« 水戸街道(稲吉宿→府中宿) | トップページ | 水戸街道(長岡宿→水戸城下) »

2010年9月13日 (月)

水戸街道(竹原宿→片倉宿→小幡宿→長岡宿)

2010年9月10日

石岡駅(JR常磐線)・・・県道52号・跨線橋・・・杉並木跡・・石岡の一里塚跡・・・(県道7号)・・・旧道・・・不動堂・・・(県道52号)・・・郡橋(園部川)・・・竹原神社・・竹原宿・・椿山稲荷神社・道鏡様・・国道6号・・・(県道145号)・・・堅倉三叉路・旧道・・一里塚跡あたり・片倉宿・・・県道59号・・・巴橋(巴川)・・・石船神社①・・・旧道・・・(小岩戸交差点・国道6号)・・・石船神社②・・・山中橋(黒川)・・・山中薬師・西郷地小学校跡・・・愛宕神社・・・(県道181号)・・・小幡宿・法円寺・・・界田橋(寛政川)・・・青龍大権現・・・国道6号・・・千貫桜跡・・・(小幡北山埴輪遺跡公園)・・・県道18号・・・(県道43号)・・・御霊神社・・・高橋(涸沼川)・・・小鶴集落・・思案橋・・・(諏訪神社)・・如意寺・・・長岡橋(涸沼前川)・・・県道40号・・高岡神社・長岡宿・・・国道6号・・・(北関東自動車道)・・・矢頭バス停→水戸駅

  【ル-ト地図

  写真をクリックすると拡大します。

Img_3168常磐線を跨線橋で越える。

昭和30年までこの先約2kmに杉並木が続いていたそうだ。今も杉並、茶屋場などの地名が残る。

Img_3165 説明板

Img_3171 石岡の一里塚跡 【ル-ト地図】の①

両塚が残っている。今も並木があるが杉ではない。

Img_3173 説明板

Img_3179 「万能塚 史跡地復元」とある。

「万能」は農具の「まんのう」で、ここが考案した鈴木万能の製作地で、常光院には彼の墓がある。 

Img_3187 不動堂 《地図

市指定の木造不動明王坐像を安置。(石岡市のサイトに載っているが、不動像がどこの寺にあるのかが書かれていない)

Img_3189この神輿の中に不動明王が鎮座するようだ。 まさに神仏習合そのもの。

Img_3192 長屋門の旧家

Img_3196 郡橋(園部川)を渡り、起伏のある道を小美玉市へ入り、竹原宿へ向かう。平成18年に川町、野里町、里村が合併した。

Img_3208 明和7年(1770)の道標だが、「従是・・・・迄三町」と肝心な所が読めない。

Img_3211 竹原神社 《地図

アワアワ祇園の時には屋根が黒漆仕上げの神輿が町内を渡御する。

Img_3221 椿山稲荷神社 《地図

境内に道鏡様の小祠がある。

Img_3219 道鏡様説明板

この説明板の後ろに小祠がある。その中に神体の約45cmほどの自然石の男根があるそうだ。近くには孝謙天皇の女陰石を神体とする孝謙天皇宮もあるらしいが、行かなくてもいいだろう。

Img_3223 これは祠の下に奉納?されたさまざまな男根石。

Img_3227 竹原宿の旧家

国道6号沿い。一里塚跡も痕跡、標示なし。

Img_3231 旧家

Img_3232 旧庄屋の木村家か?

Img_3238 レトロっぽい家

Img_3249 大曲三叉路の向こう側の小祠を歩道橋を渡り見に行く。

Img_3250 子安観音だった。

大正時代のもの。この先の街道沿いにもいくつもある。

Img_3260 堅倉三叉路から片倉宿へと入る。《地図

この先一里塚跡のようだが痕跡、標示などはない。

Img_3271 一本槍酒店(跡) 【ル-ト地図】の②

営業はしていない。

Img_3273 加藤家復旧門・本多家(右隣)

Img_3269 復旧門の由来

Img_3275 岩松家(本多家の向い)

