないだろう。では「元」は何か?

Img_1524 興法寺

Img_1525 縁起

Img_1527 十三層石塔(興法寺境内)

もとは東京浅草の浅草寺に数百年間あったものだそうだ。

Img_1532_2 貞応2年(1223)城主小山朝政が山城国の愛宕神社を勧請して創建したという。

狛犬は天明5年(1785)の奉納。

Img_1534 ここを左へ曲がると、あの「小山遊園ちぃ~」があったのだ。今は「おやまゆうえんハーヴェストウォークになっている。「東京都知事選」後の桜金造はどうしているのか、最近テレビでは見かけないようだが。

Img_1540 日枝神社参道のケヤキ

樹齢400年以上のケヤキが3本。これは説明板の「イ」の木。

参道と社殿の間を国道4号が走っていて車がひっきりなしに通り横断が困難。横断歩道をつけてくれよ。

Img_1536 説明板

Img_1541 日枝神社

Img_1543 喜沢の追分(喜沢南交差点)

飯塚宿・壬生宿を通り、楡木宿で日光例幣使街道と合流する壬生道(日光西街道)との分岐点で、茶屋があった。 横断歩道の向こう側に供養塔、馬頭観音が並ぶ。その上は蛸屋菓子店の看板。

Img_1544 天明5年(1785)の供養塔道標と明治時代の馬頭観音

Img_1545 蛸屋菓子店

創業元禄11年(1698)、発祥の地は宮城県仙台。「蛸」は、伊達の殿様が魚屋は魚屋らしくなく、菓子屋は菓子屋らしくない名前をつけよと命じたからともいうそうだ。           

Img_1546 右に入る

Img_1550 喜沢の一里塚跡(西塚) 【ルート地図】の④

Img_1551 東塚の名残か

Img_1558 新田宿本陣青木家の四脚門

本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠11軒だった。

Img_1560 吉田神社跡碑

Img_1561 羽川薬師堂 【ルート地図】の⑤

江戸時代中期の建立で、昭和60年に再建。堂内の薬師さんは厨子の中で見えず。

南側にこの地域の天領を支配した幕府代官陣屋があった。

Img_1562 十九夜塔・雨引観音とも安産、子育ての女性の守り神と仏。

坂東34ヵ所観音霊場の第24番に雨引観音(雨引山楽法寺・茨城県桜川市)がある。

Img_1564 旧道へ左に曲がる。

Img_1573 ここを直進する。途中に行き止まりの標識が道路上に置かれている。

「ドーイチ」の倉庫の後ろに馬頭観音道標、庚申塔などが並んでいる。

Img_1566 馬頭観音道標(寛政12年(1800)の建立)

側面に「左 おざく道」、鹿沼市石烈(おざく)への道のようだ。

Img_1567 庚申塔

中央の青面金剛庚申塔の側面に「新田宿下組講中」とある。数少ない新田宿の名残の一つだろう。左の宝暦2年(1752)の六十六部供養塔には「左おざく こくふんじ」と刻まれているそうだ。「こくふんじ」はここから北西に4kmほどの下野国分寺

Img_1582 西日を浴びている小金井駅(正面)に向う。あまり活気のない駅前の通りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月24日 (火)

日光街道(栗橋宿→中田宿→野木宿)

2009年11月20日

Img_1315 南栗橋駅(東武日光線)・・・旧道・・・(東北新幹線)・・・(国道4号)・栗橋大一劇場・旧道・・・上通神社・・・会津見送り稲荷・・・(国道125号)・・・ほうろく(焙烙)地蔵・・・顕正寺(池田鴨之助の墓)・・・浄信寺・・・深廣寺(六角名号塔)・・・福寿寺・・・静御前の墓・・・栗橋宿本陣跡池田家・・・栗橋関所跡・・・八坂神社・・・関所番所屋敷跡・・・利根川橋・茨城県古河市・・・房川渡しと中田関所跡説明板・・・中田宿説明板・・・鶴峯神社・・・光了寺・・・円光寺・・・本願寺・・・中田の松並木跡・・・(JR宇都宮線踏切)・・・茶屋松原跡・茶屋新田・香取神社・・・原町の一里塚跡(古河二高)・・・台町三叉路・・・肴町通り・・・古河宿本陣跡・高札場跡・・・・二丁目曲(かね)の手通り・・・よこまち柳通り・・・国道4号・・・野木神社・・・(野木宿説明板・野木の一里塚跡)・・・満願寺・・・浄明寺・・・観音堂①・・・愛宕神社・・・観音堂②・・・法音寺・・・友沼八幡神社・・・馬頭観音道標・・・乙女の一里塚跡あたり・・・若宮八幡神社・・・乙女八幡宮・・・仏光寺・・・間々田駅(JR宇都宮線)

 東武線の車内では前の座席の7人中6人がマスクをしている。予防接種の順番はいつ回って来ることやら。流行も下火になってからのことか。時代遅れの青年?にはお似合いか。そんなつまらないことを考えながら南栗橋駅を降りる。

 昨日の冷たい雨の真冬並みの寒さとはうって変わっての好天だ。国道4号の左下を進み、国道4号の合流点の栗橋大一劇場の前から旧道に入る。会津見送り稲荷を過ぎ、国道125号をくぐり栗橋の町中に入ると、右側にほうろく地蔵が出迎えてくれる。栗橋駅前の小公園風の静御前の墓へ寄り、旧道へ戻りちょっとは昔の面影がある栗橋宿を行く。狛鯉の八坂神社から長い利根川橋を渡ると古河市に入り中田宿となるが、かつての宿場の家並みは移転し、利根川の河原と土手の下になって跡形もない。

 真っ直ぐな単調な道を古河宿を目指す。古河二高の校庭隅に残る原町の一里塚跡を過ぎ、台町三叉路から古河宿、古河城下となる。ここは今年の6月に1日かけて回っているので、街道を足早に進む。よこまち柳通り(上の写真)から古河宿を抜けるまでは快調だったが、この先、思い違いなどでいくつかのポイントを通り過ぎたり見逃してしまってどっと疲れが出た。

 野木神社の参道先の国道沿いが野木宿だが宿場の痕跡すら残っていない。(野木宿案内板・野木一里塚説明板があるらしいが見落とす。) ここからは長い国道4号歩きとなって見るべき物も少なく、何か見つけて右へ左へと広い車道を横切りながら進むのは疲れる。(横断歩道も所々にはあるのだが先へ行ったり、戻ったりで大変だ。) このあたりの街道沿いは小さな石柱の文字馬頭観音(道標)と女人講中が建てた十九夜塔が多い。

 友沼の八幡神社を過ぎると小山市の乙女に入る。乙女八幡宮の社殿前をちょうど下校時間で、乙女小学校の児童がにぎやかに帰って行く。少し遠回りに感じるが車道を避けて神社の境内を通学路としているのか。まあ正真正銘、紛れもない乙女と童子たちだろう。小山駅まで行ける時間だが、こちとらもこのあたりで切り上げて帰ることとして間々田駅に向った。

  *参照:「坂道散歩・古河市」(2009年6月29日)

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_1180 栗橋大一劇場 《地図

「祝オープン」の花輪が並ぶストリップ場。半年ほど休店して10月に再開したようだ。栗橋駅からはかなり離れているのでタクシーで来るのか、国道4号で車で来る客が多いのか。 まあどうでもいいこった。開演は11時から、まだだいぶ時間があるので客らしき人物、踊り子、劇場関係者らしき姿はなしか。

Img_1186 会津見送り稲荷 【ルート地図】の①

江戸時代に江戸に向う会津藩士が道に迷った。するとどこからともなく白髪の老人が現れて道案内をして助けてくれた。後日、この老人が狐の化身と分かり、ここに稲荷社を祀ったという。本尊は女性らしき人物が狐にまたがるというものらしいが、 民家の庭の中なので、ここからで遠慮する。

昔はこのあたりの土手に狐が多く棲み、「土手の狐穴は、そこから漏水して土手が切れるから埋めるように」との幕府役人が命じていたという。

Img_1191 焙烙(ほうろく)地蔵堂

関所(栗橋関所、中田関所)破りで、火あぶりの刑に処せられた者を供養するために祀られたという。ここは処刑場跡という。

東京文京区の大円寺には、「八百屋お七」を供養する焙烙地蔵が、日光街道草加には、「火あぶり地蔵」がある。

Img_1192 説明板

「炮烙」の字を使っている。

Img_1193 ほうろく地蔵

「エボ地蔵」ともいわれ、エボ取りにもご利益があるそうだ。イボ(疣)のことだろう。

Img_1197 地蔵の足元には供養のほうろく(焙烙)が奉納されている。

Img_1199 顕正寺

栗橋宿を開き、代々本陣役をつとめた池田鴨之助の墓がある。

くりはし八福神」の毘沙門天。七福神に吉祥天を加えているのだ。唯一の女性神だった弁財天が怒るかも。

Img_1201 説明板

Img_1207 深廣寺の六角名号塔

高さ3.6mの供養塔。「南無阿弥陀仏」と刻まれている。二代住職が伊豆大島から大石を持ち帰り、承応から明暦の間に千人供養塔を20基建立した。明和3年(1766)には九代住職が三千人供養塔を1基建立した。

「くりはし八福神」の恵比寿

Img_1206 説明板

Img_1204 浄信寺

「くりはし八福神」の寿老人

Img_1214 福寿寺

「くりはし八福神」の福禄寿

Img_1218静御前の墓(栗橋駅前)

享和3年(1803)に関東郡代中川飛騨守忠英が「静女之墳」を建立したとされる。正面は新しい石塔。もとの石塔は左の石祠に入っている。静御前の遺骸を葬ったという高柳寺は中田宿の光了寺へ移転した。

右脇には文化3年(1806)に村人が建てた江戸の歌人の座泉の歌碑もある。

Img_1216 説明板の一部

静御前はこの地で死んだとするが、捕らえられて鎌倉に送られ、源頼朝の前で舞いを命じられ、京に帰されたという話が一般的か? その後は母の故郷の大和高田の磯野の里に帰り余生を過ごしたとも。『横大路』・『下街道①

Img_1219 もとの「静女之墳」

Img_1225 栗橋宿の旧家

今は不動産店

Img_1226

Img_1229 脇本陣跡虎屋?

Img_1231 本陣跡池田家(栗橋町北2-7) 《地図

Img_1230 説明板

Img_1233 栗橋関所跡 【ルート地図】の②

利根川対岸の中田の関所から移された日光街道唯一の関所だった。

Img_1235 説明板

Img_1236 周辺図

Img_1237 房川(ぼうせん)の渡し

船渡しだったが、将軍の日光社参の際には舟橋が架けられた。51艘の舟を並べて利根川を渡っている。栗橋と対岸の中田の間の利根川を房川と呼んだ。その訳は諸説あって不明という。

Img_1238 八坂神社

栗橋宿の総鎮守。神体は慶長年間(1596~1614)に利根川の洪水の時に鯉と亀とが運んできたものと伝えられている。亀の像は見当たらなかった。狛亀があってもいいだろうよ。

Img_1243 狛鯉

撫でると除災、招福の霊験あらたかとか。

Img_1242 台座の説明板

Img_1249 関所番士屋敷跡(北2-17) 《地図

栗橋関所の番人の足立家の屋敷。現在も足立家の住居。

Img_1250 説明板

Img_1253 利根川橋

牡丹灯籠の「栗橋宿」で、伴蔵がお峰を殺したのはどのあたりか。

Img_1262 利根川橋を渡って中田宿へ

「房川渡・中田関所説明板」が左の電柱の向う立つ。街道は真っ直ぐに古河宿へと伸びているが見所は少ない。

もとの栗橋の渡し場前に法華坊があったことから、「坊前の渡し」と呼ばれていたが、渡し場の移転で、「坊川渡し」となったという。

Img_1263 説明板

Img_1266 火の見の下に中田宿説明板がある。

中田宿は栗橋宿と15日交代で継ぎ立て業務を行っていた合宿。宿場の商家はほとんどが農家と兼業だった。

今は宿の面影は皆無。宿場の名物は鮒の甘露煮だったそうだ。

Img_1267 説明板

Img_1270 鶴峯八幡神社

源頼朝が奥州征討の際に立ち寄り、戦勝を祈願した地。

Img_1271 説明板

Img_1276 光了寺

静御前ゆかりの寺で、静御前が後鳥羽上皇から賜ったという 「蛙螟龍(あまりりゅう)の舞衣など遺品が保存されている。静御前の遺骸を葬ったという栗橋宿の高柳寺が、利根川改修のため当地に移転した。

Img_1275 説明板

Img_1282 中田の松並木跡

若い松が茶屋新田から古河宿まで所々に植えられている。

Img_1285 茶屋新田・茶屋松原

将軍徳川秀忠が日光参詣の折に仮設の茶屋を設けた所という。

Img_1288 説明板

Img_1290 往時の松並木

テレビの「水戸黄門」に出てきそうな光景だ。昭和になって道路拡張や戦時中の松根油の製造などで伐採されてしまった。

いくら石油が無いからといって、松根油でアメリカと戦っては所詮勝ち目はないよ。

Img_1291 原町の一里塚跡(古川第二高校校庭) 【ルート地図】の③

日本橋から16番目の一里塚

Img_1292 塚らしき上に木が3本

Img_1310 肴町通り 《地図

右が「米銀」の蔵、左奥に「坂長」

Img_1306 由来

Img_1305 和洋酒問屋「坂長」

Img_1312 古河宿本陣跡(足利銀行前) 【ルート地図】の④

Img_1320 野木神社参道

Img_1323 野木神社

仁徳天皇の時代の創建と伝わる。延暦年間(782~805)に征夷大将軍・坂上田村麻呂が蝦夷平定の帰途に社殿を建立したという。

Img_1321 由緒

Img_1328 社殿前の公孫樹(こうそんじゅ・大イチョウ)

