« 日光西街道(壬生通)②(壬生宿→楡木宿) | トップページ | 日光西街道(壬生通)④(板橋宿→今市宿→)・日光街道(鉢石宿→日光東照宮) »

2010年1月25日 (月)

日光西街道(壬生通)③(楡木宿→奈佐原宿→鹿沼宿→文挟宿→板橋宿)

2010年1月21日

楡木駅(東武日光線)・・・成就院・・・奈佐原宿・・・光明寺・・・猿田彦神社・・・押原神社・・・鹿沼宿・(鳥居跡・雲龍寺・薬王寺・本陣跡・大日如来堂・今宮神社・鹿沼城址・星宮神社・塩なめ地蔵(松源寺))・・・御成橋(黒川)・・・下野不動尊・呑龍寺・・・並木寄進碑・・・小倉一里塚跡・・・延命地蔵尊・文挟宿・・・二荒山神社・・・板橋一里塚跡・三本石・・・板橋宿(本陣跡・福生寺・栖克神社)・・・下野大沢駅(JR日光線)→宇都宮駅・・・ホテルサンルート宇都宮

 春のようなぽかぽか陽気で、上着を脱いで歩いても暑いくらいだった。見どころの多い鹿沼宿から日光連山の眺めのいい御成橋を渡り、杉並木の間を壬生通り最後の板橋宿まで行く。去年の11月から日光関連諸道を歩いてきたが明日はいよいよ今市宿で日光街道へ入り、本丸の日光東照宮へ討ち入りだ。今日は宇都宮へ泊まり、ビールを飲んで餃子を食べながら明日の作戦を練って、早めに寝ることとしよう。

  *参考:『鹿沼観光だより

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_5878 成就院の「しだれあかしで」 【ルート地図】の①

2代目の木で「とちぎ名木百選」。

Img_5888 奈佐原文楽用具収蔵庫

Img_5889 説明板

Img_5901 ここを左に曲がって東武日光線を越えると、「泣き相撲」で有名な生子(いきこ)神社がある。

説明板の後ろはもみやま保育園。園児の何人かは、赤子の時に「泣かせ相撲」で泣かされたことだろう。親が3500円も払って、なぜわざわざ泣かされるのか。人の世の不条理を初めて味わったことももう忘れたのか、「泣き相撲」のおかげで元気に育ったのか、大声を上げて無邪気に遊んでいる。

Img_5891 「泣き相撲」のいわれ

説明不足の感じがするが。

Img_5902 光明寺

山門には屋台彫刻と同じ見事な彫り物が施されている。

門は閉まっていて寺の回りをうろついていたら、怪しまれたのか寺の奥さんから「お参りですか」と声を掛けられた。仏像泥棒が多いので閉めているのだそうだ。

Img_5903この寺には確かに鎌倉時代の仏像があるようだが。

Img_5907 「○道」?

猿田彦神社への参道の意なのか?

Img_5908 猿田彦神社

Img_5911 押原神社

平将門の乱の際に、平定盛、藤原秀郷が戦勝を祈願したという。

境内左手に「竜神の泉」があるというが気がつかなかった。

Img_5912 由来

Img_5916 鳥居跡(とりいど) 《地図

源頼朝が日光山の遠鳥居を建てた跡。今は正面の分岐点に二荒山神社の小祠が建つ。ここから鹿沼宿で、右は旧来からの田町通りで、左が鹿沼宿が整備される時に造られた内町通りで、ここを進む。

Img_5919 説明板

Img_5923 雲龍寺

「鈴木石橋の墓」がある。鈴木家は本陣家で、石橋の開いた私塾の門下生に寛政の三奇人の一人の宇都宮宿で生まれた蒲生君平がいる。今でも地元では「石橋(せききょう)先生」と敬われているそうだ。

Img_5924 説明板

Img_5941 鈴木石橋①

Img_5943

Img_5927 中野屋酒店

Img_5948 大坂屋箒屋店

「鹿沼屋台夢箒」のとおり、2階からもほうきがぶら下がっている。 鹿沼箒は鹿沼の名産で、「箒屋千軒」とも呼ばれていたが、今は数軒だけとか。

Img_5965 旧家

Img_5929 薬王寺

Img_5930 説明板

Img_5933三代将軍家光公「鎧塔」

左が由来碑のようだが、読むのを忘れ写真も撮らず、どんな由来があるのか分からず。日光社参の折に家光が献じたものにしては少し粗末の感じがする。家光の鎧(よろい)をここに掛けたのか? 日光社参に鎧をつけては行かないと思うが。

Img_5935 大日如来堂

大日如来像は33年に一度の開帳らしい。

Img_5937 本陣跡の「石橋のさと」公園 《地図

左隣の街道に面している鈴木内科が本陣家。

Img_5939 説明板

Img_5944 本陣鈴木家の蔵

Img_5959 仲町屋台公園の屋台展示収蔵庫 《地図

鹿沼の彫刻屋台

Img_5958 説明板

Img_5957 仲町屋台

白木彫刻屋台だがガラス越しの見学。屋台造りが過熱して、「彩色彫刻黒漆塗屋台」にまで出現し、ついには幕府から華美禁止令が出されてしまった。それならばと、白木の彫刻のより絢爛華麗な彫刻屋台を造り出したそうだ。