Img_3277 旅館かと屋 《地図

角にある。

Img_3281 平本米穀店

この先で巴川を渡る。

Img_3286 石船神社①

Img_3289 小岩戸交差点の地蔵さん 《地図

いつもにこやかでご苦労さん。

Img_3297 石船神社②

このあたりは西郷地という地名。

Img_3308 山中薬師 【ル-ト地図】の③

西郷地小学校跡

Img_3310 説明板①

肝心の本尊の薬師如来像のことが書かれていない。

Img_3311 仁王像

説明板のとおり、みなぎる迫力、力強さは感じられない。おじさん相撲取という感じだ。

Img_3307 説明板②

Img_3313 子安観音

Img_3315 愛宕神社 《地図

もとの神体は愛宕権現の本地仏の勝軍地蔵尊で、法円寺に安置されているという。今は火之迦具土命。

県道181号を渡ると小幡宿となる。

Img_3318 法円寺

境内は工事中で勝軍地蔵尊を探す雰囲気ではなかった。

Img_3319 小幡宿の家並み

Img_3320 廃屋のようで、びっしり雑草に覆われている。

Img_3321 ここもか? 連結椅子は何だったのか。

Img_3323 江戸屋商店

Img_3324 旧家

Img_3326 旧家

Img_3328 木の下に聖徳大神、二十三夜塔の小祠

聖徳大神は道標を兼ねているようだ。

Img_3338 青龍大権現 《地図

小さな石祠だけだった。

すぐ先で国道6号に出る。

Img_3343 千貫桜跡 【ル-ト地図】の④

水戸黄門さん(水戸光圀)が「千貫の価値がある」と褒め称えた桜の大樹があったという。右は光圀の歌碑で、「春風も 心して吹け 散るは憂し 咲かぬはつらし 花の木のもと」

ここで近所のお婆さんとしばし雑談、休憩。付近の昔の様子などを伺った。

Img_3344 千貫桜はなくとも見事な桜並木が続いている。

Img_3348 小幡北山埴輪制作遺跡公園 《地図

埴輪を焼いた窯跡が日本で一番多い遺跡だそうだ。公園になっていて遊歩道で散策できるが、5万㎡もあるらしい。迷子にでもなったら大変、さあっと通り過ぎる。

Img_3357 御霊神社 《地図

Img_3364 小鶴の家並み

佐久間米店

Img_3365 こどもや

おもちゃからケーキ、菓子まであるようだ。覗いて見ればよかった。

Img_3368 思案橋 《地図

水戸街道にも思案橋はあったのだ。でもこのあたりに「行こか、戻ろか」思案した遊郭があったとも思えないが。思案しても分からん。

Img_3367 思案橋

Img_3370 輸入雑貨を扱っている店よ。今はどうだか。

Img_3371 残念だがもう閉店してしまたようだ。

Img_3375 如意輪寺

本尊の如意輪観音像は徳川光圀の寄進とか。

Img_3378 長岡橋(涸沼(ひぬま)前川) 《地図

鉄道の鉄橋みたいな橋だ。

Img_3379 歩道橋もずいぶん塗装が剥げている。

Img_3382みそまんじゅう屋(藤屋製菓)

長岡名物だそうだ。ばら売りはしてないとか。

Img_3385 案内板

水戸浪士の毛塚に寄って見たかったが、案内図も距離も出てないのでパスした。後日調べると、ここから右へ500mほど先の楠公社が毛塚だった。

坂を上り、高岡神社から長岡宿に入る。

Img_3389 長岡宿 【ル-ト地図】の⑤

うっかりして脇本陣木村家は通り越してしまったようだ。

Img_3391 旧家

Img_3395 旧家

長岡小入口交差点の左の衣料品店「みくらや」は、旅籠「中夷(えびす)」跡で大老井伊直弼襲撃(桜田門外の変)に向かう水戸浪士が屯集し、血気にはやる浪士が柱に切りつけた刀傷が残るそうだ。

Img_3397 柏屋肥料店

国道6号に出て、矢頭跨道橋を渡り、矢頭バス停から水戸駅に向かった。

|

« 水戸街道(稲吉宿→府中宿) | トップページ | 水戸街道(長岡宿→水戸城下) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161343/49437682

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸街道(竹原宿→片倉宿→小幡宿→長岡宿):

« 水戸街道(稲吉宿→府中宿) | トップページ | 水戸街道(長岡宿→水戸城下) »