坂上田村麻呂の植樹と伝える、「とちぎ名木100選」の木。

Img_1327 乳がよく出て、子が元気に育つようにと米糠(ぬか)と白布で型どった乳房が大イチョウの前に奉納されている。

「たらちねイチョウ」だろう。

Img_1324_2 説明板

Img_1333 芭蕉墳(社務所前)

Img_1337 中央に「芭蕉墳」、左右に句が刻まれている。

墳は墓と思ってしまうが。

Img_1334 冬の遊水池の様子を歌った句だそうだ。

Img_1332 算額の問題と解答

算額とは和算の問題と解答を額にして神社に奉納したもの。問題を読んでいるだけで頭が痛くなりそうで、答えを考える所まではほど遠い。

野木神社の先に、野木宿本陣跡(野木宿説明板の所)、脇本陣跡(痕跡無し)、野木の一里塚跡(17番目の一里塚・小さな説明板のみ?)があるようだが、通り過ぎてしまった。古河宿からあまり離れていないので、もっと先と思っていたようだ。

Img_1339 満願寺

江戸時代までは野木神社の別当寺だった。門前に「十九夜塔」が立つ。栃木県には、女性の守り神の十九夜塔が多く、街道筋にいくつも見かける。「十九夜さま」と呼ばれて信仰が厚い(かった)ようだ。

Img_1340 道標

「是より太平山」らしい。

栃木市の太平山(345m)への道標だ。ここからは北西でかなり離れているが。去年、大中寺から太平山に登っている。『栃木市の坂』に記載

Img_1343 観音堂

右は女人講中の「十九夜塔」(嘉永3年の建立)

Img_1353 長屋門(秋元家?)

Img_1356 愛宕神社

Img_1360 観音堂

ここにも「十九夜塔」が2つと「二十三夜塔」

Img_1371 法音寺

友沼八幡神社の別当寺だった。

Img_1376 芭蕉句碑

「道ばたの むくげは馬に 喰われけり」

貞享元年(1684)の「野ざらし紀行」の旅で詠んだ句。諸本では、「道のべの・・・」となっている。

Img_1374 説明板

Img_1375 芭蕉翁

疲れているというより、充足感に満ちた表情に見える。

Img_1378 友沼八幡神社(法音寺の斜め向い)

友沼村の鎮守。徳川将軍の日光社参の時は、将軍御休所となった。このあたりからは正面に筑波山が見え、景勝の地になっていたという。

Img_1379 説明板

Img_1382 馬頭観音道標

乙女河岸、網戸(あじと)方面に向かう網戸渡船場道の道標を兼ねた文化10年(1813)のもの。台座には「これより左 乙女河岸 あじと さのみち」と刻まれているというが、はっきり見えず。

Img_1383 乙女の一里塚跡あたり(説明板なし)

歩道に「東京から69km」の標柱が立つ。江戸から18番目の一里塚。

Img_1385 木の根元には小鳥居と小祠が。

Img_1389 若宮八幡神社

左の覆屋の中に大日如来像が鎮座する。

Img_1388 大日如来

露座の石仏で「濡れ仏」と呼ばれ親しまれていた。「覆屋建立記念碑」によると、「宝永6年(1709)建立で満福寺の寺宝」とある。満福寺はどこにあるのか? 若宮八幡神社の別当寺で廃寺となってしまったのだろうか?

Img_1405 仏光寺

2代将軍秀忠から10石の寺領を与えられた寺。

Img_1404 乙女八幡宮 【ルート地図】の⑤

元禄16年(1703)に建立された現存する鳥居では小山市で5番目に古い石造鳥居。

Img_1398 説明板

Img_1403乙女河岸(思川)で活動する商人たちからの崇敬も受けていたという。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月21日 (土)

日光街道(粕壁宿→杉戸宿→幸手宿)

2009年11月18日

Img_0928_2 春日部駅(東武伊勢崎線)・・・新町橋(古利根川)・・・八坂香取稲荷合社・仲蔵院・・・小渕の一里塚跡碑・・・追分道標・・・小渕交差点・国道4号・・・観音院(こぶとり観音・芭蕉句碑)・・・杉戸町・北緯36度線モニュメント地球儀・・・稲荷社・・・旧道・・・九品寺(庚申塔道標)・・・国道4号・・・馬頭院・・・堤根交差点・旧道・・・(三本木一里塚跡)・・・関口酒造・・・南側用水路跡・近津神社・・・神明神社・・・明治天皇小休止跡碑・・・本陣跡地前交差点・・・杉戸宿本陣跡・・・脇本陣跡・・・愛宕神社・大六天神社・・・小島家住宅・・・宝性院・・・渡辺家住宅・・・国道4号・新左衛門橋(大膳堀)・・・厳島神社・・・大島交差点・心学の道・・・稲荷社・恭検社・・・国道4号・・・茨島の一里塚跡・・・旧道・東武日光線踏切・・・道路元標・南公民館・・・日光御成道合流点(岩槻幸手線)・・・神宮寺・・・(東武日光線)・・・志手橋(倉松川)・・・神明神社(たにし(螺)不動)・・・明治天皇行在所跡・・・(東さくら通り・陣屋道)・・・本陣知久家跡・・・聖福寺(勅使門)・・・幸手の一里塚跡・・・正福寺・・・(国道4号)・・・北側用水路・・・熊野権現社・・・清保堂(清浦堂?)・権現堂堤・順礼の碑・行幸堤碑・・・行幸橋(中川)・・・旧道・・・道標(筑波道分岐)・・・雷電神社・・・小右衛門下組八幡神社・真光寺・小右衛門の一里塚跡(弁財天祠)・・・済世会栗橋病院・・・平成橋・・・南栗橋駅(東武日光線)

 天気予報では冷たい北風の吹く日といっていたがそうでもなく、風も弱く後ろから陽を受けポカポカで気分がいい道中だ。新町橋を渡り粕壁宿を抜け、小渕の一里塚跡の先で国道4号に出て観音院に寄り、歩道に地球儀のモニュメントの立つ杉戸町に入る。しばらくすると左に九品寺前を通る旧道に入る。

 また国道に出て、馬頭院の先の堤根交差点から再び左に旧道へ入る。この先に三本木一里塚の説明板があるはずだが、見あたらないうちに杉戸宿に入ってしまった。本陣跡は門と松だけだが、所々に往時の宿場風情の漂う町並みが続いている。

 国道4号に合流して、茨島の一里塚跡の先で左に旧道に入り、東武線の踏切を渡って進むと左から来る日光御成道と合流する。右に行き、再び東武線を渡ると幸手宿の町並みとなるが、ここはあまり宿の面影は感じられない。正福寺前の幸手一里塚から直進して街道から離れ、熊野権現堂から権現堂堤に上り、花見の時は賑わう桜並木の間を行く。

 行幸橋を渡ると旧道は左に国道4号下の道となる。細い静かな道で、国道、車道歩きの疲れも癒される。荒れた弁財天の祠が上に立つ小右衛門の一里塚跡の先で今日の終点として、左に一直線にまぶしい西日と強い西風を受けながら南栗橋駅へと向った。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0908 新町橋から古利根川(葛西用水

左から流れ込むのは古隅田川。中世以前は古利根川から流れ込んで元荒川へと通じていたそうだ。自然、人為的による川の流れの変遷は複雑だ。

Img_0921 仲蔵院(右)・八坂香取稲荷合社(左)

Img_0911 由緒(仲蔵院)

Img_0918 右の小堂が三体尊か。右から弘法大師?・庚申塔・地蔵が並んでいる。境内を掃除している中年男性に聞いてもはっきりした返事は聞かれなかった。中央は寛政4年(1792)の青面金剛庚申塔と文化10年(1813)の供養塔。

Img_0922 小渕の一里塚跡碑(左)・庚申塔  【ルート地図】の①

日光街道を右に曲がった所に立っていて見逃しそうだ。

Img_0925 正面の関宿往還との分岐点に大小2つ道標

関宿は利根川と江戸川の分岐に位置する利根川水運の要衝地で関宿藩が置かれていた。現在の千葉県野田市関宿。日光街道は左へ行く。右は村田家の塀。

Img_0929 道標(関宿往還分岐)

小さい方は宝永6年(1709)の建立の自然石で、「右方せきやど道、左方あふしう道」と刻まれている。大きい方は宝暦4年(1754)の建立で、正面には「青面金剛」、左面に「左日光道」と刻まれている。

Img_0935 観音院仁王門

京都聖護院の末寺で、小渕山正賢寺

本尊は、「いぼ」・「こぶ」・「あざ」にご利益があり、「こぶとり観音」と呼ばれている。

Img_0937 説明板

Img_0940 芭蕉句碑

「ものいへば 唇さむし 秋の風」

この寺には「奥の細道」の旅で芭蕉が泊まったとする言い伝えがある。

Img_0938 境内の「二十六夜塔」(左)

月待ち信仰の一つで、旧暦の正月または7月26日の夜に、精進供養して月の出を待ち、月が昇ればこれを拝し、共同飲食などをした。

Img_0941 北緯36度線モニュメント地球儀(正面)

Img_0942 説明板

Img_0956 九品寺(左)

Img_0949 庚申塔道標(九品寺内)

天明4年(1784)に地元堤根の村人の建立。「右江戸」・「左日光」、正面には「青面金剛」と刻まれている。台座の左側には水準点を表す「不」の字のような形の几号(きごう)刻印されている。この記号は草加市の富士浅間神社の水盤にもあった。この先でも出会う。

Img_0960 旧家

Img_0964 馬頭院

本尊は伝教大師作と伝える馬頭観音像。

明治6年から35年まで新知学校、堤郷尋常小学校の校舎として使われた。「杉戸七福神」の大黒天

Img_0962 説明板

Img_0961 説明板

Img_0965 旧道はこの先、堤根交差点で国道から分かれ左に入り、杉田宿へ向う。

旧道に入ってすぐ?に、三本木の一里塚の説明板があるはずだが見つからず。ゆっくり歩きかなりしつこく、キョロキョロと探したのだが。

Img_0974 関口酒造(杉戸町清戸2-1)

文政5年(1822)の創業の清酒「杉戸宿」の蔵元。

Img_0978 南側用水路跡(近津神社の参道前)

昭和36年まで葛西用水支流の農業用水路がここを流れていた。

Img_0976_2 説明板

Img_0977 当時の写真

Img_0985 近津神社

平成13年に不審火で焼失した社殿は再建された。もとはもっと大きな社殿だったのだろうか。

Img_0982 由緒

Img_0987 巴湯

一風呂浴びたくなるような銭湯だが、まだ営業時間前。

Img_0992 神明神社

小社だが杉戸宿の鎮守。左は神輿蔵のようだ。

Img_0993 明治天皇小休止跡碑

中央三井信託銀行前のポスト脇

Img_1001 本陣跡(長瀬家) 【ルート地図】の②

建坪166.5坪で、上段の間もある広大な屋敷だったが、明治初年の火事で建物は焼失。残るは門と松だけか。

Img_0998 脇本陣跡小林質店

Img_1003 質屋蔵が愛宕神社の方まで延びている。

今でもこの蔵には質物がぎっしり詰まっているのだろうか?「質屋通い」なんてのはもう死語に近いと思っていたが。

Img_1008 愛宕神社

神明神社・香取神社(上杉戸)とともに杉戸宿の鎮守

社殿の後ろの塚上には大六天社の祠が祀られている。

Img_1005 説明板

Img_1011 杉戸宿の町並み

Img_1012 旧家

Img_1016 小島家

 

Img_1018 宝性院

幸手城主一色氏ゆかりの寺で、明治になって杉戸学校が置かれた。「奥の細道関東三十三か所霊場」の第15番の石柱が立つが、この三十三霊場については調べても分からず。

Img_1022 門前の庚申塔

中央のは2mもの高さがあるか。

Img_1026 馬頭観音道標

新しそうに見えるが文化?年のもののようだ。かつては日光街道沿いにあったのが、邪魔になってこの寺の境内に移された(寺が引取った)のだろう。

Img_1023 由緒

Img_1028 杉戸七福神の毘沙門天

Img_1020 杉戸学校説明板

Img_1031 渡辺家

Img_1032 黒光りの土蔵がすごい。

Img_1034 正面から

Img_1040 心学の道

恭検社への道。ただの車道だが。

Img_1042 恭検社跡と稲荷社 《地図

地元出身の大島有隣が心学を説いた家。

Img_1043 説明碑

Img_1047 茨島の一里塚跡(高野台東1-15) 【ルート地図】の③

正面の「山田うどん」の駐車場前に説明板が立つ。ついでにここで、「冷しきつねうどん」で昼食とする。

Img_1045 説明板

Img_1056 道路元標(南公民館の前)

