« 東海道(藤沢宿→平塚宿→大磯宿) | トップページ | 東海道(小田原宿→箱根湯本) »

2010年2月 9日 (火)

東海道(大磯宿→小田原宿)

2010年2月1日

Img_7105 二宮駅(東海道線)・・・国道1号・・・(東海道線)・・・神明神社・・・吾妻神社・・・国道1号・・・旧道・・・小澤寺・・・等覚院・・・道祖神・国道1号・・・茶屋の薬師堂・・・旧道・梅沢の一里塚跡⑱・松屋本陣跡・押切坂(上の写真)・・・国道1号・・・押切橋(中村川)・・・浅間神社・・・車坂・・・(国府津駅前)・・・勧堂・・・真楽寺・・・親木橋(森戸川)・・・小八幡の一里塚跡⑲・・・三宝寺・・・大見寺・・・川辺本陣跡(ゆりかご園)・酒匂不動尊・・・酒匂神社・・・法船寺・・・連歌橋・酒匂橋(酒匂川)・・・呑海寺・・・上杉龍若丸の墓・・・昌福禅院・・・山王橋(山王川)・・・山王神社(星月夜の井戸)・・・北条稲荷(蛙石)・・・小田原宿・江戸口見附跡・山王原の一里塚跡⑳・・・新宿交差点・蹴上坂下・・・足柄観音第19番・・・本源寺・・・泪橋跡・・・大工町・・・小田原駅

  ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_7066 吾妻神社参道

朝からいきなりの山登りで、昨日のビールが汗となって噴き出てきた。

Img_7063 参道から相模湾

Img_7056 吾妻神社 【ルート地図】の①

日本武尊(ヤマトタケル)と弟橘媛の伝説地。弟橘媛の櫛を埋めた埋沢が梅沢に、袖が流れ着いた海岸が袖ヶ浦とか。

Img_7058 由緒

Img_7076 小澤寺

相模新四国三十三観音霊場第3番。十一面観音を祀る。

Img_7080 藤巻寺(等覚院)の藤

家光も愛でたという。相模新四国三十三観音の第1番札所。

Img_7079 説明板

Img_7086道祖神から吾妻山を振り返る。ここで国道1号に合流する。 《地図

Img_7093 茶屋の薬師堂 《地図

Img_7091 説明板

Img_7092 薬師如来像

高さが261cmもある坐像でちょっとびっくり。

Img_7094 国道1号の押切坂

Img_7096 梅沢の一里塚跡(日本橋から18番目) 《地図

あたりには「梅沢の立場」で、茶屋、商店が並び賑わっていたという。

Img_7095 説明板

Img_7097 松屋本陣跡(一里塚のすぐ先の押切坂の坂上近く)

大磯宿と小田原宿の間(あい)の宿

Img_7098 説明板

Img_7101 押切坂 川匂神社入口交差点から西に下る旧東海街道。 【ルート地図】の②

下って国道1号に合流する。

Img_7117 車坂 南西に下る国道1号 【ルート地図】の③

「鳴神の 声もしきりに車坂 とどろかしふる ゆう立の空」と平安紀行(太田道灌の作とも伝う)に詠まれた坂。

Img_7121 説明板

Img_7123 崩れかけた土蔵

Img_7124 双体道祖神をあちこちで見かける。

Img_7133 勧堂(跡)(真楽寺の手前を左に入った所)

親鸞上人が7年間布教に努めたという旧蹟

Img_7138 真楽寺 《地図

ここも親鸞上人旧蹟。「マリア観音像」があるというが、姿は見えず説明板にも載っていない。

Img_7140 説明板

Img_7144 小八幡の一里塚跡(江戸から19番目)

「一里塚」バス停近く。北方向に八幡神社がある。

Img_7146 説明板

Img_7156 旧川辺本陣跡 【ルート地図】の④

今は社会福祉法人「ゆりかご園」となっていて、本陣の説明板などはない。

Img_7162 長い黒板塀が見事だ。

Img_7164 酒匂神社

Img_7165 由緒

Img_7167 法船寺五重塔 《地図

ミニチュア版だ。

Img_7171御手引地蔵

日蓮上人御開帳とある。

Img_7175 連歌橋(下菊川)

どんないわれがあるのか? 調べても分からず。今は川の流れも見えないただの車道だが。

Img_7178 酒匂橋から眺めていると、ウォーキング中のおばちゃんが「鹿がいるよ」と教えてくれた。ここではよく見かけられるらしい。

Img_7179 河原に鹿が2頭、近くにもう1頭いる。草の芽でも食べているようだ。

Img_7186 新田義貞首塚 《地図

義経の首塚、弁慶の首塚といい、敗残者の末路は哀れだ。

Img_7184 説明板

Img_7192上杉龍若丸の墓(山王小学校校門左脇) 《地図

これも戦国時代の哀史。

Img_7193 説明板

Img_7195中央後ろの背の高いのが龍若丸の五輪塔。

Img_7197 昌福禅院

街道から山門へ向う風情ある参道。

Img_7202 山王神社

Img_7203 由緒

Img_7204 星月夜の井戸

神社とともに井戸も移ってきたというから可笑しい。「新星月夜の井戸」か。

Img_7207 北条稲荷神社 《地図

Img_7209 リアルなお狐さんだ。狐というより犬か狼のようだ。腹の下にも子狐がいる。

Img_7212 蛙(かわず)石(北条稲荷境内)

もとは小田原城内にあったという。異変が起こる前には必ず鳴き出す石で、小田原城落城の時には盛んに鳴いたと伝える。地上に見えるのは先端の一部で、土中に深く埋まっているとか。

Img_7211 由来

Img_7214 小田原宿上方見附跡・山王原の一里塚跡(江戸から20番目) 【ルート地図】の⑤

Img_7216 説明板

Img_7221 新宿町交差点

Img_7224 旧家

新宿交差点を渡った左側。「土地管理公社管理地」の掲示板が掛かっている。

Img_7230 足柄観音十九番札所

Img_7236 本源寺

Img_7238 六道能化地蔵(本源寺境内)

Img_7239 向い側には負けずに七福神の石像が。

|

« 東海道(藤沢宿→平塚宿→大磯宿) | トップページ | 東海道(小田原宿→箱根湯本) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/47521914

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道(大磯宿→小田原宿):

« 東海道(藤沢宿→平塚宿→大磯宿) | トップページ | 東海道(小田原宿→箱根湯本) »