« 顔振峠→越上山 | トップページ | 東海道(藤沢宿→平塚宿→大磯宿) »

2010年2月 1日 (月)

東海道(藤沢宿)・藤沢市の坂

2010年1月29日

Img_6665 藤沢駅(JR東海道線)・・・鼻黒稲荷大明神①・・・金砂山観世音菩薩堂・鼻黒稲荷大明神②・・・藤沢橋(境川)・・・遊行寺坂・江戸方見附跡・・・諏訪神社・・・遊行寺・いろは坂・・広小路跡・・遊行寺橋(境川)・江島道分岐地点・・・藤沢宿本陣跡・・・常光寺・・・永勝寺(飯盛女の墓)・・・義経首洗い井戸・・・白旗神社・・・(小田急江ノ島線)・・・石名坂①②・・・観音坂・・・柏山稲荷神社・・・本願寺・・・ふるさとの森・・・大庭神社・引地川親水公園・・・成就院・・・堂明坂・・・善行坂・・・仏坂(上の写真)・・・大久保坂・・・鷹匠橋(境川)・・・遊行寺橋・・・藤沢駅

 東海道の藤沢宿とその周辺の坂道散歩です。

 ルート地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_6492 鼻黒稲荷大明神②(左)・金砂山観世音菩薩堂(右) 《地図

「鼻黒」とはどんな由来があるのか? お狐さんの鼻が黒いというだけの話か?

Img_6488 観音堂は子育安産帯解観世音菩薩

Img_6504 遊行寺坂(坂上方向) 遊行寺の東側を北東に上る東海道の坂。 【ルート地図】の①

東海道藤沢宿の(江戸方)見附跡。道路向うは諏訪神社。

Img_6503 坂下方向

遊行寺を藤沢道場ともいったことから「道場坂」とも呼ぶ。

Img_6500 諏訪神社

藤沢七福神の大黒天

Img_6498 由緒

Img_6506 敵御方供養塔(応永25年(1418)の造立) 《地図

上杉禅秀の乱」の敵と味方双方の戦死者の供養塔

Img_6505 説明板

Img_6507 遊行寺

時宗総本山の藤沢山(とうたくさん)無量光院清浄光寺が正式名

Img_6508 由緒

Img_6509 境内図

総門(黒門)から上る参道の石段が「いろは坂」

Img_6514 小栗判官の墓(長生院墓地) 《地図

各地に残る「小栗判官照手姫伝説」の一つ。「目洗いの池」もある。

Img_6521 説明板

藤沢の「小栗判官照手姫伝説

Img_6519 照手姫の墓

中山道の赤坂宿の先の青墓町にも墓と「照手姫水汲井戸」がある。

Img_6520 照手姫建立の厄除け地蔵

Img_6510 智恵地蔵

これが地蔵か? どう見ても太ったおばさんのようだ。

Img_6524 いろは坂(坂下方向)

阿弥陀如来の四十八願にちなみ48段なのでこう呼ばれているそうだが、段差が少なく石畳という感じだ。段数も48段なのか数えなかった。

Img_6527 板割の浅太郎の墓 《地図

ご存知、国定忠治の子分。坊さんになったとは知らなんだ。

Img_6526 説明板

Img_6530 総門から「いろは坂」

門前から遊行寺橋(大鋸(だいぎり)橋)あたり一帯が火除け地の広小路で、東海道の「三曲り」として有名だった。

Img_6531 広小路説明板

Yugyoujibasi藤沢宿(本陣1軒・旅籠49軒・人口4819人・家数919軒・(天保14年))

大鋸橋(遊行寺橋・境川)、後方は遊行寺。銅の大鳥居は「江島道」の入口の「江の島弁財天」の一の鳥居。

Img_6540 藤沢宿の旧家

紙問屋のようだ。

Img_6544 小松屋 《地図

飯盛女の墓を建てた旅籠の小松屋は、ラーメン店になっている。

Img_6542 ここを入った藤沢公民館と市民病院の間に将軍家の宿泊施設の藤沢御殿があった。

Img_6547 本陣蒔田家跡(小松屋の斜め向い)

ここもラーメン店

Img_6549 常光寺

藤沢七福神の福禄寿

Img_6551 阿弥陀如来像

本尊がちゃんと開帳されている。やっぱり本物はいいねえ。南北朝期の作という。

Img_6550説明板

Img_6553 庚申塔

Img_6552 説明板

Img_6562 永勝寺の飯盛女の墓

旅籠を営んでいた小松屋源蔵が建てた39基の墓。

Img_6556 説明板

Img_6558 「施主小松屋源蔵」と刻まれている。

Img_6568 義経首洗い井戸・首塚碑(左)