Img_1054 説明板

Img_1059日光御成街道合流点 《地図

もとは道路元標はこの橋のたもとに立っていたようだ。ベルグは道路元標の説明板の、石井酒造の敷地だ(だった?)そうだ。

Img_1057 説明板

Img_1063 神宮寺

源頼朝が奥州征伐の折に、戦勝を祈願して開基したとも伝えられる寺。

Img_1062 説明板

Img_1069神明神社

ここに高札場があったという。螺不動は境内の菅谷不動のこと。

Img_1066 説明板

Img_1071 「螺(たにし)不動」の菅谷不動

境内、菅谷不動内にも「たにし」の絵馬や、たにしに関するものは見あたらず。眼病に霊験あらたかという信仰もすたれたか。

Img_1070 ここにも「不」が。上部が壊れて残った石灯籠の基礎の部分に几号(きごう)が刻印されている

Img_1079 明治天皇行在所跡

石柱の後ろに木製の古い説明板。

Img_1075 説明板

Img_1076 木製の古い説明板の説明板

ややこしい

Img_1084 日光街道の看板が掛かっているが、宿場風情はあまり残らず。

Img_2073 本陣知久家跡

うなぎの「義語家」(幸手市中1-8)

Img_2072 説明板

Img_1091 聖福(しょうふく)寺勅使門

この寺には左甚五郎作の欄間や運慶の阿弥陀像などがあるというが、警戒の厳重な寺でなじめない。

Img_1090 説明板

Img_1092 説明板

Img_1093 芭蕉・曽良句碑

奥の細道の旅から帰って詠んだ句、曽良の句の「寺の門」は、この寺の勅使門と解している。

Img_1094 説明板

Img_1095 幸手の一里塚跡 【ルート地図】の④

右の電柱の前に説明板が立つ。正面の石灯籠は正福寺参道入口のもの。日光街道は右にカーブする。

Img_1096 説明板

Img_1099 正福(しょうふく)寺

Img_1097 説明板

Img_1100 義賑窮餓之碑

天明3年(1783)の飢饉の時に金品を出し合って難民を救った幸手宿の義民21名を讃えた顕彰碑。

Img_1105 ここにも日光道中の大きな道標

宝性院と同様、街道沿いにあったのだろう。

Img_1107 石太菓子店

「塩がま」が美味いそうだ。文久年間(1861~63)の創業。

Img_1110 熊野権現社

権現堂村、権現堂堤、権現堂川の名の由来となった神社。

Img_1112 説明板

Img_1114 説明板にある自然石の庚申塔か?

Img_1117 清保堂 《地図

権現堂堤へ上がる所。清浦堂かも?

Img_1119 権現堂堤の桜並木

昭和初期に廃川となった権現堂川(今は権現堂調節池)の堤。

Img_1128 説明板

Img_1124_2  順礼の碑

享和2年(1802)の長雨で利根川が決壊した時、自ら人柱になったのか、それとも川に投込まれたのか、哀れな順礼親子の姿が線刻されている。

Img_1126 説明板

Img_1120 行幸水門と?橋

向こう側は茨城県五霞町

Img_1133 行幸(みゆき)堤之碑

向うは行幸橋

Img_1131 説明板

Img_1132 日光街道は破線で直線的に描かれている。

Img_1135 行幸橋から中川

向うは東武日光線

Img_1137 国道4号下の細い静かな道となる。

Img_1138 筑波道(右)との分岐の道標

Img_1140 説明板

Img_1141 「左日光道」・「右つくば道」

つくば道は日光街道が整備される以前の奥州街道だったらしい。江戸時代には入り鉄砲、出女の取締まりの厳しい栗橋関所を避ける抜け道として利用され、「女廻り道」とも呼ばれていた。

Img_1146 昔ながらの酒屋さん

Img_1145 東武日光線が通る。のどかな風景だ。

Img_1147 雷電神社

Img_1152 境内の地蔵の小祠、庚申塔、十九夜塔、回国供養塔

月待ち信仰の十九夜塔は、安産、子育てなど女性の信仰が篤く、この先、栃木県に入ると女人講中で建立したものが多く見られる。

Img_1163_2小右衛門下組八幡神社

最近建てられた地元の小社。小右衛門はこのあたりの開発者の名で、村の名にもなっていた。

Img_1168 小右衛門の一里塚跡(左の木の茂っている所)・真光寺 【ルート地図】の⑤

Img_1169 説明板

Img_1170 塚上の弁財天社はこんな状態。中も壊れて荒れ果てている。いっそのこと、取り壊して(移設して)塚を復元したらどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

日光街道(越谷宿→粕壁宿)

2009年11月16日

南越谷駅(JR武蔵野線)・・・国道4号・・・照蓮院・・・旧道・・・八幡神社・・・有瀧家住宅(タブの木の家)・・浅間神社・・塗師屋・鍛冶忠商店・市神社・・・大沢橋(元荒川)・・・越ケ谷御殿跡・・建長元年の板碑・稲荷社・・・宮前橋(元荒川)・・・久伊豆(ひさいず)神社・天嶽寺・・・地蔵堂・地蔵橋(葛西用水路)・・・(古峰神社?)・・・大沢1交差点(県道3号)・・・旧道・・・照光院・・・香取神社・・・北越谷第5公園・・・宮内庁埼玉鴨場・・・大林寺・・・東武伊勢崎線踏切・・・阿弥陀堂・・・(国道4号)・・・下間久里香取神社・・・国道4号(陸橋入口交差点)・・・戸井橋(新方川)・・・大枝香取神社・歓喜院(武里観音)・・・武里駅入口交差点・会之堀川・・・女帝神社・・・雷電神社(建御雷神社)・・・称名寺・・・備後一里塚跡碑・・・善巧寺・・・藤塚橋(大落古利根川)・・・(東武野田線)・・・東町大下稲荷社・・・八坂神社・・・一宮交差点・・・東八幡神社・・・東陽寺・・・かすかべ大通り・・・源徳寺・・・郷土資料館・・・本陣脇・本陣跡あたり(ロビンソンデパート前)・・・田村家・・・粕壁宿説明板・・・永嶋商店・・・(寺町)・普門院・最勝院・・・妙楽院・・・玉蔵院・・・春日部駅(東武伊勢崎線)

 時々陽が射す曇り空の下、風がなく暑くも寒くもなく歩くのには手頃の日だ。照蓮院から左に旧道に入ると宿場風情の家並みが残っているが、越谷宿の案内板、説明板などはない。市神社の先、大沢橋の手前から街道からはずれ越谷御殿から宮前橋を渡り、長い参道の久伊豆神社、隣りの天嶽寺に寄り、地蔵橋から旧日光街道に戻る。旧道といっても車の往来が多く、歩道も分離していない歩きにくい道だ。

 下間久里香取神社の先で国道4号に出る。ちゃんと歩道はついているが単調な車道歩きが続き飽きてきて街道から離れ、武里駅入口交差点から会之堀川を渡り東に入り、女帝神社、雷電神社、称名寺へと国道の東側を歩く。国道に戻り、見落としそうになった備後一里塚を過ぎ、右に入り藤塚橋で古利根川を眺め、一宮交差点先の東八幡神社と向いの芭蕉ゆかりの寺、東陽寺に寄る。芭蕉は1日で千住からここまで来たのだ。昔の人の健脚ぶりには脱帽だ。

 旧日光街道は一宮交差点から西(左)に曲がって「かすかべ大通り」の粕壁宿に入って行く。本陣や脇本陣などは跡形もないが、古くからの商家に宿場の面影が感じられる。街道は寺町の手前で右に曲がり新町橋を渡るが、直進して春日部の名にちなむ墓のある最勝寺など寺町をざっと回って春日部駅に向った。

  【ルート地図

   写真をクリックすると拡大します。

Img_0677照蓮院

武田勝頼の遺児、千徳丸の供養塔がある。

Img_0679 説明板

Img_0684 行徳屋建築店(右)・白屋旅館(左)

このあたりから古い商家の家並みや旧家が残っていて宿場の面影を感じさせるが、説明板、案内板などは見当たらない。越谷市は日光街道、越谷宿には無関心のようだ。

Img_0688 横田診療所のレトロな建物。

Img_0691 有瀧家の黒板塀 《地図

「タブの木の家」と標示されている。この道は赤山街道で赤山陣屋(城址・川口市赤山)から北東に進み、この先は久伊豆神社脇を通り、県道越谷野田線に出て、新方橋、古利根川を渡り、松伏町の大川戸の杉浦陣屋跡へと続いている。

Img_0697 タブの木は樹齢400年以上。

Img_0694 説明板

Img_0708 浅間神社 《地図

ケヤキ、懸仏(かなえぼとけ)(富士山と大日如来を型取った円形銅板の仏)は越谷市の有形文化財

Img_0710 塗師屋

小泉市右衛門宅。漆を扱っていた店で屋号を塗師屋。かつては呉服店だったが、 今は閉店している。

Img_0711 鍛冶忠商店

ここは開業している。

Img_0714 旧家

Img_0716 金田金物店

Img_0718 市神社

越谷宿は元荒川、古利根川多くの用水に囲まれた湿地帯で、農産品よりも工芸品の達磨、雛人形、桐たんす作りで発展した。 宿の街道沿いには六斎市が立ち賑わっていたのだろう。

Img_0726 越ケ谷御殿跡 【ルート地図】の①

家康の時に建てられ、秀忠も鷹狩の際に立ち寄った御殿。明暦の大火で全焼した江戸城の再築のため、御殿は解体され資材として運ばれてしまった。

Img_0727 説明板

Img_0724 御殿跡前の元荒川

近世以前の荒川は利根川の支流で、寛永6年(1629)の荒川の瀬替えによって、荒川が入間川に付け替えられるまでは、元荒川は荒川の本流だった。このあたりは『葛西用水⑥』でも歩いている。

Img_0729 建長元年(1249)の板碑

「弥陀一仏」の種子(梵字)が彫られた越谷市内で最大、最古の板碑。

Img_0730_2 説明板

Img_0734 久伊豆(ひさいず)神社参道

「くいず」と読んで、クイズ番組参加者の信奉があるとか。

Img_0744 出店はたたまれず残っているが参拝者はまばら。(散歩人は多い。)昨日は七五三で賑やかだったか。

鷹狩りの時に徳川将軍家が参拝したという。社紋「立葵」はその際に将軍家より奉納されたと伝える。

Img_3343 説明板

Img_0749 庚申塔道標(寛政12年(1800)の建立・久伊豆神社参道左側)

「はしの方江戸 川かみかすかべ みや乃方さしま 川志も二がう半」

Img_3346 敷石建立供養塔道標(寛政9年(1797)建立) 参道の右側。前の庚申塔道標の斜め前。

右側面に「是より野田道」

Img_3348 足を縛られた狛犬。対のもう一匹も縛られている。

狛犬の足を結ぶ「足止め」をすると、家出をしたり悪所通いをする者が家に必ず帰ってくるという。

Img_0738 庚申塚(久伊豆神社参道入口と天嶽寺参道入口の間)

延宝元年(1673)の文字庚申塔や元禄8年(1695)の青面金剛庚申塔がある。

Img_0739 天嶽寺参道側にも道標を兼ねた猿田彦大神塔(左端)や六十六部供養塔(右端)が並ぶ。

Img_0740 猿田彦大神(文化4年(1807)建立)

正面下にに「南こしがや 北のじま いわつき」、右側面に「東志めきり まくり かすかべ」

Img_0741 六十六部供養塔(宝暦8年(1811)の建立)の台座

「かハしもニがう半 川かみかすかべ」 ニがう(郷)半は今の吉川市、三郷市のこと。

Img_0735 天嶽寺総門

開山は太田道灌の伯父の源照。後北条氏の城砦だったこともあったという。

Img_0736 説明板

Img_0753_2 山門

二階建てだが鐘楼門ではないようだ。鐘楼は右に。

Img_0760 地蔵堂(地蔵橋脇) 【ルート地図】の②

Img_0757 扉の前に貼ってある紙の一部。

由来が書いてあると思ったがそうではない。地蔵堂を建てた人たちの中の一人が書いたもののようだ。

「昔、地蔵にゆかりのある子孫が石仏の下に宝物を埋めたら雲か霞のように消え失せた。・・・」とある。そりゃあそうだろうよ。

Img_0759 堂内の地蔵

右奥に貼ってある紙には、「・・・元文2年(1737)の建立で安産、子育の地蔵・・・」と書かれているようだが、はっきり見えず。中央の板碑のような石板に浮彫りされた地蔵のことをいうのだろうか。

Img_0766 香取神社 《地図

Img_0768 由緒

Img_0769 力石・安産の石

Img_0774 宮内庁埼玉鴨場

下々の者は寄せ付けない、市民とは隔絶された空間への冷たい門だ。鴨猟は行っているが、捕った鴨は食べずに放鳥しているというが・・・・。

Img_0777 庚申塔(宝永7年(1710)の銘) 東武線の踏切手前

ここのはちゃんと屋根付の祠内だが。

Img_0781 踏切を渡った左側にいくつもの石仏、庚申塔などまとめられている。というより捨てられているという方が当たっているか。

Img_0787 下間久里香取神社 《地図

例大祭に奉納される獅子舞は埼玉県の無形民俗文化財。

Img_0786 説明板

Img_0793 大枝香取神社 【ルート地図】の③

Img_0795 由緒略記

Img_0798 歓喜院(武里観音) 大枝香取神社の隣り

Img_0800 庚申塔・地蔵の祠(女帝神社への途中)

左は「石橋建・・・」?