Img_5960 掬翠(きくすい)園

明治から大正時代の鹿沼屈指の麻商だった長谷川唯一郎の造営の庭園。鹿沼の三名園で現存する唯一のもの。泉池?に水がないせいか、殺伐とした感じがする。

Img_5968 今宮神社

鹿沼城の鎮守。毎年10月の例大祭には、絢爛豪華な彫刻屋台が繰り出す。

Img_5979 由緒

Img_5977 鹿沼城址(御殿山公園の本丸跡の野球場) 【ルート地図】の②

大永3年(1523)の宇都宮氏と皆川氏の川原田合戦で、皆川氏を援けた壬生綱房が天文元年(1532)に築城。

Img_5975 説明板

Img_5989 星宮神社 《地図

小さな社だが地元の彫物師の彫刻で飾られている。屋台の彫刻と同じ技術なのだろう。

Img_5988 説明板

Img_6000 塩なめ地蔵堂(松源寺) 【ルート地図】の③

元禄年中(1688~1703)に大谷石で造られた延命地蔵で、塩を供えて願掛けをするとご利益があるという。

Img_5999 お堂の前の袋入りの塩

堂内にも塩が積まれている。

Img_6003 松源寺先の旧家

Img_6012 御成橋から日光連山

左が男体山

Img_6022 歩道が分離していて歩きやすい道を行く。

Img_6028 並木寄進碑 《地図

Img_6029 説明板

Img_6031 杉並木の間を行く。

むろん車も通るのであまり楽しくはない。

Img_6038 小倉一里塚跡 【ルート地図】の④

Img_6040 反対側の塚

Img_6046 追分の廻国念仏供養塔道標(右の木の根元) 《地図

国道121号の文挟(ふばさみ)交差点の所。手前が壬生通で右が鹿沼方向、正面方向(道標の左方向)はJR日光線の文挟駅へ。

Img_6048 「右鹿沼 出流 岩舩 左大谷 田下 宇都宮 道」

宝暦12年(1762)の建立

Img_6052 延命地蔵堂(前の道標のすぐ先の左側)

このあたりから文挟宿なのだが宿場の面影や家並みは残っていない。

Img_6053 延命地蔵尊

冬で赤い毛糸の帽子とセーターか。一年中この恰好では可哀そうだよ。

Img_6056 文挟宿「問屋場」跡

今も看板に「問屋」と標示している。この向い側が本陣跡らしい。

Img_6059 二荒山神社

鳥居の前に昭和24年12月の大地震の「震災復興記念碑」が立つ。この時の地震は街道にも被害を与え、杉並木がずれて街道も一部分移動してしまった。そこは明日歩く「地震坂」となって今でも名をとどめている。

左は江戸時代に飢饉などに備え、村民が共同で建てた食料備蓄倉庫の郷倉。

Img_6072 レストラン「例幣使」はつぶれたようだ。すぐ先が板橋一里塚。

Img_6073 板橋一里塚・三本石・小祠 【ルート地図】の⑤

Img_6074「三本石」

どんな由来か?

Img_6077小祠内

弥勒菩薩?

Img_6085 板橋宿の本陣大貫家跡地

この先に大貫屋酒店がある。後ろは板橋城があった城山(443m)。板橋城は永正年間(1504~1520)に宇都宮一族の日光山遊城坊が設けた里坊の館だった。その後、天文年間(1532~1554)に後北条氏が同盟軍の壬生氏のために派遣した板橋将監がこの城を拠点とした。壬生氏の滅亡とともに板橋氏も滅び廃城となったという。

Img_6088 栖克(すみよし)神社

祭神は祭神は中筒男命

Img_6089 福生(ふくしょう)寺

Img_6091 参道入口の本多正盛の墓

東照宮造営の副奉行で、同僚と争論して自刃。

Img_6090 説明板

Img_6092 昔風の旧家が集落はずれにぽつんと建っている。

この先で杉並木の間の道となる。

Img_6097すぐに上り坂となるが、これは地震坂ではない。歩道がなく歩きづらい道だ。しばらく進み、右へ曲がって街道から離れて下野大沢駅に向った。

Img_6104_2 二宮尊徳像

下野大沢駅のそばの小公園内

 

|

« 日光西街道(壬生通)②(壬生宿→楡木宿) | トップページ | 日光西街道(壬生通)④(板橋宿→今市宿→)・日光街道(鉢石宿→日光東照宮) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/47385769

この記事へのトラックバック一覧です: 日光西街道(壬生通)③(楡木宿→奈佐原宿→鹿沼宿→文挟宿→板橋宿):

« 日光西街道(壬生通)②(壬生宿→楡木宿) | トップページ | 日光西街道(壬生通)④(板橋宿→今市宿→)・日光街道(鉢石宿→日光東照宮) »