Img_6564 説明板

北に「義経首塚」があるらしい。

Img_6572 白旗神社毘沙門堂

左上が社殿。頼朝が義経の怨霊を恐れて祭神に加えたのだろう。

Img_6570 由緒

Img_6576 石名坂① 本藤沢1丁目からカーブしながら北西に県道石名坂立石線まで上る坂。《地図

「石名」は石の多い土地という意味で、岩手県奥州市の水沢、宮城県仙台市、神奈川県座間市(海老名市との境)にもある。仙台市の坂は江戸吉原で売れっ子となった遊女の石名太夫と結びつけ、座間市の坂はお品という娘の人柱伝説として語られている。

Img_6591 坂下方向

Img_6595 石名坂②(坂下方向) 国道1号の石名坂橋から北西から北東に県道石名坂立石線まで上る坂。《地図

県道を横切って①の坂上近くに出るのが旧道か?今は県道石名坂立石線を石名坂と呼ぶのだろう。

Img_6596 坂下方向

石名坂橋の所。

Img_6599 池ノ辺遺跡

観音坂の坂上の藤沢市中央卸売市場あたり。

Img_6598説明板

Img_6602 観音坂(坂下方向) カーブして北方向に上る坂。 【ルート地図】の②

昔は坂上近くの老人福祉センターあたりにあった高座郡三十三ヵ所観音霊場の本願寺への坂。今は本願寺は坂下を進んだ所にある。

Img_6616 観音坂改修碑

Img_6617 坂上方向

左が老人福祉センターで本願寺があった所。

Img_6611 柏山稲荷・柏山公園

Img_6612 本願寺の庚申塔など

右端が観音坂ゆかりの高座郡三十三ヵ所観音霊場の「三十三番供養塔」。本願寺は4番札所で、昔は観音坂の坂上近くの老人福祉センターあたりにあった。今は風化、摩滅して文字は全然読めない。

Img_6627 大庭(おおば)神社

大庭景親、菅原道真を祀る御霊神社か。

鐘をついて離れないおっさんがいる。

Img_6626 梅も見ごろが近い。

Img_6628 由来

Img_6630 成就院

愛染明王は本尊。大庭神社の別当寺だった。

Img_6631 説明板

Img_6632 引地川沿いの低地から右の丘陵地を越えるのが堂明坂

Img_6633 堂明坂(坂下から) 何度もカーブして東方向へ上る長い坂。 【ルート地図】の③

堂明の由来が分からず。

Img_6635 坂下方向

Img_6637 坂上方向

峠越えのような坂道だ。

Img_6657 善行(ぜんぎょう)坂 善行1丁目から南東に上る坂。《地図

善行市民センターあたりにあった善行寺へ通じる坂だったのだろう。

Img_6659 坂上近くから

下は小田急江ノ島線。

Img_6664 仏坂(坂上から) 江ノ島線の東側を北に上る坂。【ルート地図】の④

これも善行寺への道。坂上で善行坂の坂上に出る。

Img_6666坂上方向

Img_6670聖園女学院の東側を上る国道467号

途中の歩道橋の下から大久保坂が下っている。

Img_6674 夕暮れ間近な藤沢市街地

Img_6675 大久保坂(坂下方向) 国道467号から南東に下る坂。 【ルート地図】の⑤

下り始めはすごく急だ。坂下の藤沢宿の大久保地区への坂ということか。この坂もかつては国道を横切り、聖園女学園の敷地内を上って仏坂の坂上あたりに通じていたのだろう。

Img_6679 坂下方向

Img_6681 坂上方向

|

« 顔振峠→越上山 | トップページ | 東海道(藤沢宿→平塚宿→大磯宿) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 歩いた時の行程表や資料を探しましたが、見つかりません。観音坂あたりのことは思い出しましたが、「高座郡三十三ヶ所観音霊場」や、本願寺が4番札所であることなど、どんな資料に載っていたのか、まったく記憶が戻りません。
 お役に立てずに申し訳ありません。

投稿: 坂道散歩 | 2016年6月12日 (日) 18:10

初めまして。興味深いブログをありがとうございます。この中にあった「高座郡三十三ヶ所観音霊場」の件でお伺いします。一つは「本願寺」とのことですが、残る32ヶ所はどこでしょうか?

投稿: 高座郡三十三ヶ所観音霊場 | 2016年6月12日 (日) 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/47450928

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道(藤沢宿)・藤沢市の坂:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/02 09:29) [ケノーベル エージェント]
座間市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 09:29

« 顔振峠→越上山 | トップページ | 東海道(藤沢宿→平塚宿→大磯宿) »