Img_0807 女帝神社

往古から平方南の里神社として祀られてきた神社という。

Img_0809 雷電神社(建御雷神社)

Img_0810 左に地蔵の石祠

雷電神社から称名寺への道。日光街道(国道4号)の東側の道。祠内には石造地蔵が2体。

Img_0822 備後一里塚跡碑(備後北交差点のそば) 【ルート地図】の④

日本橋から8つ目の一里塚。ぽつんと立っていてうっかりして通り過ぎそうになった。

弘法大師が備後国(広島県)に安置した観音像が関東に移る際に行方不明になった。それがこのあたりで見つかったのが地名の由来という。観音像は今は勝林寺にあるそうだ。

Img_0826大落古利根川葛西用水・藤塚橋から) 《地図

江戸時代初期の利根川東遷事業で利根川が東京湾から太平洋に注ぐ河川に付け替えられる以前の利根川の流路。。「大落」(おおおとし)とは農業排水を落とすとの意。

Img_0836東八幡神社参道

Img_0846 拝殿

境内には「松の樹稲荷大明神」をはじめ、8つもの小社がある。ゲートボール場もある。

Img_0839 説明板

Img_0842 力石

左から65貫目・60貫目・100貫目(375kg)・?貫目

中山道桶川宿の稲荷神社には三之宮卯之助が持ち上げたという610kgの大石がある。ただし仰向けに寝て足で持ち上げていたらしい(「足指し」という方法)。『中山道(上尾宿→鴻巣宿)』(2009年10月3日)に記載。ここの100貫目の石は手で持ち上げたのだろうか?

Img_0840 説明板

Img_0867 東陽寺

奥の細道で芭蕉が泊まったとされる寺。山門右脇に「伝芭蕉宿泊の寺」碑が立つ。泊まったのはこの先の観音院との言い伝えもある。

Img_0860曽良の随行日記」の碑

「廿七日夜、カスカべニ泊ル 江戸ヨリ九里余」

Img_0870 本陣跡あたり(ロビンソンデパート前のかすかべ大通り)

何の標示もない。

Img_0869 郷土資料館

今日月曜は休館日。

Img_0873 田村家(本家)

右前に大きな道標が立つ。

Img_0874 道標

大きく彫られた文字で、「西南いハつき」・「東 江戸」・「北 日光」のようだ。

Img_0881 田村荒物店(分家) 

表の街道から裏の古利根川まで延びている。

Img_0884 粕壁宿説明板(問屋場跡あたり) 《地図

本陣1軒、名主3軒、向屋場1軒、旅籠45軒、寺院8軒、商家、農家など159軒の宿規模。(「向屋場」は「問屋場」の間違い。郷土資料館に確認した。春日部市ではなく、町内会で立てた案内板らしい。) 問屋場は田村家が勤めていた。

Img_0887 永嶋商店

慶長年間(1596~1614)創業という米屋。屋根上に鍾馗像

Img_0892 最勝院 【ルート地図】の⑤

最勝院の前には、明治26年に千住馬車鉄道の始発駅が設けられていた。

Img_0891 説明板

Img_0898 境内の鳥居は奥の春日部重行の墓のためのものだろう。

Img_0895 春日部重行の墓

鎌倉時代のこの地方の領主だった春日部重行は南朝の忠臣で足利尊氏との戦いに敗れ、京都で自刃したという。重行の子の家縄が遺骨を持ち帰り葬ったのがこの塚と伝わっている。

この地は、春日部→粕壁→春日部に戻った

Img_0894 石碑

Img_0900 成就院

Img_0903 成就院先の小社 《地図

何を祀ってあるのか分からず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

日光街道(千住宿→草加宿)

2009年11月12日

北千住駅(つくばエクスプレス)・・・千住2交差点・旧日光街道(宿場町商店街・サンロ-ド)・・・千住宿本陣跡碑・・・千住本氷川神社・・・ほんちょう公園・・・千住絵馬屋吉田家・横山家住宅(紙問屋松屋)・・・長円寺・・・氷川神社・・・旧水戸街道分岐・・・安養院・・・旧下妻街道分岐・名倉医院・・・国道4号・・・千住新橋(荒川)・・・真福寺・・・善立寺・・・旧道・・・石不動尊堂・・・明王院(赤不動)・・・梅田神明宮・・・梅島駅(東武伊勢崎線)・・・小右衛門稲荷神社・・・(環七通り)・・・将軍御成橋碑(島根2交差点)・・・国土安穏寺・・・赤羽家長屋門・・・栗原氷川神社・・・炎天寺・八幡神社・・・鷲神社・・・(国道4号)・・・県道49号・・・水神橋(毛長川)・・・富士浅間神社・・・火あぶり地蔵堂(吉町5交差点)・・・旧道・・・草加宿・浅古地蔵堂・草加市役所・八幡神社・おせん茶屋・東福寺・神明神社・草加せんべい発祥の地碑・・・6丁目橋(伝右川)・・札場河岸公園(綾瀬川)・・・草加松原松並木・・・矢立橋・・・百代橋・・・(外環自動車道)・・・愛宕神社・・・蒲生大橋(綾瀬川)・・・藤助河岸・藤助酒店・・・蒲生の一里塚跡・愛宕神社・・・蒲生茶屋通り・・・不動明王道標・馬頭観音・・・清蔵院・・・国道4号・・・地蔵院・・・南越谷駅(武蔵野線)

 冷たい北風が吹く中、日光街道沿いに千住宿から草加宿の先まで、黄葉を眺め落ち葉を踏みしめながらぶらりぶらりと歩く。

  *参考:『あだち観光ネット』・『北千住宿場町商店街』・『草加今昔

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0667 旧日光街道

北千住駅西側の「宿場町商店街」(サンロ-ド商店街) 今週の土・日は「蔵の街 とちぎ(栃木)」の街道まつり。

Img_0676 千住宿本陣跡碑 【ルート地図】の①

にぎやかなサンロ-ド商店街の100円ショップ前に小さく、場違いで申し訳なさそうに小さく立っている。路地を入った所に千住本陣跡の案内板がある。

Img_8646 案内板

この路地あたりだけの案内で、千住宿の情報量は少ない。

Img_0672 千住本氷川神社

Img_0671 旧社殿

千寿七福神の大黒天。

Img_0668 商店街には古い造りの店も多い。

Img_0656千住絵馬屋吉田家 《地図

江戸時代から絵馬をはじめ、口行燈や凧などを描いてきた際物問屋。

Img_0651説明板

Img_0652横山家住宅(絵馬屋の向い側)

伝馬屋敷の面影を伝える商家。屋号を「松屋」という江戸時代からの紙問屋。

Img_0654 説明板

Img_0657槍かけだんご」とは、水戸街道を往来した水戸の黄門さん一行が近くの清亮寺の松の木に槍を立て掛けた。その松の木の前にあった団子屋なのでこの名にしたという。といっても創業は昭和27年だから江戸時代からある店ではない。

Img_8642 槍掛けの松(清亮寺) 《地図

関東大震災(大正12年)以前に撮影された写真。枝の先端下が水戸街道。この松も昭和20年頃に枯れてしまったそうだ。

Img_8641 説明板

人情味ある粋な計らいは「黄門さま」らしい。

Img_8639 清亮寺

右の鬚題目碑(清亮寺石柱)は昔とは位置、向きが異なっている.

明治初年に日本の医学発展のために解剖された死刑囚11名の「解剖人墓」がある。

Img_8643 説明板

Img_0658 五福堂

印鑑の店だろう。「ふくよかサイズ」は隣りの店か。

Img_0647 長円寺

Img_0645 めやみ地蔵尊(長円寺山門左横)

子育地蔵だが、目の病いにご利益あり。「め」の絵馬が奉納されている。

Img_0649境内には隣りの氷川神社の本地仏だった魚籃観音堂がある。

Img_0644 氷川神社(長円寺の隣り)

Img_0642旧水戸街道分岐(右へ) 《地図

日光街道は直進

Img_0640 道標

東へ行くと清亮寺の先が荒川土手で、水戸街道の「小菅の渡し」跡。

Img_0637 大塚製菓の店の奥の甘納豆の製造場

主人に案内してもらい、苦労話などを伺う。夏は暑くて大変だそうだ。甘納豆一袋210円は安いと思うよ。

Img_0631 安養院

Img_0629 芭蕉句碑

「奥の細道」の矢立の初めの有名な句。

Img_0303 かんかん地蔵(左・元禄12年(1699))・仲良し地蔵(左・寛文4年(1664)、右・寛文10年(1670))

かんかん地蔵は、叩くと金属製の音がするという。前の小石で試してみたが普通の石のような鈍い音だった。叩かれ過ぎて白骨化状態になって、金属音は出なくなったか。

Img_0635下妻街道(直進)分岐

下妻街道は日光街道と水戸街道の中間に位置し、茨城県下妻方面への脇往還として利用された。

日光街道は左に曲がる。右に名倉医院

Img_0634 道標

直進しても荒川土手で行き止まり。

Img_0661名倉医院

江戸時代から続く「千住の名倉」は、骨接ぎの代名詞として全国に知られているそうだ。むろん今も整形外科として開業中。赤ひげ先生でも出てきそうな建物だ。

Img_0626 強風の千住新橋を渡る。

Img_0621 千住新橋から北千住方向を振り返る。

Img_0612 石不動尊堂・地蔵・子育八彦尊道道標(手前) 【ルート地図】の②

耳を患っている人は石不動尊堂の扉にぶら下がっている竹筒に願を掛け、治れば竹筒に酒を奉納するという。
道標に「是より2丁行く」とある子育八彦尊とは、ここを左に直進した赤不動(明王院)のこと。「咳の不動様のおけさ(袈)」として有名で、咳の出る人は寺から「おけさ」を借りて祈り、治ったら新しい「おけさ」を奉納する習わしという。

地蔵さんはかつては荒川の土手下にあったそうだ。だから南の荒川の方を向いているんだとか。

Img_0607 赤不動の明王院

扉が閉ざされていて境内に入れず。朱塗りの不動堂(赤不動)に本尊の「感得不動明王」が祀られている寺ということか。

Img_0605 梅田神明宮

紅白幕は七五三用か。

Img_0603 梅島駅(正面)をくぐる日光街道

Img_0599 小右衛門稲荷神社

室町時代に同僚の武士、高橋伴右衛門を討った新田開発の主長・渡部小右衛門が伴右衛門の慰霊のために建立したという。

Img_0597 国土安穏寺へ

石柱の右下に、「将軍家御成橋 御成道松並木跡」の標柱が立つ。

Img_0591 標柱

将軍秀忠、家光らは日光街道をここで曲がり、安穏寺へ向ったのだろう。

Img_0588 国土安穏寺仁王門

将軍秀忠、家光が巡遊の際の御膳所となった寺で、葵の紋の使用が許されていたという。

Img_0587 仁王の裏には大ワラジ

Img_0589 説明板

Img_0585 家光手植えの松

『五街道分間延絵図』に描かれている松という。樹齢400年近くになるのか。

Img_0583 赤羽家長屋門(足立区島根4-18) 《地図

文政4年(1821)以前の建築物で、元島根村名主・通称「金武様」と呼ばれた牛込家の屋敷門といわれている。現在は赤羽氏の所有。

Img_0579 氷川神社

Img_0577 炎天寺(左)・八幡神社(右) 【ルート地図】の③

入口は山門と鳥居で分かれているが、境内に仕切りはなくつながっている。神仏習合の形だろう。

Img_0574 炎天寺

「炎天」とはこの寺を建立したという八幡太郎義家が名づけた名。小林一茶ともゆかりのある寺。

Img_0570 説明板①

Img_0571 説明板②

Img_0575 炎天寺の池では「やせ蛙」が一生懸命に大蛙と相撲を取っている。小錦と舞の海か?

