« 日光東往還⑤(結城宿→多功宿→日光街道追分) | トップページ | 日光西街道(壬生通)②(壬生宿→楡木宿) »

2010年1月22日 (金)

日光西街道(壬生通)①(喜沢の追分→飯塚宿→壬生宿)

2010年1月18日

小山駅(JR宇都宮線)・・・日光街道(県道265号)・・・喜沢の追分(喜沢東交差点)・日光西街道(県道18号)・・一里塚跡・・・小山ゴルフクラブ内古墳・・・東島田子育地蔵尊・・・大日山美術館・・・扶桑歩道橋・・・半田橋(姿川)・・・七面堂・妙典寺・飯塚宿・・台林寺・天満宮・・・摩利支天塚古墳・・・琵琶塚古墳・・・伝紫式部の墓・・・しもつけ風土記の丘(防人街道・下野国分尼寺跡・下野国分寺跡)・・・県道18号・・・飯塚一里塚跡・・・紫雲寺・・・花見ケ丘交差点・・・県道44号・・・蓮華寺・・・県道18号・・・御成橋(黒川)・・・壬生一里塚跡・・・縄解地蔵尊・・・(東武宇都宮線)・・・壬生宿・蘭学通り・・・脇本陣跡・・・壬生駅(東武宇都宮線)

 日光西街道(壬生通)は、日光街道(奥州街道)の喜沢の追分から北西に入り、飯塚宿、壬生宿を経て楡木宿で日光例幣使街道と合流し、奈佐原宿、鹿沼宿、文挟宿、板橋宿を通って今市宿で再び日光街道と出会う。宇都宮宿経由の日光街道よりは2里ほどの近道となる。「奥の細道」の旅で芭蕉はこの道をたどり、「室の八島」に参詣して日光へ向った。芭蕉らよりはゆっくり、のんびりと日光を目指す。

  【ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_5498 喜沢の追分(喜沢東交差点)【ルート地図】の①

日光街道は直進し、右へ細い旧道に入る。日光西街道は斜め左に曲がる県道18号。

Img_5503 小山ゴルフ場の間を抜けて行く。

ゴルフ場内に一里塚、古墳群が残っている。

Img_5507 日光街道西一里塚跡(西側の塚)

ゴルフ場内にある。

Img_5504 説明板

Img_5515桑57号墳(復元) 一里塚の先の左側

もとは全長36mの帆立貝形古墳で、5基の喜沢古墳群の主墳だった。出土した歯から被葬者は30歳前後の女性と判明した。『探訪とちぎの古墳』

卑弥呼と同じシャーマン、巫女的な首長だったのだろう。

Img_5511 説明板

Img_5512 説明板

Img_5516 東島田子育地蔵尊 《地図

右の坐像の地蔵は享保12年(1727)の建立。

Img_5520 地蔵などの石仏4体

子育地蔵のすぐ先の街道の左側

Img_5525 大日山美術館

古い農家を移築、改築した絵画、版画、陶芸品などの美術館だそうだ。

Img_5528 扶桑歩道橋脇の馬頭観音、庚申塔など

Img_5540 半田橋から日光連山

Img_5545 七面堂

「末法鎮守七面大明神」の石柱が立つ。向い側は妙典寺。

Img_5550 飯塚宿の家並み

宿場の面影は残らず。

Img_5553 旧家

この向い側の空き地が鈴木本陣跡

Img_5556 右のそば屋「よろずや」の向い側が脇本陣の谷田貝家だそうだが今は普通の民家になっている。

Img_5559 台林寺

Img_5564 天満宮

「奥の細道」の旅で芭蕉と曽良はここから思川の河原へ出て、室の八島(大神神社)へ向ったようだ。

Img_5571 摩利支天塚古墳(前方部の斜め後ろから)

全長117mの栃木県で最大規模の前方後円墳

Img_5575 説明板

Img_5574 墳形図

Img_5579 後円部上の 摩利支天

Img_5594 琵琶塚古墳(後円部上から前方部方向)

全長123mの栃木県で最大の前方後円墳

Img_5589 説明板

Img_5590 墳形図

Img_5607 伝紫式部の墓 【ルート地図】の②

「伝承」ともいえない由来話だ。小さい方は侍女の墓だと辻褄合わせのような話があるが、大きさに差はないように見える。

Img_5606 説明板

Img_5608 しもつけ風土記の丘・天平の丘公園案内図

Img_5614 防人街道

伝紫式部の墓の南側からから東へ国分尼寺跡の方へ通じている。

Img_5631 説明板

Img_5622 下野国分尼寺跡

南大門跡あたりから

Img_5629 説明板

Img_5627 伽藍配置図

国分尼寺に塔はない。

Img_5642 下野国分寺跡

右の木の後ろが七重塔跡

Img_5636 説明板

Img_5637伽藍配置

Img_5645 飯塚一里塚跡 【ルート地図】の③

小ぶりだが2基残っている。

Img_5643 説明板

Img_5646 紫雲寺

寛政元年(1789)に尾張国からの女人二人(お似呂さん)の関東二十四旧蹟巡拝者が国分寺の親鸞上人済度の「蛇骨経塚」が荒廃しているのを嘆き、壬生城主の鳥居丹波守に願い出て、篤信の越後の農夫を開山として開基した寺という。

Img_5647 由緒碑

関東二十四旧蹟は親鸞上人ゆかりの地で、「蛇骨経塚」はその一つだろう。

親鸞上人大蛇済度の伝説は、「鎌倉時代の初め頃、浮気した夫とその相手を食い殺した女が大蛇と化して里人を苦しめていた。この地を訪れた親鸞上人がこの大蛇を済度し、大蛇は菩薩の姿となって往生した。」 大蛇の骨を経典と一緒に埋めたのが蛇骨経塚で、この先の花見ケ丘交差点を左に入った蓮華寺にある。大蛇が往生した時に空から蓮華の花が降ってきたので蓮華寺で、花見ケ丘の地名が起こったとか。

Img_5653 紫雲山蓮華寺

本堂は改築工事中で境内に入るのは遠慮したが、蛇骨経塚(境外か?)と、今は涸れた「大蛇済度の池」があるというのを後で知った。

Img_5664 壬生一里塚跡 【ルート地図】の④

壬生城の城主は将軍の日光社参の際にはここで出迎えたそうだ。

Img_5666 説明板

Img_5668 花之木神社

Img_5670 縄解地蔵堂 【ルート地図】の⑤

壬生に初めて城を築いた、小槻彦五郎胤業が京都から勧請して祀った地蔵尊。縄解きは、苦しみから解放される事で、信仰によって罪ある者さえ解放されるという意。京都市中京区壬生寺の「延命地蔵尊」、三重県名張市(壬生村)の「縄目地蔵尊」とともに、日本三体地蔵尊と呼ばれている。4月にお祭を開催。子授け・安産・子育・冤罪に霊験あらたかという。

地蔵さんは33年に一度の開帳。庶民の守り仏なのだからそんなけちなこと言わないで欲しいよ。

Img_5682 壬生宿の旧家

Img_5684 交番の向い側の旧家

この先の壬生宿の中心の蘭学通りは次回歩く。

|

« 日光東往還⑤(結城宿→多功宿→日光街道追分) | トップページ | 日光西街道(壬生通)②(壬生宿→楡木宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/47362649

この記事へのトラックバック一覧です: 日光西街道(壬生通)①(喜沢の追分→飯塚宿→壬生宿):

« 日光東往還⑤(結城宿→多功宿→日光街道追分) | トップページ | 日光西街道(壬生通)②(壬生宿→楡木宿) »