「やせ蛙 負けるな 一茶これにあり」の句はこの寺で詠んだとされている。

Img_0576 八幡神社

Img_0572 説明板③

八幡神社建立の由来が載る。

Img_0593 鷲神社

今日は「一の酉」

Img_0594 神楽殿

ここで「島根ばやし神楽」が奉納される。

Img_0559 富士浅間神社

Img_0558 説明板

Img_0554 水盤

左下隅の「不」の字は、水準点の「高低測量几号」

Img_0553 説明板

Img_0548 火あぶり地蔵堂 【ルート地図】の④

逢いたいばかりに放火して処刑されたという娘を慰霊する地蔵。「八百屋お七」の話と似ているが、逢いたいのは男(恋人)ではなく、母親だったという孝行娘の哀しい物語。昔はこのあたりは処刑場だったという。

文京区の大円寺には、八百屋お七の罪業を救うため、自ら「ほうろく」(素焼きのふちの浅い土鍋)をかぶり焦熱の苦しみを受けたという「ほうろく地蔵」がある。『文京区の坂-9』に記載。

Img_0546 左に旧道へ入る。

Img_0545 浅古地蔵堂(右は草加市役所) 《地図

別名を子育地蔵。かつて市役所も浅古家の土地だった。

Img_0543浅古家

Img_0541 八幡神社 《地図

草加七福神の恵比寿。五つの社で七福神を祀っている。 

Img_0539 おせん茶屋

茶屋といってもただの小公園で、茶店ではない。「草加せんべい」の創始者の「おせんさん」にちなむそうだ。この先に「おせん公園」もある。

Img_0538 説明板

Img_0533 東福寺

慶長11年(1606)に草加宿の祖・大川図書(ずしょ)が創建したという寺。境内に墓もある。

Img_0535 欄間の龍

Img_0534_2 説明板

上の写真の彫刻ではない。『草加宿を歩く』に写真を掲載。

Img_0530 草加宿の家並み

天保14年(1843)には日光道中では城下町を除くと、千住、越谷、幸手に次ぐ、宿場の規模だったという。正面は神明宮の鳥居。

Img_0518_2 草加宿説明板

Img_0523 草加せんべい発祥地碑

Img_0522 六丁目橋(伝右川)から

正面の塔は札場公園の望楼

Img_0519 説明板

Img_0515 札場河岸公園・芭蕉像 《地図

札場とは高札場のことではなく、野口甚左衛門家所有の河岸で、甚左衛門河岸のこと。野口家の屋号が「札場」で、後にこう呼ばれるようになった。ここの少し下流に「甚左衛門堰」がある。

Img_0524説明板

Img_0503 百代橋上から草加松原松並木

Img_0498 右は綾瀬川

Img_0495 必死に頑張る一枝

向うは外環自動車道

Img_0489 水神と馬頭観音(外環道近くの左)

Img_0487 「奥の細道」の壁画

外環自動車道をくぐった所。

Img_0485_2 愛宕神社

Img_0484藤助河岸跡・藤助酒店(後ろ) 《地図

昭和初期まで使用されていた綾瀬川の河岸場を復元。今は釣り場になっている。

「日本一汚れた川」とのお墨付きをもらった川だが、少しづつきれいになって魚も釣れるのだろう。『綾瀬川の生き物

Img_0479 説明板

Img_0480 藤助酒店の蔵

Img_0478 鈴木米穀店?

藤助酒店の左側

Img_0471 蒲生の一里塚跡 【ルート地図】の⑤

そばで見ても塚の感じはしない。小祠は愛宕神社。

Img_0469 説明板

Img_0468 少し離れると木々の高さのおかげで塚があるようにも見える。

Img_0464 不動明王道標(左)・馬頭観音(右)

道標は「是より・・・・・」読めず。小堂前は蒲生茶屋通り

Img_0467 不動明王の前の日光街道は蒲生茶屋通りで、日光街道を往来する人々、藤助河岸に集まる船頭を相手に商いをする家や、舟の荷を扱う店などが建ち並んで大変にぎわっていたという。(写真は蒲生一里塚方向)

Img_0462 清蔵院山門

Img_0459 説明板

Img_0463 伝左甚五郎作という欄間の龍

夜な夜な山門から抜け出して田畑を荒らすので金網で囲ったという伝説の龍。説明板では日光東照宮建立に関わった工匠がこの山門を造ったと推測している。伝甚五郎作はあちこちにある。100%偽物と思えば間違い無しか。

Img_0458 地蔵院

開基、開創など不詳だが、寛文時代 ( 約340年前 ) には地蔵堂として開山、開基されたといわれ、『新編武蔵風土記稿』によると、享保10年 ( 1725 ) に入寂した宥敞和尚により寺格を整えたとされる真言宗の寺。左に「喜多向(北向)地蔵堂」

Img_0454 六角地蔵堂(地蔵院)

Img_0451 武蔵野線南越谷駅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

日和田山・物見山

2009年11月9日

高麗駅(西武秩父線 9:35)・・・台交差点(国道299号)・・・台の高札場跡・・・筆塚・・・水天の碑・・・鹿台橋(高麗川)・・・高麗本郷交差点・・・日和田山登山口・・・石の鳥居・・・男坂・女坂分岐・・・滝不動尊・・・見晴らしの丘・・・木の鳥居・・・金刀比羅神社・日和田山(305m)・・・(高指山・電波中継塔)・・・駒高集落・・・物見山(375m)・・・ヤセオネ峠・宿谷の滝分岐・・・北向地蔵・・・関ノ入沢・・・五常の滝・・・国道299号・・武蔵横手駅(西武秩父線 12:30)

 今日も20度を越えて暑いくらいだった。日和田山への金刀比羅神社手前の男坂の岩場の登りでは、後ろから太陽を浴びて大汗をかいた。日影はさすがに涼しく、秩父の入口でもそろそろ紅葉になる頃か。

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0303 高麗駅前の「将軍標

朝鮮半島で厄除け、魔除けのために各村々の入り口に建てられたもの。境界を守る道祖神、塞の神と同じような意味合いのものだろう。

Img_0304 台の高札場(復元) 《地図

Img_0305 説明板

Img_0309 筆塚・句碑・墓誌など

Img_0306 説明板

Img_0308 筆塚

碑文は勝海舟の筆による。

Img_0310 水天の碑

Img_0311 説明板

Img_0315 日和田山登り口へ

Img_0317 石の鳥居

Img_0319 男坂(左)・女坂(右)分岐

Img_0324 滝不動

正面の岩上に小祠。水量が増せば小さな滝の流れになるのだろう。

Img_0332 不動明王

撮るのに苦労した。

Img_0322 男坂

Img_0336 見晴らしの丘から

巾着田もかすんではっきりしない。

Img_0338 岩場を上って行く。

後ろから強い陽射しを浴び暑い。

Img_0348 木の鳥居の向うに金刀比羅神社

Img_0349 神社前から

ここから山頂までは一登り。

Img_0354 日和田山頂(305m)の宝篋印塔 《地図

Img_0356 下って高指山方向へ

Img_0362 電波中継塔の立つ高指山

Img_0365 駒高の集落へ下る。

Img_0366 正面から物見山への山道に入る。

Img_0368 林間を登って行く。

Img_0371 物見山山頂(375m) 《地図

Img_0370 高指山方向

Img_0373 ヤセオネ峠

右へ宿谷の滝への分岐。北向地蔵へは直進。

Img_0381 北向地蔵堂 《地図

Img_0382 由来

Img_0383 北向地蔵 

Img_0384 ここは鎌北湖への分岐点

ユガテ・武蔵横手方向へ下る。

Img_0390 五常の滝へと向かう。

Img_0396_2 五常の滝 《地図

Img_0391 滝不動尊

Img_0401木々の間から光の差す静かな道を下る。車はほとんど通らない。国道299号に突当たるとその前が武蔵横手駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

天覧山・多峰主山

2009年11月6日

Img_0405_3飯能駅(西武池袋線)・・・久下稲荷神社・・・入子地蔵堂・・・秋葉神社・・清水坂・・飯能河原(入間川)・水天宮・豊川陀枳尼(だきに)真天神社・・松葉坂・松葉庚申(堂)・・・岩瀬橋(入間川)・・・大六天神社・(伝)畠山重忠の墓・・・見返り坂①(車返しの坂)(跡)・・・観音寺・・・諏訪八幡神社・・・飯能市郷土館・・・能仁寺・・・十六羅漢・・天覧山(195m)・・・(見返り坂ルート工事中迂回)・・・見返り坂分岐・・・見返り坂②・飯能笹・・・鎖場・・・多峰主(とうのす)山(271m)・・・御嶽八幡神社①・・・石の鳥居・・・鉄の鳥居・・・御嶽八幡神社②・・・八坂神社・・・本町・・・飯能駅

 飯能市立図書館の手前から清水坂(上の写真)を下り飯能河原へ出て、松葉坂を上り岩瀬橋まで行き、見返り坂①ゆかりの畠山重忠の墓(大六天神社の板石塔婆)などに寄りながら天覧山を目指す。

 平日だが駅から近い手軽なハイキングコースは天気も良く、中高年や地元の小学校、幼稚園の子どもたちで賑やかだった。天覧山から少し下って、常盤御前ゆかりの見返り坂②を上るはずだったが工事中で迂回する。やっぱりあきらめきれずに多峰主山の方から見返り坂の方へ下ってみる。坂下の飯能笹の所まで行けて正解だった。引き返して多峰主山で一休みし、御岳八幡神社へ下り飯能駅に戻った。ちょっと物足りないコースだが、快晴の中、ゆっくりのんびり気分のいい散歩だった。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0178 久下稲荷神社

創建年代は不明、寛永13年(1636)再建という旧久下分村の鎮守。

Img_0181 (子育)入子地蔵堂

入子とは八代将軍吉宗の頃、無実の罪で投獄されたが、日頃の地蔵への信仰から疑いが晴れ、感謝に地蔵菩薩を建立したという入子弥兵衛のこと。「入子」が「子育」とつながるのだろう。

『飯能の民話・伝説』の「入子地蔵

Img_0185 由来

Img_0183 入子地蔵

Img_0406 清水坂(坂上方向) 市立図書館の手前から飯能河原へ下る坂。 【ルート地図】の①

Img_0408 飯能河原

Img_0411 水天宮(飯能河原)

飯能水天宮、河原町水天宮とも呼ばれる。水難防止、安産などのご利益あり。

Img_0413 豊川陀枳尼(だきに)真天神社

豊川稲荷の分社

Img_0425 松葉坂(坂上方向) 【ルート地図】の②

傾斜はゆるい。

Img_0428 坂上方向

右に「松葉庚申」の小祠

Img_0429 松葉庚申塔

馬頭観音のようにも見える?

Img_0433 岩瀬橋から吾妻峡方向

Img_0441 周辺地図

大六天神社が左上にあるが分かりにくい。飯能西中学校の南側を何度も行ったり来たりしても見つからず、怪しまれるのではと思い諦めそうそうになった。道には面していない。

Img_0436 大六天神社 【ルート地図】の③

祠の後ろの樫の木の根元にある2基の板石塔婆が「畠山重忠の墓」と伝えられている。

Img_0437 石塔婆

Img_0439 説明板

「相州二俣川で討死し、その地に葬られている。」とあるが、「畠山重忠の墓は各地にある。『畠山重忠辞典』の「ゆかりの地」参照。

Img_0442 見返り坂①(跡) 松葉坂の坂下あたりから県道に上る急坂。 【ルート地図】の④

もとは説明板にある「飯能の車返しの坂」と呼ばれていた急坂で、飯能河原の元の丸木橋だった岩瀬橋(今の橋よりも少し下流)あたりから上っていた坂だろう。今は坂下は店などが並び河原へは通じていない。

『飯能の民話・伝説』の「見返り坂と重忠の墓」に由来話が載るが、見返り坂は今はない坂としている。また清水坂、松葉坂の記載もある。

Img_0443_2 坂上方向

Img_0195観音寺

武蔵野三十三観音霊場第24番札所。武蔵野七福神の寿老人(左の福聚殿に祀られている。)

天狗地蔵」(飯能市郷土館の「入間川の筏流し」の記事の中に由来と写真が載る。)を探したが見つからず。移転した飯能幼稚園にあるようだ。

 『飯能の民話・伝説』の「天狗地蔵

Img_0191 説明板

Img_0190 飯能鬼子母神(観音寺境内)

手にザクロを持ち、胸に子を抱く、ふくよかな鬼子母神。

Img_0189 説明板

Img_0201諏訪八幡神社

境内に丹生神社と武蔵野七福神の飯能恵比寿神社がある。

Img_0202 馬頭観音

後ろは飯能市郷土館

Img_0205 天覧山、右下に能仁寺山門

Img_0208 能仁寺山門

Img_0210 本堂

Img_0213 手入れが行き届いた広く明るい境内

Img_0212 飯能戦争の「唱義死節」(義を唱え節に死す)碑

能仁寺を本営とした振武軍と官軍の明治維新の戦の記念碑。

Img_0211 説明板

Img_0218 不動堂内

矜羯羅(コンガラ)童子(右)、制多迦(セイタカ)童子(左)を従えた、文化10年(1813)造立の「開運青不動」、昭和54年に修復されて色鮮やか。

Img_0214 由緒

Img_0222 案内図

Img_0228 十六羅漢

徳川五代将軍吉宗の生母、桂昌院が寄進したもの。新しい石仏も混ざっているようだ。

愛宕山→羅漢山→天覧山と名が変わった。

Img_0229 様々な表情の羅漢が並ぶ。

Img_0233

Img_0231 首がなくなって後から乗せたのか?

Img_0226 説明板

Img_0240 天覧山(195m)から

『飯能の民話・伝説』の「逃げた天狗

Img_0238 説明板

Img_0247 工事中で迂回コースをとって多峰主山へ向う。

Img_0268 多峰主山は近いが、ここから行ける所まで見返り坂の方へ下りてみる。

Img_0254 見返り坂を下って飯能笹の所へ出る。

Img_0252 「見返り坂と飯能笹」説明板

Img_0256 この先天覧山方向は工事中。見返り坂を歩けたので満足。

Img_0258 見返り坂を上り返す。【ルート地図】の⑤

Img_0260 振り返っても常盤御前が見たといういい景色は広がらない。

Img_0265 緩やかになってさっきの分岐点は近い。

幼稚園の子供達が先生と一緒に下りて来た。工事中の所を迂回する道があるのだろう。

Img_0276 多峰主山直下の鎖場

大人は左の石段を上るのだ。

Img_0273 「クサリ場」は子供専用だよ。

Img_0283 山頂(371m)の経塚

Img_0277 説明板

Img_0279 山頂から

「多峰主」の由来は、多くの山の主峰。とう(峠、尾根)の一番高い位置。峠の語源タワ、トウの主(ぬし)でノスはその訛り。

出雲街道には万ノ乢(タワ)・目木乢・杉ノ乢・嵐ケ乢などがある。

Img_0280『飯能の民話・伝説』のダイジャラボッチャと多峯主山

Img_0292 御嶽八幡神社①

Img_0291 説明板

Img_0298 ごつごつした石段を下って石の鳥居をくぐると平坦な道になる。

Img_0300 鉄の鳥居を抜けると一般道に出る。

Img_0301 御嶽八幡神社②

Img_0446 八坂神社

小さな社だが、『飯能の民話・伝説』の「お天王さまのおはなし」の八坂神社はこの神社か?

Img_0447 本町の旧家

Img_0448 米屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

中山道(新町宿→高崎宿)

2009年11月3日

新町駅(JR高崎線)・・・旅籠高瀬屋跡・・・宝勝寺・・・小林本陣家跡碑・・・弁財天公園・弁財天神社・スリーデーマーチ発祥地碑・弁天橋(温井川)・・・旧道・・・川端家住宅・・・信迎庵・・・(関越自動車道)・・・(薬師堂)・・・宝昌寺・・・柳瀬橋(烏川)・・・北向子育観音堂・・・観音寺・岩鼻代官所跡・天満天神社・・・(高崎線・八高線)・・・閻魔堂・追分(日光例幣使街道)・・・(下の木戸跡)・・・(大鼓橋跡)・・・本陣跡碑・・・御伝場人馬継立場跡碑・・・脇本陣跡碑・脇本陣跡須賀家・・・高札場跡・・・雁公園・倉賀野城址・・・(大杉神社跡)・井戸八幡宮・・・倉賀野河岸跡・・・牛街道・・・倉賀野神社・・・(上の木戸跡)・・安楽寺(安楽寺古墳・異形板碑・勝軍地蔵尊)・・・(一里塚跡あたり)・松並木・・・正六観音堂・・・大鶴巻古墳・・・小鶴巻古墳・・・浅間山(せんげんやま)古墳・・・(国道17号)・・・(上越新幹線)・・・(上信電鉄)・・・愛宕神社・・・光明寺・・・高崎公園・頼政神社・・城址公園・史跡公園・高崎城址・・・大信寺・・・高崎駅

 昨日までの暖かさとはがらり一変、寒波の到来で上州名物のからっ風に向って高崎宿まで歩く。柳瀬橋を渡っていると左前方に雪を被った山が見え始める。岩鼻町交差点を左折すると今度は正面右に見える。通りがかったおばさんに聞くと、妙義山という返事。そうかなあとは思いつつも一応納得。日光例幣使街道との追分を過ぎたあたりで、十六騎武者行列とすれ違った。倉賀野城十六騎とは、戦国時代に幼い倉賀野城主の代わりに城を守った十六人の武将のことらしいが詳細は分からず。

 倉賀野城址そばの井戸八幡宮で自転車で散歩中の地元の(郷土研究家)の方に倉賀野河岸の場所を聞き、ついでにさっきの(雪景色の)山のことを聞くと浅間山という答え。方向からいってもこちらの方が正解だろう。昨日までは白くはなかったという。おまけに自宅まで戻って持ってこられた「倉賀野マップ」で、近辺を詳しく説明していただく。控えめだが地元を愛する熱心さが感じられた。

 安楽寺から宿を抜け、街道から離れ大鶴巻、小鶴巻古墳に寄り、浅間山古墳から中山道に戻る。ここから高崎市街地までは何もない車道歩きで北風が冷たく疲れが増す。高崎公園から高崎城址、大信寺に寄り高崎駅に向った。ここまでが日帰りで行ける中山道だろう。この先、碓氷峠を越え軽井沢から諏訪、木曽路歩きは来年とするか。

  *参考:『高崎市の文化財

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_0008_2 旅籠高瀬屋跡(小林一茶の文学碑)

文化7年(1810)に一茶が宿泊した旅籠。前日からの雨で烏川が川留めになりここに泊まる。雨の疲れですやすや寝ていると、明け方に突然起こされ石灯籠(神流川の新町側の常夜灯)の寄進をしつこくせがまれ、根負けして十二文寄付したという逸話が残る宿。寄進をせがんだ男を蛍に見立てて句を詠んだ。

「手枕や 小言いふても 来る蛍」

Img_0007 史跡旅籠高瀬屋跡の碑

一茶の「七番日記」の一部が記載されている。(光線の具合で自分が写り込んで、文章がよく見えず。)

Img_0010_2 小林本陣跡碑(ブロック塀の前) 《地図

Img_0014_2 弁財天社(弁財天公園内)

天明3年(1783)の建立という。鳥居の両側に芭蕉句碑、道祖神、庚申塔が並ぶ。

Img_0013_2 由来

Img_0016 芭蕉句碑と道祖神

句碑には、「むすぶよりはや歯にひびく泉かな」と刻まれているそうだがよく見えず。説明板にある旅人の喉を潤した清水を詠んだ句。

Img_0017_2 スリーデーマーチ発祥地記念碑(弁天橋の手前)

今日は東松山で行われている「日本スリーデーマーチ」の3日めだ。長い列を連ねて、だらだらぞろぞろと歩いていることだろう。

Img_0018 弁天橋から温井川(下流方向)

Photo_2 新町(広重画)

弁天橋を上流から見ている。左は赤城山

Img_0021_2 伊勢島神社 《地図

Img_0023_2 川端家住宅

広い敷地に立派できれいな家。

Img_0028_2 中山道に面した方

Img_0033_2 信迎庵

Img_0036_2 (株)ヒノデ

旧本庄警察所(現在の本庄市歴史民俗資料館)と似た感じのレトロな建物。

Img_0037 農家

解体されつつあるのか。

Img_0047_2 柳瀬橋(烏川)から

赤城山か?

Img_0048_2 浅間山?

Img_0062_2 北向子育観音堂 《地図

昔は中山道は、「柳瀬の渡し」からこの前を通っていた。

Img_0054_2 岩鼻代官所跡・天満天神社 【ルート地図】の①

Img_0058_2 説明板

Img_0056_2 略図

Img_0065_2 浅間山?

高崎線を越えたあたりから。

Img_0075_2 追分(下町交差点の所)・閻魔堂・道標・常夜灯が立つ。 【ルート地図】の②

中山道を倉賀野宿で分かれ日光へ至る日光例幣使街道(左・日光方面)との追分。日光東照宮の毎年の例祭に合わせて、京の朝廷から金の御幣を託された例幣使の日光への参拝道。

閻魔堂は江戸時代には阿弥陀堂と呼ばれていた。堂内には閻魔さんが座っている。明治時代になって阿弥陀如来から閻魔に変わった。

Img_0071_2 「従是 右 江戸道 左 日光道」

Img_0068_2 説明板①

Img_0069_2 説明板②

Img_0077_2 「吉野家」叶屋

屋号が叶屋の造り酒屋だった。

Img_0078_2 大山家

Img_0084_2 中山道倉賀野宿石柱・石灯籠・双体道祖神

Img_0102_2 本陣跡 【ルート地図】の③

Img_0100_2 御伝場人馬継立場跡

仲町山車倉の前に「町御傳馬人馬継立場跡」碑があるが、立場は北側にあったという。天保14年(1843)には3箇所に継立場があったそうだ。

Img_0104_2 脇本陣跡碑

倉賀野宿には脇本陣は2軒あった。

Img_0090 脇本陣須賀家 《地図

河岸問屋で脇本陣。明治時代の建物で連子格子の主屋、付属屋(番人小屋)、白壁の塀が目を引く。裏手には江戸期の薬医門、土蔵、味噌蔵などが残るそうだ。

Img_0091_2 高札場跡

Img_0094_2 倉賀野城址本丸前あたりから烏川 【ルート地図】の④

鎌倉時代、武州児玉党の流れを汲む一族が倉賀野氏を名のり、14世紀末にその子孫が築城。戦国期には上杉、武田、後北条の勢力の挟間で、天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原攻めの際に陥落した。『倉賀野マップ』より

Img_0093_2 倉賀野城跡図

『倉賀野マップ』をくれた郷土研究家の方が書いたもの。

Img_0095_2 井戸八幡宮

正保3年(1646)、倉賀野城三の廓に一夜に出現した井戸が起源と伝える。井戸は残っているというが気づかなかった。

Img_0097_2 倉賀野河岸跡あたり

今はこのあたりの流れは急だ。

Img_0096_2 説明板

Photo 倉賀野宿烏川(英泉画)

Img_0108_2 倉賀野神社

倉賀野宿と近隣七ケ郷の総鎮守。旧社名を「飯玉宮」

社殿前の常夜灯は文久3年(1863)「三国屋つね」の寄進したもの。

Img_0107_2 説明板

旅籠、飯盛女たちも高崎より多く、繁盛した宿だった。

狂歌「乗りこころよさそふにこそ・・・・」を見ると「十返舎一九」も相当な好き者だったようだ。

Img_0110_2 縁起

けっこう「おどろおどしい」縁起。

Img_0115_2 冠稲荷(三光寺稲荷)

もとは太鼓橋近くにあり、旅籠や飯盛女の信仰を集めた神社。明治42年に倉賀野神社に合祀された。

Img_0116_2 安楽寺

「七仏薬師さま」の古刹。薬師の開帳は12年毎の巳年。

Img_0126_2安楽寺古墳

古墳時代末期の7世紀後半に築造された直径30m近い円墳。安楽寺により一部が削られている。墓の主は安楽ではないだろう。

Img_0117_2 説明板

Img_0123_2異形板碑

将棋の駒形の板碑。南北朝以前の物という。

Img_0122_2 説明板

Img_0130_2 双体道祖神(大鶴巻古墳への途中)

Img_0134_2 正六観音 《地図

観音は堂内の小祠内で見えず。

Img_0131_2 由来

なぜ「正六」なのか? 正は正座観音か、正源からだろう。六は「約六センチ」ではなかろう??

Img_0136_2大鶴巻古墳(後円部から)

4世紀末から5世紀初頭築造の全長123mの前方後円墳

Img_0141_3 説明板

Img_0139_2

Img_0142_3 墳丘図

Img_0147_2 小鶴巻古墳(後円部) 【ルート地図】の⑤

5世紀後半築造の全長87mの前方後円墳。南東部分で大鶴巻古墳と周濠を共有する。墳丘はかなり荒らされているそうで、前方部の形がはっきりしない。(ように見えた)

Img_0149_2浅間山古墳

全長171mの前方後円墳で群馬県では太田天神山古墳(210m)に次ぐ2番目の大きさ。築造は大鶴巻山古墳と同時期。

Img_0152_2 説明板

Img_0156_2 高崎公園

ノッポのビルは高崎市役所

Img_0157_2 頼政神社(高崎公園の脇)

高崎藩主松平輝貞が祖とする源頼政(源三位(げんざんみ)頼政)を祀る神社

Img_0159_2 説明板

Img_0158 「上州人」記念詩碑(内村鑑三)

はじめに「上州無智亦無才」とある。上州人なら怒りそうな出だしだが、もっと深い意味があるようだ。私も高崎生まれだが、上州人とは思っていない(上州生まれの意識がない)のでどうでもいいことだが。

Img_0164_2三の丸外囲の土居と堀

Img_0163_2 説明板

Img_0170_2高崎城址乾櫓東門

Img_0166_2 説明板

Img_0174_2徳川忠長の墓(大信寺) 《地図

Img_0173_2 説明板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

中山道(本庄宿→新町宿)

2009年10月30日

本庄駅(JR高崎線)・・・旧中山道(県道392号)・・・本庄宿・本陣跡あたり・開善寺・慈恩寺・(本陣門)・歴史民俗資料館・・・泉林寺・・・(国道462号)・・・金鑚(かなさな)神社・・・浅間山古墳・泪橋由来碑・・・楠森橋(御陣場川)・・・庚申塔・・・薬師小堂・・・金窪八幡神社・・・金窪山法西寺・・・南雲稲荷大明神・・・金窪城址・・・陽雲寺・・・中山道案内板・・・賀美村道路元標(賀美小学校)・・・庚申塔・勝場一里塚跡・・・国道17号・・・(高崎線)・・・大光(だいこう)寺・・・神流川(かんながわ)橋(神流川)・・・県道131号・・・神流川合戦跡碑・・・常夜灯・・新町宿・八坂神社(柳茶屋の芭蕉句碑)・・・諏訪神社・・・専福寺・浄泉寺・・・佐渡奉行街道分岐地点(新町郵便局交差点)・・・高札場跡碑・・・明治天皇行在所跡・・・於菊稲荷神社・・・新町駅(JR高崎線)

 宿場風の家並みではなく、レトロな建物が残る本庄宿から神流川を越えて上州路に入り、新町宿までの中山道歩き。晴れてもう11月だというのに夏日となって暑い日だった。

  【ルート地図】

  *参考:『上里町歴史・文化財』・『高崎市の文化財』・『本庄市の坂

  写真をクリックすると拡大します。

Dsc05048 本陣跡あたり(中央1-6) 《地図

Dsc05049 創業永禄3年(1560)は「桶狭間の戦い」のあった年だ。中山道もまだ整備されていなかった頃からの店だ。

Dsc05051こちらは元禄2年(1689)の創業。

Dsc05052 レトロな建物の医院

Dsc05053 開善寺

天正19年(1591)年、本庄城主小笠原信嶺が開基し、球山宗温和尚の開山。本庄七福神の布袋尊。

Dsc05054 開善寺の向い側の墓地にある。

Dsc05057 田村本陣の門(歴史民俗資料館の前に移築)

Dsc05058 説明板

Dsc05062 歴史民俗資料館 【ルート地図】の①

明治16年建築の本庄警察署の建物。

Dsc05059 説明板

Dsc05070 泉林寺

本庄七福神」の寿老人

Dsc05074 ローヤル洋菓子店

旧本庄商業銀行の建物

Dsc05073 説明板

Dsc05075 お茶屋

Dsc05076 洋風館の医院

医院名は右書きだが、まだ新らしそう見える。

Dsc05077 酒屋の土蔵

Dsc05089 金鑚神社

Dsc05441 説明板

Photo 大クスノキ

樹齢350年以上

Dsc05100 浅間山(せんげんやま)古墳 【ルート地図】の②

7世紀後半に築造された直径38mの円墳。

Dsc05094 説明板①

Dsc05096 説明板②

Dsc05097 横穴式石室

胴張両袖型。

Dsc05101 泪橋碑(浅間山古墳のすぐ先の右側)

大名行列などの際に苦役を課せられた農民たちが身のはかなさを嘆いては泪を流した所という。碑の前の2つの石は橋の遺物か。川はどのあたりを流れていたのか?

Dsc05102 由来碑

Dsc05103 旧家の廃屋(楠森橋の手前)

長屋門風で、敷地内には他の建物跡もある。昔はこのあたりの名家だったのか。雑草のとげがズボンにびっしりついてしまった取るのに苦労した。

Dsc05106 庚申塔

道の両側にある。

Dsc05107 開運薬師如来の小堂

庚申塔や二十三夜塔が小さな参道代わり風に置かれている。

Dsc05108 かんじんの薬師さんはこんな状態。

Dsc05114 金窪八幡神社 《地図

雨乞いの獅子舞で有名という。

Dsc05115 金窪城址入口

Dsc05116 金窪山法西寺

Dsc05118 南雲稲荷大明神

この先に金窪城址、城址公園がある。

Dsc05126 金窪城址 【ルート地図】の③

治承年間(1177~80)に加治屋治が築城し、天正10年(1582)の神流川の合戦で落城後、川窪氏が城主となり、丹波に転封する元禄11年(1698)に廃城となる。

Dsc05120 説明板①

Dsc05122 土塁、堀跡らしいが民家の敷地になっている。

Dsc05121 説明板②

Dsc05127養豚場

うまそうな子豚で賑やかだ。

Dsc05131 陽雲寺

武田信玄夫人の法号の陽雲院からの寺名。陽雲寺の墓もある。

銅鐘の竜頭は朝鮮式の上向き。撞屋上の四方たすきに仏像を彫刻し、駒爪には蓮弁をあらわす。朝鮮式の銅鐘は県下でもまれなものという。

Dsc05132 説明板①

Dsc05129説明板②

畑児塚と銅鐘

Dsc05130 畑児塚

Dsc05134 中山道説明板①

Dsc05135 説明板②

Dsc05137庚申塔と旧家

Dsc05142 小祠の左に一里塚跡碑(国道17号と合流する手前)

Dsc05141 勝場の一里塚跡碑 【ルート地図】の④

武蔵国最後の一里塚だった。

Dsc05145 見透灯籠(大光寺(だいこうじ)境内)

神流川の本庄側にあった常夜灯。文化12年(1815)み本庄宿の商人の戸谷半兵衛が両岸に建立。

大光寺は建保3年(1215)武蔵七党の一人、勅使河原権三郎有直が創建。開山には栄西禅師が迎えられた臨済宗の古刹。毎年4月23日の蚕影山大祭には植木市などが立つ。

神流川合戦で焼失し、明治時代には高崎線の灰煙を被り全焼したそうだ。国鉄はちゃんと弁償したのだろうか?

Dsc05144 大光寺説明板

Dsc05147左の親子地蔵(不背碑)は、忠臣勅使河原直重の父子の墓。地蔵の浮彫りのようだ。頭部が欠けている。

勅使河原氏は武蔵七党の一つである丹党に属し、直重父子は南朝方として足利尊氏と戦って敗れたらしいが、詳しいことは分からず。

六地蔵石憧(右)は勅使藤原信雄の墓。

Dsc05150 総門(勅使門)

「勅使山」の扁額が架かる。

Dsc05153 大釜

賀美村農協で醤油造りに使っていたもの。

Dsc05152 説明板

Dsc05158 神流川(かんながわ)は川幅は広いが流れは細い。

神流川古戦場跡

Dsc05154 説明板

本庄側の土手にある。

Photo 神流川渡場(英泉画)

神流川には二筋の流れがあり、その中央の中州まで板橋が架けられ、中州からは対岸の新町には舟で渡っている。

Dsc05164古戦場跡碑(新町側)

Dsc05167 見透灯籠(復元)

本物(本庄側と同じ文化12年に造られたもの。)は高崎市大八木の諏訪神社にある。新町では常夜灯を元に戻す交渉をしたがうまくいかず、昭和53年にこの常夜灯を復元したという。

Dsc05171 八坂神社

柳の大木があり、「柳の茶屋」があったという。

鳥居の右に芭蕉句碑「傘(からかさ)におしわけ見たる柳かな)

Photo_2説明板(芭蕉句碑)

Dsc05172 諏訪神社

Dsc05173 説明板①

Dsc05174 説明板②

Dsc05177 石鳥居

笠木の曲線が美しい明神鳥居。1基に元禄12年(1702)の銘があるという。

地中に埋まっているのではない。上部だけ保存されている。

Dsc05181 専福寺

玉石垣を盗むとは。

新町郵便局交差点で、佐渡奉行街道が北方向(右折)に分岐する。

Dsc05184 高札場跡

民家の玄関先に立っている。ここまでが笛木新宿で、ここから先が落合新宿。

Dsc05188 明治天皇行在所跡 《地図

Dsc05190 説明板

Dsc05196於菊稲荷 【ルート地図】の⑤

宝暦年間のこと。新町で売れっ子の飯盛女のお菊さん。ある日突然。医者にも見放される病にかかった。お菊さんは普段からお稲荷さんの信心が篤く、境内に小屋を作って養生させたらすっかり元気になった。その後、お菊さんは稲荷のお告げで巫女になり、何事も言い当てた。そしてこの稲荷を「於菊稲荷」、「おたすけ稲荷」と呼ぶようになったという由来話。

絵馬「武者絵」「遊女参詣」

Dsc05195水屋

「冰香」(ひょうこう)の筆跡は蜀山人の狂歌にも詠まれた、寛政の4大詩人の大窪詩仏のもの。

Dsc05193 説明板

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 2日 (月)

中山道(熊谷宿→本庄宿)

2009年10月23日

籠原駅(JR高崎線)・・・(国道17号)・・・旧中山道(県道264号・263号)・・・明治天皇小休所跡・・・鬼林稲荷社・・・馬頭観音・・・熊野大神社前・・・木曽御嶽山遥拝所・・・愛宕神社・・・国済寺・・・自性院六地蔵・・・日吉大神荒神社・・・庁鼻和館(こばなわやかた)外郭土塁跡・・・みかえりの松・原郷交差点・県道47号・・・東常夜灯・・・長福寺・・・行人橋(唐沢川)・・・本住町交差点・県道69号・・・金胎寺・・・(国道17号)・笛を吹く武者像・城址公園通り・・・深谷城址公園・・・本住町交差点・深谷宿・本陣跡(飯島印刷所)・呑龍院・西常夜灯・・・(高崎線)・・・清心寺・平忠度の供養塔・・・(高崎線)・・・宿根交差点・・・瀧宮神社・国道17号・・・正明寺・・・源勝院・・・高島秋帆幽囚の地・・・普済寺・・・岡部六弥太忠澄の墓・・・宝登神社(小祠)・・・旧道・・・島護(しまもり)産泰神社・・・中宿歴史公園・・・豊見坂・百庚申・八坂神社・・・(国道17号)・・・滝岡橋(小山川)・・・(県道45号)・・・道祖神・・・八幡大神社・宝珠寺・・・長屋門・・・子育地蔵堂・・・長屋門(内野歯科)・・・傍示堂跡あたり・円満寺・・・新泉橋(元小山川)・・・(国道17号)・県道392号・御堂(みと)坂・・・不動坂・・・本庄駅

 美濃の中山道から戻り、武州の中山道の続きをまたトロトロと歩く。今日のコースは歩道が分離していない所が多く、あちこち道路工事中で歩きにくかった。清心寺から出た所でカメラが写らなくなってしまい、携帯電話で撮るはめになった。思っていたよりも距離があり、本庄駅に着いたのが5時近く。ここから電車で帰宅するのもけっこうしんどい。そろそろ日帰りは無理になるだろう。

 中山道(鴻巣宿→熊谷宿)』の続き。
   本庄宿は、『本庄市の坂』(2007年3月14日)にも記載。

  【ルート地図

 写真をクリックすると拡大します。

Img_1906 明治天皇小休所跡 《地図

Img_1907 旧道(県道264号)

Img_1909 馬頭観音

両方ともかなり風化している。

Img_1913 熊野大神社参道

Img_1915 木曽御嶽山遥拝所

Img_1916 愛宕神社 《地図

Img_1922 国済寺黒門

ここは13世紀末に上杉憲英が築いた庁和鼻(こばなわ)の館跡。28ヘクタールに及ぶ広大な敷地だったという。房憲の時に深谷城を築き移転した。

Img_1918 山門

Img_1921 説明板

Img_1925六地蔵と道祖神(国済寺と国道17号の間)

六地蔵はここにあった国済寺の塔頭の自性院にあったもの。

Img_1924 説明板

Img_1929 日吉大神荒神社

近江の日吉神社より分祀した国済寺の鎮守。後年、荒神社を合祀した。

Img_1927 由緒

Img_1932 庁鼻和館北西隅外郭土塁跡 《地図

土塁の跡形らしきものは残らず。

Img_1930 説明板

Img_1937 みかえりの松(二代目) 【ルート地図】の①

深谷宿の遊郭(英泉画) 遊女と別れた旅人が、振り返りつつ江戸へ向った松。遊郭はどのあたりにあったのか?

Img_1938 説明板

深谷宿の東の入口

Img_1942 旧家

Img_1943 米屋

Img_1952 笛を吹く武者像 《地図

市制40周年を記念して立てられたもの。

Img_1958 北川千代文学記念碑「お父さんの村」

Img_1959 説明板

Img_1953深谷城址公園 【ルート地図】の②

上杉房憲が築城し、庁和鼻の館からここに移った。

Img_1954 公園内から石垣

Img_1963 造り酒屋の藤橋藤三郎商店

レンガ造りの煙突がいい。

Img_1966 本陣跡(細川印刷所)

上段の間、次ぎの間などが残るというが未公開。

Img_1967 説明板

「七ツ橋」という造り酒屋のようだが、今は営業していないようだ。

Img_1974 家並み

Img_1975 滝澤酒造 《地図

Img_1981 西常夜灯・呑龍寺

中山道で最大級の常夜灯という。

Img_1984 説明板

Img_1993 清心寺

Img_1988 薩摩守忠度の供養塔(清心寺境内)

源平の一ノ谷の戦で、岡部六弥太に討たれた平清盛の弟、平忠度の供養塔。岡部六弥太が建てたものという。山陽道の明石にも「忠度塚」がある。

Img_1987 説明板

  ここから先は携帯電話で撮った写真でほとんど拡大しない。

1 源勝院

岡部藩主の安部家の菩提寺

2 由緒

4高島秋帆幽囚の地 《地図

実際は客分扱いだったそうだ。

3 説明板

Photo_5 普済寺

Photo_4 岡部六弥太忠澄の墓 《地図

墓石を煎じて飲むと子が授かり、乳の出がよくなりといわれ、墓石が削られたという。

岡部氏は武蔵七党の猪俣党の出身。岡部六弥太忠澄の祖父の忠綱が岡部氏を名乗った。源平一ノ谷の合戦で薩摩守忠度を討ち取り名を上げた。

Photo_3 説明板

Img_1911 こんなポスタ-も中山道沿いに貼ってあった。

Photo_7 島護(しまもり)産泰神社

安産の神として、底の抜けた柄杓が奉納される。

Photo_6 説明板

Photo_8 中宿歴史公園 【ルート地図】の③

復元された奈良時代の校倉造の、年貢を一時貯蔵しておくための倉庫。

Photo_11 豊見坂 【ルート地図】の④

八坂神社、百庚申の前へ下る坂。

Photo_10 坂下近くに百庚申(左上は八坂神社)

万延元年(1860)の庚申の年に、有志13人で建てられたもの。

Photo_12 説明板

Photo_3 八幡大神社

手前に双体道祖神などがまとめられて置かれている。

Photo_4 説明板

ぼやけて読めない。

Photo_5 宝珠寺

入口に2体の地蔵さんが並ぶ参道。

Photo_2 助郷用の元長屋門か?

Photo 子育地蔵(小祠)・庚申塔・塞の神など

Photo 長屋門(内野歯科) 《地図

新しい門のように見える。

Photo_2このあたりは傍示堂という地名。武蔵国と上野国との境界(昔の)に傍示堂があったそうだ。

右は八坂神社の小祠らしい。中山道はこの手前を左にカーブして新泉橋を渡る。

Photo_6 御堂(みと)坂 【ルート地図】の⑤

小字名の「御堂(みとう)」からの名。御堂は寺のお堂ではなく、沢の入口などにつけられる「ミト」で、本庄台地を河川(女堀川?)跡が切り崩した、小さな谷状の出口。この「ミト」に御堂の字をあてたものと思われる。『地名と歴史』

Photo_3 坂の途中の庚申塔(文化元年(1804))と馬頭観音(宝暦13年(1763)に宿内の馬方が建立)

文政11年(1828)牧西村の無宿人勇吉が、仲間の無宿人が唐丸籠に入れられ佐渡に水替人足として送られるのを、ここで待ち伏せて破って助けだした。結局は逃げ切れず越後の新井宿で捕まり、御堂坂の下で磔になったという。

Photo_5 不動坂 《地図

大正院前の上って下る緩やかな坂。大正院不動堂と不動剣による坂名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

中山道(加納宿→河渡宿→美江寺宿→赤坂宿→垂井宿)

2009年10月15日

岐阜駅・・・加納天満宮・・・加納宿脇本陣跡・・・秋葉神社①・・・秋葉神社②・・・西番所跡・・・秋葉神社③・・・馬頭観音堂・・・西厳寺・・・阿賀多神社・(加納一里塚跡)・・・多羅野(だらり)八幡神社・天満神社・・・乙津(おっしん)寺(鏡島弘法)・鏡島稲荷神社・・・神明社・・・天満宮・・・南無地蔵尊堂・・・・河渡(ごうど)橋(長良川)・河渡の渡し跡あたり・・・馬頭観音堂(愛染堂)・・・河渡宿・一里塚跡・杵築神社・慶応橋(天王川)・・・馬場の地蔵・・・糸貫川・本田地蔵堂・・・中川橋・・・本田代官所跡・高札場跡・・・五六橋(五六川)・・・(樽見鉄道)・・・道標・美江寺宿・一里塚跡・高札場跡・美江神社・美江寺観音堂・美江寺城跡・・・千手観音堂・(新月橋)犀川・・・千躰寺・・・神明神社・・・長護寺川・・・大月浄水公園・・・鷺田橋(揖斐川)・・・良縁寺・・・白鳥神社・・・即心院・・・蓮生寺・・・小簾紅園(おずこうえん)・呂久の渡し跡・・・地蔵堂・新橋(平野井川・大垣市)・・・素盞(スサノオ)神社・・・三回り半道標・・・境橋(曽根排水路)・・・東の川橋・・・三ツ屋交差点・・・弘法大師爪彫薬師堂・・・稲荷神社・・・長徳寺・・・聖観音道標・・・七回り半道標・・・西浦橋・・・加納薬師道標地蔵・・・東赤坂駅(養老鉄道)・・・菅野橋(菅野川)・・・白山神社・・・青木一里塚跡・・・多賀神社・・・赤坂大橋(杭瀬川)・・・赤坂宿・赤坂港跡・浅間神社・御使者場跡・西濃鉄道市橋線跡・子安神社・・・兜塚・御使者場跡・廃線跡・・・昼飯(ひるい)大塚古墳・・・如来寺・・・(東海道線)・・・国府山延長寺・・・円興寺・・・白鬚神社・・・照手姫水汲み井戸・・・青墓よしたけ庵・小篠竹の塚・・・美濃国分寺跡・・・教覚寺・・・青野一里塚跡・・・平尾御坊道標・・・喜久一九稲荷・・・垂井追分道標・・・相川橋(相川の人足渡し跡・東の見付け跡)・・・垂井駅(東海道線)

 今回の中山道歩きの最終日は垂井宿まで。もう坂はないが街道沿い、宿場跡には見所も多く、まあ飽きることなく歩き通せた。勘違いして「小紅の渡し」に乗り損ねたのがちょっと悔やまれるが。

  この先は『中山道(垂井宿→柏原宿』へ続く。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_1483 脇本陣跡は工事中

マンションでも建つのか?

Img_1488 西番所跡 《地図

Img_1490 馬頭観音堂(西番所跡の先を右に入った左側)

Img_1492_2 道標も兼ねている馬頭観音

「谷汲」は西国三十三観音霊場の満願寺、第33番札所谷汲山華厳寺のこと。岐阜から赤坂までの中山道で北に向かう街道があれば、それはほとんど谷汲参道だそうだ。

Img_1495_2 多羅野(だらり)八幡神社・天満神社 【ルート地図】の①

このあたりの茶店で名物の「だらり餅」が売られていたそうだ。どんな餅だったのか?

終戦後まで街道沿いに松並木があったという。

Img_1496 周辺案内図

乙津寺の北側に「小紅(おべに)の渡し」(孝行娘が嫁ぐ時、渡し船から川面を鏡にして紅をさしたことに由来するという。)は今も運行中で無料らしい。今はない中山道の「河渡の渡し」と同じと思っていて乗り損ねた。

Img_1511 乙津寺(おっしんじ) 《地図

「鏡島の弘法さん」で親しまれている寺。日本三躰厄除弘法大師。

Img_1513 由緒

Img_1521 地蔵堂(河渡橋近く)

Img_1528 河渡(ごうど)橋から長良川上流(小紅の渡し)方向。

堰のようなもので川面に段差ができている。河渡の渡しは橋より下流にあった。

Photo_2 長良川の鵜飼(英泉)

Img_1539 小祠のあたりが「河渡の渡し跡」

Img_1532 馬頭観音堂(愛染堂)

Img_1534 縁起

Img_1535 馬頭観音

愛染明王だが地元では馬頭観音として信仰が篤い。

Img_1540 河渡宿 

Img_1541 一里塚跡 《地図

実際にはもう少し西側にあったようだ。

小祠は松下神社で左に戦災で欠けた碑が立つ。

Img_1544 上部の欠けた碑

Img_1543 説明板

Img_1547 杵築神社

Img_1557 馬場の地蔵堂

石の地蔵が2体祀られているようだ。

Img_1560 本田地蔵堂 【ルート地図】の②

お堂は新らしく建替えられたそうだ。

Img_1561 説明板

Img_1562 村人、旅人を守ってきた延命地蔵。文化6年(1809)の建立。

Img_1564 旧家

Img_1569 代官所跡

民家の前に説明板が立つ。

Img_1570 説明板

Img_1571 旧家

Img_1575 高札場跡

Img_1574 説明板

Img_1582 右に道標が立つ。

中山道は直進、谷汲道は右折。

Img_1583 道標

ここも「谷汲」とある。

Img_1584 案内図

Img_1588 美江寺一里塚跡

Img_1590 自然居士の墓入口

鎌倉時代後期の遊行僧で、粗末な身なりで鉦を叩き、般若心経などを説いたという。ここを入ると五輪塔がいくつも並んでいる。その内のどれかだろう。

Img_1591 造り酒屋布屋

Img_1605 美江神社 《地図

旧町内の日吉、八幡、貴船、神明宮を合祀している。

大鳥居の脇に高札場があった。

Img_1601 高札場

神社の境内に復元

Img_1603 美江寺観音堂(美江神社境内)

天平仏の十一面観音像(国重文)は、戦国時代に斉藤道三によって稲葉山城下の守護として現岐阜市の美江寺に移された。

Img_1607 美江寺城跡(左の中(なか)小学校の所)

戦国末期に美濃国土岐氏の武将だった和田氏の本拠地。応仁・文明(1460)の頃、和田八郎が城を構えた。土岐氏を退けた斉藤道三と反目し、天分11年(1542)9月の夜戦で焼失した。校庭の西隅に城壁(模型)と碑があるが見逃した。

Img_1609 本陣跡

建物は平成3年に取り壊され碑のみが立つ。

Img_1619 千手観音堂《地図

美江寺宿の西口にあり、「下の観音堂」として親しまれてきた。

Img_1621 千手観音

Img_1624 新月橋(犀川)から千手観音堂

新月橋は、はじめは寛文7年(1667)に勧進によって築造されたという。

Img_1625 千躰寺(正面)

自然居士の作と伝える千体仏を安置。

Img_1635 大月浄水公園 《地図

最近整備された公園のようだ。

Img_1641 宿の石柱の立つ遊歩道

Img_1636 説明板

Img_1637 案内図

Img_1638 美江寺宿(広重)

Img_1639 松並木(美江寺宿方向の写真)

終戦直前までの中山道

Img_1644 太陽、雨、風など遮るものはない今の明るい中山道。

Img_1645 富有柿

Img_1654 鷺田橋から揖斐川

Img_1660 良縁寺 《地図

Img_1658_2 白鳥神社

Img_1667 船頭頭(がしら)の馬淵家

Img_1672 小簾紅園(おずこうえん)(和宮ゆかりの公園)

呂久の渡しの船中で、「落ちて行く身と知りながらもみじ葉の 人なつかしく こがれこそすれ」と詠んだ。

Img_1670 説明板

Img_1674 呂久の渡し跡 【ルート地図】の③

揖斐川新川付替工事完成により東へ移り現在の揖斐川水流となり、呂久の渡しは終わった。

Img_1673 説明板

Img_1682 地蔵堂(新橋の手前)

中山道は新橋を渡り右(西)へ曲がり堤防上へ上がる。

Img_1688 平野井川対岸の神明社の前が「柳原一里塚跡」《地図

中山道からはかなり離れている。鳥居の左側に説明板と碑が立っているようだ。

Img_1692 中山道三回り半道標

昔はぐねぐねと三度も廻って西へと向っていたので「三回り半」と呼ばれたというが・・・。

Img_1693 和風と洋風の家

石塀に囲まれた一つの家のようだ。

Img_1701 岐阜経済大学が右手に

Img_1704 弘法大師爪彫薬師堂 《地図

薬師像は見えず。

Img_1710 道標聖観音菩薩

Img_1712 善光寺と谷汲山華厳寺への道標

Img_1716 七回り半道標

このあたりの中山道は前の「三回り半」よりも曲がりくねっていたのだろうか?

Img_1721 加納薬師道標

加納薬師如来とは北方向1kmほどにある香林院か円受寺のことか?

Img_1719 地蔵さんの下が道標になっている。

Img_1734 青木一里塚跡(左の民家の前に石柱が立つ。

Img_1742 赤坂宿御使者場跡

他の宿の番所、木戸などに当たるもの。

Img_1744 赤坂港跡 【ルート地図】の④

Img_1740 杭瀬川、赤坂港(広重)

Img_1756 説明板

Img_1746赤坂港会館

Img_1762 本陣跡

赤坂本陣公園になっている。

Img_1759 説明板

Img_1763 家並み

Img_1766 ここにも「谷汲街道」道標

Img_1769 説明板

Img_1771 旧家

Img_1775 脇本陣跡

今は榎屋旅館で営業中?

Img_1777 説明板

Img_1779 「中山道赤坂宿五七」商店

Img_1780 妙法寺

大垣藩家老の家に生まれた戸田三弥と赤坂宿出身の幕末の蘭医学志士所郁太郎の墓がある。

Img_1781 説明板

Img_1782 お嫁入り普請探訪館

「お嫁入り」とは和宮の降嫁のこと。

Img_1784 説明板

Img_1788 兜塚・御使者場跡

Img_1790 説明板

Img_1794 何の線路だったのか?

兜塚のすぐ先。

Img_1795 雑草に覆われている。

Img_1800 昼飯大塚古墳

県内最大の前方後円墳

Img_1804 整備中

Img_1805 整備後はこのようになる。

Img_1806 現在の航空写真

Img_1821 如来寺

Img_1817 由来

善光寺への道標が多いのも納得。

Img_1820 「昼飯町」の由来

「ひるめし」→「ひるいい」→「ひるい」

Img_1830 旧家

Img_1833 照手姫の水汲み井戸 【ルート地図】の⑤

小栗判官照手姫」の伝説の地

Img_1834 説明板

Img_1841 青墓よしたけ庵

Img_1838 説明板

青墓町に残る義経にまつわる伝説

Img_1839 説明板

左の五輪塔が遊女となった照手姫の墓。

Img_1855 美濃国分寺跡

右奥に現在の美濃国分寺

Img_1852 説明板

Img_1851 伽藍配置

Img_1861 教覚寺

寺子屋としても使われたようだ。

Img_1858 縁起だが

Img_1862 教覚寺、国分寺への道標を兼ねた常夜灯

Img_1865 青野一里塚跡

後ろは大神宮の石灯籠

Img_1870 平尾御坊道標と地蔵

北に600mほどで平尾御坊願寺がある。

Img_1879 地蔵堂(手前)・馬頭観音堂(奥)

つっかえ棒で立っている地蔵堂

Img_1875 馬頭観音堂の格子戸から覗くと、観音さんの頭上に馬の頭が。観音さんは重そうな顔をしているようにも見えるが気のせいか。

Img_1883 垂井追分道標

ここから垂井宿と東海道の宮宿を結ぶ「美濃路が分岐している。この道標は中山道にある道標中、7番目くらいの古さという。

Img_1885 説明板

Img_1889 相川橋から相川 《地図

人足渡し場跡・垂井宿の東の見付け跡

Img_1891 説明板

Img_1892 説明板

Img_1898 垂井駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »